2000回記念98・こだわり「ピンク」

↑ これ、すごくおいしかったです。抹茶のお菓子ってあまり得意ではないんですが、ミルクとの相性が絶妙で。思わず取り寄せしました。

<本日の記事>
ネタばれ注意です。
今月の「こだわりセレクション」のテーマは「ピンク」でした。わっちは、前回と同じアプローズタカラヅカのおさちゃんをリクエストしました。でも、おんなじのはだめなんだね。
今回その衣装、かなめちゃんが着たやつが登場したもん。似合うよね~。


●ミニエッセー2789「ミニエッセーの予定2014年4月」
※あくまでも予定である。

1~4日     転職4年目を振り返って

5日       トーク・大空さん×七海さん

6~12日    野口五郎さんコンサート報告

13~15日   ジュニア祝会

16~27日   札幌ドーム2014・春の陣1

28~29日   2014研1・夢の配役

30日      ミニエッセーの予定5・6月

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2014/03/31 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
春野さん、NEWアルバムは・・・

↑ ミニエッセー関連写真です。この写真が実家のコジちゃんの仏前に飾られています。約1年と少し前の2012年のおおみそかに撮影、2013年のはじめにミニエッセーの年末・年始のはなしの時に掲載しました。カメラ嫌いの彼が父と弟の間でとても楽しそうにしていて、顔がめんこくて晩年では一番好きな写真でした。今回のミニエッセーの終わりに、あらためて追悼と感謝をこめて・・・。

<本日の記事>
おさちゃん(春野寿美礼)の新しいアルバム『SECRET WATER』、予定では今月末の発売でしたが、4月6日に変更になりました。
ゲットして聞いたら感想を述べます。それにしても舞台活動が少なすぎ。最近はFCに入っていても個人的には何も楽しいことがなくてとても残念です。

<サロンのブログ更新しました>
「4月9日臨時休業のお知らせ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 爽快サプリ・竹乃力、黒豚しゃぶしゃぶ鹿児島体験セット 2回目】
前回の記事は→こちら
しゃぶしゃぶはいつ届くのか・・・まだ来てないのでモニターができません。
竹乃力はやはりまだ効果を感じていません。また次の日曜の報告までに期待して・・・。


●ミニエッセー2788「ありがとね、コジちゃん8」
しつこくかまわれるのは嫌いなくせに、人が帰ろうとすると「帰るな」と吠えまくる。そして、じゃあいっしょに行くかいとからかうとめっちゃ怒って父の影に隠れたものだ。
ところが、父が家にいない場合は、父に会えると思うのか、外に一緒に行くことを嫌がらないのだ。
そして、ななも同じくすごいなと思うのだが、かなり遠くからでも家族が歩いてきたり、車で到着することを悟って早めにほえて知らせていたものだ。ちゃんと他人との区別をつけていた。
それから、コジは人間のように話せると思っていたふしがあり、よくおしゃべりをしていた。たいていお腹が空いた、なんかちょうだいよと食事担当の母への訴えだったが・・・笑い。
たぶんわれわれがいろいろな話をする内容を理解していたんだと思う。

親友のままっきいやいろいろな方が、うちのファミリーに育てられて幸せだったねと言ってくださった。それが何より救いになっている。本当の家族と離れ、縁があってうちに来てくれたコジちゃん。約12年間たくさんの愛をもらってばかりでなにもしてやれなかったけれど、幸せだったならうれしい。

今、彼に対して感謝の気持ちしかない。思い出と癒しを与えてくれた。私たち4人きょうだいのうち3人は子供がなくて、両親に孫の世話や成長を見る楽しみをあげられなかったので、その代わりも立派に務めてくれていた。高齢の両親が元気でいられるのもわんこたちのおかげだろう。
すごくすごく寂しいけれど、いつかまた会えるよね。天国では健康で元気にしてるよね。
世界一かわいいコジちゃん、本当に本当にありがとう。

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/30 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
100期生の卒業式
DSC08670.jpg
↑ ミニエッセー関連写真。コジちゃんが天に召されお世話になった火葬場(前日)と当日の駐車場からの景色。像が雪に埋もれてお気の毒ですが、雪解けまでもうちょっとお待ちくださいね。

<本日の記事>
今月1日に行われた宝塚音楽学校・記念すべき100期生の卒業式の様子をニュースで観ました。
彼女たちは同日には宝塚歌劇団の入団式です。
毎年思うことですが、劇団ではつらくて厳しいことがたくさんあると思いますが、夢がかなわなかった全国の同志の分まで出来る限り長く現役を続けていただきたいです。
清く正しく美しく、ガンバレ100期生!


●ミニエッセー2787「ありがとね、コジちゃん7」
思い出はたくさんあるが、なんといっても6、7年前くらいのコジの迷子事件が思い出される。
酔った父がコジと夜中に散歩に出て、はぐれてしまったのだ。われわれは何時間も必死にコジを探しまわった。交通事故やみぞやどぶに落ちたかもしれない・・・吐き気とめまいがするくらい心配した。
最後に警察に電話をすると、なんとポメラニアン風(そのころ太っていてちわわには見えなかった)のわんこが届いているという。母と妹二人が出向くとポメラニアンとして手続きされていたわんこは不安そうな顔のコジだった。
若いカップルが車で通るとひとりで実家の近くの橋の上でじっとしているコジを拾ってわざわざ届けてくれたのだそうだ。奇跡だった。
翌日、みんなでその方のところにお礼に行ったという。恩人だ。
そのことがあってから父はお酒を控えてなおさらまめにコジの世話をするようになったっけ(苦笑)。

コジはおもしろいわんこだった。若いころは必ず実家に行くと玄関まで迎えに出て来てほえて、両親に知らせてくれた。ななとどちらが先に知らせるかを競っている姿が名物だった。
しばらくは「かまって」ポーズをする。私にはたまにお腹を見せて甘えることもあったが、それが心からじゃないことは目を見ると分かった。「一応やってみます」というような感じが笑えた。
いつまでも甘えているななとは違い、少したつと愛想タイムは終わり、少し遠くからみんなを観察するのが得意だった。みんなをチェックしつつ、常に父の行動には敏感で、たいてい着いて歩いていた。
父が上着を着始めると散歩だと分かって喜んで率先して玄関に行っていた。
もちろん、食べることには目がない。ごはん以外でもなにかもらえないか、鋭く人々を見ていた。そのものまねをよく主人がしている。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/29 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
結石一族
DSC08682.jpg
↑ 今月のひなまつり近辺に飾っていた玄関花。桃のつぼみがめんこい。

<本日の記事>
わっちと弟の得意技?・・・尿管結石。今度は甥っ子1も先月末救急車で運ばれました。やっぱり血筋なのかなあ・・・。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様リペア(ショートにチェンジ)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2786「ありがとね、コジちゃん6」
火葬場にはすぐ下の妹も自分の車でかけつけてくれた。
とてもきれいで立派な火葬場。両親や末妹は、昔飼っていたジローや「はな」が亡くなったときにも訪れていたが、私は初めてだった。
係の方々がとても丁重にすすめてくださり、われわれは心から感謝した。
私は今度は真っ赤なバラを1本ささげた。
最後に扉を閉める瞬間に、みんなで泣いた。父はいつまでもいつまでも手を振っていた。「また帰っておいでよ」と。私は「ありがとね、コジちゃん」と声にするのが精いっぱいだった。
50分ほどロビーで待つ間に、みんなに遺影の写真を見てもらった。父は「わあ、めんこい、最高にいいね」と喜んでいた。
遺骨は思っていたよりもよりずっと少なかった。
当初は骨壺の代わりにきれいだからとタカラヅカみやげの炭酸せんべいの缶(しかもおさちゃんの写真・・・しぇー)に入れると言ってきかなかった両親だが、サブに持って行った私がかつてプレゼントした緑色の新品の釜めし用のお釜がちょうど良い大きさだったのでそちらに入れることにした。
「コジ、こんなに小さくなっちゃったのか・・・」―父は何度もそうつぶやいた。
春になったら、実家の庭に埋めてお墓を作るそうだ。
実家に帰って来てみんなで食事をして、ささやかな法要をした。やっぱりななは、苦しんでいた兄を見ていたせいか、コジがいないことを分かっているようで食欲をなくしてかわいそうだった。

姿は見えないし声も聞こえないけれど、きっとコジはずっと大好きだった父のそばにいることだろう。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
VS嵐 マミさんと現役生3
DSC08681.jpg
↑ このクリアバッグ欲しさに「なっちゃん」オレンジと桃合わせて4本も買っちまったぜ・・・苦笑。

<本日の記事>
星組トップ3は相変わらずテレビ映りがよくてうっとり。かごをしょったちえちゃんをマミさんがほほえましいと言って笑っていた姿にわっちもわらってしもうた。ちえちゃん、よくやった!ほんと、めんこかった。
指示するマミさんの低音ボイスにも大爆笑。わっちも指示係だったらああいう感じだろうな。
トーク部分が長すぎて、最後のゲームはダイジェスト放送だったし・・・あははは。
やっぱりマミさんたちは負けちゃったけれど、宝塚OGと現役生と嵐という私には夢の1時間でした。
そういえばねねちゃんは15年前にマミさんの公演(ノバ・ボサ・ノバ)を観て宝塚に入ろうと決意したそうな。ねねちゃんも再演でノバボサ、やったやん。良かったねえ。
なんかもう20年くらい経った気がするけれど、15年前でしたか。ムラにも東京にも通ったことを思い出しました。

【モニター品 @ピーリングネイチャーヘアソープ サンプル】
DSC08881.jpg
来月発売予定のシャンプー。写真の髪は既にセット後です。
今のところ2袋使いました。刺激がなく、優しいあわだち。ほのかにラベンダーの香りがしますが、印象としてはなぜか男性向け製品のようでした。素肌べっぴん館ファンサイト参加中


