FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

家族版愛の翼大賞2011①


怪物くんを観に行ったとき、和食屋と間違えて(涙)入った店で食べたハンバーグと焼き野菜セット。

毎年年末に決めている家族新聞での賞。2011年の大賞は弟のお嫁さん。日ハム観戦でテレビに映ったときの笑顔と宝塚札幌公演での感動ぶりに。「久々に歌手したで賞」にわんこ社長(末妹)。昨年からわが社に入社したので、「兄は部長で賞」に弟。兄って、社長の末妹にとって・・・ですが。(明日へ続く)

<サロンのブログ更新しました>
「お客様スペシャルケア(手が軽くなったよう)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage
 
[モニター品 エンリッチメントオールパーパスクリーム8gサンプル]
P1050001.jpg
商品名が長いですが、細胞のいのちを助ける“輝く水”~パニフェロウォーター(恒pH性酸素水)、上質椿オイルと新型ビタミンC誘導体APPSなどを使用したマッサージ・美容クリームです。サンプルながらきちんとした容器に入っていました。
英国の老舗ハーバリストGBaldwin日本代表の春木氏が手がけたオリジナルブレンドのアロマ HARUKI No1が入っているため、高級感があって癒される香りがします。好き嫌いが分かれるところでしょうけれど、私は好きです。
見た目も使用感も最初は油っぽさが気になりますが、時間がたつにつれて徐々に肌になじみ、保湿が持続します。マッサージ用、美容液として顔に使うのが基本ですが、手にも体にもよそさうですね。最近、しわが気になり始めたので、このクリームで丁寧にケアしようと思います。
配達業者のミスによる遅延の対応を迅速に誠実にしていただいた(株)ディオスの川村様にお礼申し上げます。パニフェロファンサイト応援中


●ミニエッセー1973「ヅカノート2011冬より⑤NICE GUY!を観て①」
副題は「その男、Yによる法則」。こちらもなんとなく退団公演っぽい雰囲気。芝居もそうだが、本当はゆうひちゃんのさよならだったけれど、何らかの事情で予定が変わったのかなとどうしても勘ぐってしまった。

いきなり、フィナーレの話からで恐縮だが、事前にショーの詳しい配役などは知らなかったし、宙組の下級生にはそんなに明るくないので、「今回のエトワール、誰?あまり見たことがないな・・・」と気になった。プログラムをチェックすると名前と顔がなかなか印象的な百千糸さんだと分かり、新鮮だった。

さて、本作品はザ・藤井大介先生という感じで全体的に楽しかった。ただ、フィナーレ近くの優雅な場面は、退団者をフューチャーする「よく見るパターン」だったので、ちょっと「うーん・・・オーソドックスすぎるな」と思ってしまった。ただし、長年地味ながら歌で活躍してきた天羽さんの銀橋ソロという粋なはからいにぐっときた。彼女の温かい雰囲気が好きだった。退団は寂しい。
ダンスリーダーだった珠洲さんも要所で活躍。女役姿も見せてくれた。長年本当にお疲れさまでした。

構成に緩急がちゃんとある点は、さすが。ストーリー仕立ての一つの章の中で、初めの衣装に最後また戻るショーでは珍しいパターンは、目をひいた。しかし、ヘアースタイルまで戻して、生徒はさぞかし大変だったことだろう。

それにしても宙組は長身が多くて、何をやっても迫力がある。

(続く)

おかげさまで間もなく2000回です。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する