FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

1000回記念67・BSスカパー宝塚特別番組①

PA110035.jpgPA110036.jpg
昨日の続き。左から平日でも混んでいた温泉レストランの中庭、超美味だったナンとインドカレー、玄関の近くで見られるナンづくり。

先月BSスカパーで放送されたマミさんがナビを務めた宝塚やスカステを紹介する特別番組。東京宝塚劇場でナレーション・出演をしたマミさんがなかなか上手でホッ。それに、構成がCSができた当初よくやっていた宝塚全体のPR番組よりとても的確だったと感じました。宝塚を知らない人も、知っている・・・知り過ぎている(苦笑)私たちも楽しめました。
なんか、現役時代の舞台ではあさこさんの登場が多かったような・・・。おさちゃんなんか「あかねさす・・・」にちらっと出た程度だもんね。(明日へ続く)


●ミニエッセー1928「真琴つばささんのこと32・VOICE×VOICE×VOICE⑤」
中には微妙に音程が違ったり、元歌とはメロディーが違うぞというのがあったり、その曲をそのニュアンスで歌うのはどうかというのもあったが、声がよく出ていたし、やはり等身大の曲だから合っていた。
特に、故・浅川マキさんのブルース『夜が明けたら』、シャンソン『アコーディオン弾き』は、持ち歌かと思うくらい。結局、技術ではなく心で歌う、演じる曲がマミさんに合っている。
再三言ってきたが、越路さんコンサートで素晴らしかったように、震える声を持つマミさんにはシャンソンが一番合うのだ。ボサノバもいい。考えてみたら『情熱の翼』も、どこかブラジリアンテイストではないか。
『かもめはかもめ』は歌いこみが足りなくて自分のものになっていない感じだったが、雰囲気はいいと思った。ちなみにこの曲、わっちのカラオケの十八番の一つだ。だから、マミさんよりは遥かに自分のものにしていると思う(笑い)。
『いっそセレナーデ』はもう少し甘く切ない感じでぼそぼそっというニュアンスで歌ったらもっと素敵だったのになーと感じた。これもわっちの方がうまいぞ(爆)。
斉藤和義さんの曲は似合っていたので、今度はぜひ『ずっと好きだった』を歌っていただきたい。
残念なことに奥様・作詞家のKUROさんを乳がんで亡くされてから2年後、50歳で自殺してしまった伝説的なフォークシンガー西岡恭蔵さんの『プカプカ』。マミさん、いい感じだった。私はその世代ではないが、どこかで聞いたことがあるのは、いろんな人がコンサートなどでカバーして歌っているからか。
西岡さんが当時恋人だったKUROさんのことを歌った曲らしい。マミさんが舞台で「誰の曲か知らないけど・・・」と言っていたので、帰ってからその世代の歌に詳しいうちの主人に歌って聞かせたらすぐに「西岡恭蔵だね」と答えが返ってきた。

(続く)

おかげさまで1900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する