FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

ロミジュリポスター

ド6
帰りのタクシーで運転手さんが「去年のだけどあげるね」とくださったシール。

観に行けませんが、星組の「ロミオとジュリエット」のポスター、きれいですね。

<潤い燦々ゼリー>
ぜりい
ブルーベリーとプルーン味が当選。おいしかったです。へたなデザートを食べるより、美容にもいい一石二鳥のおやつになりますね。
デザートエステファンサイト応援中


●ミニエッセー1375「新生活1カ月」
がらりと変わった私の毎日。サラリーマン生活でなくなって1カ月の感想みたいなものを述べたい。

とにかく、まだ生活リズムに慣れない。というか、リズムと言えるようなものがない生活だ。
もともと環境適応能力がない私。努力して乗り越えなければ適応できないタイプだ。
子供のころの転校生活も、恋人とお別れしても(苦笑)、結婚しても、職場で部署が変わっても、とにかく慣れるまでに時間がかかってきた。
やっぱり仕事・生活が変わっても1カ月くらいでは慣れず、自由な時間も多いのになかなか「あれもやりたい」「これもやりたい」というものに着手できずにいる。
ただ、今まではそれができないからと、ものすごくあせる傾向にあった。どうしても目標を達成しなければ気が済まず、達成しなかったら激しい自己嫌悪に陥っていた。
しかし、そんなんじゃ精神的にも肉体的にも参ってしまうと気付き、思い通りにいかないときも自分に「あせるな、あせるな」と言い聞かせている。
重い風邪やリウマチで長く臥せたこともあり、いつもは「限りある時間がもったいない」と、何かしら「行動」ばかりしていた私が、動いては治らないなと、1日じゅう体の要求に応じて寝ていたり、ただ考え事にふけるといった、今まではなかった「自分と向き合う長い時間」が、このひと月多かった。

「明るく前向きに」が信条の私だが、さすがに後ろ向きにもなる。
ちょうど、「25年を振り返って」シリーズをアップしたこともあり、あらためて自分で読んで後悔や反省や昔の痛みを思い出して「あのときこうすればよかった」「ああ言えばよかった」と沈んだり、「仕方ないよな・・・」とあきらめたり、心はずいぶん忙しかった。
だが、振り返っていろいろなことを感じられる日々―さまざまな経験を持っているということは、幸せなことだなとあらためて感じた。
そこからまた新たに発見することもあるし、反面教師として勉強になることもあるし、サロンの特に若いお客様と恋や仕事の話をするときに、アドバイスもできる。

それから、自分にはまだまだかなえたい夢がたくさんあるなとあらためて夢にどん欲な自分に気付いた。仕事上のことはもちろん、趣味の上でも、日常生活でも・・・。
夢はかなえるためにあるとは思いつつも、私が夢見ることの中には、自分の努力次第でどうにかなるというものではないものもあり、「どう考えても到底無理だろうな・・・」というのも含まれている。
だが、人生は分からない。明日は分からない。雲をつかむような話でも、かなわないとも限らない。そんな夢でも捨てないでいたいなと思っている。

次はそろそろ新しい生活に慣れ、面白い毎日と言えるようになったころ、また報告したい。

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)