3000回記念109・こだわり「ゲーム」
DSC06731_201605032257532b5.jpg
↑ サンリオショップでうれしそうにキャラ総選挙に投票する主人。はんぎょどんほかに入れてました。

<本日の記事>
ネタばれ注意です。
なんやねん、この課題・・・宝塚でゲームの場面ってそんなに多い?トランプとかカジノ風とか?スポーツの試合は入るの?
はたまた恋のゲームとか・・・???
なんだかわけが分からないまま、おさちゃんのショーをリクエストしましたが・・・。
出た数少なかったですね。1つが長い・・・。
まあ、探せばいろいろあるんですね。
オーシャンズ11や戦国BASARAは絶対出ると思いました。

<サロンのブログ更新しました>
「ウェルカムフラワー2016)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3581「ミニエッセーの予定 2016年6月」
※あくまでも予定である。

6月1日~8日    「札幌ドーム2016 第1弾4/16」

   9日        「Samourai 夢の配役」

  10日        「Samourai を観て」

  11日        「ハリウッドラバー 夢の配役」

  12日        「ハリウッドラバー を観て」

  13日~16日   「サンリオキャラクター 夢の配役」

  17日       「アーネスト・イン・ラブ 夢の配役」

  18日       「アーネスト・イン・ラブ を観て」

  19日       「ズートピア  夢の配役」

  20日       「ズートピア を観て」  

  21日~28日   「札幌ドーム2016 第2弾4/26」

  29日        「トリプルサン セミナー報告」

   30日       「ミニエッセーの予定 2016年7月」

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2016/05/31 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
懸賞生活・ネイルMAX(Itnail)

写真と記事一致です。
われわれプロも役に立つネイルサイトの「Itnail」さんからネイル雑誌『ネイルMAX』6月号をいただきました。
よって、わがサロンで定期購読している分はどなたかにプレゼントさせていただきます。
ありがとうございました。


●ミニエッセー3580「ヅカノート2016春より31(3000回記念108)・はじめて愛した を観て」
今度こそ相手役は本来の相手役だった舞羽さんかと思いきや、またまたまたまた・・・愛加さんだった。
2010年の作品。音月さんのプレお披露目らしい。
正塚先生・・・照明が暗いっちゅうねん。生徒の顔を見るためにみんなお金を払っているのに・・・本当、暗い舞台は苦手。
しかも、心の声をナレーションでする系。舞台じゃなくて映画やドラマのよう。
プロローグが長すぎて早く前に進んでくれないものかとイライラした。
これをもし生で観ていたら確実に途中で寝るだろう。それほど舞台が暗いのである。
しかも、途中から結末が見えてしまいすごく退屈だった。
本来フェアリー系男役の音月さん。だがなんでもできてしまうスター。すごい。
思ったよりすぐ記憶が戻り唖然としたヒロインのあゆっちは・・・舞台メイクが似合わず一般の方よりも悪く見えてしまった。
こののちトップになり、よくぞ今かわいらしく女優をやっているものだ。
とてもとてもかわいそうな役だった彩風さん、この当時は異常なほど台詞が棒読みでなぜ抜擢されていたかよく分からない。
やがて化けるとわかっていたからか、背格好か・・・。
例の件のころなので、夢華さんに一切客席から拍手がなかった。ひゃーーー。
そして、出たお決まり台詞・・・「俺を誰だと思ってるんだ」・・・斉藤さんだぞっ、ほんとに。
消化不良をショーで救われた。
明らかに本編より素敵であった。
千秋楽のセレモニーでは未沙さんが葉加瀬太郎さんのモノマネをして爆笑。
アンコールでは「地デジ化」という言葉が出てきて6年前だがなんて懐かしいと変なところで感激してしまった。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/30 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念107・JURI、北翔、十輝、七海
DSC06730_2016050322575277d.jpg
↑ ゴールデンウィークに主人が食べたいと言い出しサツエキの銀座ハゲ天まで行きました。

<本日の記事>
CSで先月放送された『JURIのいつでもどこでもトークでも』、ゲストは星組のみっちゃん、まさこさん、七海さん。
みっちゃんの退団発表前の収録なので、よく考えたら来年残るのは七海さんだけ・・・。
今回もほんわか&鋭く細かいじゅり視点でとても面白かったです。
真島さんの『アンダルシアに憧れて』、つくづくドラマチックで宝塚がカバーするにはとてもいい歌だと思いました。
じゅりぴょん・・・衣装も素敵だったな。緑が似合う人がうらやましいです。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ネイル(ジェルオフ&クイックケア)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 幻のジャコウネココーヒー エクーアシベットコーヒー豆 50g】
DSC07320_2016052811063420a.jpgDSC07321_201605281106472fe.jpg
普段コーヒーは飲まない私も幻のジャコウネココーヒーのことはテレビで観たばかりだったので知っていました。
今回はそんな貴重なコーヒーを水出しでアイスコーヒーで・・・という企画です。
おすすめのとおり豆を少し粗めに挽いて1ℓ水出しポット(うちのは本来お茶用ですが)で8時間ほど常温で置き、冷蔵庫で冷やしてできあがりです。
写真では薄いように見えますが、ちょうど良い濃さでした。私はブラックは飲めないので実際には練乳を加えていただきました。苦すぎずさっぱりしておいしかったです。ただ、豆を挽いたときの良い香りが半減したような・・・。
コーヒー大好きの主人と弟は「ちょっとコクが足りない。やはりホットのほうが良さそう」と言っておりました。
イーグルアイ・フィリピーノ エクーアファンサイト参加中


●ミニエッセー3579「ヅカノート2016春より30・はじめて愛した 夢の配役」
※主な役のみ。( )は本役。花、月、現雪、星、宙組の順、敬称略。

・バード(音月)        明日海、珠城、早霧、北翔、朝夏
・レイチェル(愛加)      城妃、愛希、咲妃、妃海、実咲
・アッシュ(三沙)       悠真(専科)、飛鳥、鳳翔、七海、寿
・ディディエ所長(飛鳥)    高翔、綾月、奏乃、美稀、凛城
・ベイモンド刑事(早霧)   芹香、美弥、望海、紅、真風
・ラウラ(晴華)        花乃、早乙女、舞咲、夢妃、純矢
・クリッツィ(沙央)      柚香、朝美、月城、天寿、桜木
・ジャンヌ(早花)       桜咲、晴音、沙月、音波、伶美
・クロード(大凪)       水美、紫門、彩風、麻央、愛月
・リシャール(大湖)      夕霧、光月、香綾、如月、天玲
・シルビー弁護士(沙月)   芽吹、白雪、早花、愛水、綾瀬
・アンリ(凛城)         天真、宇月、真那、壱城、澄輝
・家政婦(桃花)        華雅、紫乃、星乃、綺咲、彩花
・ジュリアーノ(彩風)     瀬戸、凪七、彩凪、瀬央、和希
・カッセル刑事(帆風)     鳳月、暁、永久輝、礼、星吹
・ナタリー(夢華)        仙名、海乃、有沙、真彩、瀬音
・看護士(花夏)         春妃、妃純、星南、天彩、星風

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/29 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
懸賞生活・オールフリーライムショット

写真と記事一致です。
事前のお知らせとかなく突然届いたのでびっくり。サントリーさんにオールフリーに続いてライム風味のノンアルコールビール2本をいただきました。
1本はためしに主人とはんぶんこ。主人はまあふつうのビール味よりはまだ飲めると言ってました。
私はビールも炭酸も苦手なのでちょっとずつちょっとずつ・・・味は正直、ビールでげげげーーー。
もう少し味もライムだったらいいのに・・・。
1本は母にプレゼント。
とにかくありがとうございました。


●ミニエッセー3578「ヅカノート2016春より29(3000回記念106)・蘭乃はなさよならショー&セレモニー を観て」
2年前の花組エリザベート東京千秋楽。
みりおちゃんがトートメイクのままで、大鳥れいさんのときのおさちゃんもそうだったなと思い出した。
『ファントム』の歌も出てきたので、ますますおさちゃんと桜乃さんのことを思い巡らせてしまった。
望海さんはまるで朝香じゅんさんのようなスターの風格。下級生のころは良い意味でこんなに濃い感じになるとは考えてもみなかったが・・・。
そして、個人的にはやっぱり瀬戸さんがかっこよかった。
セレモニーでは、らんはなちゃんのほか、桜さん、美蘭さん、大河さん、春花さん、元気な花奈さんが退団。
一花ちゃんは凛としていて、えみくらちゃんが花束を渡した。研一のころから応援してきて16年。感慨深かった。
らんはなちゃんはなんとなく変わったあいさつだった。
組替えになる真彩さんや望海さんも一言あって良かった。
花組ポーズを見るたびにやはりおさちゃんが目に浮かんだ。
これがお披露目だったみりおちゃん、相変わらずめんこくて、らんはなちゃんへのメッセージが素敵だった。
らんはなちゃんが「エーヤン、花組」と言ったことを素晴らしいとほめるお母さんみたいなみりおちゃん・・・ほほえましいの一言。

私は個人的に主役コンビが同時に退団するパターンは基本的に反対なほうだ。
基本的にというのは、例外として名コンビとして長く務め、終わりも共に・・・というのがふさわしい場合もあるから。
昔は剣さん・こだまさん、天海さん・麻乃さん、少し前なら和央さん・花總さん、最近では柚希さん・夢咲さんなど・・・。
コンビ同時退団したい気持ちも劇団や組の事情や経済面の負担も分かる。
でも、タカラジェンヌましてやトップの卒業となればその華やかさ、盛り上がりたるや、本当に一大ページェント。本来はそれぞれソロのさよならショーで送りたい。コンビだとどうしてもふたりのさよならショーなので個がちょっと薄まる。コンビとしては十分本公演で見せてくれればいい。
それにぜいたくな望みだけれど、観客として単純に普通は固定相手役の主役がほかの人と組んだところを1作でもいいから見たいのである。それが学年がひっくりかえろうが「全然合わない」と感じるものでも・・・である。
だから、らんとむさんと組んだあと、たとえ数作でもみりおちゃんと組んで卒業していった蘭乃さんのパターンは理想的だった。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
宝塚×ファイターズ・・・
DSC06717.jpg
↑ 久しぶりにコーチャンフォーで事務用品を買いました。

<本日の記事>
えーーーなんじゃそりゃ・・・。
ただでさえ激戦だった宝塚札幌公演。わがファイターズが女性向け企画としてチケットをセット販売するなんて・・・。
何枚確保してるのか知らないけれど、純粋に宝塚を観たい人の枠が減るのが残念。
しかも、6月の野球と9月の宝塚って・・・。高く売れるからと宝塚の方をオークションや販売に出す人が出そう。
それを防ぐために当日まで渡さないとか、対策をしてほしいものです。

