FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

まとぶんナベプロ&CM

PA110045.jpgPA6.jpg
昨日の続き。写真真ん中の遠くにある赤いつり橋まで行った写真が右です。けっこう揺れますの。

先月からまとぶんの素敵なコーヒーのCMが流れてますね。大手芸能プロ・ワタナベプロのもと、ぜひ活躍していただきたいです。

※「わんこのきもち社長日記」更新しました→こちら

<サロンのブログ更新しました>
社長ネイル「レースDE晩秋」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 フェイシャルマッサージオイル ユイルアンティーク№.3 現品]
PB220031.jpg
一般的にオイルっていうと、使用後は拭き取りをしないとべたつくイメージがありますが、ホホバオイルと自家製フレッシュハーブのみで作られたこの商品はとてもさらっと肌になじみ、一切拭き取りは要りませんでした。手にもすりこみましたよ。
いつもは顔は化粧水後、乳液やクリームで軽くマッサージしますが、その代わりとして3日間朝晩使っただけで、少し毛穴が目立たなくなり、化粧乗りがよくなりました。実はこの写真の日、日焼け止めを兼ねた下地用乳液をつけ忘れたのですが、このオイルのおかげで、大丈夫・・・ですよね?これからしばらく使い続ければ、さらに効果が出そうです。
届くのが遅かったのとハーブというと自然な香りがイメージされましたが、なんとも複雑なにおいがする点はちょっぴり残念でした。山澤清のお肌研究所ファンサイト応援中


●ミニエッセー1931「ヅカノート2011秋より③仮面の男を観て①」
うーん、うーん、どうしよう。児玉さん・・・。どういうふうにとらえたらいいのか・・・困ったな・・・。演出についてはそれが正直な感想だ。
確かに2役ものは面白い。三銃士も太陽王の伝説もおもしろい。しかし、帝劇や映画でも『三銃士』を取り上げている年になぜ、あえて宝塚もそれをからめた話をぶつけなければいけなかったのか。しかも、鉄仮面伝説の話はかつて同じ雪組が一路さんで『ブルボンの封印』をやっている。原作があるものなら大きくはずれないだろうということなのか・・・。
プログラムには「大劇場から手直しした」と書かれていたが、手直ししてこのクオリティ(ただし、生徒の技術の話ではない)とは・・・。人によっては、「とてもうまい学芸会」と感じたのではないかと心配になった。
アイデアは悪くない。冒頭の方でなんとかどのくらいの時代の話なのかを観客に説明するために劇中劇で世界史を表現したり(水戸黄門はどうか)、影絵を見せたり、スクリーンでの大写しを使ったり、『ハウ・トゥ・サクシード』のパロディを入れたり、装置衣しょうが出てきたり・・・。
けれども、どこを切り取ってもうまく観客のふところにぴたっとおさまらないのである。
特にパロディは、ちょうどいいなら笑えるが、度を超えたら愛する宝塚をばかにしていると受け取れる。
違和感は、「中途半端さ」と言い換えてもいい。思いっきり笑いを取る場面ならばそれなりに面白く、そしてリアルな場面なら思いっきりリアルにという芝居の基本であるメリハリが弱い。
始まりは大仕掛けの仮面が出て来て重厚な雰囲気だから、メーン・柱はリアル芝居で、ところどころ息を抜ける場面があるという構成ならいいが、重い、軽い、中途半端がだらっと構成されていて、ぴりっとしない。ラストも工夫がなく単調だ。児玉さんは自分で観客として俯瞰し、十二分に楽しめたのだろうか。

(続く)

おかげさまで1900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

わっち様
この度は「山澤清のユイルアンティークオイルNO3」をモニターいただきましてありがとうございました。
確かに確実に柔軟なお肌になるので、メイクののりや
これからの時期乾燥でお悩みの方には大変お役に
たっていらっしゃいます。
山澤さんのこだわりは植物のもつ力を最大限取り入れること・・・
香りはあとから付いてくるのだそうです。色々とコメントありがとうございました!
山澤清のお肌研究所 濱田

オードリーインターナショナル | URL | 2011/11/28 (Mon) 17:18 [編集]


はまだ様

コメントありがとうございました。
まだ毎日使っています。
ちなみに私はわっちではなく、「わっちさん」です。笑い。

わっちさん | URL | 2011/12/01 (Thu) 01:09 [編集]