●ミニエッセー2785「ありがとね、コジちゃん5」
実家に戻り、母が昼食を用意してくれたが、さすがにほとんど食べられなかった。
そして、わんこ社長が仕事で出掛けなければならないというので、駅まで送って行った。その車中で「コジは幸せだった。両親のおかげだね」と話した。末妹は、悲しい中でも仕事を頑張ることで、気持を奮い立たせていて頼もしく見えた。その足で私は自宅に行って玄関に飾っていた1輪のバラを取ってから実家に向かった。
既に偶然その日の朝に末妹のだんなさんが転勤のために職場からいただいた花束が添えられていたが、棺の中に満開だったバラを入れた。単身赴任している義弟はたまたまその日の朝、自宅に寄ったため、コジに会うことができた。生きている姿じゃなかったことは残念だったが、心ゆくまで抱きしめていたそうだ。
私は早めに自宅に戻ったが、それから続々と兄弟らが弔問に訪れたそうだ。主人も夜、仕事の帰りに寄ってコジに別れを告げた。ちょうどうちの弟も来ていたという。
私は時々あふれる涙をぬぐいつつ、自宅でパソコンと格闘していた。コジの遺影にする写真を探していたのだ。今までいろいろと撮影してきたが、どれがふさわしいか悩んだ。その結果、2013年のお正月に父と弟の間に座って楽しそうにしていた写真を選んで拡大して数枚印刷した。わが家もそれをテレビの前に飾って祈りを捧げた。

翌日、私用を午前に済ませ、仕事は夜にずらして実家へ行った。足取りは重かった。
ななは連れて行けないので留守番することに。兄との別れを悟って、とても寂しそうだった。
助手席にはずっとコジに話しかけている棺を抱いた父。後ろに母と末妹を乗せて、火葬場へ行く道のりはつらかったが、とにかくもうコジが病気で苦しむことはないんだなと前を向くことにした。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/27 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
VS嵐 マミさんと現役生2
DSC08680.jpg
↑ 真央ちゃんのクリアファイル欲しさにチョコレートを買っちまった・・・。

<本日の記事>
マミ・りか・あひと言えば・・・共通点は月組。3人で出ていた時期がありました。あひちゃんはかなり下級生でしたが。
最近あひちゃんが事務所(業務提携・人力舎)のチカラなのかずいぶんバラエティに出ていますが、明るくてものおじしない点はいいのかもしれませんが、クイズ番組は向いてない(あまり正解しない)し、ファンの方には申し訳ないけれど、ちょっと強気発言をしてわがままな感じに映って損だし、わあわあと前に出過ぎる時があって、うーん・・・まるで若手芸人さんみたい。
面白くてもいいけれど、あけすけな発言でくれぐれも品格を落とさないように気をつけてね。
りかさんは相変わらずおっとりした雰囲気でちゃんと宝塚らしさを保っていてさすがです。マミ・りかでよく出演していますが、こんな日が来るとは・・・。おさ・あさも出てほしいよね。(明日へ続く)

<サロンのブログ更新しました>
「4~6月キャンペーン、おすすめカラー、臨時休業のお知らせ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2784「ありがとね、コジちゃん4」
私は自宅に帰るのがつらかったが、「コジちゃん、頑張るんだよ。明日も病院に連れて行ってあげるからね」と行って実家を後にした。それが生きているコジと会った最後になった。母には何かあったら電話ちょうだいと言っていた。
その夜はずっと主人とコジの心配をしていた。

翌朝、9時過ぎに母から信じがたい悲しい知らせの電話が来た。父も電話口で泣いていた。「市役所に手続きに行くから付き合って」とのことだった。
父が午前2時半ころ、実家のトイレの前でコジが倒れて動かなくなっているのを発見したという。コジはきっと夜中に父がトイレに行くことを知っていたのだろう。
私はあふれる涙の中、父に「長く苦しまなかったからよかったと思わないとね」と声をかけた。
電話を切ってから声をあげてしばらく泣いた。コジちゃん、最後はひとりで苦しかったろう。でも、男らしかったと思う。よく頑張ったと思う。
きょうだいたちやコジを知る友人にお知らせと感謝のメールをした。ただ、その時ちょうどわんこ社長は車で出張先の札幌から自宅に向かっている最中だったので、着いてから話そうということになった。

実家に行くとコジちゃんは父の手作りのきれいな箱の中でとてもかわいい顔をして眠りについていた。
もう咳に苦しむこともない世界に旅立ったのだ。やっと楽になったんだね・・・と、だっこが嫌いだったコジちゃんを抱きしめた。まだぬくもりがあった。
すると本当はもっと遅く着くはずのわんこ社長が帰ってきた。
私と父は、コジと妹をふたりきりにさせて、市役所に火葬許可書と登録抹消手続きに出掛けた。翌日2月20日の午後に火葬していただくことになり、火葬場の下見(ドライバーをすることになった私は初めて行くので)と、お世話になった動物病院の先生にあいさつに行った。(続き)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
VS嵐 マミさんと現役生1
DSC08679.jpg
↑ 2月のLUPICIAサンプル。あー、パンフに載っていたバラ・スミレキャンディ欲しかったな・・・すぐネットを見たのにもう完売してた・・・。

<本日の記事>
いやー、うれしかったですね。先月末の「VS嵐」に、OGのマミさんこと真琴つばささん・りかさんこと紫吹淳さん、遼河はるひさんと現役タカラジェンヌ(星組の柚希さん、夢咲さん、紅さん)が同チームで出演しました。
ほんまにドリームチーム。
最初はマミさんは嵐チームなのかと思ったんですが・・・笑い。
マミさんはもう何度か出ていて、相変わらず言動が・・・おもろいし。
嵐の助っ人の風間君も意外に面白かったなあ。内面がハンサムって・・・。出演者の中で唯一既婚者でしたね。
データ放送で最初はマミさんたちを勝つと予想してましたが、だんだんこれではプレゼントに応募できないと、途中から裏切って?嵐側についたよね(笑い)。もちろん、嵐も大好きだし。(明日へ続く)


●ミニエッセー2783「ありがとね、コジちゃん3」
かかりつけの獣医さんは、こんなに持病があるのに10歳以上長生きさせたことは、飼い主は素晴らしいとほめてくれたそうだ。逆にいえば、いつ何があってもおかしくないということで、少なくても私はある程度覚悟していた。
なんとか今年の正月を超えて家族はみんな喜んだ。
けれども、今考えたらそれはコジの最後の頑張りだったように思う。毎年正月はみんなが集まり、ごちそうもあって、コジはいつもに増して幸せそうだった。
それからおよそ2カ月してコジがいなくなってしまうとは誰も想像していなかった。
母によると調子が悪くなる数日前に、コジはとても珍しい行動をとったそうだ。
それは、普段は決して自分から格下の妹(血はつながってないが)・ななに遊びの誘いをしないのに、ななを誘って、追いかけっこをしたという。
それが彼なりのななとの最後の思い出づくりだったんだなと思って胸がいっぱいになった。

亡くなる数日前からコジはごはんを食べなくなった。わんこが食べなくなると厳しいと知っていた両親は、病院に連れて行きあるゆる手を尽くした。私はなんとなくイヤな予感がして、亡くなる前日のお昼前に様子を見に行った。ちょうど2日連続休日の初日だった。
息が荒く、元気がなく、目もうつろでとてもつらそうだった。午後から病院に連れて行くのだが、父の車を妹に貸しているので、どうしようかと思っていたというので、午後の受付が始まる少し前に私が再度実家に行き、父とコジ送って行くことになった。私を見てコジはほえてくれた。それがコジの声を聞いた最後になった。
治療の後母と共に迎えに行ったのも私だった。
これはきっと神様がコジを愛していた私にくださったはからいだったと思う。父はコジが亡くなってからも私に何度も感謝の言葉を言ってくれたが、私こそ最後にドライバーができて本当に幸せだった。
病院から戻ってきたコジは、ほえもせず、変わらず動悸が激しくてつらそうだった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/25 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
もしもツアーズ・マミさん
DSC08678.jpg
↑ 年賀状2等当選品・ふるさと小包から選んだ醤油・だし醤油セット。一番しぼり醤油、もう1本あって全部で6本。大変助かっています。

<本日の記事>
先月偶然観た『もしもツアーズ』という番組(再放送以外で初めて観た)にマミさんが出ていて、東京駅で買える駅弁特集で、マミさんより(こらこら)駅弁に興味深々。
1位になったみわ屋さんの牛まぶし弁当、来月絶対食べるぞ~!!

【モニター品 千代治の冷えとり靴下・冷えとりシルクカラーレギンス】
DSC08875.jpg
ふかふかのソファの上に立ったら、体重で沈んで・・・すいません。しかも、超大根足で、レギンスというよりぴったりスパッツという感じですが・・・汗。
ちょうど紺色の服(スカート部分は赤・白)を買ったのでその試着と合わせてみました。Lサイズだった気がしますが、丈がぴったり。腰周りのゴムもきつすぎずゆるすぎず、もったり感もなくて絶妙です。冷え取りということで、防寒になりつつもシルクなのでサラサラ感もあり、蒸れない気がします。肌に刺激がないですね。
しかし、北海道はまだまだ雪深く、とてもこれだけで出掛けるのは寒いので、素足になれる時までは下にタイツをはいて利用しようと思います。
送料込み3,780円だそうです。美しい字での手書きメッセージに企業の「まごころ」を感じました。千代治の靴下ファンサイト参加中


●ミニエッセー2782「ありがとね、コジちゃん2」
検査の時は全身麻酔をしたし、コジには股関節形成不全もあったので、それで病院通いも・・・。ちょっと癖のある歩き方もしていた。晩年は欽ちゃん走りぎみだった。それがまた愛おしかった。
彼が来てから3年後には「なな」も迎えたため、いろいろ検討して去勢手術もしていたし、歯が悪くなってまたまた麻酔で手術したこともある。
だから妹の方針としては、もう病気になっても手術はかわいそうなので、しない方向で行くと決めていた。

数年は妹夫婦の家で暮らしていたコジとななだが、妹が実家の隣に家を建てて仕事が忙しくなり、実家で暮らすことが多くなり、まめに世話してくれるうちの父「お父ちゃん」にすっかりなついてしまい、ついには妹の家よりも実家が気に入って快適にわがままに幸せに過ごしていた。
もともと動物好きの父は、特に公務員を引退してからもちょこちょこ働いていたが、何よりもコジやななと過ごすのが生きがいで、どんな天気でも毎日楽しそうに散歩したり一緒に出掛けたりする姿は近所でも評判だった。
コジとななが本格的に実家に来る前に、両親は「はな」という雌のちわわをまだ赤ちゃんの時に病気で亡くしており、それもあって、コジとななをかわいがっていたのだ。
時々てんかんは起こしていたものの、数年前からは妹が良いサプリメントをみつけてそれも良かったのか回数も減り、うんと長生きしそうな気配も出て来て喜んでいた。
しかし、2年ほど前からたまに変な咳をするようになったのが気になっていた。去年からそれが激しくなり、病院に行くともともと心臓が弱いところがあり、それがちょっと影響しているとのことで、薬を飲むようになっていた。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/24 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ラスト・タイクーン チケットゲット

