遼河さん、VS嵐に

↑ ちょっところ~ん。ももちゃん、また遊びに来てね!!

<本日の記事>
先月たまたま『VS嵐』を観ていたら、遼河はるひさんが出演していてびっくり。やっぱきれいなお姉さんですね。人力舎と業務提携しているとか。びっくり。がんばって!

<サロンのブログ更新しました>
「8・9月おすすめカラ―・キャンペーン・臨時休業日」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2181「2012帝劇エリザベートを観て⑫」
当然、トートの存在があってこそ魅力あるこの作品だが、あくまでも東宝版はエリザベートが主役なので、あまりトートが前に出過ぎてはいけない気がする。
とはいえ、最後にルキーニを殺したときの不敵な笑みがセクシーで良かった。
アンコールでは一転、上品でニコニコのいつもの幹ちゃんに戻った。そのときの春野さんとの雰囲気だけはしっくりきていた。幹ちゃんは普段とは異なるハードでワイルドな自分を見せたくてハイド系で演じてみたのかもしれないが、本質的には品のある雰囲気が最も似合うと再確認した。
              ★★★
春野さんのファンでもあり幹ちゃんのファンでもあるからこそ気になったことはあったものの、ひょっとしたら似合わないのではないかと余計な心配をしたおさちゃんがシシィそのものであり、舞台をよりハイレベルにしてくれたこと、幹ちゃんなりに努力と工夫が見えたこと、夢の共演などうれしさがいっぱいで私にとって充実の観劇となった。
そして、やはり今回もあらためて感じたことは『エリザベート』という作品が大好きだということ。音楽の魔法、ステージング、主人公が苦悩する孤独と求める心の自由への強い共感、運命への覚悟、死へのほのかな憧れと恐怖。この総合芸術に出会えたことが、とても幸せである。
宝塚版も宝塚らしさがあり、配役の抜擢など違う楽しみもあるから楽しいが、私は今回はっきり東宝版の方が好きだと自覚した。それはシシィやルドルフらのきれいごとだけではない人生が表現されており、生きるということの意味がより深く突き刺さってくるからだ。それだけ、自分も年齢を重ねてきたのだなと思う。
関係各位へ―今年も本当にありがとうございました。

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2012/07/31 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
2000回記念⑮こだわり・はまった瞬間

↑ 前足のびのびしてみよっと。(明日へ続く)

<本日の記事>
ネタばれ注意です。今月からリニューアルのCS「こだわりセレクション」。ランキングではなく、リクエストをどんどん紹介していくもの。「宝塚にはまった瞬間」、わっちはベルばら1991月組の天海アンドレでした。作品は涼風さん中心に紹介され、好きなデュエットダンスの場面でアマミーも出て満足。マミさんやおさちゃんも見れてうれしかった~。

【モニター品 プルコギのたれ 甘口・辛口 現品】
DSC01443.jpg
以前、紅酢(愛飲中)をモニターした同じ企業の商品です。すいません・・・私、プルコギってどんな料理か知らないので、勝手にアレンジしました。左は名付けて「夏パテ防止炎のトマトチャーハン」、右は「煮込みジンギスカン」。チャーハンはランチ用で、ジンギスカンは白いごはんと食べる夕食用です。
辛口は私の口にはまさしく火を吹くほど辛すぎで、甘口はかなり甘い・・・と極端ながら、玉ねぎやワインやもちろんにんにくなど様々な材料で深い味わいで、アレンジ次第で使えるなと思いました。これらの中間の中辛がいいので、この二つを好みに混ぜればベストだったかもしれません。甘口の方は多めのジンギスカンつけだれのためにひと瓶一気に使っちゃった~。以下、すべて適量のレシピです。
「夏パテ防止炎のトマトチャーハン」→バターで刻んだ長ネギと生姜を炒め、少し温めたごはんとプルコギのたれ辛口を入れて炒め、普通のトマトざくぎりとプチトマト、サラダ菜(レタスの代わり)を入れて、さっと炒め、好みでバジル、黒コショーで味をととのえる。さけるチーズなどをプラスするのもおすすめ。反省としては、少しだけケチャップを入れるべきでした。
「煮込みジンギスカン」→大きなボールにラム肉(本当は少し厚いタイプがよかったが、なかったので薄切り)、好きな野菜(今回はもやし、しいたけ、なす)、プルコギのたれ甘口を入れ、10~15分ほど漬け込む。油を使わずに、中火で15分、たれごと煮込んで完成。野菜から水分が出て、たれを含んだ水分が増すため、食べるときに器に移す水分は3分の1程度にする(写真は一人分の分量で、水分は少し多めにしています)。残った水分はすぐ使うなら他の料理にも応用可能。醤油などを足してすき焼きもいいかも。反省としては甘すぎたので、分量を抑えて和風つゆを加えたらよかったかも。本格韓国調味料★チョンジョンウォン ファンサイト参加中


