FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

1000回記念67・BSスカパー宝塚特別番組②

PA110039.jpgPA110040.jpg
昨日の続き。定山渓散策。

記事も昨日の続きですが、OGとしてすっかり女性になって男役だった面影がない大和悠河さんが登場。ファンの方はご覧になっているのでしょうけれども、私は久々に拝見して、ある意味衝撃でした。水さんはマミさん同様男役の香りが残ってますね。
マミさんの退団公演『ESP』が出て、胸が熱くなりました。やっぱり10年たっても、じんと来ますね。マミさん、ナビ役お疲れさまでした。

<サロンのブログ更新しました>
「ご好評お礼・ヘアーアクセ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 GOJOハンドソープ2種]
PB210003.jpg
GOJOって、強情かと思ったら米国のメーカーなんですね。商品名がハンドクリーナーとなっていたので、応募の時説明をよく読まず、シート状のものかと・・・。実際は、油汚れともっと強い汚れが落ちるスクラブ(ゴマージュ)タイプのハンドソープでした。もったいないので、びんに移し替えました。
両方試しました。油汚れがよく落ちるとともに、手が白くなりました。乾燥が心配でしたが、左のクイックという方は全く気にならず、右のスープロXという方はその後ちょっとハンドクリームでフォローすればいいかなと感じたくらいです。クイックはオレンジの香りがいい!もうひとつは、アロエの自然な香り。ジェルネイルへの影響がポイントでしたが、全く大丈夫でした。
油系の薬をぬった後、素手で化粧品をぬった後、ヘアーカラーがついてしまった時など、重宝しそうです。DIYツールドットコムファンサイト応援中


●ミニエッセー1929「真琴つばささんのこと32・VOICE×VOICE×VOICE⑥」
アンコールの曲もよく無料パンフレットを見ていなかったので「♪私は今日まで生きてみました~」と歌ったら「拓郎」と即答。わっちは拓郎さんと南こうせつさんとどっちだったか迷っていたのだった。
今回感激したのが、もう一人のまみさん―小マミこと中山さんがマミさんの着替え中に歌ったボサノバの名曲「おいしい水」だ。ハスキーな声に憧れているわっちは、あんなに素敵にボサノバを歌えたらどんなにいいだろうと思ってしまった。
個人でも地道に活動されている中山さんだが、地道ではもったいない気がする。マミさんファンにはおなじみでも、一般には無名と言っても過言ではない。しかし、なんでも歌えて、確か踊れるし、細いし、プロデュースや指導だけではなく、オリジナル曲でどんどん前に出たらいいのに・・・。

改めてまたまた思った。わっちはやっぱり真琴つばさのハリがあって個性的な声が好きだ。今回の舞台では、タイトルどおり、一層マミさんの「声」を堪能できた。そして、ちょっと口をあけすぎてきれいな顔をくずすときもあるし、多少かっこう悪いこともするが、一生懸命さがかっこういい。気取らないのがいい。お客さんとの触れ合いが好きなのがいい。今後もなんでも挑戦したいというのがいい。結婚なんかしなくてもいい(してもいいけど)。笑い。
やせているから若干しわも出てきたし、骨盤がちと広がり気味でO脚なので、スマートだがお尻がハの字に見えがちだが、そんなふうに私たちと一緒に歳を重ねていっていることさえとても愛おしく思う。お願いだから1秒でも自分より長生きしてほしい。今年はディナーショーがない代わりに、アットホームな空間で一緒に過ごせて幸せだった。ありがとうございました。少しゆっくりしてほしい。そして、そのうちマミさんのダンスが見たい。
ところで・・・来年こそ本、出る?(苦笑)

おかげさまで1900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する