↑ ヤマザキとわが母校・札幌の藤女子大学(わっちは今はない短大出身)がコラボしたパン。「キノルド館」という昔部室があった天井がタマネギ型の建物をイメージした玉ねぎパン。キノ館懐かしい~。2年間ほとんどそこで過ごしてました。パンおいしかったです。

<本日の記事>
来月東京で見るらんとむさん退団公演のチケット、友会で良席をゲット。うれしい~。
そして初めて新公も観ますの。どきどき~。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(ローズファーム)2」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 爽快サプリ・竹乃力 と 黒豚しゃぶしゃぶの鹿児島体験セット 1回目】
DSC08860.jpg
鹿児島なのにランチョンマットがたまたま「くまもん」ですいません。
今回は週に1度、4回投稿で、これを書いている時点ではまだしゃぶしゃぶは届いていないので、まずはメーンの食前推進のサプリメントについて・・・。
お腹が痛くなる成分が入っていないというのが楽しみだったんですが、飲み始めて数日・・・まだ実感がありません。
初日は1回に1粒、1日3粒ペースでしたが、特に変化がなかったので、翌日からは1回に2粒に増やしました。
2回目以降の投稿で良い報告ができることを期待しています。しゃぶしゃぶも・・・。竹乃力ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2781「ありがとね、コジちゃん1」
ずっと前にペットについて書いた時に、私自身は別れの悲しみがいやなので動物は好きでも飼う勇気がないと述べた。
末妹の愛犬ながら、その人生の多くを実家で暮らし、両親には孫のようにかわいい存在で、子供がいないわれわれ夫婦にとっても子供のようだったコジちゃんことコジローとの別れ―いつかは来るのだろうと覚悟はしながらも体調を崩すほどにつらく、正直今も信じたくない気持ちなのだが、間もなく新しい年度を迎えるし、いつまでもめそめそしていては天国の彼に心配をかけるので、この場を借りて思いを書くことで心を整理していきたいと思う。

コジちゃんは、末妹が岩見沢市内のブリーダーさんから購入した雄のロングコートちわわ。一応血統証つき。数か月はブリーダーさんが一定のしつけをし、2002年に妹のところに来た。
初めて見たときはいくらちわわでもあまりにもやせっぽっちで大丈夫かなと思ったものだ。よく動いて元気は良かったが、だっこしようとするといやがって逃げ回り、仲良くできるのか不安もあった。
しかし、次第に家族それぞれにも慣れて来て、観察すると彼は自分を人間だと思っているような感じで、気高いところもあり、マイペースでもあった。
コジちゃんがたまにてんかんを起こすことを心配し、私は当時勤めていた酪農学園の大学付属動物病院で検査してもらうようお願いし、診てもらった結果、頭蓋骨に水がたまりやすく、薬を処方され、もしかしたら長くは生きられないかもしれないということだった。
しかしそれを聞いてなおさら奮起した妹は、もともとのわんこマッサージのほか、栄養の勉強もし、手作り食にこだわって育てるうちに、次第にてんかんの回数が減り、健康になっていったのである。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
懸賞生活・宝塚グラフ800号バンダナ

写真と記事一です。
わーい、わーい。宝塚グラフ800号記念プレゼントに当選しました。バンダナ・ポストカードセットです。
バンダナ、好みの色で、使っちゃおうかなぁ。

【モニター品 眉毛美容液 ラピッドブロウ 現品 1回目】
DSC08863.jpg
簡単メイクの日、右だけ眉毛メイクを落としたところ。
以前この商品のまつげ版をモニターさせていただき、とても効果があったのですが、ネックはだんだん肌についてしまい目がかゆくなってしまうことでした。透明でちょっと固めのジェルタイプのこれは、眉毛なので、きっとそのようなこともなく、このほとんどないに等しいくらいの薄い眉毛(眉尻はわざとカット)のはり、コシが出ることを期待しています。
次回はおよそ1ヶ月後に報告します。veritas ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2780「ソチ五輪⑰総括とパラリンピック」
閉会式後もテレビ各局で名場面・ハイライト番組があり、観るたびに感動して胸が熱くなった。
どれも甲乙つけがたいが、やはり道産子としてレジェンドの銀とジャンプ団体銅、そして真央ちゃんのフリーは忘れられない。プルシェンコの離脱も衝撃的だった。
若い世代が頑張った一方でベテラン勢も活躍し、歴代2位のメダル数となった。が、最初に述べたように開催前から世の中はメダル・メダルと騒ぎすぎていた。わっちはとにかくそんな重圧はいけないと家族とも話をしていた。
メダルは結果としていただければうれしいというスタンスでいなければ。それよりも選手たちが自分の納得できる本番を迎えられればいい。
ここでは取り上げなかった多くの競技で日本はもちろん、たくさんの一流の選手たちが精いっぱい闘ったことに心から敬意を表したい。感動の日々をありがとうございました。

今月7日~16日には、ソチでパラリンピックが開催され、日本からは20人の選手が参加した。
世界の選手たちの頑張りに胸が熱くなり、自分がだめ人間に思えてきたほど。
全部で6個もメダル獲得。半分は金メダルだ。その中で道産子、狩野選手は1人で2個の金メダルという快挙!しかし、謙虚に本人は出来過ぎだとコメント。頭が下がる。
本当にお疲れさまでした。

もう2年後はブラジル・リオで夏の五輪。当然、カーニバル的なものもあるだろう開会式や閉会式が楽しみだ。

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2014/03/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
先月コジローが亡くなりました
DSC08668.jpg
写真と記事一致です。

本日はたいへんつらい報告を書かせていただきます。

当ブログではしょっちゅう写真やエピソードで皆さんに見てもらっていた大切なうちの家族・わんこ社長の愛犬コジローが、2014年2月19日未明、心不全のため亡くなりました。11歳11カ月でした。
上の左の写真は私が撮った生前のコジちゃん最後の1枚になりました。とても穏やかでかわいらしい姿です。本来は、早くから先月亡くなって間もなくのブログに掲載の予定でしたが、しばらくつらくて控えていました。
右の写真は火葬前に自宅で母がそなえた手作りごはんと父がそなえたお水です。ワンカップというのがお酒好きな父らしいです。

忙しい妹に代わって、長年うちの両親が面倒をみてきました。特に父とは毎日何度も散歩をして名コンビでした。
コジは最も父のことが大好きでした。わっち夫婦にとっては子供みたいな存在でしたし、わんこ社長夫婦はもちろん、父や母の寂しさはいかばかりかと思います。
けれども、いつまでも悲しんでいては虹の橋の向こうのコジに笑われますよね。
きっと彼はいつもわれわれ家族を守ってくれると思います。

この場を借りまして、生前コジのことをかわいがってくださった多くの皆様、お世話になった動物医療関係の皆様、お悔やみのメールをいただいた皆様、厚く厚くお礼申し上げます。
本当に本当にありがとうございました。

なお、後日ミニエッセーでも長年家族を癒してくれたコジちゃんへの私なりの感謝を書かせていただきます。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(ローズファーム)1」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2778「ソチ五輪⑯閉会式」
閉会式こそリアルタイムで観たいと思ったが、体調がいまひとつだったこともありリアルタイムでは30分も観れず、結局翌日の再放送でじっくり観た。
開会式同様、品があり、色もきれいで芸術の国らしい素晴らしい演出だった。サーカスはあまり好きではないのだが、「あまりかわいくない」という声もあったわっちはわりと気に入っていたマスコットたちの巨大人形による聖火吹き消しはなんとなく哀愁があった。
使われた音楽では、真央ちゃんのフリーの曲、バンクーバーでの曲も。また胸がいっぱいになると同時に、ロシアの感性にも頭が下がる思いだった。
次の開催地・韓国のプレゼンの短いショーもとても素敵だった。近いアジアでの開催。韓国ドラマフリークの主人も同じ思いだと思うが4年後がとても楽しみになった。
フィギュアやカーリング、アイスホッケーらの日本選手も参加していたが、心いくまで楽しめただろうか。
日本が参加しなかったモスクワ五輪の様子がちらっと映って、かえすがえすも当時の選手たちのつらさを思い、そしてせっかく今のスマップや嵐のように応援歌に選ばれていた西城秀樹さんの曲も思い出した。ファンとしても無念だった。
オリンピックはスポーツを通して平和を考える場でもあるはずなのに・・・。
ふと、次の開催地のショーもやるということは、2年後の夏の五輪・リオの閉会式には、日本・東京もやらなくてはならないということ。しぇー。
東京五輪の閉会式の構成はもうわがマミさんが練っているらしいが(さすが!)、本当に夢が膨らむ。ぜひ開会式か閉会式にはタカラジェンヌに出演していただきたい。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
「ビーズfriend」にマミさん
DSC08757.jpg
写真と記事一致です。
発売中のビーズアクセサリーの雑誌『ビーズfriend』2014年4月号は、表紙と巻頭(とても素敵です)がわれらがマミさんこと真琴つばささんです。やったね。
この雑誌は以前わがサロンの置き本だったのですが、久しぶりに買いました。置きますよ~。

【モニター品 SONOKOのライトアップBBクリーム サンプル】
DSC08844.jpg
今は亡き鈴木その子さんの会社のさすがに・・・つけるとかなり白い!!BBクリーム。
テクスチャーとのび、カバー力は良かったものの不自然に白くなるため、いろいろと調整しました。発光はいいと思いますが、もう少し健康的な肌色にした方がいいと思います。株式会社SONOKO ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2778「ソチ五輪⑮フィギュア・エキシビジョン」
22日の夜はスノボ・竹内選手の回転を楽しみにしていたが、残念ながらベスト16以内でやぶれた。
女子スケート・パシュートはロシアとの3位決定戦へ。しかし、健闘及ばず4位に。強豪の中、入賞は立派。道産子3人お疲れさまでした。

