FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

佑ちゃんフィーバー

PC190079.jpgPC190078.jpg
左からディナーショー会場前の飾り、ノルさんからのお花、リカさん、瀬奈さんからのお花。

フィーバーって死語かもと思ってましたが、斎藤佑樹投手の日ハム入りが決まってから、北海道じゅうとにかく佑ちゃんフィーバーでございます。品格のあるまま成長していただきたい。あんな息子がほしい・・・爆。

<サロンのブログ更新しました>
2・3月のおすすめカラー・キャンペーン・臨時休業など→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1631「ヅカノートより2011新春①1月旅日記①」

<1月24日>
1月に入ってから連日の大雪で、空港までたどり着けるか、飛行機がちゃんと飛ぶか、とにかく心配だった。天気予報ではなんとか飛行機は飛びそうだったが、家から空港までは地域が変わるため道の状態や雪模様が心配で、早く出発するため徹夜して朝4時から支度し、5時過ぎには出発した。いつもより30分くらい早い。
おかげさまで雪は降っていなかったが、敵は別のところにいた。少し気温が高かったため、ところどころ霧で視界が相当悪く、まさに命がけの運転になった。こうまでして行きたいんだからね、わっちさんは・・・と、自分に言い聞かせて慎重に慎重に行ったので、なんとなく眠気が来たのもあせった。が、午前7時少し前に空港に着いたときはとにかく安心した。
安心したらお腹が空いてきた。食べない予定だったが、おにぎりをひとつ買って食べてしまった。
機内では熟睡するつもりが、うるさくおしゃべりしていた若い女の子たちのおかげで、ほんとにうっすら寝た程度。飲み物はめんどくさいからもらわなかった。

羽田空港では少し買い物をして、モノレールで浜松町を経由して新橋へ。このパターンは久しぶりだった。新橋駅地下でサロンの用品などを買い物し、昼になったらサラリーマンで混むことを想定して正午少し前におすし屋さんでランチした。カウンターのいすに座りづらくて参った。背が低いから、バーにあるようないすだと「よっこらしょ」とずりあがりしないと届かないのである。とほほ・・・。江戸前ずしのゆでて開いている感じのえびはあまり好きではないのだが、変わり巻きの入った特別メニューでとてもおいしかった。
それから有楽町方面に歩いて銀座の定宿へ。そこで、フロントに顔を見せたとたん、何も言わなくても「わっち(本名)さま、いつもありがとうございます」と言われた。いつも???。結構久しぶりなはずなのだが・・・爆笑。
チェックイン手続きと荷物預けだけをして、新橋駅へ戻り、メトロ銀座線で表参道へ向かった。

(続く)

1500回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する