FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

今回も良かったお笑いライブ

ぞうさん
ジャングルクルーズのぞうさん・・・年中、お疲れ様です!!

昨日、妹2人と行って来た札幌でのお笑いライブ。前回に続いて、とっても楽しかったです!!
嫌なことも忘れ、めっちゃ笑いました
出演は売れっ子の方々ばかりで、南海キャンディーズ、大好きなヒロシさん、ますだおかだ、猫ひろし、安田大サーカス、ドランクドラゴン、桜塚やっくん(きれいでした)、トリはアンタッチャブル。
ネタとしては正統派のコントをやったドランクドラゴンが良かったです。が、男性としてはかわいいヒロシさんと、男らしいアンタの柴田さんに会えて幸せでした。
幸運なことに席も良くて、やっくんがCMをする化粧品会社からの化粧品のお土産付き。
これで4,000円。ホント、宝塚のことを思うと安すぎるよ~。


●ミニエッセー192「携帯電話のこと1」
初めて携帯電話を持ったのは、今から15年くらい前だったと思う。確か、宝塚ファンになって1年後くらいだった。そのころは、まだ周りで携帯電話を持っている人はあまりいなかった。その数年前から仕事では目にしていたが、まるで、昔のトランシーバーや家庭電話の子機のように大きめな物だった。
それでも「キャリアウーマンは持っていなくては」と、必死に持ち歩いていた。しかし、使える範囲も限られていて、最初のうちは「本当に便利なのか?」と疑問だったものだ。
そのうち年々小さく薄くなり、スタイリッシュになっていったし、みんなが当たり前に持ち、利用するようになった。
最初は流行の最先端だったはずの私も、実はメール・カメラ・ネット機能付きが普及して1年ほどは旧式のものを変えずにいたため、すっかり若い人たちに追い越されて、その後やっと追いついたという感じだ。
この約15年間で、切り替えて持った総台数は5台である。恐らく、少ない方だろう。1年とは言わずに、すぐ新機種に変える人もいるが、私は使っている携帯電話が愛おしくなってしまうのと、そんなに機械モノが得意ではないため、切り替えをすると使い方を覚え直すのが怖いということもある。いよいよ電池の消耗が激しいとか、壊れたとなるまで、ぎりぎりまで使い込んでいる。
今はデータを移し変え、使用できなくなった古い携帯を記念に持っていることが可能だが、昔は取られてしまっていた。だから、最初の2台が手元にないのが残念だ。
皆さんは、一定の携帯電話会社の物の中では、携帯電話自体何を重要視して選ぶのだろう。私は、ここ2台は同じ大手電器メーカー(データ転送ができ使い方が似ていることから)で、さらに単純に「色」で選んでいる。機能やデザインというより、とにかく「今までと違う色」が基準なのだ。
ちなみに、今まで黒(というか色が選べる時代ではなかった)・水色がかったグレー・黒・白&紫ときて、今はピンクである。
人と同じ物を持つのがあまり好きではないので、幾つかシールを貼って見た目を変えており、ストラップ類も7個くらい付けている。
携帯電話を入れるポケットが付いていないバッグを使う時だけ、携帯電話ケースを使用している。せっかく、いろいろなケースを持っているのだが、使い勝手の良い物は決まってしまうものである。
前回は初めて壊れてしまって変えたのだが、とても好きな色とデザインだったし、カメラが充実していたので、かなり残念だった。しかし、現金なもので、たまたま今の物が音のクオリティにこだわった機種だったため、ダウンロードした音楽や着信音などがとてもきれいなので、自慢の一品になった。2005年の秋から使っているが、またなるべく大事にしたいと思っている。
それにしても、さまざまな機能が付きすぎていて、使い切れないのでもったいない感じもする。(続く)

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)