FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

だっこされたい!

ド1
札幌ドームにはタクシーで行きました。

先月、嵐の大野君が「世界一受けたい授業」で私のマミさんにお姫様だっこされていたんですよね!いやーん、ずるいっ。
マミさんは80キロちょっとまでだったら抱けるそう。わっち、全然大丈夫(爆)。お姫様だっこされたいよ~!

<おしらせ>
姉妹店「わんこのきもち」では、わんこのご病気などで孤独な飼い主様、ペットロスに悩む方の電話カウンセリングを1時間3,000円で行っております。詳しくは→わんこのきもち社長日記


●ミニエッセー1370「25年を振り返って⑯最終回」
プライベートでの悲しみを乗り越えようとしていたこともあり、最初はちょっととんがっていて、生意気だった。
それが、角のある岩が波に洗われてだんだん丸い石になるように、さまざまな仕事、人との出会い、そして別れによって、変な力が抜け、人当たりの面でもソフトになってきたと自覚している。
たくさん失敗もした。理不尽なことに怒ったり、耐えたりもした。たくさんの壁にぶち当たった。
しかし、乗り越えられなかった壁はなかった。そのたびに誰かに助けられたり、自分で勉強したり、人として、社会人としてちょっとずつ階段を上がってこれた。

学園には心から感謝しているし、職員だったことを誇りに思う。
だからこそ、願いがある。これからもずっと、続いてほしいということだ。
公立の学校でさえ、統合、廃校となくなっていく。私の母校である「あの彼」と出会った思い出の高校も記念碑しかない。短大もない。とても寂しいことだ。もし、元の職場までなくなっては、つらすぎる。
どんなに時代が変わっても、ちょっと泥臭くても、垢抜けなくてもいいから、受験生や学生や親御さんたちだけではなく、世間から「愛される高校・大学」であってほしい。
教育・研究という基本はもちろん、社会、産業への貢献を続けてほしい。
北海道らしさ、個性をなくさないでほしい。ブランド力を信じ、それを発展させてほしい。
創設者の思いを忘れないでほしい。
何よりも「人」を大切にしてほしい。土地も建物も動物もお金も大切だが、人材は宝だ。
その中でも一番生徒・学生を大事にしてほしい。
だから教員だけではなく、その彼らや教員の生活をサポートする事務・技術系職員(正職員や非正職員にかかわらず)の能力がいかに大切かを常に考えてほしい。
能力とは、単に仕事ができることだけを差すのではない。訓練し、慣れれば、仕事はできるようになる。
だが、仕事をする上でのマインドが問題だと私は思う。
何を念頭に仕事をするのか。何のために、何に役立つように意識しながら仕事の一翼を担うのか、きちんとした考えを持つ人たちを雇ってもらいたい。マインドのない人ばかりの集団になるなら、学園の存続は危ういと思う。
                         ◇
四季折々の景色が素晴らしかった学園。
愛する人と別れ、声が出なくなった私を、桜やいろいろな木々が、肥沃な土が、芝生のグリーンが、動物たちが癒してくれた。もう涙を拭きなさいと語りかけてくれた。
広いキャンパスにはいつも強めの風が吹いていた。冬は学園内で何度も遭難しそうになった。世の中甘いことばかりあるわけはない、倒れるな、頑張れと励ましてくれた。
学生たちがかわいかった。伴侶動物(?)との出会いがあった。
職場内外の仲間、そして家族の存在が支えだった。子宮を失い、親不孝だなと病院のベッドで泣いたときも、お見舞いにかけつけてくれ、待ってくれていたみんながいたから、涙を止められた。

多々迷惑を掛けたことも、私の「卒業」に免じてお許しいただきたい。切なく、そして感謝の四半世紀だった。

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

人生はいつまで経っても勉強ですね。
いくつになったら完成されるわけじゃない。
でも乗り越えらない試練は訪れないし全てが糧になり活かされて遠回りした事さえも未来に繋がるのですね。
常に今が1番幸せ。そう言えるわっちさんがステキです。
幸せは自分の中にしかないからいつも自分が自分を幸せにしてあげたいですね。
これからもっともっと楽しい時間が待っています。

SAKICO | URL | 2010/05/12 (Wed) 00:51 [編集]


ありがとうございます。

私の人生はそこらへんの小説より奇なりです。
だから、なかなか次のシナリオが
書けないでいます。ははは。

わっちさん | URL | 2010/05/12 (Wed) 02:22 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)