<サロンのブログ更新しました>
「臨時営業(5月31日)と休業(6月2、4、6日)のお知らせ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3577「ヅカノート2016春より28(3000回記念105)・ニジンスキー を観て」
2011年東日本大震災後、日本青年館にて上演された原田諒先生の作品。
これもあゆっちがヒロイン。
そして、気になる執事がでてくる・・・苦笑。
早霧さん、美しい。これを見ると歌手ではなくダンサーなのだと思うけれど、個人的には彼女の巧妙な演技が好き。
とにかく踊れる人じゃないとできない役。
思ったより歌も頑張っていた。
ニジンスキーという実在のダンサーがバレエ界に多いゲイで、のちに女性と結婚というのは知っていたが、これを観て初めてセルゲイとの関係は本意じゃなかったと知った。
そして、前衛の意味を理解できた。
ちぎちゃんが一瞬大浦みずきさんに見えた。このころ大売出し大作戦とは思うが、こんなに踊って大丈夫だったのか。特に燕尾でも・・・。
賢い役の愛加さんは当時ひたすら丸く見えた。特に下半身は宝塚の主役クラスの中ではぽっちゃり。
今はとてもかわいいが、このころはなぜかそう見えない。
ミニおさちゃんみたいな涼瀬さんが懐かしい。
大湖さんは男役で、彩凪さんがでっかい女役!!
影の主役である緒月さん、よくこの危険な香りのやらしいながらまじめでかたいおじさんを演じきったものだ。かっこいいの一言。これは彼女じゃなきゃできなかったと思う。
それにしても宝塚でもジェンダーの壁を超えてよくぞ取り上げたものだ。LGBTの方に感心してもらえるかも。
パリでは南十字星が見えないの?
芸術を突き詰めると心が参るのはよく分かる。凡人が一番幸せかも。原田先生、表現がうまい。
ショーは五峰さんのバレエからスタート。素晴らしかった。
大きい緒月さんが大きい彩凪さんと組んでいた。豪快。
麻樹さんが長で、震災に触れていた。
ちぎちゃんって意外に熱くておもしろい。アンコールがものすごかった。
客席に水さんがいて、映っていた・・・ははは。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/27 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
みっちゃん・妃海さんの退団発表
DSC06716.jpg
↑ ネイルの記事があったのでサロン用に買ったのですが、記事はいまひとつで、それより付録がうれしかったです。

<本日の記事>
いつかは来るとはわかっていたけれど、今年じゅうなんて・・・寂しいしょ。
もう少しいてほしかったな・・・北翔海莉さん・・・歴史に残る苦労人スター。素敵な男役・・・ああ・・・。
同時退団の相手役・妃海さんも残ってほしかったな・・・。


●ミニエッセー3576「ヅカノート2016春より27・ニジンスキー 夢の配役」
※主な役のみ。( )は本役、花、月、星、宙組の順、敬称略。

・ニジンスキー(早霧)      柚香、珠城、礼、朝夏
・ロモラ(愛加)          城妃、愛希、妃海、伶美
・セルゲイ(緒月)        明日海、星条(専科)、北翔、真風
・レオン(磯野)          高翔、飛鳥、美稀、寿
・タマラ(五峰)          花乃、白雪、音波、実咲
・リポン公爵夫人(麻樹)    芽吹、憧花、万里、純矢
・エミリー(涼花)         花野、夏月、愛水、美風
・ポーラ(早花)          華雅、早乙女、綺咲、遥羽
・ミハイル(大凪)         鳳月、美弥、七海、愛月
・アドルフ(大湖)         水美、凪七、紅、澄輝
・イゴール(蓮城)         瀬戸、朝美、壱城、桜木
・マルセル(香音)         綺城、光月、夏樹、春瀬
・ヴィラ(千風)           桜咲、晴音、夢妃、花音
・シモンほか(透真)       天真、宇月、如月、凛城
・ジョゼット(透水)        仙名、海乃、真彩、瀬音
・マリー(彩凪)          芹香、紫門、天寿、蒼羽
・レオニード(真那)        帆純、彩音、瀬央、七生
・ガンズブルク男爵(帆風)    夕霧、綾月、十碧、天玲
・スタッフほか(涼瀬)       飛龍、輝月、紫藤、和希
・紳士ほか(久城)         優波、暁、麻央、星吹  

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
先月久々おさちゃん写真
DSC06715.jpg
↑ 初めてセブンイレブンのドーナツを買ってみました。わっちはクリームなしのを食べましたが・・・ありのほうが良かったな・・・。

<本日の記事>
先月久しぶりにおさちゃんのFCサイトでスタッフブログが更新され、最新おさちゃんの写真がアップされました。
ちと安心。
舞台降板などでいろいろ噂が出ていましたが、夏に双子を出産の予定。
どうか体を大事にね。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様欠けづめ保護」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 温泉酵素のオールインワンジェル RG92 現品 1回目】
DSC07291_20160525093804491.jpg
すっぴんで失礼します。洗顔後、ふきとり化粧水後このジェルだけ・・・を数回試しているところです。
テクスチャーが分かるように・・・と左頬に乗せているのですが、ちょっと見えにくいですね。半透明である程度硬度があり全くたれてきません。しかし、よくのびます。ジェルタイプのものにたまにあるよれてかたまるということはありません。
つけてすぐはべたつきがありますが、やがてなじんで気にならなくなります。
RG92って、温泉藻類だそうです。よく温泉成分利用というのはありますが、温泉の藻に着目したところが目新しいですね。
ハリや整肌が期待できるようで、個人的には化粧のりがよくなるといいなと思っています。
しばらくしたら2回目を報告します。
サラヴィオ化粧品モニプラファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3575「ヅカノート2016春より26・ランスロット を観て」
一体どんな話なのか全く予習せず観た。
アーサー王物語に登場する騎士らしい。円卓の騎士・・・『エクスカリバー』を思い出した。
5年前の作品。既にそのときからスターの風格があったが、真風さんはもう大スターだ。
最近マイブームの姫の執事っぽいところも。
真風さんにこの役をやらせたい気持ちは分かる。似合う。
ショーでのオールバックがすごくよかった。
また不倫の話かい・・・石田純一さんじゃないけど、宝塚の世界では文化になってる・・・。
素敵な王様を裏切ってはあかん。
演出は生田先生。ちょっと全体にまのびしている。もっと工夫できたと思う。そして、個々のキャラクターを活かせたのではないだろうか。
この当時、麻央さんの棒読みがひどい。そして、早乙女さんの歌がだめだ。きっと彼女のトップはもうないのだろうな・・・。
芹香さんや瀬央さんも。芹香さんはポイントのおいしい役。
聖母的な役はもう美穂さんしかいないな。
汐月さん・・・かえすがえすも素敵。もったいない。
どうやら『物語』というものの本質に迫ろうとしていた。その意図は理解できた。
が、とても良い黒い役だった夢妃さんの役の意味や戦う意味がいまひとつ分からなかった。
この夢妃さんや如月さんは歌が良い。
天寿さん、真風さんの一期上で、とてもかっこいい。
やがて真風さんが他組へ異動するこをこの作品が暗示していたような・・・。
ショーのタンゴがいい。真風さん、娘役一人ずつと次々踊るハーレムパターンの似合うこと。
千秋楽で、あいさつの長は美稀さん。
初バウ主演でとても頑張った涙・涙の真風さん。めんこい女の子が残ってる。
一生懸命のあいさつ。ビジュアルは水さんやおさちゃんを思い出すが、あなたはもうほかの誰でもなくて真風涼帆さんだ。
トップになったときは、ぜひ観に行きたい。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/25 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
月組の組長異動と退団
DSC06713.jpgDSC06714.jpg
↑ 今月初めのゴールデンウィークにとんかつ玉藤にて。

<本日の記事>
月組さんの組長・副組長人事異動は順当ですな。
龍さんを除く新たな退団発表者の萌花さんら皆様、お疲れ様でした。


●ミニエッセー3574「ヅカノート2016春より25・ランスロット 夢の配役」
※主な役のみ。( )は本役。花、月、雪、現星、宙組の順。

・ランスロット(真風)        明日海、珠城、早霧、紅、朝夏
・グウィネビア(早乙女)      花乃、愛希、咲妃、妃海、実咲
・ヴィヴィアン(美穂)        芽吹、憧花、鈴奈(専科)、音波、美風
・ヨセフ(美稀)            高翔、飛鳥、奏乃、如月、寿
・モルゴース(花愛)        仙名、花陽、舞咲、夢妃、純矢
・レオデグランス他(碧海)     夕霧、綾月、光月、美稀、天玲
・マーリン先生(如月)       瀬戸、宇月、鳳翔、天寿、星吹
・ボールス(汐月)         綺城、春海、久城、漣、春瀬
・アーサー王(天寿)        芹香、美弥、望海、北翔、真風
・アガサ(優香)           華雅、白雪、早花、白妙、花音
・ケイ(千寿)             水美、輝城、真那、壱城、凛城
・ノーマ(愛水)           白姫、花、千風、紫月、綾瀬
・セリア他(妃白)         梅咲、夏月、沙月、愛水、瀬音
・トリスタン(瀬稀)         舞月、響、香綾、大輝、和希
・エミリー(紫月)          菜那、真愛、桃花、空乃、結乃
・モルガン(夢妃)          桜咲、晴音、有沙、真彩、伶美
・モルドレッド(芹香)        鳳月、凪七、彩凪、礼、澄輝
・パラメデス(夏樹)         優波、輝月、彩風、麻央、蒼羽
・ルイーズ(夢城)          美花、夢羽、杏野、紫、愛白
・オフィリア(毬愛)          紗愛、叶羽、星乃、綺咲、彩花
・ライオネル(漣)           冴月、紫門、透真、十碧、桜木
・ガウェイン(麻央)          柚香、暁、月城、七海、愛月
・アグラヴェイン(翔馬)        天真、千海、煌羽、夏樹、風馬
・ペリノア(ひろ香)          和海、朝美、星加、瀬央、七生
・少年ランスロット(妃海)      春妃、海乃、星南、天彩、遥羽
・ガレス(瀬央)            矢吹、輝生、永久輝、ひろ香、瑠風
・べディベア(紫藤)         飛龍、彩音、縣、天華、愛海
・少女グウィネビア(綺咲)     城妃、妃純、彩、星蘭、星風
・トリシア(白鳥)           乙羽、結愛、優美、天乃、雪乃

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/24 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
珠城さん、グランドホテル
DSC06708_20160429190732916.jpg
↑ ローソンで注文していた北海道新幹線ユニの帽子。

<本日の記事>
来年の珠城さんの大劇お披露目、なんとまあ『グランドホテル』ですって・・・観たいよぉ。


<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)5」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3573「ヅカノート2016春より24・メイちゃんの執事(コミック版) 夢の配役 2」

・泉の義母             鞠花、玲実、千風、七星、結乃
・ビル(香港マフィア・不二子の母の元フィアンセ) 優波、貴千、桜路、十碧、天玲
・不二子の祖父         一樹(専科)、有瀬、天月、輝咲、水音依千

