FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

カーズとシンドバッド


↑ ぴんぼけで失礼。スーパーで目が合い、思わず買ったミニばらちゃん。

<本日の記事>
レンタルでディズニーの『カーズ』とドリームワークスの『シンドバッド』を観ました。
カーズは温かい物語なんですね。山口智充=ぐっさんがちょっと変わった声を出して吹き替えの声優をしていました。
アラビアンナイトが原作のアニメ『シンドバッド』は、よく聞く壮大な音楽がこれだったのかと感激。主人公の顔がいまいちイケメンではなかったけれど、パイレーツ・オブ・カリビアン系で大人の話で、宝塚にいいなと。英語版はブラットピット、キャサリン・セタ・ジョーンズ、ミシェル・ファイファーら豪華な声優陣でした。


●ミニエッセー2524「ヅカノート2013夏より③6月旅日記⑩」
今回、予算的にもA席にした。コンサートだから、歌がメイン。城田優さんの歌もいいが、ロンドンの怪人・ラミンさんの歌が生できけるだけでも幸せと思った。
来たチケットは、2階最尾列のセンター。最初は、オペラグラスで必死に観るしかないんだろうなと思っていたのだが、なんとまあよく見える上に、一番後ろだから、後ろの人の邪魔にならないように・・・などと考える必要もない。少し老眼になったおかけで、遠くがよく見えるというのも悪くないものだ(笑い)。
客席の熱気も素晴らしくて、マナーも良くて感涙の舞台だった。アンコールではスタンディングオペーション。詳しくは後日報告したい。
それにしても城田君・・・歌のうまさが半端ない。舞台向きだ。一番見栄えがするし、ニッポンのエンタメも捨てたもんじゃない。
午後2時からスタートしたコンサートは午後4時過ぎに終了。それから余韻に浸りつつ羽田空港に向かい、ちょっぴり買い物と夕食。空弁は炭火焼肉。やっぱりわっちは肉食である。
帰りはいつものようにJAL。飲み物サービス以外はひたすら爆睡していた。北海道は涼しいを通り越して寒く、その夜は冬用のパジャマで寝たのであった。
4作品を楽しみ、初めてのホテルと友人の家を満喫し、その後の現実のための活力になった旅だった。
DSC05526.jpgDSC05527.jpgDSC05528.jpg

おかげさまで2500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する