同日深夜からは最も楽しみにしていたフィギュアのエキシビジョンが・・・。あきらめていた大ちゃんと真央ちゃんも特別に出ることになり安堵した。宝塚ファンとしては、ショーを観る感覚なのだ。
頑張って起きてリアルタイムで観たかったが、直前で寝てしまい、23日の夜のBSで観て感激した。
最も印象的だったのが、高橋大輔選手のタンゴ。普段の優しい彼とは違う色気のある「演技」で、滑ったというより見事に踊ってめっちゃ魅力的だった。大ちゃんにはタンゴが似合う。
演技力、表現力ではまだ若い羽生選手もやはりうまい。震災の復興に思いを寄せたという。ただ、やはり19歳。まだおぼこい。色気のある選手に育ってほしい。
町田選手のエキシビジョンらしい演出もとても良かった。メガネが似合っていた。
それからインパクトが大きかったのは、蛍光色のフラッグを使った女子シングルゴールドメダリスト・ソトニコア選手。あれはちょうちょだったのだろうか。大胆なアイデアが良かったが、スケートの歯にひっかかって危ないと言えば危ない。フラッグじゃなくて、もう少し短くてもいいからジュディ・オングさん式に衣装にくっつけてはどうか。
衣装では、コストナー選手のセクシーなものも良かった。
ほかにも凝った演出でコメディータッチなものもあったりして、素敵だった。
デニス・テン選手のように祖国らしさが出たものもいい。
競技とあまり大きく変わらないものはつまらない。真央ちゃんやキム・ヨナ選手は優雅だが盛り上がりに欠けた。
プロローグとフィナーレはとても良かった。短い練習時間で大変だったことだろう。お疲れさまでした。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ひとり雪あかり
DSC08649.jpgDSC08651.jpg
写真と記事一致です。
先月そんなに風がない日、1年前にままっきい親子と行って感激した小樽雪あかりの路を思い出して、自宅の前の雪壁にかまくら風の棚を作って、本当は氷の器なのですが、うちにあるキャンドルカップを総動員し夕方から「ひとり雪あかり」を開催。
夜に主人が帰ってくるころちょうど終了かなと思いきや、結構持って、ひとつは翌朝の3時ころまでゆらめいてました。
15分ごとに様子を見に行って、どんどん温かさで底が雪に埋もれて行くのを修正。楽しく、癒されました。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(ボトルキャップカスタム)3」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 泡クレンジングジェル 現品】
DSC08842.jpg
泡がそのままが出てくるのかなと思っていましたが、見た目は普通のジェルで、乾いた手に取り肌に置いてくるくるすると泡になるということだったんですね。
しかし、相当な量でやらないと見本のようにはもこもこにならなかったです。それから、かなり素早くやらないと乾いて全くのびなくなり、かぴかぴに・・・。
ただ、優れているなと思ったのは、いい香りがして、目にしみないことと、洗浄力はなかなか高いこと。マスカラはあっという間に取れました。写真の時はつけてませんでしたが、固いラメなどはちょっと落ちにくいですが、そのあと、ふきとり化粧水で十分だったので、確かにW洗顔は要らなかったです。
元々白い方なのでぱっと見は変化が分からなかったのですが、アンケート回答後によく鏡を見たら、くすみは取れた気がしました。美@momoco ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2777「ソチ五輪⑭女子フィギュアFS」
途中経過を見て驚いて生で見ているだろう妹1に「真央ちゃんが1位!!わんこ社長も感動して泣いたとメールが来たが、一体何があったのか」とメールした。なんと、完璧な演技で最後にして自己ベストを出したというではないか。
のちにリピート放送でフルに見たが、すべてをふっきって最後に夢のように美しいジャンプを次々と決め、終了後に泣いた真央ちゃん・・・良かった、本当に良かった。本人が納得できる4分間。それでいい。
小さなころから重圧を背負って闘い抜いた浅田選手に心から拍手を送りたい。
ショートでの悪夢はもう忘れようよ。タカラヅカ的にいうと、五輪卒業おめでとう!!16位からの6位入賞は立派としかいいようがない。
本人は「恩返しできた」というが、われわれが夢をもらっていた。ありがとう。
FS前にネットで流れた森元首相の全く心ない発言を私は決して許さない。どんな真意があるといってもひどい発言は確か。毎回絶対転ばないという超人などいるわけがない。誰も失敗したくてのぞむんじゃない。選手たちのあらゆるものを犠牲にしての血のにじむ努力を踏みにじるとは・・・。この人が東京五輪の一番偉い人って・・・ありえない。
村上選手は初五輪で12位。まだまだ「次」がある。ガンバレ。

金メダルは地元ロシアの後押しに乗った17歳のソトニコア選手、銀メダルはもう少しキレのある演技ができたような気がするが安定のキム・ヨナ選手。そして、銅メダルは3回目にしてメダリストに輝いたコストナー選手。キム選手とコストナー選手はこれで現役引退という。お疲れさまでした。
それにしても採点競技って・・・もやもやがつきまとうのは私だけか。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/19 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
初バニラエア

↑ あれ・・・真っ白のはずが・・・若干ピンクの部分が・・・いやーん、白でいいよぉ。

<本日の記事>
来月の観劇旅行では、初めて往路にバニラエアを利用することにしました。成田までだけれど、楽しみです。

【モニター品 RAURAリーチザエッセンス サンプル6回分】
DSC08837.jpg
以前もモニターしたことがあるラウラ。今回は美容液です。
ほんのりばらの香り。さっぱりしていて、よくのびてべたつきません。個人的にはもう少し粘度があった方が美容液らしいかなと思います。
現品は高級すぎて手が届きませんが、とてもよい勉強になりました。スキンケアブランドRAURA ラウラファンサイト参加中

今回のモニター感想とは無関係ですが、モニプラがリニューアルしてとても使いづらくなりました。早く改善していただきたいです。


●ミニエッセー2776「ソチ五輪⑬複合団体と女子スキーハーフパイプ」
加藤選手を怪我で欠いたが、ジャンプがうまくいけばメダルも狙えるかもしれないと思っていたノルディック複合の団体は、ジャンプが6位だった時点で、あとはクロスカントリーでひとつでも順位を上げられるか・・・というのがポイントに。
その結果、ふんばって5位に。アクシデントの中、加藤選手の物を身に着けて挑んだ4選手、お疲れさまでした。

女子フィギュアのフリースケーティングの最中にニュース速報が入った。
今回からの新種目・女子スキーフリースタイルのハーフパイプで25歳の小野塚選手が銅メダルを獲得したという。
フィギアの不振で、心が沈みかけた日本にこんな明るい希望がもらえるとは・・・。
あわててチャンネルを切り替えて、リピートされる彼女の試技を見た。高いエアが見事だった。
やはり競技は余計な事を考えず集中してかつのびのび楽しくやったもの勝ち。そこに結果がついてくるのだ。
小野塚選手、本当におめでとう!!
それにしても今回、日本人がハーフパイプ競技に強いということが分かって頼もしかったが、また変なルール改正などがないことを祈りたい。

私はリアルタイムでは真央ちゃんの演技を観れなかった。前日所用で出掛けていて疲れが出たらしく、咳もひどくなり、早く寝てしまった。目覚めると鈴木選手のオペラ座の怪人がスタート。足の調子が悪かったらしく会心の出来とはいかなかったものの、最後までふんばり、笑顔で終わったのが印象的だった。それでも8位入賞。よくやった!!(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
愛加さんも退団発表

↑ バレンタインに元職場の後輩からいただいた華やかなチョコ。感謝です。

<本日の記事>
うーん、やはり壮さんの相手役・愛加あゆさんも退団なんですね。実のお姉さん・星組トップ夢咲さんより先に卒業されるとは・・・。どうか最後まで頑張ってくださいね。

【モニター(プレゼント)品 Think Bee!(シンクビー!)ミニポーチ】
DSC08832.jpg
「個性的でちょっと派手」という好みのデザインもあるし、ずっと気になっていたThink Bee!(シンクビー!)さんのアンケートに答えトワイライト・パスポート44シリーズのオリジナルミニポーチ(小銭入れサイズ)をプレゼントいただきました。
まだどう使おうか考え中ですが、来月の旅に持っていきます。小銭入れにしようかな・・・。
ゴールドのはちのマークのチャームつき。素材も良くて触り心地抜群でしっかりしたつくり。裏地がとってもキュートです。普段他人には見えない部分に凝るというのがいいですね。
5月予定の旅の報告の中でも登場するかもしれません。ありがとうございました。Think Bee! ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2775「ソチ五輪⑫スノボ大回転とフィギュア女子SP」
19日、女子スノボパラレル大回転では前大会までの3回の雪辱をはらすべく旭川出身の竹内選手が出場し、予選1位に。努力を重ねて30歳にして乗っているというので、期待した。
そして、決勝では見事な銀メダル!!道産子、バンザイ!!
今回の五輪で日本女子初のメダル。しかもスノボ界でも女子初。パラレル系でも女子初。解説の方も涙声だった。
最後は転倒してしまい金メダルを逃したが、果敢な挑戦の結果だった。私はフラワーセレモニーやメダル授与式の竹内選手を見て胸が熱くなった。おめでとう!!