・イルファーン王子    芹香、凪七、月城、瀬央、澄輝
・イル王子の手下 ザキ   和海、優、橘、音咲、秋音
・同       ジン   舞月、夢奈、真地、天路、秋奈
・イル王子の国の王   羽立、蒼真、叶、朝水、風馬
・ヤン・スーこと飛     飛龍、春海、望月、遥斗、琥南
・飛の弟 翔        亜蓮、朝美、朝澄、天華、愛海
・リシュ(翔の亡くなった憧れの姫)  舞空、妃純、美華、二條、花城
・クラリス王女(最初は男を装っている) 太凰、海乃、星加、轟(専科)、伶美
・レオン(クラリスの執事)        愛乃、音風、真友月、夏樹、輝
・クラリスの叔父(悪役)        冴華、翔我、朝風、拓斗、星月
・クラリスの父(国王)         千幸、煌海、ゆめ、綾、朝央
・クラリスの母(王妃)         芽吹、夢羽、梨花、澪乃、愛咲
・ダミアン・アダムス(みるくの父)  航琉、新、真條、漣、奏音
・みるくの母クルミ(故人)       紗愛、真愛、沙羅、天乃、涼華
・ミカエル(アダムスの執事)     一之瀬、朝陽、陽向、極美、優希
・柏木圭(アイドル)          侑輝、一星、彩風、彩葉、蒼羽
・東こと東条伸之助(圭のマネージャーを装った首相の息子) 桜舞、礼華、琥白、桃堂、春瀬
・中田彼方(野球選手)        泉、空城、和城、蒼舞、雪輝

・クリス伯父(柴田マリアの兄)    紅羽、真澄、香綾、ひろ香、凛城
・アルフレッド(クリスの執事)     華形(専科)、輝月、久城、麻央、実羚
・ラルフ(剣人の英国でのライバル)  舞希、千海、一禾、湊、和希
・ジュリエッタ(人気女性歌手・剣人を追いかけてくる) 乙羽、叶羽、潤、星蘭、雪乃
・ロミーナ(ジュリエッタの女執事)    菜那、白雪、舞咲、五峰(専科)、彩花

・風前アカリ(メイの後輩)         朝月、美園、優美、綺咲、小春乃
・綾瀬(アカリの執事・ゆとり世代)    高峰、輝生、彩波、咲城、鷹翔
・アカリの父(ゲームソフト開発者)    碧宮、輝城、鳳華、夕渚、朝日奈     

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ポイントで再び楽天戦へ
DSC06684.jpg
↑ 主人がチョコを買ったらついてきたというリラックマのギフトバック。母の日用ですが・・・。

<本日の記事>
本日はお休みをいただき、札幌ドームへ・・・。
ファンクラブのポイントがたまったので、チケットに引き換えました。まさかの席でしたが・・・。
楽天戦ですが、妹は仕事のため、ぬけがけ~。
別席ですが、親友もおります。
報告は7月になります。遅くてすんません。


●ミニエッセー3572「ヅカノート2016春より24・メイちゃんの執事(コミック版) 夢の配役 1」
※宝塚版の夢の配役とはあえて違う役に設定している。花、月、雪、星、宙組の順、敬称略。

・本郷メイ(旧姓・東雲)      明日海、愛希、有沙、真彩、星風
・柴田理人           柚香、美弥、望海、天寿、真風
・柴田剣人           聖乃、珠城、永久輝、礼、桜木

・江成エミリ(旧クラスメイト)  音、麗、希良々、華鳥、水音志保
・エミリの母           白姫、萌花、早花、紫月、花音 
・仲本美冬(旧担任)       梅咲、咲希、桃花、白妙、綾瀬
・仲本夏美(美冬の妹・旧クラスメイト) 美花、美里、愛、空乃、愛白
・志村法子(旧クラスメイト)   真鳳、香咲、白峰、白鳥、桜音
・加藤舞(旧クラスメイト)     若草、早桃、夢乃花、美都、花咲

・柴田英人(柴田兄弟の祖父・元金太郎の執事) 夏美(専科)、飛鳥、奏乃、美稀、寿
・柴田泰三(柴田兄弟の父・本郷家の執事)   高翔、光月、煌羽、如月、松風
・柴田マリア(柴田兄弟の母・ハーフ・本郷家の執事) 花野、憧花、杏野、万里、純矢
・本郷金太郎(メイの祖父・大富豪)    天真、綾月、箙(専科)、美城(専科)、英真(専科)

お嬢様学校 聖ルチア学園
・シスターローズ(学園長)    華雅、夏月、鈴奈(専科)、夢妃、美風
・桜庭(ローズの執事)      冴月、響、透真、大輝、留依
・華山リカ(クラスメイト)      花乃、紫乃、星乃、天彩、華雪
・青山(リカの執事)        帆純、暁、縣、天翔、七生
・竜恩寺泉(クラスメイト)     仙名、晴音、彩、音波、瀬音
・木場(泉の執事)         矢吹、蘭世、沙央(専科)、紫藤、星吹
・夏目不二子(クラスメイト)    桜咲、早乙女、沙月、愛水、遥羽
・根津(不二子の執事)      水美、紫門、鳳翔、紅、瑠風
・山田多美(成長後・クラスメイト) 綺城、彩音、妃華、壱城、潤奈
・山田多美(少女時代)       三空、結愛、琴羽、紫、花菱
・神崎(多美の執事)        瀬戸、天紫、彩凪、七海、愛月 
・麻々原みるく(天才児・クラスメイト) 春妃、陽海、星南、小桜、陽雪
・大門(みるくの執事)          夕霧、宇月、真那、瀬稀、美月

・本郷詩織(学園の影の女王・メイが現れるまで本郷家を継ぐ予定だった過去が不遇な女性・かつて執事だった理人への執着愛で精神が乱れている)
                       城妃、花陽、咲妃、妃海、実咲
・忍(詩織の執事)             鳳月、星条(専科)、早霧、北翔、朝夏 

(続く)          

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ヅカノート2016春より23・フェリシモカラーイメージ追加・修正
DSC06682_20160427230340f8e.jpg
↑ 妹Aからの季節はずれのプレゼント。

<本日の記事>
今年1月21~23日のミニエッセーコーナーに掲載した「フェリシモカラーイメージ追加分」で一部記載もれを発見。プラス退団発表者の分の差し替えを転記します(順不同・敬称略・2016年4月27日付け)。
 ・囲炉裏でつくる茶粥→愛海ひかる
 ・アマゾンのジャングル→太凰 旬
 ・人魚のまとうローブ→潤  花
 ・摘みたてのブルーベリー→結愛かれん
 ・夕張メロン→優美せりな
 ・いぐさの花むしろ→遥羽らら
 ・アランバーンズの白馬→天華えま
 ・はしやすめの塩昆布→美園さくら
 ・午前7時30分の露草→星加梨杏

【モニター品 美容成分(スクワラン)100%クレンジング サンプル】
DSC07006.jpg
いつもお世話になっているOKADAさんの今回はクレンジングです。しかもさとうきびスクワラン100%です。
同封の注意メモにごしごしこすらずによくなじませて汚れを浮かせて、洗い流さずティッシュオフを・・・とありましたが、私は普段からもクレンジングではごしごししませんし、可能なら洗い流しはしてないので、いつもどおり!このあと、洗顔した状態が写真です。
乾燥しなくてとてもいいです。ポイントメイクは先にコットンに少量つけてオフしてから・・・がおすすめです。
旅に持参しま~す。本当の無添加【無添加工房OKADA】ファンサイト参加中


●ミニエッセー3571「メイちゃんの執事・メイちゃんの執事DX(コミック)を読んで」
ベルばら以外久しく少女漫画など読んでいなかったが、宝塚の『メイちゃんの執事』を観て、原作がどうなっているのかこの続きはどうなるのか俄然興味がわいて、全巻(メイちゃん・・・20巻、DX現在は4巻)を中古でゲット。
栄倉さんや水嶋さんらのドラマも全く観ていなかったが、宝塚といいドラマといいなぜヒロインがいまひとつ色気がないのか不思議だったのだが、漫画を読んで納得。原作のヒロインが童顔タイプのまだ子供だったのである。
単行本では時々作者の本音コメントがあったり、宝塚のことも書かれてあった。
ちなみに7巻まではお嬢様学校での学園内でのごたごた。8巻から20巻まではメイちゃんの婿選びに関する騒動が続く。
そして、DX版ではなぜか転入学もう5年も経過しており、メイちゃんは18歳になり、本筋の話であるメイちゃんの執事である柴田理人・剣人兄弟の闘いなどが描かれており、現在進行形である。
この作品の魅力は、女の子なら誰もが一度は憧れるシチュエーションが満載でお色気シーンも下品ではなく実に適度できゅんきゅんする程度にとどまっていること。大人としてはもう少し進んでほしいが、そこでとどまっているところがにくい。
常設キャラクターは書き分けが大変だからか覚えられるほどに限定されている。
まず、普通の少女だったメイが実は大金持ちの令嬢だったという件。そして、8歳年上のなんでも願いをきいてくれる専属の高能力の執事がおり、イケメンで少しSっ気がある。
しかもその弟もイケメンで大好きなメイのために兄に負けじと執事学校などで修行し、執事としてそばにいてくれる。この弟は元々メイの田舎のクラスメイトのおさななじみ。実はメイは知らされていなかったが幼少のころから柴田家はメイの一家を守ってきたというよくできた設定。
兄の方はお嬢様とわかってから登場するのだが、本当はメイが小さいころ会っている・・・だがまだメイはそれが理人だと気付いていないという「キャンディ・キャンディ」スタイル。
キャンディはその丘の上の王子様であるアルバートおじさんと結ばれるが、果たしてメイはどうなるのか・・・。
イケメン兄弟ふたりに愛されるメイがお色気むんむんの美人だったら嫌味なだけだ。他人のために頑張る元気でいい子だからこそ愛されるのだという展開。
ただ、長く続けているとどうしてもなんでその方向へ・・・?というまのびの部分がある。がちゃがちゃした婿選びの長編はちょっと退屈だった。
今は上級生になったメイに後輩も登場して新たな世界に入っている。ずっと三人というわけにはいかないだろうからいつかは決着するのか・・・今月出る新刊が楽しみだ。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
香川照之さん、爆ぜる
DSC06683.jpg
↑ あまり野菜で作った漬物。やっと塩梅が成功。

<本日の記事>
ハムはそんなに爆ぜないけど・・・怪演役者の香川照之さんのバラエティでの爆ぜっぷりが最高ですね。
とにかく面白い。
さすが、タカラジェンヌの息子!!
東大卒の頭脳は到底及ばないけれど、好きなものに情熱を傾けるオタクぶりはちょっと自分と重なるところがあります。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)4」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3570「ヅカノート2016春より22(3000回記念103)・TRAFALGAR(トラファルガー) を観て」
2010年の作品。サブタイトルは「ネルソン、その愛と奇跡」。
なぜかずっと観ていなかった。
イギリスの英雄と呼ばれている実在の人物が主人公で人妻との恋も本当らしい。
齋藤吉正先生の作品らしく、ちょっと映画風な映像も。
のちのトップスターが脇をかためる。らんとむさんとみっちゃん。
そして、花組に異動する前の春風さんもいる。
すみ花ちゃんの歌のうまさに感心。ただし、演技は独特の癖がある。
W不倫の話。要するにいま風にいうとゲスシリーズ。だが、望まない結婚をした女性の初恋ともいえよう。
パレルモが出てくる。当然、思い出す春野さん・・・。
そして、右目をやられる・・・って、アンドレか。アンドレは左目だけれど。
「見えていないのか~」・・・ベルばらのパロディかい。
懐かしい花影アリスちゃん・・・。トップになるかなと思っていたが、今は芸能界を引退し、幸せな奥様とか。
もったいない・・・。
ほかにも退団したもったいない有能な生徒がいっぱい。
天羽さん、珠洲さん、風莉さん、蓮水さん、愛花さん、鳳樹さん、琴羽さん、藤咲さん、すみれ乃さん、月映さん、妃宮さん、天輝さんなど。
そして、ラストはトートとエリザ風。
どんな理由であっても戦争は絶対にいけないと思い知る作品だった。

