FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

青山劇場の終焉


↑ 報告投稿義務のなかったモニター品・LIB JAPANの「La Visui ミネラルモイスト シャンプー&ヘアマスク」サンプル。ノンシリコン。せっかくなので旅の時、これを使いました。

<本日の記事>
2015年3月で青山・こどもの城が閉館。思い出がいっぱいのホテルも青山劇場も経験したことがない円形劇場もなくなってしまうとは・・・寂しいですね。あとおよそ2年、行く機会があるかな・・・。

<サロンのブログ更新しました>
「11月12~14日臨時休業いたします」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 スマートタッチグローブ】
DSC02734.jpg
季節ぴったり賞品ですね。タッチグローブは今までいくつかモニターしましたが、個人的には一番好きな色で、男女ともおしゃれ。サロンのお客様にプレゼントさせていただき、評判を伺いたいと思います。
いつも早い対応が気持ちの良いプチギフト店さん、販促品が必要の皆さまにおすすめです。プチギフト店ファンサイト参加中


●ミニエッセー2281「真琴つばさライブ・WittyWitchを観て②」
と、ダンサーお二人の話から入ったついでに、マミさん自身のことは最後にして、次はステージングについて。
今回は、元映画館の狭い舞台で、バンド編成はキ―ポードとベースとギターの3人。
妊娠中の中山眞美さんは音楽監督だが、録音コーラスのみで出演。
布が縦に数枚あって、それがスクリーンになったり、影絵になったり、マミさんの着替え場所になったりして、シンプルだが工夫されていた。狭い所でマミさんはダンサーたちと3人でよくぞ踊ったものである。
今回は、客席降りはなし。ステージ前の階段までは来ていた。客席降りがなくても、キャパ的に昨年も感じたが、アットホームな空間だった。
構成は大きく二つに分かれていて、前半は黒を基調としたかっこいい系の衣装(脱ぐと下に着ているパターンでチェンジもあり)で進み、後半は全体としてゴールド系。テンガロンハット、最初はスカート、あとで短パンという本人いわくキュートな女性・・・うーん・・・結局、前半も後半もハンサムウーマンだったぜ。
アンコールではTシャツとデニム(たくさんポップなバッジがついていた)にブーツ。得意のマミさんファッションだった。
ほとんとがマミさんのオリジナル曲。宝塚の舞台での歌は一切なく(だから、情熱の翼も記憶のかけらもなし・・・残念)、『愛と青春の宝塚』からの『スキヤキの歌』もあった。
無料のパンフレット付きで、事前に曲名は分かったが、2回目からは「ライブ中はパンフレットを見ないで。終わってからゆっくり見て」という事前アナウンスがあった。パンフにはなく、急きょ入れた歌も。それがプレビュー公演で大変なことに・・・(後述)。

おかげさまで2200回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

署名にご協力いただけないでしょうか

 いま、こどもの城、青山劇場は10カ年改修計画の5年目。大規模修繕を計画していたのですが、その費用をだしたくないという理由で突然、閉館が発表されました。予定ではさらに30年使えたのです。
 子育てと、文化発信の拠点を残して欲しいと、いま、署名運動にとりくんでいます。
 ご協力いただけると幸いです。
 → http://kodomonosiro.blog.fc2.com/

こどもの城、青山劇場、円形劇場の存続を願う有志の会 | URL | 2012/11/09 (Fri) 06:26 [編集]


有志の会様

コメントおよびブログのご紹介
まことにありがとうございました。

わっちさん | URL | 2012/11/09 (Fri) 19:40 [編集]