ほこ×たて騒動

↑ 石ころではありません。ままっきいからいただいた北海道・蘭越「雪秩父」の源泉「大湯沼」の天然湯の花。イオウのにおいが強いですが、美肌効果抜群でした。

<本日の記事>
大好きな番組だったのに・・・フジ『ほこ×たて』。ガチ勝負だと信じていたのに残念すぎるわ。
正しくリニューアルしてほしいです。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様きらきらボディアート(さとし仕様!)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2660「大和三銃士を観て⑦」
獅童さんが涙や鼻水を流して結局は自分の味方になって殺されることになった美苗への思いを吐露するのに対して元妻というよりもその間に肉体関係がないように見えるせいか「仲間」という雰囲気の瀕死のマミさんとの温度差を感じてしまい、泣いているお客さんもいたが、私はそのへんを冷静に観察する事態になった。
そこで涙が出ない理由は、最初に述べたように舞台後のTDS行きのことが頭にあったこともあるが、マミさんが課題はありながらもきっちり舞台を務めたことへの安心、そしてこのあと三銃士や早乙女さんたちがどんな展開になっていくのかのほうが気になったというのもある。
今回はちょっと殺陣もある凛とした女性役なので常に色気を出すこともないが、元夫のことを待てなかった自分を責めていて、本当は獅童さんを愛していたのだから、せめて最後の場面はもっともっと「女」を打ち出しても良かったのでは・・・。けれどマミさんのキャリアとして勉強になったことだろう。
マミさんの女優としての課題はとにかく色気。見た目的にももう少し太った方がいい。
本音をいえば、男役あるいはそれに準じるような役の方がやっぱり合っている。そういう意味で、行動は女性的だが、男のような思いっきりの良さ、大胆さを秘めていたスーザンが良かった。

アンコールでは若いアンサンブルの男性役者さんが両親が観に来ているということで指名されてマイクパフォーマンスをやったのだが、まだ上京して3カ月でこんな素晴らしい舞台で頑張っていますと両親に涙ながらにあいさつしていたのがほほえましかった。皆さん、お疲れさまでした。気迫の舞台をありがとう。
千秋楽後、この舞台が思ったよりも客入りが悪かったとニュースになったが、要因の一端には宣伝不足とチケット料金の高さがあると思う。また、内容が濃すぎてリピートするには観疲れる(こんな言葉はないか)。各FCの総見や特別なサービス、割引設定など工夫が必要だろう。

おかげさまで2600回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2013/11/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
<<日ハムファンフェスティバルへ | ホーム | マーガレット22号・ベルばら新作>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する