とにかく、ゆうひちゃんのたたずまいがすべて。カリスマ性、男役の色気、美学、宝塚らしさ・・・。技術を超えた魅力。
現役生諸君よ、どうか見習ってほしい。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
愛華さん・こんなところに日本人
DSC06478_20160425192611678.jpgDSC06479_20160425192613aa6.jpg
↑ 購入版の北海道新幹線カラーのユニフォームにアイロンプリント。公式大谷君イラストのはTシャツとは違いメッシュ生地なので難しかったな。

<本日の記事>
先月たまたま『世界の村で発見!こんなところに日本人』をちらっと観たら、タモさんこと愛華みれさんがブラジル・アマゾンの秘境に暮らすおじさんを訪ねる大変な旅をしてました。
以前マミさんも出てましたよね。
前日会って名前も聞いたボート乗り場のおじさんを翌日わずか数時間後に忘れるという場面に、同級生のタモさん・・・もうボケが入っちゃったのかと心配に・・・大丈夫かしら。苦笑。


●ミニエッセー3569「ヅカノート2016春より21・TRAFALGAR(トラファルガー) 夢の配役」
※主な役のみ。( )は本役。花、月、雪、星、現宙組の順、敬称略。

・ネルソン(大空)        明日海、珠城、早霧、北翔、朝夏
・エマ(野々)          城妃、愛希、咲妃、妃海、実咲
・ナポレオン(蘭寿)      柚香、朝美、望海、紅、真風
・ウィリアム(北翔)      芹香、美弥、鳳翔、七海、愛月
・ジョセフィーヌ(五峰)    花野、晴音、沙月、音波、純矢
・フッド提督(寿)        高翔、飛鳥、奏乃、美稀、天玲
・カロリーナ妃(鈴奈)     仙名、憧花、梨花、万里、美風
・エマの母(美風)       芽吹、夏月、舞咲、白妙、花音
・フェルディナント国王(天羽)  悠真(専科)、綾月、朝風、大輝、松風
・トマス・ハーディー(悠未)    鳳月、凪七、彩凪、天寿、澄輝
・ジャービス(珠洲)        夕霧、宇月、透真、十碧、美月
・父(風莉)             天真、響、真那、瀬稀、寿
・ヘンリー王子(十輝)      水美、紫門、彩風、壱城、蒼羽
・ナポレオンの妹ポーリーヌ(大海)  梅咲、萌花、千風、愛水、綾瀬
・妻(花影)                花乃、早乙女、有沙、真彩、伶美
・ナポレオンの弟リュシアン(春風)  優波、暁、月城、麻央、春瀬
・アルバート(鳳翔)           和海、光月、煌羽、夏樹、凛城
・ミリー(綾音)              白姫、玲実、笙乃、紫月、結乃
・オーレリー(蓮水)           綺城、輝月、華形(専科)、瀬央、和希
・トム・アレン(凪七)          帆純、春海、沙央(専科)、漣、留依
・ジュゼッピーナ(純矢)        桜咲、海乃、妃華、夢妃、彩花
・テレーザ(舞姫)            真鳳、花陽、杏野、空乃、愛白
・ナポレオンの妹カロリーナ(愛花)  菜那、咲希、愛、紫、桜音
・ジュリアン(七海)           亜蓮、輝城、真條、紫藤、七生
・バラス(鳳樹)             飛龍、千海、桜路、ひろ香、星吹
・ソニア(琴羽)             朝月、叶羽、白峰、白鳥、遥羽
・タラーレン(風羽)           羽立、貴千、天月、音咲、風馬
・フーシェ(光舞)            舞月、有瀬、和城、拓斗、星月
・ジゼラ(藤咲)             華雅、紫乃、彩、天彩、華雪
・シェイエス(天玲)          航琉、煌海、橘、彩葉、実羚 
・ホレイシャ(すみれ乃)       春妃、妃純、星南、綺咲、星風
・コーネリアス(月映)         矢吹、天紫、陽向、天華、瑠風
・オーギュスト(蒼羽)         舞希、彩音、縣、綾、潤奈
・ジョサイア(愛月)          聖乃、輝生、永久輝、礼、桜木    

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/19 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
懸賞生活・眉マスカラ
DSC06386.jpg
写真と記事一致です。
わーい、KISS MEのHeavy Rotation眉マスカラ!
別の色は以前使ったことがあります。
たしかうちのわんこ社長こと末妹も同じのを愛用してました。
今回プレゼントでいただいたのは03アッシュブラウン。
ちょっと分かりづらいのですが、右だけつけています。髪の色と合っている気がします。
最近太眉が主流ですが、私はどうも似合わない。いつも中細っていう感じかな。
ちなみにアイメイク適当な日ですいません。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)3」を掲載→ネイルセラピーサロンstage
 

●ミニエッセー3568「ヅカノート2016春より19(3000回記念102)・ 近松・恋の道行 を観て」
2012年の青年館、植田景子先生の作品。かなり客席を使っている。
みわっちさんにとても似合う日本物。
まずは悠真さんと天真さんの上級生・下級生「真」コンビ(コンビ役じゃないが・・・)が本当に当時の男性にしか見えない出色さで良い。笑い。
さらに、ヒロインの実咲さんの美しさよ・・・多少かたいけれど、当時の学年でここまでやれたら素晴らしい。
そして、みつるさんもさすがのうまさ。なんだか和製アンドレのようだった。
けれど、歌が・・・とほほ。みわっちさんもそんなにうまくなくて二人のデュエットはちゃんとしたハモリになっていないという悲劇。
桜咲さんもなかなか上手だった。
悪役専科になりつつあるド鬼の瀬戸さんと適度なワルの春風さんが絶妙なちょうどよさ。
これを観たあとに瀬戸さんが主役をやると聞いたけれど、このときのみわっちさんのように納得してこの後退団とか絶対にやめていただきたいものだ。
脇差しを渡したらあかんっとツッコミたくなった。
恋に身をやつす人っていうのはどこか世の中をあきらめているのだと気付く。ここ、ポイントね。
だから、恋のために死んでも悔いがないようだ。当時の話だけれど・・・。この主人公カップルもいろいろと嫌になったのは同情できる。
みつるさんと桜咲さんは比較として心中未遂で助かる。ちょっと肩透かしだった。
人形浄瑠璃を人間でやるというスタイルはなかなかよかった。これは要するにロミジュリの愛と死みたいなもの。
柚香さんと乙羽さん、よくやったぜ。
特に柚香さんは本当に人形のようで感心してしまった。
みわっちさんはトップスターにはなれなかったけれども十二分にやって去っていったのだな。今は奥様でもある。どうか幸せに。
千秋楽のあいさつでは、長は悠真さんで最高に面白かった。
客席に花組全ツメンバーや宙組、城比呂絵さんや愛華さんもいたらしい。すごい!!

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念101・ミーマイ前夜祭2016 その3
DSC06475_20160425164011585.jpgDSC06476.jpg
↑ 昨日の続き。ピンボケで失礼ながらノートは実際はブルーっぽいです。

<本日の記事>
今までの大劇での作品がダイジェストでスクリーンに流れましたが、どうせなら博多座の分も観たかったです。
きりやんやまとぶんや龍さんもやってますよね。
麻子さんが「みりおちゃんがこんなに立派になって・・・」と感慨深そうでしたが、本当にそうだろうな。
楽しい『ランベス・ウォーク』の場面も演じられました。
まだ稽古中の花組でしたが、パーチェスターの鳳さんやへザーセットの天真さんが既に出来上がっていたし、桜咲さんもなかなかいい感じ。生で観れず残念ですが、いつかブルーレイで観たいな。
既に上演中ではありますが・・・頑張れ、花組!!


●ミニエッセー3567「ヅカノート2016春より18・ 近松・恋の道行 夢の配役」
※主な役のみ。( )は本役。現花、月、雪、星、宙組の順、敬称略。

・嘉平次(愛音)     明日海、珠城、早霧、北翔、朝夏
・さが(実咲)       桜咲、愛希、咲妃、妃海、伶美
・父(汝鳥)        悠真(専科)、星条(専科)、沙央(専科)、美城(専科)、華形(専科)
・お香(光)        花野、憧花、梨花、万里、美風
・近松(夏美)       高翔、飛鳥、奏乃、美稀、寿
・竹田出雲(悠真)    夕霧、綾月、鳳翔、如月、松風
・早水清吉(華形)    芹香、美椰、彩凪、紅、真風
・寺坂(紫峰)       天真、紫門、真那、十碧、凛城
・姉 ふさ(初姫)      仙名、夏月、舞咲、音波、純矢
・鯉助(春風)       瀬戸、凪七、望海、七海、澄輝
・柏屋ほか(夕霧)    和海、輝城、朝風、夏樹、美月
・番頭ほか(彩城)    冴月、響、透真、大輝、天玲
・お園/美津(梅咲)   華雅、萌花、早花、白妙、瀬音
・長作(瀬戸)       鳳月、宇月、月城、壱城、愛月
・弟 幾松(鳳)      柚香、朝美、彩風、礼、桜木
・お蝶(春花)       梅咲、花陽、沙月、愛水、花音
・楓(毬花)        白姫、咲希、千風、紫月、綾瀬
・芳沢あやめ/定吉(天真)  羽立、光月、香綾、天寿、風馬
・与三郎(銀華)      水美、輝月、久城、麻央、春瀬
・平太/庄介(神房)    綺城、春海、煌羽、ひろ香、留依
・竹/吉三(菜那)     乙羽、叶羽、妃華、紫、彩花
・小弁(桜咲)        花乃、海乃、有沙、真彩、実咲
・源吾(航琉)        帆純、暁、縣、紫藤、瑠風
・おみよ(美花)       朝月、妃純、沙羅、小桜、遥羽
・初,音(花奈)        鞠花、玲実、桃花、夢妃、結乃
・きは(華雅)        城妃、晴音、星乃、綺咲、華雪  

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念101・ミーマイ前夜祭2016 その2
DSC06474.jpgDSC06477.jpg
↑ 先月観ました。感想は来月。

<本日の記事>
水美さんと柚香さんの同期愛がほほえましかった~。人のことは言えないですが柚香さん、日本人じゃないみたいですな。
続いては歴代主演たちOGの登場。
ただし、相変わらず意固地なわがアマミーだけは居ない。ほんとにもう・・・。
昨年生で拝見したOGショーでも観たが、ますます磨きがかかったこだま愛さんの「一度ハートをなくしたら」に涙。切な過ぎる。
そして、これぞ宝塚という剣幸さんの「街灯によりかかって」も最高でした。
現役生に告ぐ。これくらい濃くやってほしい。
よしこちゃんこと麻乃佳世さんがさかんに天海さんの話をしてくれて感謝です。
そして、意外に麻子さんこと瀬奈じゅんさんがOGイベント初・・・へーーーー。
彩乃かなみちゃんのことを相変わらず「彩乃先輩」と呼んでいて大笑いしました。
300回以上出演してきた三沙のえるさんの仕切りのうまさに感心しました。(続く)