夜には注目のフィギュア女子シングルのSPがスタート。世間はやいのやいのと言っていたが、私は日本の3選手が悔いなく滑りきってほしい―それだけ思っていた。
途中居眠りしてしまい、リアルタイムで観れなかった場面もあったが、個人的に注目の選手のうちまずは安定したキム・ヨナ選手に脱帽。
村上選手は滑り出しが良かったのでその後の失敗が残念だった。鈴木選手も完璧とは言えなかったが、気持が伝わってきた。
リブ二ツカヤ選手は転んでしまったが、まあまあ。その15歳に負けじと同じロシアのソトニコア選手が良い演技で結果2位に。
最終滑走の真央ちゃんは雰囲気に飲まれたのか緊張で体をかたくしたか、いろいろ考えすぎたか・・・まさかの16位に。この時点で日本の選手がメダルには届かないと察して残念だった。
この日たまたま実家で3姉妹が集まったので、フィギュア談議に花が咲いた。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
グラフ3月号蘭寿×春野

↑ ほっともっとシリーズ・焼肉コンビ弁当。うまいよぉ。本当に制覇するかも・・・。

<本日の記事>
宝塚グラフ3月号の100周年スペシャル対談はらんとむさんとおさちゃんでした。いいねー、当時を思い出す・・・っつーか、春野さん久しぶりに見たな・・・。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(ボトルキャップカスタム)2」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 チャコット フォー プロフェッショナルズクレンジングウォーター (サンプル:約100mℓ)2個】
DSC08709_20140315235320b6c.jpg
お世話になっているチャコットさんの「お友達と一緒に」という顔出し条件企画ですが、すぐ下の妹と試しました。わっちは簡素メイク日の右半分のアイメイクだけを落とした状態。挿入写真の妹はほぼすっぴんまで落とした状態。
舞台メイク落としを想定しナノ技術でW洗顔も化粧水も要らないということでしたが・・・うーん・・・。
個人的には、アイメイク落としの際、粘膜に触れなくてもちょっとでも目の周りで使うととてもしみて痛かったです。マスカラは簡単には落ちず、結局刺激のない他の物でポイントメイク落としをしてから全体にそろっと使用する感じ。なんとなく不安なので軽くでもW洗顔もし、完全なふきとりのためには化粧水も使うので、付加価値が分かりませんでした。皮膚の弱い妹も同じ意見でした。チャコットのコスメファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2774「ソチ五輪⑪ジャンプ団体」
レジェンドが期待どおりのビッグジャンプを飛び、1回目終了時に日本は3位。
正直、メダルは確実と思ったが、2回目へ進む前には1位か2位がいいなと思っていたので若干不安になった。ドイツとオーストリアが前評判どおりに強いのがちょっと参った。
2回目は全員が出来る限り飛んだ。ただ飛んだのではなく、美しく飛んだ。あとで明かされたように、伊東選手は相当ひざを痛めていた。竹内選手は難病からの復帰だった。その頑張りは金メダル級だった。
惜しくも順位は覆らず、銅メダル。けれども、日本に不利なルール改正をやられて長野の「ふなき~」から16年苦しんだ日々が終わった瞬間だった。
やっぱり3位と4位の差はとてつもなく大きい。上村選手や沙羅ちゃんのことを思ってしまった。
みんなが泣きながらインタビューに答えていたのを見てもらい泣きした。おめでとう、日本。ありがとう!
レジェンドは次の五輪も出るという・・・実現するかもしれない。
20歳の清水選手がトップバッターとして役目を果たしたことが大きかったように思う。今回の五輪は本当に若者が素晴らしい活躍を見せてくれた。

リアルタイムには観れなかったが、ノルディック複合個人・ラージヒルは、渡部兄が6位入賞。ジャンプでは4位だったが、クロスカントリーで転倒したらしい。
ジャンプで怪我をした道産子・加藤選手は気の毒だった。和寒の酪農家の息子である加藤選手は、酪農業界の星でもあった。大事にしていただきたい。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
野口五郎さんのコンサートに

↑ モンゴ流シャンプー泡パック使用中と使用後。まもなくセミロングともお別れ。ばっさり切りたいと思ってます。

<本日の記事>
本日はお休みをいただき、札幌市民会館での野口五郎さんのコンサートに五郎さんの大ファンである妹1と行きます。
五郎さんはミュージカルなども含めると6回目くらいかなあ。すごく久しぶりなので、楽しみ~。後日詳しく報告します。

【モニター品 フォルトゥーナモイスチャーピーリングジェルサンプル】
DSC08796.jpg
顔はピーリング&顔そりしたばかりだったので、とりあえず手で試しました。写真ベースは使用中、挿入右上がビフォー、左下がアフター。確かにくすみが取れてますね。
リンゴ酸を採用し、美容成分、保湿成分、パイナップル果実エキスも配合で産毛ケアもできるそうです。
優しい感触で刺激がなかったので、残りは後日顔に使用します。【便秘茶】プレミアムデトックティーファンサイト参加中


●ミニエッセー2773「ソチ五輪⑩アイスダンスとカーリング」
葛西選手にまつわる番組を見ていると、彼や岡部選手や伊東大貴選手、女子の伊藤有希選手らの故郷・道北の下川町が出て来て、記者時代に取材で訪れてジャンプ台を見たこと、下川商業高校のそばで道に迷ったことを思い出した。
酪農や農業がメーンで山が多い田舎なのだが、取材先が高台で、その景色に感動したものだ。
町をあげてジャンプをバックアップし、少年・少女たちが先輩たちに続けと夢見て日々頑張っている。才能を伸ばすためにはそういった地域の環境が大事で、スポーツでの町おこしも大切だなとつくづく思った。
札幌が2026年の冬季五輪地に立候補するかも・・・というが、札幌ではなくて「北海道」としてやってはどうだろう。北海道は広い。各地域で担当競技を決めて実行体制を整え、今から選手育成も強化する。日本全国から才能ある少年・少女たちを連れてきて住んでもらい12年後に備えるのだ。豪雪のわが岩見沢も生かせるのでは・・・。

引き締まった表情でメダルセレモニーにのぞんだレジェンド・葛西選手。きっと病床の妹さんもお喜びだったことだろう。

フィギュアのアイスダンスはショートでリードきょうだいが点数がいまひとつだった時点であとはちらっと見ただけ。007・スカイフォールの曲を使っていたカップルが印象的だった。

残念ながらカーリングは準決勝に進めなかった。でも、皆さんよくやったと思う。お疲れさまでした。

17日の深夜はいよいよジャンプ団体戦。翌日は休みなので絶対リアルタイムで見ようと、また事前仮眠作戦に。
なんとか1本目を・・・と思ったが、居眠りしてしまいはっと気付いたら1本目の伊東選手の直前。どうやらまずまずのようだった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
関東・甲信越の大雪お見舞い

↑ ホワイトデーにと主人にリクエストして1か月前に買ってもらったチョコ。はい、ケース目当てです。

<本日の記事>
この冬の関東・甲信越の大雪は普段はありえない状況で、大変でしたね。生活や農業なども含めて被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。空路も大混乱でした。わっちはエライ目に遭っているのでなるべく1~3月中旬は旅に出ないようにしています。
今まで都心では毎年のように、われわれにとってはほんの少しの積雪でも交通もまひするし、歩き慣れてないので怪我をしたり、車は普通のタイヤで坂を登ろうとしたり、除雪の道具や仕方を間違えているし「万一に備えて雪国を参考に対策をするべき」と「北から目線」で思っていましたが、この冬の関東・甲信越はとても想定の雪の量じゃなかったのでさすがにびっくりしました。
おさちゃんも生まれて初めて雪かきをし、雪国の人を尊敬するとのことで・・・ありがとうございます。
豪雪地帯では春先まで毎日のようにきつい作業をするのが当たり前になっていますが、良い運動になったり、自分なりの技をあみだしたりして良い面もあります。が、ぜんそく持ちにはやはりつらいです。

<サロンのブログ更新しました>
「メイキング(ボトルキャップカスタム)1」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


【モニター品 足うら美人おやすみサポーター】
DSC08791.jpg
職業柄手入れしているとはいえ、冬はどうしても乾燥しがちの自分の足裏をお見せするのは大変お恥ずかしいのですが、お世話になっている新潟の温むすび(山忠)さんのモニターなので、失礼いたします。
クリームなどを一切つけずにただつけて寝るだけでかかとケアになるサポーターで、写真では白っぽく見えますが実際は薄いピンクです。写真の挿入左上が昨晩つけて寝る前で、左下が今朝の状態です。内側がシルクのサポーターのかかと部分に特殊シートが入っています。
サポーターと聞くと締め付けが気になりますが、これは全くなくて快適でした。ただ、私は標準よりかかとが小さいためか寝ている間に若干サポーターがずれました。しかしながらたった1晩でもかかとがしっとりした気がします。あとは洗濯してどれくらい効果が続くのか経過を見たいと思います。温むすび ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2772「ソチ五輪⑨男子ジャンプラージヒル」
なんとか日本選手団主将の最年長、レジェンド・葛西選手に個人のメダルを取らせてあげたい―私は弟が葛西選手と同郷(下川町)・レジェンドより年上で現役の岡部選手の友人なので、普段からジャンプは身近で、選手たちはみんな身内感覚でいる。
夫婦で15日の夜、少し寝て深夜の放送前に起きて観はじめたが、主人は数人が飛んだ後に寝てしまった・・・。
わっちはタブレットで作業しながら頑張って見続けた。日本選手はみんないい調子。1回目、レジェンドは2位につけた。1位より追う立場の方がいいかも・・・。ジャンプの難しいところは、2本をそろえなければいけないこと。1本目の結果だけではなんとも言えない。
2本目は1本目の成績順に飛ぶ。後半になるほど緊張するというものだ。レジェンドの表情は落ち着いているように見えた。いろいろ考えていたというが、わっちはきっと天国の彼のお母さんが味方してくれると思っていた。
ゲートが下げられたから、140メートルは出ない。せめて135メートル飛んでほしいと願ったが、そこまでは行かなかった。それでもその時点で1位につけ、もちろんメダルが確定して、ほかの3人の日本選手がそれを祝福に駆け付けた。
けれども・・・できることならば金を・・・。最後に飛ぶのはノーマルヒルで金メダルを取った選手。空中姿勢はいまひとつだったし、飛距離も葛西選手よりは出なかった。しかし、レジェンドをわずかに超える得点になった。
惜しい、惜しすぎる・・・銀か・・・でも、素晴らしい結果だ。
ニュース速報が流れた。わっちは主人を起こして、「レジェンド、メダルとったど~」。
悔しそうながらも笑顔でフラワーセレモニーにのぞんだ葛西選手に胸がいっぱいになった。7回も五輪に出続けてきた人。団体では銀メダルを持っているが、個人ではない。有言の人で、明るくて少しお調子者に見えるかもしれない。でも、それはいつもそうやって自分を奮い立たせているのだと思う。
金メダルという目標ができた―そうか、今回の結果は彼を現役続行させるための神様のはからいだったんだ。
葛西さん、本当におめでとう。団体戦が楽しみになった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/14 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
まっつさんの復帰

↑ ほっともっとシリーズ。ステーキ弁当。全部制覇したくなってきました・・・。

<本日の記事>
わっちとしたことが、正月の東京公演からまっつさんこと未涼亜希さんが復帰したことを先月千秋楽後まで知りませんでした。壮さんが退団するニュースで、そういえばまっつさんはどうしているのだろうと調べたら・・・。
どんなけヅカ情報に疎くなってんねん。ああ、まっつさん、復帰良かったですね。


