FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

紳助さんの引退で・・・

P8110007.jpg
北広島のジェラート店「アルトラーチェ」。立ってる方は・・・知らない方です。

島田紳助さんの引退で思ったことは多々ありますが、その一つが「空くMC界の穴を誰が埋めるか、できればわっちの好きな芸人さんがぐいぐい来てくれるといいな・・・」ということ。誰かがMCに回れば、その穴もまた誰かが務めるわけで。フットの後藤さんとか大好き!!

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(クラシカル)2」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

<モニター品 シアンス・ナチュレルファーストキット>キャンペーンはこちら
P9270073.jpg
写真の粒子が粗くて失礼します。顔の左半分だけクレンジング洗顔料で落としてみたところ。がっちりマスカラもちゃんと落ちました。しかし、ちょっとでも目に入ると痛い系のものなのでアイメイク落としの際は気を付ける必要があります。この課題をクリアできるものって少ないですね。
このあと朝用のホワイトゲルという日焼け止め美容液と夜用のアクティブリファインドクリーム(名前が複雑ですね)という美容クリームの3点セット(真ん中に穴のあいたスポンジもついていました。そこから泡が出せてとても良かったです)。琉球ハーブを含む33種類の美容成分とミネラルたっぷりな海洋深層水使用で、それぞれほんのりバラの香りがしました。スペシャルケアとして美容クリームの上にホワイトゲルをつけるのもありとのことでやってみました。さらっとするので毎回このほうがいいかもしれません。
洗顔のあとの拭き取り、引き締めという過程は必要だと思うので、化粧水もあったらいいなと思います。
アンケートにも書いたのですが、せっかくかわいい絵のキャラクターがあるので、容器などにもそれを使ったら、ファンが増えると思います。株式会社ebipファンサイト応援中


●ミニエッセー1873「1000回記念64・宝塚イズム16を読んで」
青弓社『宝塚イズム16』はまとぶんこと真飛聖さんのさよなら特集だった。そのほか、同時に花組で退団した有望娘役天咲千華さんや私が好きだった天宮菜生さんについても載っていた。
まとぶんについて書かれていた諸文にはおおよそ共感。あらためて春野さんの後いろいろと苦労もあった中、継いでくれたまとぶんのことを考え直す機会になった。
正直なところまとぶんが星組時代は、ライバル的に存在していた朝澄けいさんが好きだった私にとって、さほど魅力を感じていなかった。しかし、何をやっても「うまい」という印象は持っていた。
ちょっとイメージが変わったのは、『ベルばら』でのアランか。バリバリの男役ではなく、女っぽい面があると思っていたのが、いやいやなかなかかっこいい男だぞと・・・。そして、花組に来てからまだまだなんとなく物足りなさはあったが、華も増してきて「素敵なスターだ」と言えるまでに。
それでも彩吹さんのこともあり、本人に対してというより劇団の方針に対して、まとぶんがトップ街道に乗ったことを素直に認められない気持ちがあったのも事実。
だが、『アデュー・マルセイユ』での演技や歌唱を観て、ああ任せられると安心。トップになってから都合で観れなかった舞台もあったが、どの役もしっかり足が大地に着いていて、たいへん立派な主役だった。特にタムドクとビルは生き生きしていた。彩音ちゃんに見せる包容力も良かった。
コメディーが自然にできるというのは、巧みな役者の証拠。そして、あの美貌。もったいない。ぜひ、今後も女優さん、タレントさんとして活躍していただきたい。だが、料理上手でさぞかしよいお嫁さんにもなろう。とにかく幸せになっていただきたい。あらためて、ありがとう、まとぶん!

公演評では相変わらず、ロミジュリの評判がいい。うーん・・・。
マミさんも出た『愛と青春の宝塚』についても掲載されていて、今年のことなのに早くも懐かしかった。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する