【モニター品 ハイム クレンジングオイル 現品】
DSC06986.jpg
半分スッピンですいません。顔の右半分(向かって左)をこの初めてのクレンジングで落としたところです。
ほのかにローズの香りがする割とさらっとしたオイルで、2度ぬりマスカラ(このときは目じり側3分の1のみ)以外以外はごしごしこすらなくても落ちました。
マスカラは別途コットンにつけてあらためて落としました。
洗い流しが楽なのがよかったです。また、使った後のしっとり感も気に入りました。薄化粧ならダブル洗顔は要らないかもしれません。
ハイムさんの商品はほかも真面目なイメージ。容器のデザインは飽きがこない利点はありますが恐らく他社の商品と並んでいたら目立たない地味な部類。せっかくバラの香りなのでバラ柄にするなど、色づかいも含めてもうひと工夫するとよさそうです。
ともあれ今使っているオイルだけれど出すと泡になるタイプのクレンジングの洗浄力と乾燥感が最悪なので、今回のモニター品は神の救いでした。
ハイムファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3566「ヅカノート2016春より17・2016年研1生 夢の配役 エリザベート編」
※あくまでも写真を見てのイメージである。敬称略。

・トート         太凰  旬
・エリザベート     潤    花
・フランツ       一禾 あお
・ルキーニ       咲城 けい
・ルドルフ       蘭世 惠翔
・少年ルドルフ    琥白れいら
・ゾフィー        花宮沙羅
・マックス公      風色日向
・ルドヴィカ       水乃ゆり
・ヘレネ        摩耶 裕
・リヒテンシュタイン  有栖妃華
・スターレイ       春乃さくら
・グリュンネ       一星  慧
・シュヴァイツェンヴェルク  柊木絢斗
・ラウシャー        鳳真斗愛
・エルマー        稀羽りんと
・シュテファン      天飛華音
・ジュラ          真友月れあ
・ツェップス        侑輝大弥
・ヴィンテッシュ     舞空  瞳
・病院の少女      大楠てら
・マダムヴォルフ    三空凛花
・家庭教師       菜々野あり
・死刑囚の母      夢風咲也花
・美容師         都 優奈
・マデレーネ       陽雪アリス
・市長          凰海るの
・エーアンの歌手    彩海せら
・号外の少年      奏碧タケル
・老夫婦         南音あきら・桜月のあ
・世界の美女      天愛るりあ
・風船の少年      紅咲梨花
・黒天使         湖風 珀・理央ひかる・輝ゆう
・女官          鈴美椰なつ紀・涼花美雨

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念101・ミーマイ前夜祭2016 その1
DSC06468_20160424135843c98.jpgDSC06866_201605121835212a8.jpgDSC06869.jpg
↑ 左から・・・母の誕生日に母の姪・わっちのいとこA選手から送られてきた花、うちがカタログで送った母の日の花(カタログではもっと豪華だったのに・・・ヤマト運輸よ・・・)、妹が送った母の日の花。

<本日の記事>
先月CSで放送された4月8日にムラで行われた『ミー&マイガール』の前夜祭。
ただのトークショーかと思ったら、みりおちゃんと花乃さんがあのテーブルのビルとサリーの場面をまるごと実演するところからスタート。
やはりみりおちゃんは1音目を長く言う癖が・・・。
花乃さんは背が高いんですね。あごも長くてちょっとサリーのイメージと違うなぁ。
司会は高翔組長さんで元月組だからミーマイはもう3回目とな。ボーイだったがだんだん身分が上がったとのこと。笑い。
まずは現役生・花組スターたちがせいぞろい。
相変わらずぽわんとめんこいみりおちゃん、まだ違和感がある花乃さん、渋くて専科のような芹香さん、かっこいい瀬戸さん、最後と信じたくない鳳さん、大きいが意外に女役が似合う鳳月さん、難しい役に挑戦の桜咲さん、できそうな仙名さん、異なる2役をやる柚香さん、期待の水美さん。(続く)

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)2」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 HairSalon ModeK's PB シャンプー・トリートメント サンプル3回分】
DSC06908_20160515230731e06.jpg
恐縮ながら前回からあまり間を置かずまたモニターさせていただきました。
前回は使用後の写真でしたので、今回はシャンプーの使用中を・・・。
前回、シャンプーの色が少し茶系だと思っていたら照明のせいだったのか今回少し深緑にも見えました。
あまりもこもこ白いもっちりした泡が立つタイプのシャンプーではないことがおわかりいただけると思います。
BIHAR by Mode K'sファンサイト参加中


●ミニエッセー3565「ヅカノート2016春より17・2016年研1生 夢の配役 ベルサイユのばら編」
※あくまでも写真を見てのイメージである。敬称略。

・オスカル       太凰  旬
・アンドレ       咲城 けい
・アントワネット    潤   花
・フェルゼン      蘭世惠翔
・ロザリー       陽雪アリス
・ベルナール     真友月れあ
・アラン        侑輝大弥
・ディアンヌ      無空 瞳
・ジェローデル    一禾 あお
・ばあや       春乃さくら
・ジャルジェ将軍  一星  慧
・母          水乃ゆり
・オルタンス     摩耶 裕
・ル・ルー      澄華あまね
・ルイ15世     風色日向
・ルイ16世     凰海るの
・ブイエ将軍    稀羽りんと
・ダグー大佐    理央ひかる
・ポリニャック伯夫人  都 優奈
・シャルロット      桜月のあ
・ロザリーの母     鈴美椰なつ紀
・ジャンヌ        有栖妃華
・ニコラス        柊木絢斗
・ロベスピエール    天飛華音
・サンジェスト      琥城れいら
・ナポレオン       奏碧タケル
・ルイシャルル     彩海せら
・ルイジョセフ      大楠てら
・マリーテレーズ    夢風咲也花
・アランの母       涼花美雨
・ノアイユ伯夫人     紅花梨乃
・ブーゲンビリア伯夫人  菜々野あり
・マリアテレジア      花宮沙羅
・メルシー伯        輝 ゆう
・オルレアン候      鳳馬斗愛
・ソフィア         天愛るりあ
・画家           南音あきら
・ローアン司教      湖風 珀
・デュ・バリー夫人    三空凛花    

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念99・大空祐飛ラストデイ
DSC06467.jpg
↑ 先月、はま寿司にて昨日の蒼原100号&母の誕生日ランチ会 present by 主人。

<本日の記事>
ああ、ついに観ちゃったな・・・。
稀有な個性派男役ゆうひちゃんの最後の日。東京千秋楽入りから出まで。
おさちゃんの時のことを思い出して胸がいっぱいになりました。
すみ花ちゃんもかわいかったです。
それにしても『華やかなりし日々』でも「俺を誰だと思ってるんだ」という決まり台詞が・・・。3作品に1回はある。
「斉藤さんだぞっ」・・・違うかっ。


●ミニエッセー3564「ヅカノート2016春より16(3000回記念100)・メイちゃんの執事(宝塚版) を観て」
※原作を読む前のもの。
児玉先生なのか・・・。
紅さん・・・歌だけが・・・あわわ。「Sランク執事」という言葉につぼってしまった。いいね。
紅さん、当たり役だ。
やはり、児玉さんといえば笑っちゃう舞台での小道具おもちゃ使い・・・それも懐かしい。
音波さんはいまは実力派でラインではないが、この2011年当時はヒロイン候補だったのだな。
華が足りないかもしれない。原作どおりなのかもしれないが色気も足りない。
恐らく、こういう役はドラマでもそうだがあまりにもかわいすぎると嫌味になるのだろう。
本当は全員女性なのだが、どうみてもちゃんと男性執事がいるように見えるからすごい。
宝塚は普段男役社会なので、たまにはこのように娘役さんが持ち上げられる作品があってもいいものだ。
白華さんはまた車イス・・・。歩けるところにびっくり。アルプスの少女ハイジのクララがモデルだね。
決して美人ではないが音花さんがなかなかいい。
夏樹さんが娘役・・・あはは。
かっこいい汐月さんと漣さん。課題は歌。
もちろん真風さんもそうだ。
理人はメイのどこに惚れたのか・・・性格かな・・・。
2幕の終わり、だんだんし児玉先生らしくはちゃめちゃに・・・。
原作どおりらしいが、メイが兄弟どっちも欲しがるなんてずるいぞ(苦笑)。
こりゃあ女の子の夢がつまっているんだな。読んでみるか。
これを観て芹香さんが星組だったことを思い出した。
美弥さんは素晴らしく適役。果たして次体制の月組ではどういう立場に・・・。専科でもいいな。
千秋楽挨拶の長は音花さん。
これは震災前の作品。
急に泣き出してかわいい女子な紅執事さん。彼女は発声を変えたらいいかも。高い声をカバーしては。
アンコールがすごかった。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/14 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
祝・蒼原100号
DSC06471_2016042413584573a.jpgDSC06472_20160424135846ba8.jpgDSC06473.jpg
写真と記事一致です(扉の写真は私、表紙の貼り絵と詩は母)。
母が編集を務める詩誌『蒼原』が記念すべき30周年、100号となりました。
おめでとうございます。
かつては寄稿、ここ数年はカメラマンとしてボランティア協力してきました。
北海道の詩誌としてはかなり有名なのですが、会員の高齢化でこれを機に休止するとか・・・。
なお、わがサロンに置いてあります。
販売は1冊300円です。

<サロンのブログ更新しました>
「臨時休業・営業のお知らせ(5月22・24日)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3563「ヅカノート2016春より15・メイちゃんの執事(宝塚版) 夢の配役」
※主な役のみ。(   )は本役。花、月、雪、現星、宙組の順、敬称略。

・柴田理人(紅)       明日海、珠城、早霧、北翔、朝夏
・メイ(音波)         城妃、紫乃、咲妃、妃海、実咲
・柴田剣人(美弥)     柚香、朝美、月城、七海、真風

・本郷詩織(白華)     花乃、愛希、有沙、真彩、伶美
・忍(真風)         芹香、美弥、望海、紅、愛月

・本郷金太郎(汝鳥)    悠真(専科)、飛鳥、奏乃、美稀、寿
・仲本先生ほか(南風)   芽吹、夏月、早花、万里、美風
・仲本夏美ほか(若夏)   乙羽、叶羽、桃花、紫月、桜音
・加藤舞ほか(妃白)    白姫、白雪、千風、白妙、綾瀬
・看護婦ほか(珠華)    朝月、美園、笙乃、夢妃、遥羽
・志村法子ほか(毬愛)   音、妃純、杏野、小桜、雪乃
・医師ほか(翔馬)      綺城、輝城、透真、十碧、七生