●ミニエッセー2180「2012帝劇エリザベートを観て⑪」
前回は初参加ということもあり、多少手探りな部分があったかもしれないが、今回は自分流に、生き生きと憎らしいほどふてぶてしく、楽しそうにやっている印象を受けた。
マテと違い、すごく自信に満ちたナルシスト系トート。まあ、ナルシスト系なんだろうなとは予想していた。ビジュアルはやはり素敵。10歳年下の友人に言わせると幹ちゃんも既におじさんに感じるというが、私には普段はやはり王子様だ。
前回はもろヘビメタ歌唱だった『最後のダンス』はあまりそうではなくなっていたが、苦手なダンスがうまくなっていて感激した。
プログラムに小池先生の『石丸さんはジキルとハイドを経てどうくるか楽しみ』という趣旨のコメントがあったが、なるほどなんとなく要所要所で悪人担当・ハイドっぽい雰囲気を出していた気がする。と言っても、私は幹ちゃんの『ジキルとハイド』は観ていないので、あくまでも想像だが・・・。
ドクトルに扮する場面で、おじいちゃんの設定で現れたのでちょっとびっくりし、新鮮であった。そういう手もあったか。
私は幹ちゃんのファンなので、トート単体でとらえるとほかの二人とは違う個性を出しているし、こういうトートもいいし、魅力的だとは言える。けれども、今回おさちゃんの演じるシシィとの釣り合いということを考えると、幹ちゃんちょっとやりすぎたか・・・という気がしないわけでもない。おさちゃんファンじゃなかったら気にならなかったのか・・・分からないが。
幹ちゃんはあるインタビューで、「トートはシシィが心の中に作り出したもう一人の自分であり、彼女がそれを鏡に映し出して見ているととらえている」と話していたが、今回の石丸トートは、シシィより自分自身=少し不気味な死―を愛していたイメージなのだ。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/30 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
亀梨べム映画に

↑ リラックスするももちゃん。(明日へ続く)

<本日の記事>
亀梨君主演の「妖怪人間べム」が映画になるねえ。あのドラマ、特に杏ちゃんが好きなんだよなー。福君(ついつい観ちゃった一休さんのドラマも良かった)もめんこいし、北海道・室蘭ロケだし、気になるう。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「冒険の夏休み」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2179「2012帝劇エリザベートを観て⑩」
・そのほかの皆さんについて
母親役の宝塚の大先輩春風ひとみさんをはじめ、伊東弘美さん、岸祐二さん、阿部裕さん、小笠原みち子さん、治田敦さん、柏木ナオミさん、久路あかりさん、南海まりさん、さけもとあきらさん、砂川直人さん、田村雄一さんなど、エリザベートに、そして東宝系ミュージカルに欠かせないベテラン、中堅の皆さんの手堅さはさすが。名前を見るだけで安心できる。
ここで名前を挙げなかったがほかのアンサンブルの方も今回初めて出演の方もブラボーだ。一人何役もこなし、歌も踊りも演技も一流である。
民衆の怒り、力強さが強調されるミルクの場面や憎しみの場面が大好きだ。今回、演奏もとてもよくて、思わずのりのりに体を動かしそうになった。これでもし指揮が塩田先生なら、先生が一番踊っていたと思うが・・・笑い。
お見合いの前の母と姉のドタバタは、今までより笑いを誘って私は好きだ。かつみ・さゆりのさゆりさん(宝塚ファン)の髪飾り的なギャグは特に関西で受けるのでは。
それから、宝塚版とは異なる骨太のヴィンティッシュ嬢のイメージの河合篤子さん(家庭教師も演じている)は、毎回少しずつ狂気の表現を変えてきて素晴らしい。あの病院訪問の場面は毎回演出が変わるが彼女のリアルさで皇后の孤独がどう照らし出されるか決まってくるので、一場面でも大役だ。若干、おさちゃんが圧されぎみかもしれない・・・。

