FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ドリームトレイルとお笑いライブ

PC190004.jpg
恒例の東宝ツリーととても良かった星組公演看板。

本日は青山劇場のOG公演と夜はお笑いライブです。

<サロンのブログ更新しました>
ショッピングコーナー「ちょっとしたプレゼントに」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1627「退団後の真琴つばささんのこと28・2010ディナーショー⑤」
その声にはちゃんと次に歌う曲の前振りあり、「このままではお客さんはストレスでしょう」と、宝塚時代の曲を歌いますとファン心理をついてたき。だが、前に述べたとおり、私としてはもっと聞きたかった宝塚時代の曲はこれだけ、『ローンウルフ』から『アローン』である。

わりとカジュアルな格好・すっかりアンコールモードで登場して『アローン』を歌い、簡単な挨拶をしてアルバム『シンフォニー』から亡き加藤和彦さんの『BUDDY』を歌い、客席へ降りてみんなとハイタッチ。通れないところへは懸命に手を振っていた。マミさんの気遣いを見た。私のところは通らなかったものの、舞台のマミさんとばっちり目が合ったので、大満足だった。

なかなかアンコールの拍手がやまず、出てきたマミさんは「なんかみんなで歌おうか」と、予定外に客席からリクエストを取り、『赤鼻のトナカイ』を歌うことに。ピアノの方が伴奏をつけてくれて、会場が一体になって「真っ赤なおはなの赤プリさんは・・・」「真琴つばさは言いました~」と替え歌を。ところが、マミさん、メロディも歌詞も少し間違えてリード。ありゃりゃ・・・。まあ、それでもマミさんらしいやと客席の寛容な心で盛り上がり、区切りのディナーショーは終了した。途中、マミさんが「なんちゃって、来年もやってたりして」と発言したのにはびびったが・・・。

これらの構成すべてマミさん自身が考えているのだから、すごいことではある。なんとかみんなを喜ばせようとサービスしすぎてとんでもなくバラエティーにとんでいたのである。本当に、マミさんらしい。ひょっとしたらディナーショーは30周年の時に復活するのかもしれない。きっととまたファンのためにいろいろと練ることだろう。とりあえず区切りのディナーショー、今回そして今までお疲れさまでした。マミさん、ありがとう!!

1500回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する