●ミニエッセー2771「ソチ五輪⑧男子フィギュアFSそして金メダル」
14日夜は少しだけ仮眠を取り、男子フィギュアフリーの町田選手の前から観た。なんとカザフスタンのデニス・テン選手がそこまでの1位というからびっくり。
町田選手は最初は失敗したもののよく立て直して頑張った。結果的には大ちゃんを上回る5位だった。
最後の五輪となった大ちゃんは心配していたとおりジャンプがふるわず6位に。しかし、世界一のステップは優雅で、心がこもった丁寧な演技だった。誰もが知っているという狙いだったのかビートルズメドレーはチョイスとしては悪くはなかったが、アレンジはいまひとつだったかもしれない。曲構成はパトリック・チャン選手が良かったと思った。
2人のメダルの可能性がなくなって、羽生選手にすべてを託す形になった。
実は、ちょっと用事で部屋を出たために最初の失敗ジャンプだけが観れなかった。だからリアルタイムでは全体の出来について、点数を見るしかなかったが、だいたいそれで悪くても銀メダルは決まりだなと確信し、わんこ社長にメールした。妹はまだまだ油断できないと言っていたが、日本人全員の入賞も見えて少し安心した。
チャン選手が思いのほか調子が悪かったので、わっちはもう妹に「金、決まったしょ~」と・・・。
羽生選手はフリーも全部成功して金だったらもっとスカっとしたかもしれない。それでも金は金。フィギア日本男子初めての快挙だし、今回の五輪での初の金にもなった。
わっちと妹はメールで喜び合った。
完全勝利とはいえないかもしれないけれど、素晴らしき19歳。おそらく、震災を乗り越えてさまざまなものを抱えて努力してきた「思い」が届いたのだろう。
本番で勝つにはそれまでの努力や気持もあるが「運」も大きいと思う。精神面の強さうんぬんというよりも聡明さと清らかな心がその運を呼ぶのだと思う。余計なことを考えず、ただひたすらにひたむきに純粋に勝負する。羽生選手の笑顔を見よ。それが表われていた。
本当におめでとう。町田・高橋両選手も入賞おめでとう。そして、感動と楽しさをありがとう。
余談だが、わっちは今回米国のブラウン選手の笑顔のファンになった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ペケポンおすし見極めはずしちゃったマミさん

↑ ソチ五輪時、土屋ホームのモデルルームに葛西・伊藤両選手を応援する垂れ幕が。

<本日の記事>
ありゃりゃ、先月の「ペケポン」でマミさん、料理見極め対決・高級寿司店のおすしを大衆店と判断。
この番組の準レギュラーみたい。やはりコメントがおもしろいからかなぁ。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ネイル(ナチュラルカラーマーブルフレンチ)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2770「ソチ五輪⑦男子フィギュアSP」
まさかの事態。
心配な気持ちと個人戦の滑りが観れないままアマチュアとしては引退するということが残念で残念でならない一方、大変申し訳ないのだが、これは日本選手のメダルの可能性が大きくなった・・・と、フィギア好きで高橋大輔選手ファンのわんこ社長にメールしたりして、結局朝までタブレットPCでいろいろ作業しつつも緊張しながら観ることができた。
羽生選手のミスのない素晴らしい演技に、ひとりで大拍手。そして、史上最高点・101.45をたたき出した時にはこの瞬間にたちあえて感動した。羽生選手はまだ19歳なので色気はないが、これにセクシーさが加わったら本当に完璧だと思う。
高橋選手と町田選手はそこまでとはいかなかったもののメダル圏内に。
個人的に、例の曲での大ちゃんのプログラムはフリーとは違うシックな面も見せるということだが、大ちゃんの良さを出せない演目だと思う。逆に言うとノリノリの曲ができない状態なのか・・・。
アボット選手は転んでしばらく立ち上がれない状態からなんとか復帰して続けるという競技者根性を見せてくれた。私もよく子供のころから父に運動会などで、もし転んでも立ち上がって最後まであきらめずにやりきれと教えられていたので、思い出して胸がいっぱいになった。
当然ながら朝からテレビのニュースは羽生選手の話題でもちきりに。
ふと気付くとその夜に大雪になり、主人を起こしてあわてて除雪をすることに。ああ、夢と現実よ・・・。
NHKでは競技前に長野五輪でダルタニアンを演じて大人気だったフランス・キャンデローロ氏に日本選手についてインタビューしていた。かつてのセクシーガイは渋いおじさんになっていたが、日本の3選手を高く評価していてうれしかった。
それにしても、プルシェンコ選手、長い間本当にお疲れ様。どうかお大事にしてください。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/12 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
壮一帆さんの退団発表

↑ 少し血圧が高めと言われたので、試しにこれを飲んでみました。

<本日の記事>
先月、想定外のニュースが飛び込んできました。雪組トップスター壮さんが次作で退団・・・えーーーーーーーーーーー。嘘だ~旅の予定がないのに・・・。少なくとも今年いっぱいはやってくれると思っていたのに・・・。昨年、北海道公演でハイタッチしたのが最後になってしまうなんて・・・。
動揺したわっちは、思わずブログの『たまごは暗号』のじゅんさまにメールしてしまいました。
寂しいね・・・。

そして、本日は東日本大震災からまる3年・・・鎮魂と復興への思いをさらに忘れずにいたいと思います。


●ミニエッセー2769「ソチ五輪⑥複合と女子ハーフパイプ」
12日の夜には明るい速報が入った。ノルディック複合ジャンプ・ノーマルヒルで渡部選手が2位につけたという。
リアルタイムでは観れなかったが、その後クロスカントリーでも順位をキープして、見事に銀メダルを獲得。かつてのお家芸・複合ニッポンを思い出して胸が熱くなった。ラージヒルや団体にも希望が見えてきた。
私は、いとこが複合の創生期に競技をしていたので、思い入れがある。おめでとう、渡部さん。

そして、この日カーリングがロシアに勝った!
母がカーリングが異様なほど好きで、船山選手のファンでロシア戦の前にアイスホッケーと勘違いしてもう先に進めないと肩を落としていたので、「ちょっと、これからだよ!」と教えてあげるとテンションを上げていた(苦笑)。
ところで母が女子フィギュアのロシアのリブ二ツカヤ選手が私の子供の頃に似ていると、わっち自身もちょっと思っていたことを指摘された。あんなに美少女ではなかった気がするが・・・爆。

深夜には、女子スノーボードハーフパイプで岡田選手が5位に入賞した。1回目は振るわなかったのであきらめていたのだが、立派だ。人間、あきらめてはいけないものだ。日本はますますスノボ王国になりそう。

13日は深夜から男子フィギュアSPがあるので、その前にちょっとだけ寝たのだが、なんとか起きても眠くて眠くて目が開かず、挫折しかけた。
しかし、ロシアの幹ちゃん・プルシェンコ皇帝が棄権する場面を見て目がさめてしまった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/11 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
涼紫央さん、出産されていた

↑ 初めてこれを持ったぜ・・・。

<本日の記事>
しぇー、どんなけOG情報に疎くなったんだ・・・。
先月、たまたまとよこさん・すずみんこと涼紫央さんのブログを発見。文筆センス抜群のとよこさんがかわいい赤ちゃんを抱いているではないか・・・え?退団してわずか1年で出産されていたとは!あの2012年11月エリザOG公演後結婚したところでわっちのすずみん時間が止まっていました。
めっちゃ幸せそう。おめでとうございます。お嬢さんもタカラジェンヌになりそうですね。


●ミニエッセー2768「ソチ五輪⑤男子ハーフパイプと女子ジャンプ」
あの競技後のインタビューってどうにかならないものか。絶対聞かないとだめなのか。精神的に参っている選手に追い打ちをかけるような通り一遍の質問。やめてほしい。どうしてもコメントが欲しいならしばらくして落ち着いてからでもいいのではないか。

11日は昼間に女子カーリングが1戦目、韓国に敗れてしまった。どこまでも朗報が聞こえてこない。
夜は男子スノーボード・ハーフパイプに4人の若者が登場。前評判どおり15歳の平野選手が好調なスタート。けれどもここまで来ると取れそうな気がしてもメダルを期待しないようになってしまっていた。
話題の女子ジャンプが始まる前に女子スピードスケート500mでは小平選手が5位と健闘。
そして、スノボとジャンプを交互に観るという忙しい深夜になった。ちなみに少しだけ寝てから観たのだが、翌日は徹夜で仕事に出たため帰宅してから鬼のように眠く、ますます生活が狂って参った。
とうとう日本初のメダルが出た。ひょうひょうとした若者二人がやってくれた。平野選手が銀、平岡選手が銅。素晴らしい演技だった。新たな歴史の1歩、おめでとう。

その歓喜の一方、世間ではメダル確実と言われていた道産子の高梨選手は4位に。やはり3位と4位の差は大きい。ほら、見えない重圧をかけたのはわれわれだよ。それでも気丈にインタビューに答える姿にこちらが涙だった。伊藤選手も頑張った。二人ともこれからじゃないか。入賞おめでとう。

カーリングはやっと1勝。アイスホッケーは疑惑の判定でロシアに負けた。VTRで抗議しないのか・・・。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
花組副組長に紫峰さん

↑ ハーゲンダッツ30周年記念アイス。パッケージにひかれたものの食べるのは勇気が要りました。バラは香りと見る分には好きですが、味は苦手なので。でも、思ったよりおいしかったです。

<本日の記事>
そうか・・・新花組副組長は紫峰七海さんなんですね。ということは・・・うーむ・・・そうか・・・桜さんと華形さんは・・・。
宝塚ファンだけがわかるつぶやきでした。

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(ソチ五輪)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2767「ソチ五輪④男子ジャンプノーマルとスピードスケート」
アイスダンスのリードきょうだいは和を意識した振り付けでなかなか素敵だった。しかし、きょうだいで支え合って競技を続けるとは恐れ入る。弟・クリス選手は人柄の良さがにじみ出ている。
結局日本は5位。残念だった。
ここだけの話・・・八木沼純子さんの解説が苦手だ。短い時間で正しく言うのが必要なんだろうが、技の説明などの言い方が冷たくて怖い。ご本人は現役時代そんなに特別素晴らしい成績でもなかったのに、時々上から目線の物の言い方をするのが気になる。

フィギュア団体後半は、同時に気になる男子スキージャンプ・ノーマルヒルが始まり、眠れなかった。メダルは特別に期待していなかったけれど、怪我なく飛んでくれますようにと祈りつつ・・・。
レジェンド葛西選手は8位入賞。やはり固くなったか。
原田雅彦元選手の北海道弁まるだしのほのぼの解説が相変わらず面白かった。