・石丸幹ニさんについて
2010年に続いてまた観れたのはうれしかった。幹ちゃんはほかの舞台、仕事もたくさんあり、ひょっとしたらスケジュール的に無理かもしれないと思っていたのだ。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/29 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
芸能人の離婚理由に・・・

↑ またまた登場。わんこ社長のお友達のちわわ・ももちゃん。ようこそ~(明日へ続く)

<本日の記事>
あくまで表向きなんだろうけれど、芸能人の離婚理由でよく「生活リズムのすれ違いで・・・」「互いにすれ違うことが多くて・・・」とか言いますよね。でも、どちらかが芸能人、またはどちらも芸能人なら、リズムがすれ違い、なかなか一緒の時間を持てないなんて最初から分かってることだろうが!それならなんで結婚したんだよ・・・と、なんかイラっとするんですよね。
たとえ生活リズムが合わなくても本当に愛し合っているなら、相手が自分にとってかけがえのない大切な人と思うなら、夫婦間の工夫、あるいは時には努力してうまくやっていくことはできますよ。わが家だってそう。
長続きしている有名おしどり夫婦はみな、それがちゃんとできてるの。いろいろあったとしても互いに感謝し、思いやりを持ち、互いの立場に立って考え、理解し、許し合えているわけ。
結局互いのモラルや心の持ち方の問題ですよね。


●ミニエッセー2178「2012帝劇エリザベートを観て⑨」
二人ともマテさんや幹ちゃんより背が高く、トートとのからみが大変そうだった。そうそうたるメンバーのそろう舞台、さぞかし勉強になったろう。ミュージカル界では若手男優の登竜門・出世役なので、3人の新ルドルフには、ぜひ飛躍していただきたい。

・今井清隆さんについて
長く村井国夫さんのマックスを観てきたので、新鮮だった。今井さん自身を拝見するのもいつぶりだろう。落ち着いていて、ほのかに色気もあり、とても合っていた。出番は少ない役だが、シシィの自由な魂の原点を表すので重要だ。今後も今井さんのマックスが見たい。

・少年ルドルフ―坂口湧久君と山田瑛瑠君
坂口君は小学5年生で、山田君は4年生。どちらもかわいらしかったが、特に坂口君はとても落ち着きもあって、演技もなかなかうまかった。できれば有名子役・加藤清史郎君の舞台での姿を見たかった。そろそろ声変りもするだろうし、ずんずん大きくなってしまうので、子ルドは最後のチャンスかもしれなかったけれども、テレビで会えるだろうから我慢・我慢。みんな、素敵な舞台人に成長してくれたらいいな。

・トートダンサーたち
もちろん、お顔はそれぞれなのだが、8人皆スリムで引き締まった背格好がとてもそろっていて、前述したが今回の振り付けはドラマチックでとてもよかった。最初はゆっくり、突然早い動きで去っていくところなど、本当に「今、死の雰囲気・死の風が見えた」と感じた。
舞台に奥行きと限りない想像力を与えてくれるなくてはならない日本・東宝版の宝だ。宝塚版の「黒天使」とはニュアンスの違うところがいい。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ロンドン五輪が始まるぜぃ

↑ 北海道限定ナイーブ。嵐の大野君がCMしてたので、ナイーブ愛用者ではないのですがファンとしては買っておかなくてはと・・・笑い。ボトルより安い詰め替え用ってのがせこいですが・・・。

<本日の記事>
いよいよオリンピックが始まりますね。めっちゃ楽しみ~。

<サロンのブログ更新しました>
お客様フット「きれいめモロッコ風」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 韓国水冷麺2食スープ付】
DSC01442.jpg
韓国から直輸入という銀座の有名焼肉店「王十里」監修の水冷麺。通常のきちきち歯ごたえの冷麺とはイメージが違い、そば殻入りなので麺が黒っぽく、しらたきのようにとても細いです。珍しいですね。スープは若干甘めですが、とても深い味わいでおいしかったです。酸っぱいの大好き派の私は酢をおおさじ1杯加え、飲み干しました~。たった50秒でゆであがるので、暑い夏にうれしいですね。2食入りで600円だそうです。
ちなみに、具はゆでもやし、きゅうり、トマト、キムチ、のり、かいわれだいこん、豚こま肉の甘辛ごま煮、たまごと、豪華にしました。旨い麺のサンヨーフーズファンサイト参加中