・シスターローズ(美穂)  仙名、憧花、舞咲、音波、純矢
・桜庭(海)          夕霧、綾月、香綾、如月、松風

・華山リカ(音花)      花野、早乙女、沙月、愛水、彩花
・青山(芹香)        瀬戸、凪七、彩凪、礼、澄輝

・竜恩寺泉(夏樹)     桜咲、紫門、煌羽、壱城、星吹
・木場(如月)        飛龍、光月、彩風、麻央、桜木

・山田多美(妃海)     春妃、海乃、星南、天彩、星風
・神崎(汐月)        水美、宇月、久城、天寿、春瀬

・夏目不二子(紫月)    華雅、晴音、妃華、綺咲、瀬音
・根津(漣)          鳳月、音風、真那、夏樹、蒼羽

・麻々原みるく(紫)     梅咲、花陽、彩、星蘭、華雪
・大門(礼)          帆純、彩音、永久輝、瀬央、潤奈    

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
感涙・薔薇とサムライの放送
DSC06354_2016042015375695e.jpg
↑ モニプラでモニターした白モニの毛穴ジェル。オレンジの香りは良かったです。

<本日の記事>
アマミーこと天海祐希さんが魅力的だった舞台『薔薇とサムライ』、かつてゲキ×シネで観ましたが、もう一度観たい、予算があればDVD欲しいなと思っていたところ、なんと今年WOWOWで放送してくださることに。
やった~うれしい~楽しみ~。

【モニター品 本格洋風調味料「とかちマッシュのだしソース」9ヶ入(2箱)】
DSC06896.jpg
そのまま食材にかけることも料理に利用することもできる洋風ソースのセットです。
まずはそれぞれちょっぴっとずつそのままで味見。まずはどれもコクがありました。デミとトマトは少し酸味が強いので、ひょっとしたらそのままでは苦手に感じる方もいるのでは・・・。一番気に入ったクリームは、この商品のベースである北海道・十勝のマッシュルームの味が生きていてそのままでいけました。
3つをすべて使って作ったのは、豚肩ロース・大根・エリンギの煮込み。いずれも下ゆでしアクを取り、デミ3袋・トマト3袋・酒・みりんで煮て、できてからクリーム1袋をかけました。酸味が薄れてごはんのおかずに最高!!
そのままかける用には一袋ずつで良いと思いますが、料理用は別途瓶入りなどがいいかもしれません。
また商品名は和を連想する「だし」と入れなくてもいいし(和風にアレンジすることはできますが)、マッシュだけだとマッシュポテトみたいなので「とかちマッシュルームソース」にしては。
酸味好きの私も、もう少し酸味を抑えていただいたほうが広くすすめられると思いました。
次回はパスタに利用してみます。
鎌田醤油のファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー3562「ヅカノート2016春より14(3000回記念98)・ カラマーゾフの兄弟 を観て」
この作品ももう7年前のもの。ロシア文学苦手な身としてはドストエフスキーと聞いただけでなかなか観る気持ちがわかなかったのだが、ツルゲーネフを読んだりトルストイ作品できたえられたので・・・苦笑。
よくある裁判シーンからのスタート。
懐かしいメンバー。現在もいるのは10人にも満たない。
有名な方が音楽を担当したらしいが、観てからかなり経ったいま、音楽は全く覚えていない。
父と息子で一人の女性を取り合うのはノクターン・・・初恋と同じ。
犯人は最初からばればれながら、ミステリー小説として面白い。ただ、結末は腑に落ちないが・・・。
「ゲス」という現代の流行り言葉が出てくる・・・苦笑。
ショーがあってよかったけれど、ロシアといえば・・・ということで使われる曲がワンパターンだった。
水さん、さすがにダンスがうまい。歌は・・・。
未来さん、同期だが体格も演技も風格がありすぎてすごい。嫌なおじさんそのもの。実力がありすぎてラインをはずれてしまった典型的なスター。
白羽さんははすっぱな女性は似合わない。
ゆみこちゃんと大月さん・・・幻のトップコンビ。ゆみこちゃん・・・難しい役だ。
五峰さんがまるで女トートのようでかっこよかった。
子ルドだった冴輝さんや谷さん、もったいない人材。
凛城さんがまだ雪組で、かえって新鮮。
最もおいしい役だった彩那さん。これは役者冥利につきる。
赤坂ACT千秋楽だったので、長の未来さんがあいさつ。衣咲さんと桜寿さんが退団。小作品で去って行くのも良い卒業。おおがかりなセレモニーがなくてもタカラジェンヌだった事実に変わりはないのだから。
紙テープが降りてきて引っ込んだ・・・楽しかった。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2016/05/12 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
生き抜こう九州
DSC06320.jpg
↑ おさちゃんFC更新特典品の付箋。おさちゃん、体に気をつけてね。

<本日の記事>
先月14日の夜から熊本県を中心とする九州およびその周辺で大きな地震が起きました。
予想以上の甚大な被害にショックを受けました。
あらためて亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆さまにはお見舞い申し上げます。
この地震ではひっきりなしに続いた本震・余震の震度が大きかったので被災地の皆様は連日どれだけ怖かったことでしょう。
この前日、たまたま末妹(社長)が、熊本・福岡の出張から帰ってきたところでした。
そして実は来月母や妹と九州旅行に行く予定でした(いつか訪れたいです)。
私は以前取材で訪れた九州の皆様の安否を想いました。
家族皆で「明日はわが身」と思い、いつでも命を守る行動について考えないとね・・・と気を引き締めたところです。
地震大国日本、皆で助け合って生き抜きましょう。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(にゃんこきょうだい)1」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3561「ヅカノート2016春より13・ カラマーゾフの兄弟 夢の配役」
※主な役のみ。(   )は本役。花、月、現雪、星、宙組の順。敬称略。

・ドミートリー(水)       明日海、珠城、早霧、北翔、朝夏
・グルーシェニカ(白羽)   花乃、愛希、咲妃、真彩、実咲
・イワンの幻覚(五峰)    仙名、憧花、舞咲、音波、純矢
・父フョードル(未来)     瀬戸、星条(専科)、鳳翔、天寿、寿
・イワン(彩吹)        芹香、凪七、望海、紅、真風
・ホフラコーワ夫人(天勢)  芽吹、白雪、早花、白妙、彩花
・マルファ(麻樹)       花野、夏月、梨花、万里、美風
・スメルジャコフ(彩那)    鳳月、美弥、彩凪、七海、愛月
・アデライーダ(森咲)     梅咲、萌花、千風、夢妃、綾瀬
・リザヴェータ(涼花)     桜咲、早乙女、杏野、愛水、桜音
・裁判官ほか(谷)      高翔、綾月、香綾、如月、凛城
・アレクセイ(沙央)      柚香、朝美、月城、礼、桜木
・フェチュコヴィチ(衣咲)   和海、宇月、真那、夏樹、星吹
・フェーニャ(早花)       華雅、花陽、妃華、綺咲、瀬音
・ムシャロヴィチ(大凪)    水美、紫門、彩風、壱城、澄輝
・グレゴリー(紫友)      天真、飛鳥、奏乃、美稀、松風
・カテリーナ(大月)      城妃、海乃、有沙、妃海、伶美
・マリア(花夏)         音、叶羽、星南、星蘭、華雪
・スネギリョフ(愛輝)     夕霧、光月、朝風、大輝、天玲
・イツポリート(桜寿)       綺咲、輝月、桜路、音咲、和希
・ユリア(千風)         白姫、咲希、笙乃、空乃、遥羽
・ニーナ(悠月)         菜那、真愛、愛、白鳥、小春乃
・コズロフ刑事(朝風)     冴月、響、透真、十碧、風馬
・ターニャ(此花)        鞠花、玲実、桃花、紫月、結乃
・リーズ(愛加)         春妃、紫乃、星乃、天彩、星風
・ラキーチン(冴輝)       優波、暁、久城、紫藤、留依
・ユーリー(凛城)        飛龍、煌海、煌羽、麻央、美月
・アレイニコフ(真那)      航琉、千海、永久輝、ひろ香、七生
・少年時代のドミートリー(笙乃) 真鳳、美園、彩、紫、雪乃
・レオニードほか(彩風)    帆純、彩音、縣、瀬央、潤奈 

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2016/05/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
Fさんのご卒業
DSC06318.jpg
↑ 昨日の続き。シュークリームは母へのお土産。

<本日の記事>
前職の同僚で宝塚ファン仲間であるFさんがこの3月で退職されました。
わっちが総務課時代に縁があって採用に関わったのでもう20年ほどのお付き合いで公私にわたり本当にお世話になりました。
人生の先輩ながらとてもかわいらしくて、大好きな方です。
これからは観劇ざんまい?どうかいつまでもお元気で。
やはり宝塚ファンのお嬢さんとともにまた同じ時に観劇できることを楽しみにしています。


●ミニエッセー3560「ヅカノート2016春より12(3000回記念97) 二人の貴公子 を観て」
7年前のバウホール作品。生演奏がいい。
ぎりぎり次期トップの珠城さんが最も下の学年で出ている。
シェイクスピア・・・面白い作品もないわけではないが基本苦手なので心配だったが、なかなか面白かった。
美しい天野ほたるさんが懐かしかった。
蘭はなちゃんは2番手的役どころ。この当時は声がだめ。この後よくぞエリザベートにまで成長したものだ。
ヒロインのしずくちゃんよりも蘭はなちゃんの役の方が気の毒ながらおいしい。
この当時歌えなかったしずくちゃん、今はエッセンシャルのCMやテレビでご活躍。初どさんこ娘役トップは出るのか・・・。
演技がめっちゃうまい龍さんと見てるだけでうっとりのみりおちゃん。個人的には後者を選ぶが、この貴公子悪いやっちゃ。
みりおちゃん声がかすれていた。不思議なことに歌へたに聞こえる。
恋は人を狂わせる・・・これは普遍のテーマ。人生は舞台・・・ってことで、シェイクスピアお得意の劇中劇あり。
そして、愛と友情。一人の女性を二人の男性が取り合う・・・モテる女はつらいね。
1点ものの背景セットでも今回のパターンはとても効果的だったと思う。
この作品を若いおさ・あさで観たかった。
結局二人とも死ぬんじゃないかと思ったが・・・。十字の意味が深い気がする。
そういえば萬あきらさんお元気か。
芝居のエッセンスをひきずったミニショー、とても良かった。
なんと今はハウステンボスでトップの研さんがこのときの長だった。
このときのあいさつのエピソードから、しずくちゃんとみりおちゃんが同期だと気付いた。
そして、この当時は瀬奈トートのころ。
この二人の貴公子は共にトップスターとなり一足先に今年龍さんが巣立つ。
VISAガールでもあるみりおちゃんには、まだまだいていただきたいものだ。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2016/05/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ビッグバンドビートがついに
DSC06317.jpg
↑ 先月日ハム勝利に思わず財布のひもがゆるんでしまいました。

<本日の記事>
東京ディズニーシーのアトラクション「ビッグバンドビート」、何度か観て毎回感動してますがいつも演目が同じなのがちょっとなーと思っていたら、ついに15周年の今年から内容を変更したんですね。
わーーーー観たいよぉぉぉ。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様フット(先取りラグーン)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3559「ヅカノート2016春より11 二人の貴公子 夢の配役」
※主な役のみ、(   )は本役。花、現月、雪、星、宙組の順。

