FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

瀧本美織さんって・・・

P7270043.jpg
昨日の続き。2日目の日比谷シャンテ・神田グリルでのランチ。シアタークリエの当日チケットがあるとデザートもついて割引もありますのよん。

正直に言います。ファンの皆さんごめんなさい。女優の瀧本美織さんって、特別美人というわけでもなく、体のバランスから言って顔が大きく、それを助長してしまう中途半端な長さのストレートの髪型で垢ぬけなく見え、いくら清純派とはいえ、売れっ子にしたいならスタッフはまずヘアースタイルをなんとかすべきだろうとCMデビューからずっと歯がゆく思ってました。
したっけ、どうでしょう!ドラマ『美男ですね』(ドラマ自体は観たことはありませんが)に出るためということで、髪を短くしたとたん、女の子としても一気に垢ぬけて、女優らしくもなり、わっちの懸念が解決に向かったではありませんか。彼女は今後もお嬢様らしい雰囲気(そうなるとどうしても髪を長くたらすし、個性が出ない)よりも元気で明るいボーイッシュ系の方がいいと思います。


●ミニエッセー1858「ブログ5年を振り返って④」
そして、本年3月11日に起きた東日本大震災が起きてから今も、ブログやツイッターでの発言が与える影響について、普段からもマナーやデリカシーの許容範囲については考えていたつもりだったが、一層熟考が必要だと思い知らされた。
特に有名人の書き込みは、書き方の加減によって悪意がなく書いたことでも悪い方に解釈され、とんでもない誤解、議論を生むことが多い。震災当初は当ブログでリンクしているマミさんのブログでも樹里さんのブログでもちょっとした騒動があった。そして、昨今の原発に対する意見や韓流問題など、本人はただ正直に主義主張を述べたつもりが、さまざまな波紋を呼ぶ結果になっている。
私も地震が起きてからしばらく、緊急として通常記事へのリアルタイムでの関連事項の挿入をし、5月にはミニエッセーで感じたことなどをまとめた。
前述したように、先々まで写真も記事も決めているため、被災者や関係者の方の心情に対してふさわしくないと思ったものはことわり書きを入れたり、差し替えたりして、気を付けるようにした。本当はもっと違う厳しいニュアンスで書きたいと思うことを自重したり、こんなときだからこそとびきり笑える明るい記事を書きたいという気持ちを抑えたりした。世界中に発信するものだから当然のことだが、表現の自由の難しさを再認識した。
けれども、やっぱり基本は「楽しいもの、自分らしいものでありたい」。読む方になんらかの役割を果たすものでありたいし、日常においても、また復興に向けても提案や呼びかけなどブロガーだからこそできることもあると模索している。

最後になってしまったが、「出会いと感謝」について―。
この5年にブログをやっているからこそ出会えた人たちもたくさんいる。実際にお会いした方もそうでない方もいるが、励まし、刺激し合える大事な仲間と思っている。
また、読んでくれている方、ランキングバー、拍手バーを押してくれる方、コメントをくれる方へ心から感謝申し上げます。貴重な時間を向けてくださり、本当にありがとうございます。
時には「辛口あり」をご容赦いただきつつ、これからもよろしくお願い申し上げます。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する