なかなか今回の日本初メダルが出ない中、10日夜には普段どおりやってくれればどんな色であれメダルは確実だろうと思われていた男子スピードスケート500メートルが行われた。
もうそろそろメダルが出ないとほかの選手もますます重圧がかかる。しかし、1回目の調子を見て、主人と「これはオランダ1、2、3もあるかも。日本はだめかもしれないね」と話していた。
そして、残念ながらそのとおりになった。五輪とはそういうものだが、製氷したのがオランダというのが引っかかる。長島選手も加藤選手も6、5位と入賞したが、相当悔しかっただろう。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
品格を大事にすべき、華央あみりさん・2

↑ 先月の玄関花。家の前の雪棚で撮影。

<本日の記事>
それでテレビが面白くなればいいやと思ったのでしょうか。そういった演出はタレントさんのキャラクターや立場によってはプラス効果の場合もあるけれど、あなたは夢を売る仕事・宝塚のOGなのです。テレビ局に「おもしろおかしくなんでも正直にしゃべってください」と頼まれたとしても、限度をわきまえるべきです。
毒舌やおもしろい発言で活躍しているOGもいますが、決して人としての、そして元タカラジェンヌとしての品格をなくしているわけではありませんよ。華央さんは宝塚で何を学んだのでしょう。
宝塚が何を大切にしてファンに愛され100年続いてきたのかを今一度考えていただきたいですね。
彼女のファンの方には申し訳ないのですが、ブログを拝見するとぶっちゃけて言うと頭が良くないな、いろいろ勉強して視野を広げないと今後何をしても成功しないんじゃないかなという印象です。
宝塚時代の仲間のことを大切にしているようなので、宝塚愛があると信じたいです。であるならば、不用意な発言は避けるべきです。仲間の方も、公共の場で行動する前によく思慮することの重要性を教えてあげて。
宝塚が未来永劫続いてほしいと願っているファンの思いをどうか忘れないでください。


●ミニエッセー2766「ソチ五輪③モーグルとフィギュア団体」
まだ17歳の角野選手は堂々世界の8位に。初めての競技に名を刻んで立派だった。これからの活躍に期待したい。

クロスカントリーの石田選手も10位と健闘。ハードなせいか若い選手が出てこないのがつらいこの競技。
フィギュア団体は二日目で決勝に残り、ほっとした。真央ちゃんはジャンプで転んでしまったが、個人戦前に厄払いと捉えた。

8日の深夜というか9日の早朝は上村愛子選手。メダルに後少し、また4位だったが、素晴らしい攻めの試合に感動した。世界の4位なのだから、胸を張っていい。長い間本当にお疲れさまでした。でも・・・採点に納得がいかないのはわっちだけだろうか・・・。
9日夕方からは私にとってはテンションが下がる競技がスタート。それは女子アイスホッケー。道産子がほとんどで落ち着いて応援したいが、主人がいたら全然落ち着いて観れないからだ。
大のアイスホッケーファンの主人は、ほかの試合もそうだが、「燃える~」と叫びつつ、ひとりで解説やだめ出しやとにかく1秒たりとも黙っていない。うるさくてしょうがない。なので、アイスホッケーが始まるとわっちはすっと消えて別のことをする(苦笑)。

夜からはいよいよフィギュア団体決勝。プルシェンコ選手のあとに滑った町田選手は初めての大舞台でよく頑張ったと思う。鈴木選手も『オペラ座の怪人』をなんとか演じ切った。この時点でロシアが金メダル確定。日本はメダルの可能性がほぼ消えたが、個人戦へのプレステージだと思えばいい。
それにしてもロシアの男女シングルはホームに後押しされていたとはいえ、すごい完成度だった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
品格を大事にすべき、華央あみりさん・1

↑ 主人がみつけてきて好きらしいんですが・・・わっちにはパンチが足りなくてたまにならいいなという感じでした。

<本日の記事>
私は観ませんでしたが、昨年末にACHOUという名前で元月組の華央あみりさんが、テレビ番組で元ヤンキーだったこと、宝塚時代の複数外国人男性との付き合い(性的なことまで)や上級生の理不尽さにキレて退団したことなどをせきらら告白したそうですね。
そりゃあ、タカラジェンヌとて人間なのでいろいろな方はいます。厳しい世界で、つらいことも多々あったでしょう。われわれディープなファンだって、実態が100%清く正しく美しくではないことは十分分かっています。
しかし、それはそれとしてファンは日々たゆまぬ努力の上に描いてくれる「夢の世界」に多額のお金を払い、明日への糧にしているのです。
公共の電波でせきららに下品な発言をして世間のイメージをさげ、中には傷ついたファンもいたはずです。そんなことは予想できたはずです。あなたは正直に言ってすっきりしたかもしれませんが、それでよかったと思っているのですか。
もし反省していないとしたら残念でなりません。宝塚を愛して入団し、舞台を務めていたんじゃなかったんですか。
ひょっとしたら、なんでもあけすけに告白するのが面白いとされたり、おばかタレントがもてはやされているのをよしとして勘違いしたのですか?(明日へ続く)

<サロンのブログ更新しました>
「ランキング1位お礼と臨時休業のお知らせ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2765「ソチ五輪②開会式とスノボスロープ」
フィギュアに関しては、開催前から高橋大輔選手のSP使用曲のゴーストライター問題が噴出。せっかくの舞台にけちがついた感じで憤りを感じた。
佐村河内氏とかいう人、私はなんとなく前々から見るからに怪しくてウソ臭くて曲も全く興味がなかったが、やっぱりな・・・と思った。特に、偽りの障害を売りにするなんて人間の風上にも置けない。

タブレットPC作業をしながらではあったが、リアルタイムに開会式を観た。
いきなり「ダッタン人の踊り」でスタート。
前々からロシアの国歌のメロディが好きで、ロングバージョンで聞けたのは良かった。
芸術大国らしい演出。あまりごちゃごちゃ感がなく品があって色合いもロマンチックでいいし全体的に素敵だった。
宝塚ファンとしては、公演の演目にもなっている『戦争と平和』の場面やショーでもよく出てくる有名な『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』などがバレエやダンスで表現されてうっとり。
おさちゃんがコンサートでカバーした曲などもふんだんに出て来てますますロシアに親しみが持てた。
なにしろ普段から私はハーフ顔、ロシア系だとよく言われる。前の職場や行きつけの美容院では「ナターシャ」と呼ばれているので、本当に前世がロシアだったのかもしれないというほど、開会式のショーを観て違和感がなかった。
白いコスチュームで登場した日本選手団。旗手の小笠原選手も首相の葛西選手もついでにわっちと同じ歳の橋本団長も道産子。皆笑顔が輝いていた。

日本時間でこの日は昼にスノーボード・スロープスタイルの準決勝が。予選で失敗した角野選手がなんとか決勝に残った。初めて見たこの競技。なかなか面白い。純粋なスポーツというより、美しさやストリート系のかっこよさが見どころになる。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/07 00:20】 | 未分類 | コメント(0)
ベルばら麗しのふせん

写真と記事一致です。
宝島社のベルばらムック本第二弾は16種類のふせんブック。
コレクターとしてはふせんは台紙と1枚ずつ残せればいいので、ほかはベルばらを愛してくれる友人やお客様におすそわけします。


●ミニエッセー2764「ソチ五輪①期待?と開会前」
前回の冬季五輪・バンクーバーは私が前職をやめる時で、とても印象深かった。あれから4年か・・・。
かつては夏も冬もオリンピックは同じ年度にやっていたが、今は2年ずれているから、2年ごとにスポーツの祭典が見れるからファンとしてはうれしい。
今回のロシア・ソチ五輪は、弟の友人であるレジェンド葛西選手以上のベテランの岡部選手がジャンプでメンバーに選ばれなかったのが残念だが、日本選手の半数以上が道産子あるいは北海道関係者なので、楽しみにしていた。
世間では高梨沙羅ちゃんが金メダル確実、フィギュアスケートでもメダル量産か・・・などと事前に余計な期待を掛けていたが、個人的には選手に対して応援はしてもいいが変にプレッシャーを与えないようにしてもらいたいものだと考えていた。
そりゃあメダルを取ったらうれしい。けれども選手一人一人は決して日本のためではなく自分のために精いっぱいやってきてほしいなと・・・。
それは夏の五輪でも同じ。期待されればなお頑張る選手もいるだろうが、過大な期待は人を緊張させ、固くさせるものだ。

今回は開会式前からすでに勝負がスタート。リアルタイムにフィギュアスケートの団体戦初日を観た。
羽生選手は全く心配していなかったので、正直それよりも「ロシアの幹ちゃん」とわっちが勝手に呼んでいるベテラン・皇帝プルシェンコ選手の調子をみたかった。
ベテランといってもまだ31歳。相変わらずの確かな技術。昔ほどキレはないものの、エンターティナーぶりは健在で、スポーツ選手というよりショースターを観ているようだったが、さすがだった。
スノボの角野選手やモーグルの上村選手らの予選もあり、開会式前にそわそわ。私はその頃ぜんそくで投薬治療中だったが精神的に楽しみがあって助かった。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
SP牧村氏の番組を観て②

↑ ほっともっとにはまっている主人に便乗して牛みそ玉重を食べてみました。お肉が少し欠けてますが、主人の塩からあげ1個と交換したから。笑い。のちにこれに似た「すきやき重」も食べました。平素はすきやきってあまり得意ではないんですが、おいしかったです。