・パラモン(龍)         明日海、珠城、早霧、紅、朝夏
・アーサイト(明日海)     柚香、朝美、望海、七海、真風
・エミーリア(羽桜)      花乃、愛希、咲妃、妃海、実咲
・牢番の娘(蘭乃)       城妃、海乃、有沙、真彩、伶美
・テーセウス王(萬)      鳳月、美弥、奏乃、北翔、寿
・ペイリトオス(磯野)      天真、凪七、久城、美稀、松風
・牢番(研)           高翔、綾月、鳳翔、十碧、凛城
・ヒポリタ王妃(天野)     仙名、晴音、沙月、音波、純矢
・医者(綾月)          夕霧、響、透真、大輝、風馬
・求婚者(光月)         水美、暁、彩凪、礼、蒼羽
・他国の王妃ほか(夏月)   花野、憧花、梨花、万里、美風
・劇作家(彩央)         瀬戸、紫門、真那、如月、愛月
・クインス(響)          冴月、千海、煌羽、麻央、春瀬
・他国の王妃ほか(玲実)   芽吹、萌花、舞咲、愛水、花音
・同(琴音)            梅咲、花陽、早花、夢妃、瀬音
・ボトム(貴千)          優波、輝城、彩風、夏樹、桜木
・旅の騎士(紫門)        芹香、宇月、月城、天寿、澄輝
・巫女ほか(麗)         白姫、白雪、千風、白妙、桜音
・村娘ほか(咲希)        華雅、真愛、桃花、小桜、遥羽
・スナッグ(千海)        飛龍、光月、香綾、壱城、星吹
・エミーリアの侍女(真愛)   桜咲、早乙女、星乃、綺咲、彩花
・フルート(星輝)         羽立、煌海、永久輝、瀬央、和希
・侍女(愛風)           音、紫乃、彩、星蘭、星風
・スナウト(天翔)         和海、春海、朝風、ひろ香、瑠風
・スターヴリング(珠城)     亜蓮、彩音、縣、紫藤、潤奈

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/09 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
えーーー叶千佳ちゃんなの~
DSC06172.jpg
↑ 社長からの九州のお土産。激うまでした。

<本日の記事>
いやぁ、わっちとしたことが・・・。
大泉洋さんが出演している胃腸薬スクラートのCMで「どれどれ・・・」と洋ちゃんの胃を透視する同僚女性を演じているのが、宝塚の月・星組OGのカノチカこと叶千佳ちゃんだったとは!!
ツイッターでは何度か交流させていただいているのに・・・何年も経って最近知った・・・遅すぎるね・・・ごめんなさい。

【モニター品 無添加工房OKADA 天然100%無添加美容オイル サンプル】
DSC06849_201605071826208f4.jpg
スッピンですいません。
いつもお世話になっている本当の無添加・安定の岡田オイル!!
最近、モニターの関係で化粧水と乳液だけが続いたせいか肌の乾燥が気になっていましたので、そろそろオイル美容をやらなきゃと思ってたところに救世主。少量でよくのびて顔だけではなくてデコルテ、手、ネイルなど体じゅうに使えて刺激なし。
オイルといってもものすごく貴重なオリーブスクワラン100%でべたべたしません。
サロンのお客様にもおすすめしたことがあり、好評でした。
本当の無添加【無添加工房OKADA】ファンサイト参加中


●ミニエッセー3558「今一度、夢の配役 について」
最近たくさんヅカノートから転記掲載している勝手な「夢の配役」について自分なりの基本ルールを今一度整理した。

・対象は生、録画などで観た宝塚、一般舞台、映画、漫画作品など。登場人物がほとんど同じのバージョンが異なる作品で前回設定から半年以内ほどの場合やほかの組がすぐ再演した場合などは除く。

・対象組は、その作品の実際に演じた組の本役のトップスターまたは主役が変わっていない組以外。

・対象生徒は原則として考案の時点で退団発表をしていない在籍者。退団発表者を除くのは、なるべく多くの生徒を登場させたいのでチャンスを広げる目的。

・対象の役は公式ホームページで発表されているものが基本だが、実際に観てアンサンブルクラスで十分と判断した場合は省いたり、逆に特に取り上げられていなくてもポイント的に印象に残った役など追加する場合もある。

・トップ、2、3番手などの格付けはある程度考慮するが、基本的にはあくまでもその役に似合いそうな生徒やこの生徒で見たいということで選ぶ。従って、実際の格付けや男役・娘役の区別、学年や実績などは無視する場合もある。特に、歌がポイントの役については歌がうまい生徒、ダンスが核になる役はダンスがうまい生徒であることが優先である。

・なるべく組子を優先する。適当な生徒がいない場合やふさわしい役がある場合は専科から設定する。

・各役とも実際はまだ舞台で活躍していない下級生を配役している場合は自分なりの期待をこめた抜擢に相当する。

・最終的に迷った場合は原則としてその「夢の配役」にまだ登場していない学年上位の生徒から順に配置する。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
真の一流アスリート―教育の重要性
DSC06125_20160410234710d20.jpg
↑ 違う物を探しにコンビニに行ったらこれが。3点以上でマイメログッズプレゼントに応募できるというので。絵柄は4点だそうだけどこのとき3点しかありませんでした。ちなみにおいしかったです。

<本日の記事>
違法薬物、賭博、悪態や問題発言、乱れた私生活なとでせっかくの才能やファンの夢を台無しにするアスリートが続出しています。
アスリートは子供達やわれわれの夢であり目標の対象です。
特に人前に出る人は当然ながらお手本にならなくてはなりません。競技技術だけではなく「人となり」も・・・。
つくづく幼少のころから○○ばかじゃない文武両道で人としての品格ある真の一流のアスリートを育てる教育体制を確立する重要性を感じます。
ただ技術が人より優れていればいいわけではない。一流アスリートである前に魅力的な人間でなくてはならない。
多少学校の勉強が苦手でもやんちゃなかっこうが好きでもいいから、正義感、思いやり、謙虚さ、犯罪に関わらない強い意志と勇気を持った素敵な人間でなければみんなに憧れられ応援される資格はない―と叩き込む。
アスリートじゃなくても当たり前の心得だけれど、教えないと分からない子もいるという現実。
社会人になってもプロもアマも特に国を代表する選手たちに関しては私生活を含めチェック・指導・支援するシステム作りが要りますね。
そして、マスコミも応援するのはいいけれど過剰にスター扱いしちやほやしないように配慮すべきだと思います。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ネイル(かわいいね、バルーンフレンチ)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 HairSalon ModeK's PB シャンプー・トリートメント サンプル3回分】
DSC06829.jpg
上のほう白髪を染めていなくて失礼します。
以前もモニターさせていただいた美容師150人の心が入ったシャンプーとトリートメント。
ほのかに清潔な香りでシャンプーはほんのり琥珀色のクリアなテクスチャーながら優しくよくあわだちます。
トリートメントは乳白色の若干かためのクリームタイプ。わっちもかなり髪がのびてきたので、1回に2袋使いたいくらい。
さっぱりとしっとりの中間の仕上がり。乾燥毛タイプの個人的にはもう少ししっとりするともっといいですね。
ユニセックスに使えそう。
ああ、早くもっとのびてパーマがかけられますように・・・。
BIHAR by Mode K'sファンサイト参加中


●ミニエッセー3557「レラにて 2016年3月」
主人と休みが合うとドライブがてらに出掛ける千歳のアウトレットモール・レラ。
3月に行ったとき、平日にもかかわらず着いた昼どきはわりと外国人のお客さんがいた。が、数時間後帰るころはすごく空いていた。
DSC05940_201603161751512ba.jpgDSC05941_20160316175020d6a.jpgDSC05942.jpg
レラでは初めてラーメンを食べたが、濃度を注文できるのに普通にしたらちょっと薄かった。
DSC05946_20160316175153302.jpgDSC05947_20160316175154f9d.jpgDSC05949_20160316175156231.jpg
サンリオ製品が半額の店がありラッキー。ナイトメアのフェイスマスク、使うのが楽しみだ。
DSC05945_201603161750237da.jpgDSC05944_20160316175022495.jpg
特に主人が好きなスイーツファクトリーのお菓子。帰りの車の中から食べ初めて夜まですぐに食べてしまうので倍買ってくればよかったと嘆いていた・・・子供かっ・・・というか、値段が高いのだ。
飛行機を見るたびに旅に出たくてたまらなくなった。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/07 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ぜひ牛展へ
DSC06122_2016040617125752f.jpg
写真と記事一致です。
友人の高田千鶴カメラマン(ブログ)からご案内いただいた「牛展」。1週間後にスタートします。
私は残念ながら行けないので、行ける方はぜひお出掛けください。
くわしくは→牛展公式ホームページ
どうぞよろしくお願いいたします。


●ミニエッセー3556「珠城りょうさんのトップ就任について」
宝塚の5組のトップスターは、もちろん歌劇団が決める。現トップスターが退団すると発表されたら、次の関心事は誰が後を継ぐのかである。「いついつ次期トップスターを発表します」というのがないので、突然発表される。
月組の龍真咲さんが今年の9月で退団―さて次期トップは・・・。
突然といっても、演目やチケット、劇団が非公認ながら関係が深い私設ファンクラブの準備などもあるからだいたいの次期は予想がつく。「おとめ」との兼ね合いから3月下旬くらいかと思っていたが、3月15日に発表があった。
個人的には予想どおりであった。だが、数パーセントはほかの組からの異動による落下傘就任かもと考えていた。
そしてかすかだが、月組の珠城りょうさん以外のスターかも・・・と。
宝塚のスターシステムは残酷であり面白くもある。
公演、プログラム、そのほかの活躍を観察していたら格付けが分かる。だが時には2番手以下があいまいなことも。おおまかなくくりで「2~4番手格」という感じで数人がひしめき合う場合もある。
月組は以前明確に明日海りおさんを準トップスターと打ち出していた。そしてその明日海さんは、蘭寿とむさん退団に伴い花組のトップにすえるべく2番手として2013年に異動し、翌年トップになった。
その準トップがいなくなる前後の月組を観察していたら、劇団が明らかに実力ある若手スターの珠城さんを売り出そうとしているのが見えた。月組には各々他組から来た凪七瑠海さんと美弥るりかさんという個性の異なる同期同士のスターがいる。が、二人より5学年も下の珠城さんの一人の場面が長かったり重要な役がついたり・・・。
2014年には珠城さんがダイキンのCMに出演。CMに出たら必ずトップスターになるというわけではないが、この起用は将来のトップ就任への布石に違いないと感じたものだ。
さらに昨年、今年3~4月全国ツアーの主役に決まった。トップ以外では次期トップスターと決まっている人や明らかな2番手が担うもの。つまりそれが決まったときおおかた、次期トップと分かった形だ。けれども、最近は落下傘就任もあるため正式発表まではどきどきわくわくだった。
珠城さん以外のファンの方は複雑な思いもあると思うが、最近スケールの大きなトップスターが少ない中、彼女の技術はもちろん舞台度胸や魅せ方を見るともっと場数を踏めば懐が大きくスケール感のある包容力タイプのトップになるのではないかという期待が持てる。そして、若いのだから長くやっていただきたい。
これからの月組の2番手以下の体制が気になるところだが、マミさんが卒業した組でもあるので見守っていきたい。
まだ早いけれど、珠城さんトップ就任おめでとうございます。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
知らんかった星奈優里ちゃんの結婚
DSC06121_20160406172039823.jpg
↑ 先月、今年最初の庭のクロッカス。

