FC2ブログ
CSで全ツ楽を観て
うなぎ

浜松と言えば、おさちゃんが食べられないうなぎ!!出来たてのうなぎ弁当・・・おいしいのにねえ。
遅くなりましたが、全ツの千秋楽の様子をCSで観ました。ああ、あの場にいたかったな・・・。
ショーではおさちゃんが「あやぶきまお」連発で、ふたり抱き合ってくるくる回っていたのがぐっときました。
最後にスタッフさんが舞台に風船と紙吹雪を舞わせましたが、おさちゃんが持っていた微妙に似ていないミッキーマウスの風船が気になって仕方がないわっちさんでした。笑。

昨日の女3人焼き鳥を食べる会?おいしくって、楽しかったです!!友人は4歳年下で、娘さんは小学校2年生ですが、精神年齢はどうも私が一番下なような気がしてなりません・・・


●ミニエッセー120「私の先生4」
W先生は、その女子生徒の不安が、思春期のみんなも持つ命題だと感じ、じっくり話したいと思ったようだ。自分も昔そう考えたことがあると言っていた。いろいろと話してくれたので、今はところどころしか覚えていないが、概ねこんな内容だった。
「人間は誰が作ったのか、どうしてたくさんの命が生まれては消え、歴史が続いていくのかは誰にも分からない。でも、先生がみんなより少し長く生きていて思うことは、みんなは間違いなく両親の愛の結晶であり、大切な宝物であるということ。みんなを預かる先生にとっても。その両親もそれぞれの両親が愛し合って生まれた。おじいちゃん、おばあちゃんも、その両親もそう。
もしも永遠に生きられるとしたら、みんなはどんな毎日になったと思う?勉強やクラブを今みたいに頑張れただろうか。永遠に時間があるなら、いつまでも若いなら、別に今日でなくてもいいやと思うよね。人は限られた時間だからこそ、その時その時を生きられるんじゃないだろうか。
長生きできる人もいるかもしれないけれど、突然明日死ぬかもしれない。どうせだったらその時、後悔しない方がいい。そのためには今この時を精一杯生きることしか手がない。時間は戻せないから。たとえ失敗したり、うまくいかないことがあっても、自分が納得できるまで一生懸命やった結果なら、それでいいと思う。
死ぬのは確かに怖いね。でも、心配することない。だってみんなが一生懸命生きたことは、将来きっと誰かが受け継いでくれるから。その時この世では肉体は終わりでも、愛した誰かや、それによって生まれる子供がちゃんと思いをつなげていってくれる。みんな平等に一度は死ぬんだしね。
みんなは何億という命の種の中からせっかく選ばれてきた素晴らしい命。その命を粗末にしたら悲しむ人がいることを忘れてはならない。人生にはつらいこともたくさんあるけれど、絶対楽しいこと、生まれてきて良かったなーと思うことがある。考えすぎず、自信を持って、悔いなく最期を迎えられるよう、今をみんなで助け合って共に生きよう」。
先生は、ぽつり、ぽつり静かに語った。その日からなおさら、私たちB組のまとまりのある雰囲気は強まった。
それから思い出すのは、担任が音楽教師だけに合唱がうまく、優勝の本命だと言われていた3年生の学校祭での合唱コンクール本番でみんな気負いすぎて固くなり、隣のA組に負けた時のこと。クラスは暗くなり、人一倍責任感の強いクラス代表のT君が自分の指揮が良くなかったせいだと泣いた。W先生は「Tもみんなも良かった、すごく頑張った。だけどそれ以上にA組が頑張った、それだけのことだ」と言った。
また、西城秀樹さんの熱狂的ファンだった私が、どうしても数時間掛かる大きな町でのコンサートに行きたいから1日だけ休ませてほしいと母とともに相談すると、「みんなには風邪と言っておくから、行って楽しんでおいで」と言ってくれた。ずる休みすれば済むのに、相談する真面目なわっちさん親子もどうかと思うが、先生の心意気には今も感謝でいっぱいだ。
W先生は、卒業前のお別れ会でギターの弾き語りを披露してくれた。緊張で少し震えながら歌っていた加山雄三さんの「旅人よ」。とても胸にしみる歌声だった。
W先生とはその後も年賀状のやりとりをし、クラス会で2度ほど会って懐かしい思い出話をした。そして一時期、先生が現場を離れ、別の職に就いていた時、偶然にもその職場が私の働いている大学のそばだった。ある日先生から職場に電話があり、わざわざ会いに来てくれたのだ。先生は私の先輩たちに丁寧にあいさつし、名刺を配ってくれた。ちょうど同じ職場の主人と婚約中で、先生に紹介することができた。その後、先生は教頭になり、数年前からある学校の校長をされている。(続く)



スポンサーサイト
【2006/12/09 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<忘れてたマミさんコラム | ホーム | 3月第一弾ホテル手配>>
コメント
初めまして、わっちさん。いつも楽しく読ませていただいています。私も宝塚が好きですので、わっちさんの鋭い見解はもとより、ミニエッセーの内容の豊かさに毎回考えさせられています。今回の「私の先生4」も読み終えたあと、「そうだよなあ。命が永遠だったら、のんべんだらりと締まりのない日々になるだろうな。」と思いました。毎日の更新が楽しみです。どうかお風邪をひかないよう。私は「黒蜥蜴」が今一番の楽しみ。早くキャスティングが発表されないかな?
【2006/12/09 12:39】 URL | りんご #MOemMYPQ[ 編集]
りんごさま

ご愛読とコメントありがとうございます。
とてもうれしいです。
毎日更新式なのでお時間を
取らせているでしょうね。
もうしわけありません。v-390
「黒蜥蜴」の配役、本当に楽しみですね。
私は、黒蜥蜴(緑川夫人)をおさちゃんに
やってほしいなーと
思ったりしちゃいました。笑

【2006/12/09 15:37】 URL | わっちさん #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://wacchizuka.blog53.fc2.com/tb.php/121-36f69489
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する