FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

取材にヅカ服

8/22、仕事で或る所へ取材のため出張したのですが、先日入手したマミさんが現役のころ、ご自分でイラストを描いてデザインしてファンクラブで製作したTシャツを着ていきました。サイズがぴったりで、ちょっと感激。マミさんは「かわいらしいけれどちょっと変」という絵を描く人なのですが、そのTシャツもよく見るとすごいキッチュで、取材相手もきっと「?????」が渦巻いていたことでしょう
取材の時はカメラマンにもなるため、動き回りやすいように普段よりはラフな格好をしますが、結構ヅカ関連のTシャツ類を着ます。膨大なヅカコレクション―使える物は実際に使うのが私の信念なのです。



●ミニエッセー12「現役時代の真琴つばささんのこと・頑張りに感激」

宝塚では、同期同士で同時期に各組のトップスターを務めるという時代が到来することもあるが、マミさんの月組トップ時代の後半、5組中4組がその状態というミラクルが起こった。すなわち、花組の愛華さん、雪組の轟悠さん、星組の稔幸さんだ。
宝塚ファンの間では、まだ4人が若手のころ、誰が早くトップになるか、本当に4人同時トップが実現するのかなど、よく話題になっていた。実際に蓋を開ければ、涼風さん・アマミー・久世さんが短期間のトップ就任期間だったこともあって、月組のマミさんが一早くトップになったのである。
マミさんの真のファンだと自負するからこそ、遠慮せずに言うが、トップになった時点では、マミさんの人気は、ほかの3人と比べてずば抜けて高いということはなかった。しかも、月組では歌もダンスも巧みで、人気抜群、すぐに新設の宙組のトップになった下級生、姿月あさとさんがマミさんの極近いところに控えていた。だから、「マミさんがこんなに早くトップになるなんて・・・」と、ネガティブな意味での驚きがささやかれたことは、事実だ。
トップお披露目公演に、1本物でど派手な衣装の「エルドラード」を持ってきたのも、トップ就任を盛り上げようという意図であったとは思うが、裏を返せば、何とかインパクトを与えて、もっとマミさんに注目してもらおうという意味もあったのではないだろうか。
当然ながら、劇団は収益面からも一つの組の命運を背負うトップスターが、就任期間が長いにしろ短いにしろ、絶大な人気を得て集客できるというのが理想のばずである。しかし、いつの時代もそんなに心配しなくてもそうなるスターと、劇団がもっともっと売り込んで、押し上げていかなければ・・・というスターがいる。マミさんは、後者だったように思う。
あくまでも推測だが、自分をよく知っている頭の良いマミさんは、そんな劇団の期待と努力に、のほほんとあぐらをかいていてはいけない、自らも何か宝塚に貢献して応えなければと、決意したのだろう。もともと、トークが得意で、お客さんとのコミュニケーションが大好きで、自己プロデュース力があったマミさん。自らを「宝塚の広告塔」と称し、外部の著名人と全国各地でトークショーを開いたり、ポスターを横尾忠則氏にデザインしてもらったり、積極的にテレビの歌番組などへの出演をするなど、宝塚全体を一般にアピールするため、舞台以外にも奔走したのである。マミさんは、見る見る痩せていった。それは、退団するまで続いた。
結果、宝塚の一般への浸透にある程度効果を上げたし、何よりもそういった努力をするマミさんが支持され、ファンが増大した。
マミさんにはまってから、決して技術は高くはないが一公演ごとに洗練されていく舞台センスに魅了されるとともに、いつもトップとしての意識のあり方やこだわりに共感し、いろいろなことに気を遣いながら、頑張っている姿に感激していた。
もしも、マミさんの一連の活動がなかったとしたら、トップ就任期間はもっと短かったに違いない。私たちは寂しい思いをしただろう。3年で退団を申し出たマミさんをありがたいことに劇団が1年引き止めた。いつトップになってもおかしくない2番手、紫吹淳さんがいる中で、2001年の新宝塚劇場のこけら落とし公演をマミさんに託したのである。その公演がマミさんの退団公演になった。(東京が先で、大劇場が後という変則パターン)待たせてしまった紫吹さんファンには申し訳なかったが、こけら落としと退団が重なり、客入りに貢献したことに免じて、許していただきたい。
やはり、スターとしてだけではなく、私はマミさんのことも1人の人間として、また同世代の同性としても、ひかれていた。(続く)
スポンサーサイト



PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

取材相手はきっと今でも?????が渦巻いていることでしょうv-356

わたしは時々
「まことつばさ」か「つばさまこと」か
わからなくなります。。

SAKICO | URL | 2006/08/24 (Thu) 00:15 [編集]


マミさんもそうよく言われると嘆いています。真琴つばさをよろしく・・・って、選挙かっ(タカトシ風)。エッセー13を読んでみてください。思い出さない?

わっちさん | URL | 2006/08/24 (Thu) 00:37 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)