<本日の記事>
えーーそうなのか。大好きなOG・星奈優里ちゃんは俳優さんと結婚してたのね。
知らなかったなぁ。

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(大谷君バージョン)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3555「ツルゲーネフ かた恋 を読んで」
『初恋』の単行本の後半に『かた恋』という作品があったのでついでに読んだ。これまた読みにくい。
原題は『アーシャ』というらしい。アーシャは、主人公・私と相思相愛になりながら結ばれなかった女性の名前だ。
正直、この作品で最も言いたかったことはなんなのかよく分からなかった。
自分がモテたことを自慢したいのか・・・。
「私」はあとでアーシャがいい女だったことに気付き彼女を思って独身を通すようだが、それほど魅力的な女性には思えないところがつらい。
最後までなにか劇的な展開が待っているわけでもなく、初恋とは違い魅力的なキャラクターが出てくるわけでもなくて非常につまらない。これでも小説として残るのだから、不思議だ。
「私」は旅先である兄妹と出会う。この兄と妹・アーシャは母違いのきょうだいである。
兄は父親が家政婦に産ませて苦労をかけたアーシャのことを父親に代わって幸せにしてやりたいと願っていて、アーシャが好きになった「私」とくっつけてやりたいと頑張る。
出た・・・正妻以外の女性に手を出す父親・・・。ここにもツルゲーネフの父親が見え隠れ。
そうするってーと、ツルちゃんは「私」ではなく、兄なのかも・・・。
アーシャの方が情熱的で積極的に「私」にアタックしてきたため、「私」はひるんだのか引いてしまい、もったいないことに受け入れなかったばっかりに兄妹は恥ずかしかったのか、行方をくらましてしまう。
失ったあとに大切なことに気付く・・・よくある話だ。
「私」は後悔する。結局は、アーシャのかた恋ではなくて、「私」が生涯彼女を追い求め続けるかた恋ってわけだ。
男って・・・本当にそういうところがある。未練がましい。
恐らくアーシャは新たな旅・新たな男性・新たな人生をつかんで幸せになっとるのではないか・・・。
それだけの話だ。なんだかなぁ・・・。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/05 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
アニメ「ベルばら」BSプレミアム版制覇

↑ いつだったか昼ごはん食べたばかりなのに主人のはま寿司ランチに付き合い、これだけと思ったけど、ホタテのにぎりだけは食べたもね。苦笑。

<本日の記事>
アニメの『ベルサイユのばら』は完全セットを懐かしいレーザーディスクで持っていて何度か観たんですが、昨年から主人がBSプレミアムで再放送されていたものを録ってくれたので数日かけて全40話(総集編はなし)観ました。
久しぶりに観るとすべて分かっていてもどきどきし、新鮮で感動。
声の田島令子オスカルさんと志垣太郎アンドレさんにあらためて恋をしました。
わっちは男性陣ではアンドレ派だけれど、どうしてもオスカルに憧れるロザリー目線になっちゃう。でも、当然気分としてはオスカルにもなりきって入り込んだり・・・ファンの方なら分かりますよね。
ふと思ったんですが、いまもし日本の一般の俳優が演じるならばフェルゼンはディーン・フジオカさんが似合いそう。
原作はもちろんこのアニメも画面の演出が凝っていて当時としてはハイクオリティ、そして音楽が素晴らしくてそれだけでも涙が出ました。
死ぬまでに恐らく最低でも1回はまた通しで観ることでしょう。


●ミニエッセー3554「ツルゲーネフ 初恋 を読んで」
最初に申し上げておくが、わっちは短大の国文科出身で、中退した慶應大学では文学専攻だった。
高校生の時に日本の古典にはまり、古典を学びたくて選んだ道だった。
学生時代までに国内外のかなりの文学作品に触れてきたのだが、唯一逃げてきたのがロシア文学だった。
一緒に慶應に通っていた母は「ロシア文学も楽しみ」と言っていたものだが、わっちはどうも苦手だった。
そもそも外国文学はすごく昔に訳された文章がどうもしっくりこなくて、読みにくい―つまり情景や心情を想像しにくいのが嫌なのだ。
そういう私がツルゲーネフの中篇小説『初恋』を読む気になったのは、これを原作にした宝塚の期待の若手スター・柚香光さん主演の『ノクターン』のストーリーが面白かったからである。
もっといえば、あまりにもイメージと違ったからである。
「初恋」といえば、なんとなく甘く淡く切なくふわっとした・・・というようなものを想像する。
ところが、この話は文章は品があるものの、ストーリーはとんでもなくドロドロであきれるほど不純。主人公は純粋だが、それこそゲスな父親が登場する。上流社会の中での「虚」のアンチテーゼの象徴のような存在で、実際の作者の父親がモデルらしい。
宝塚ではアレンジしているので、描かれている内容や結末はちょっと違うが、私の一番の関心事の父親は原作どおりだったので、ちょっと愉快だった。
ネタばれになるが、この父親は息子の初恋相手と不倫してしまう。それを知った息子の複雑な感情と衝撃と言ったら・・・。
そういう脚本をこの話を知らずに創作したことがある。
若い男性には、年上の女性に憧れを抱くときが必ずあるのと父親との関係を男同士として描いたら・・・などと想像したのだが、もうとっくにあった話だったか。
男性を翻弄する同性にしたらちょっといやなタイプの小悪魔的な女性がヒロインなのだが、私は彼女にはあまり興味がない。この小説の真の主人公・ゲスな父親の生き方にあきれる一方で痛快なのだ。
ツルゲーネフは、自分の初恋という形で描きつつ同じ男としてどこか恨みきれない自分の父親のことを書き残したかったのではないだろうか。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3000回記念96・柚希さん武道館千秋楽を観る

↑ 主人が前職場退職時にいただいた花束。ありがとうございました。

<本日の記事>
スカステで放送された柚希礼音スーパー・リサイタル『REON in BUDOKAN~LEGEND~』の録画を観ました。
実際生で初日に観に行ったので、千秋楽も感慨深かったです。
当日は席が悪くてよく見えなかった部分も多かったので全部見れてよかった~。
黒髪の真風さん素敵。
ちえちゃんはentertainerですね。


●ミニエッセー3553「ミニエッセーの予定 2016年5月」
※あくまでも予定である。

5月4日    ツルゲーネフ「初恋」を読んで

  5日    ツルゲーネフ「かた恋」を読んで

  6日    珠城りょうさんのトップ就任について

  7日    レラにて2016年3月

  8日    今一度「夢の配役」について

  9日    「二人の貴公子」 夢の配役
  10日    「二人の貴公子」 を観て

  11日    「カラマーゾフの兄弟」 夢の配役
  12日    「カラマーゾフの兄弟」 を観て

  13日    「メイちゃんの執事」 夢の配役
  14日    「メイちゃんの執事」 を観て

  15日    「2016年研1」 夢の配役 ベルばら編
  16日    同     エリザベート編

  17日    「近松・恋の道行」 夢の配役
  18日     「近松・恋の道行」 を観て

  19日    「トラファルガー」 夢の配役
  20日    「トラファルガー」 を観て

  21日    「メイちゃんの執事」、同DX版コミック を読んで 
  22~23日 「メイちゃんの執事 コミック版」 夢の配役

  24日    「ランスロット」 夢の配役
  25日    「ランスロット」 を観て

  26日    「ニジンスキー」 夢の配役
  27日    「ニジンスキー」 を観て

  28日    「蘭乃はなさよならショー・セレモニー」を観て

  29日    「はじめて愛した」 夢の配役
  30日    「はじめて愛した」 を観て

  31日    ミニエッセー 2016年6月の予定          

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2016/05/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
元トップ皆が大和さんと同じではない

↑ レンタル落ちの中古リミックスダンス音楽アルバム、税込み103円でした。

<本日の記事>
多少演出もあるのだろうけど元トップスターの大和悠河さんが高い買い物、食事、エステ、豪華なお茶会などをして毎日現実離れしたセレブ生活を送っているさまがよくバラエティーで出るけれど、宝塚のトップスターで今女優をしている人みんながみんなああいう感じかと思われていたらやだな。
誰ひとり庶民的な人がいないわけではありません。
そりゃあ、夢を売る商売で実家もご立派でお金はあるだろうし世話をやいてくれる人がいて周囲に持ち上げられ、キャラづくりの一面もあるのはしかたないけれど、あれじゃあまるで「自分」がなくて作り上げられた人形みたいで知性や魅力に欠けるように映っちゃう。
その自分があり、自己プロデュースで頑張っているのがお嬢様系とは真逆のうちのマミさんですね・・・大好きだー。

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(苦戦の翔くん)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー3552「ヅカノート2016春9(3000回記念95)・ロバート・キャパ~魂の記録 を観て」
2012年の日本青年館千秋楽。
うちは主人が大学の写真部出身で、なぜか私も前職でカメラマンを兼ねた記者でカメラに縁があり、テレビでロバート・キャパや一ノ瀬 泰造さんなど戦場カメラマンの情報に触れる機械が多く知識に明るいため、こういう系統は理解ができて面白く観れた。
なぜ彼が恋人とともに芸名で活動していたか真意がよく分かってよかった。
本当はふたりで「ロバート・キャパ」だから、今回次期トップになってほしいうららちゃんもりっぱな主役といえるだろう。
私は、女性ながら使命感に燃えて最後まで果敢に挑戦し続けたゲルダがオスカルのようで好きだ。
かわいそうな最期ではあったが、平和のために頑張ったジャーナリスト山本美香さんを思い出す。
「母」役にぴったりな光あけみさんが出ていて、懐かしかった。
弟役の桜木さんが顔が丸くてまだ女の子感があった。
春風さんの芝居巧者ぶりがすごい。かなめちゃんの演技も好きだが、みーちゃんの若いがいぶしぎん的なところとベストマッチだった。
写真はジャーナリズムにおいては記録と芸術性の融合や兼ね合いが難しいものだ。
星吹さんや鳳樹さんが良い味を出していた。特に鳳樹さんは地味ながら実力があり期待していたときに退団したから残念だ。
しかし、こんな素敵な役ができてよかった。
また、特にショーでかっこよかった蓮水さんも同じく惜しいとしかいいようがない。
花乃さんは別人に見えた。
キャパことアンドレはわっちが生まれる10年前に40歳で亡くなった。
まだ戦場カメラマンがいなくならない世の中・・・この作品は平和がくるまでずっと再演し続けるべきだ。
ピカソがでてきたが、ヘミングウェイもでてきてもよかったかも。
原田諒先生、やるね。
人にはそれぞれ役目があることをあらためて知った。
アンコールでのかなめちゃんの挨拶の素晴らしさに感心した。

おかげさまで3500回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2016/05/02 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する