FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

森永・塩キャラメルにはまる


写真と記事一致です。100周年の森永さん。宝塚より1年先輩なんですね。
旅のお供と言えば、われわれの子供の頃は森永「ハイソフト」で、今も好きで買おうと思ってキャラメルコーナーに行ったら熱中症対策としてフランスのおいしい岩塩を使ったこれがあってゲット。
旅に行く前に一粒味見してみたらすっかりはまってしまい、行く前に2日で全部食べてしまいました。やせないわけだよ。
近所のコンビニに売っていないので、スーパーで大人買いして冷蔵庫へ。旅の時だけにしますよ・・・焦。

【モニター品 靴専科オリジナル芳香剤 5組】
DSC06157.jpg
1袋に小さめの芳香剤が2つ入っています。靴やバッグなどにおいがこもる物に入れて・・・とのことでした。写真ではデザインスニーカーに入れてますが、実際にはお気に入りの布製サンダルに半日置きました。
芳香剤ということですが・・・あまり芳香しないですね。せっけんの香りとありましたが、そんな感じはしませんでしたし、サンダルに香りが移るということもなかったです。
芳香よりも消臭・除菌ができる吸着タイプがいいのではないでしょうか。
最近主人がクリーニング店で買って来てくれたとあるしみぬき用せっけんで靴をこまめに洗って干しています。においも取れます。それに勝るようでしたらいいなと思っていたのですが・・・。
それから、もう少し大きく、形は縦長の方がいいかもしれません。靴専科 お直し職人ファンサイト参加中


●ミニエッセー2540「ヅカノート2013夏より⑧戦国BASARAを観て②」
申し訳ないが赤い甲冑のイメージや名前は知っていても具体的に何をした人が知らなかったヒーローの真田幸村と武田信玄の関係が明確で勉強になった。あとは恐らくかなり虚構の部分もあると思うが、上杉謙信も伊達政宗らも魅力的な(というか面白い・・・個性的な?)人物で、主役を食う勢いだった。
あとでネットで検索してちらっとゲームのキャラクターのビジュアルを見たらほとんどそのままだったが、今度はいつかどこかで上杉謙信編や伊達政宗編も観れそうで楽しみになった。
今回は、真田幸村の熱い雰囲気がきっとらんとむさん向きだったのだろう。

さて、そのらんとむさんはとてもやせていて心配だったが、トップスターとしての華と貫録があり、かっこよくてほれぼれした。難しそうな小道具を持っての殺陣や武士ダンスぶれていなかった。おさちゃんの下で支えてくれたころを思い出してまたまた胸がいっぱいになった。
キャラクターとしては表面はクールで心は優しくて情熱家。ラブラブなシーンもなくて衣装がなかったら実はしどころがなくて難しかったことだろう。花組はこの人に任せて大丈夫とあらためて思った。

蘭はなちゃんは、なんともやるせない役で気の毒だった。もっと初めから何かを秘めている影の部分があってもよかった気がしたが、頑張ってはいた。蘭はなちゃんはダンスをしてこそ生きる。
なんでこんなにも品のない黄色いミニ着物なんだろうと不思議だったが、それには意味があって、彼女は希望と祈りの太陽の象徴なんである。(続く)

おかげさまで2500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する