<本日の記事>
一目だけでも会えるのがうれしいほど愛しているスターが、事故やトラブルが起きて劇団内で批判されたら悲しいわけです。特に宝塚は上下関係が厳しく、さらにファンの活動がスターを生み出し育てていくという文化があります。
動員・チケットの売り上げの関係からファンの人数も大切ですが、行儀の悪いファンがたくさんいたところで生徒の評判にはつながりません。量より質なのです。
私は春野さんがトップスターになる前からFC活動をしていましたが、トップになってからはなおのことトップスターの会員だということを意識してやっていました。トップのFCの評判はトップさん自身、そして80人からなる組全体の評判であり、ひいては宝塚自体の評判につながるわけです。それぞれのFCの幹部も会員も「スター、宝塚のために協力し合いましょうね」というスタンス。
サロンのお客様からジャニーズもそういう体質だと聞いてうれしかったです。
今の牧村氏の空港での事前のファンとの接し方やファンの行動を見ていると全く宝塚に近い方式。テレビではゲストたちが感心していました。それはそれで素晴らしいですが、私と主人は歴史も古く素人同士が中心となって仕切っている宝塚の入り待ち・出待ちの方がもっと見事なのにねと話していました。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様オフお礼」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2763「ヅカノート2014新春より⑤(2000回記念97)エトワールドタカラヅカ観て②」
英真さんが、名曲『見上げてごらん夜の星を』を英語で歌った。とても良かった。東日本大震災の時、坂本九ちゃんのこの歌や『上を向いて歩こう』がやたら心に響いたが、あらためて日本が誇る歌なんだなと実感した。
パレードの衣装が真っ白で品があってきれいだった。柚希さんの大きな羽根の圧巻さは、台湾のファンをも感動させたに違いない。
この公演で退団したのは千寿はるさんだけだった。一人の退団っておいしい。ショーでもちょっと目立つ場面があった。諸事情からトップスターと一緒に退団する生徒は多いが、千寿さんはラッキーだった。8年で卒業したらしいが、立派なあいさつに胸がいっぱいになった。
何回目かのアンコールでは、柚希さんと千寿さんだけが登場。変な間ができて二人で見つめ合って吹き出しそうになっていたのがほほえましかった。
轟さんを除くと長くトップスターを務めている柚希さんはトップオブトップ。円熟の雰囲気は何もいうことがない。いつかは来てしまうその日・・・分かっていても聞くのはつらそうだ。

放送後、台湾公演DVDのCM(ダイジェスト)も入っていた。
日本物のショー、この洋物ショー、台湾公演のためのお芝居がちらっと観れた。観光の様子も入っていた。
中国語で歌っていた柚希さんを見て、かつて中国公演をしたマミさんの月組公演のことを思い出した。マミさんはものすごく中国語がうまかった。その仕事がきっかけで退団後も中国で男役として日中合作公演に出演した。
また、その時大人気となった檀ちゃんは、中国からの指名でたーたん率いる星組公演にも専科から出演。
台湾はまたちょっと事情が違うけれど、文化としては中国と日本は良い関係なはず。仲良くしていけたらいいのにとふと思った。
それにしても柚希さんのリフトでのくるくるまわりの大サービスに対して、悲鳴に近い歓声がすごかった。

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/05 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
SP牧村氏の番組を観て①
DSC08570.jpg
↑ 主人が作ったわが家の庭の排雪場へのスロープ(2月上旬撮影)。雪に埋まっている車庫よりかなり高く2階に届きそうな勢い。ここでボブスレー遊びとかできそう。

<本日の記事>
少し前にテレビで、ハリウッドスターが指名する警備会社ビーテックインターナショナルのSP・牧村博一氏(マッキーとしてブログをやっていらっしゃる)を取り上げた番組を何度か観ました。
試行錯誤のうえ、やっと空港でファンの方との会話、交流で安全にうまく統制できてスターもごきげん―という様子を観てわっちと主人は同時に「大昔から宝塚では成功してるやん。もっと早く宝塚に学ぶとよかったのに~」と叫びました。
ほんと、宝塚の見事に統制のとれた入り待ち・出待ちを見てくれたらどうやってそうできるのかすぐ分かったはずです。
宝塚では、私設FCの幹部の指示を中心にみんなが自主的に行儀良く並びます。東京においては、普段は一般の方も通行する場所なので、そうした配慮も必要です。
それは、ひとつには自分たちも一緒になって愛するスターの安全を守るのだという意識を持っているということ。一人ひとりがSPのようなもの。もし、スターに変な人が近づこうものなら結束して身を呈して守る覚悟なのです。
それから、マナーを守りきちんと入り待ち・出待ちをしなければそのスターの評判に関わるということをみんな知っているのです。(明日へ続く)


●ミニエッセー2762「ヅカノート2014新春より⑤(2000回記念97)エトワールドタカラヅカ観て①」
「エトワール」といえば宝塚ではショーのフィナーレ・パレードの最初に大階段に登場する主に歌える娘役が務める歌姫のことを言うが、本来はフランス語の「星」。つまり、このショーはまさに宝塚の星組を表現するというのが、観ないでも分かるようになっている。
演出は藤井大介先生。藤井先生といえば基本パターンのショーとはちょっと趣を変えたものを作るのが得意だが、今回は台湾公演の前哨戦ということで、実際の台湾公演とは若干構成が違ったようだが、どちらかというと王道のこれぞ宝塚という雰囲気だった。
最初に大階段エンビ男役総踊りを持ってきたのはまさに「つかみはOK」。いいね。
とりあえずプロローグは華やかだった。
主要スターそれぞれが中心の場面が、スターそれぞれの個性を生かしたものになっていたのはさすがだった。
柚希さんのダンス力はもちろんのこと、夢咲さんがまるで男役トップのようにかっこよく『セ・マニフィーク』を歌ったり、声が高い紅さんが1人で男女両方をコミカルに演じ分けたり(半分ずつ男女の衣装ってオペラ座の怪人のマスカレードにでてきたよな・・・)、今やスターの風格十分な真風さん(だまっていたらまるでトップスターのような雰囲気)をスーツでひたすらきざで格好良く見せたり・・・。
紅さんは千秋楽ということでかんだかい声をあげたりしてアドリブを披露していた。
中詰めは、宝塚の今までの星にまつわる歌のメドレー。懐かしい歌が次々に出て来て、昔からのファンとしてはとても楽しかった。特に、星組というばこれという『ナルシス・ノアール』は、昨年雪組が全ツで魅せてくれたが、やはり星組がやると違和感がなくてより素敵だった。
柚希さんの客席降りがあり、こりゃあファンにとって前方通路席が毎回大変なプラチナ席だったことだろう。ハイタッチした方がたがうらやましい。(続く)

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
道産子・凰姿有羽さんの退団
DSC08606.jpg
↑ 本日はひなまつりですね。通院している病院の中庭。照明が暗いのでちょっと怖い・・・あはは。

<本日の記事>
ああ、残念。道産子・小樽出身、星組の凰姿有羽(おうしなゆう)さんが今月末で退団することになりました。
観に行けなくてごめんなさい。お疲れさまでした。


●ミニエッセー2761「ヅカノート2014新春より④(2000回記念96)めぐり会いは再び2ndを観て」
初演は生で観てとても面白かった。今回は短いバージョンでその続きということ、そして前回の出演者がかなり抜けているためにいろいろと設定を無理に作ったため、かなり子供だまし的な力技という雰囲気で、ともすれば小柳先生ではなく植田作品かと・・・失礼。
初回を観ていない人にはわかりにくい部分もあった気がする。しかし、これはこれで楽しめた。
力技その1はヒロインに急に弟がいたこと。実力、人気も上昇中の礼さんがおいしい役をもらった。彼女はちょっと女性っぽい感じなので、それがうまく生かされるか逆に全く消すことができたらすごいスターになるだろう。
力技その2は十輝さんを新たにからませたこと。どんなにばかなお姫様でも婚約者がいるかいないかくらい覚えているだろうに・・・かなり強引ながら、殺陣もありまあ良い効果だった。
力技その3はいなくなってしまったキャラクターからの手紙。これは要らなかったのでは?知っているファンは異動や退団でそこにいない生徒を思い出してしまう。すずみん、白華さん、美弥さん、夢乃さん、華雅さん・・・うーん。
主役二人の安定感は言うことなし。ビジュアルもよく作っている。
紅さんはコメディを意識し過ぎか高い声でやりすぎ感があり、真風さんは役柄的にも落ち着いて見えて良かった。
テーマ曲がちょっとこの時代設定に合っていない感じがした。前回も平井堅ちゃんの曲を使っていたけれど・・・。
悲しいかなこのお話には元ネタがあり、宝塚の完全オリジナルではない。オリジナルの良作が生まれることを祈るばかりである。

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ザ・プロファイラー(杉原千畝氏)×マミさん

↑ コスメ・コムでお買い物したらスプレーUV(サンプルサイズ)をいただきました。年中日焼け防止は大切なのでうれしかったです。

<本日の記事>
先月BSプレミアム『ザ・プロファイラ―』の杉原千畝さんの回にマミさんが出演してました。エリザベートに続いて2回目ですね。
プロフィールで「杉原さんを演じたい」とあったけど・・・男役、やってくれるんならうれしいな。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様リペア(シルクリペアフォロー)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2760「ヅカノート2014新春より③(2000回記念95)宝塚ジャポニズム~序破急~を観て」
年度としては2012年度作品。2013年1月の東京公演千秋楽版。3本ものの1本目で日本物のショー。これと3本目の洋物ショーはそののちの昨年春の台湾公演用。
サブタイトルの序破急とは、元々は雅楽の演奏構成のことで文章や物語の4段構成の起承転結に対して3部構成のこと。このショーも大きくは3部構成だが、全体的にはもう少し明るさやめりはりがあってもよかったか。重厚さ、荘厳さに重きを置いた感じだ。生徒たちの舞は素晴らしかった。
劇団の説明では序では「和」の心、破では「祈り」の心、急では「抒」の心を表現したらしい。
台湾を意識してかジャポニズムと言ってももろ和風で日本らしいのではなく、大陸文化を取り入れている雰囲気を織り交ぜていた。
しかし、袖から桜の花びら(紙だけれど)を出すの、好きやな・・・笑い。照明の影響なのか着物の色がちょっと暗く見えた。もっと華やかさを打ち出しても良かったのではないだろうか。
祈り・・・男性のお経みたいなボーカルが怖かった。松本先生のお釈迦様か人形かみたいな神々しい舞はそれなりにいいけれど、歌との違和感が・・・。協力が薬師寺となっていたけれど、台湾の知らない人は日本ってみんなこんな感じと思われたりして・・・。
その後の展開はもはやどこの国なのか不明。柚希さんが金をバックに金の衣装だったので「これでいいの?」と・・・。
「荒城の月」が出来たのは、明治であり、大正~昭和と歌われてきたので、戦国時代のことを歌った歌だからといってそれを組み合わせるのはいかがなものか。台湾公演では、芝居が荒城の月の一節から取ったものだったはず。よほど、好きなのね、植田先生。
振り付け助手に朝みち子先生の名があり懐かしかった。

おかげさまで2700回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2014/03/02 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する