●ミニエッセー2177「2012帝劇エリザベートを観て⑧」
・高嶋政宏さんについて
いつのまにか高嶋アニも岡田さんと同じ今年47歳。しかし、進化するルキーニは止まらない。まず歌がよりうまくなっていることにうなってしまった。毎公演、どんなにか大変だろう。しかし、どんどん声が出る。そして、12年間演じ続けてなお深まる表現力はどうだ。若いころは若干堅いところがあったが、さすがに天性の俳優。軽妙かつ隠し持つ狂気、ストーリーテーラーとしてのけん引力は言うことなし。全体の空気を出演者の雰囲気によってコントロールしながら動かす。どのトート閣下ともしっくりくる。
最後にトートに首を締めあげられてやっと安らぎが来るはずだが、繰り返し繰り返し公演が続く様子が、まるでいまだに謎に包まれたルキーニのさまよえる魂とリンクして心からお疲れ様・・・と思ってしまう(苦笑)。
この方意外に誰が東宝版のルキーニをやるのだろう、ずっとやっていただきたいと友人と話した。体にだけは気を付けていただきたい。

・寿ひずるさんと杜けあきさんについて
今回も2010年に続いて宝塚OG先輩・後輩対決を1回ずつ観た。寿さんは体格的にもよりゾフィーらしくなり、凄味がすごいだけに、本音を吐露して歌って亡くなる姿が哀しい。
おさちゃんとの縁が続くかりんちょさんはやっぱりまだきれいで若い感じがあるので、今後がますます楽しみだ。

・平方元基さんと大野拓朗さんについて
今回新しくイケメン3人(古川雄大さんは観られず残念)がルドルフに。平方さんも大野さんもテレビではちらっと拝見したことがある。個人的には、歌の安定感と苦悩ぶりで若干平方さんに軍配だが、いずれもそれぞれ懸命さが伝わり、素敵だった。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/27 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
舞羽さんの退団残念

↑ プランターにハーブを植えてみたんですがちょっと芽が出たきり、うまくいきませんでした・・・涙。

<本日の記事>
もったいないお化けが出るぜ。雪組のトップ娘役舞羽美海ちゃんが音月さんと共に退団って・・・はぁ・・・。


●ミニエッセー2176「2012帝劇エリザベートを観て⑦」
このぶんだと、博多や名古屋や梅田まで、ますます進化してよくなるのではないだろうか。きっと明るく乗り越えたのだろうが、難しい日本語の訓練は大変だったことだろう。彼がシシィにゆかりの「ハンガリー」出身なのも何かの縁か。

・石川禅さんと岡田浩暉さんについて
ほかの舞台でもさまざまな役、そして2010年東宝版でフランツを拝見した禅ちゃんこと石川さん。私と同じ歳である。
前回と違う印象を受けたのは、若い時分を演じるときのビジュアルづくりにより努力しているなということ。かつらもメイクも。そして、より風格が増したため後半はさらに皇帝らしいが、その分堅くてシシィとのすれ違いがより濃い雰囲気に・・・。
石川さんだけを観たのならそれはそれでよしとしたかもしれないが、岡田フランツを観てしまうと、どうしてもシシィへの想いの表現について比較してしまった。
岡田さんは『愛と青春の宝塚』でマミさんと共演して以来、昔のバンド時代・ドラマ俳優のイメージが一新し、素敵なミュージカル俳優になったと感激していたが、今回のフランツもとても良くて、春野さんとの相性も合っていた。
岡田さんは、「ハンサムな皇帝」というのにふさわしいマスクで、皇帝の立場より若干シシィへの愛を重視したような細かい感情表現をしていた。歌は生粋の舞台畑の人・石川さんにはかなわないのだが、苦悩の表情や動作など、なり切り方がすごかった。
意外に思う方もいると思うが、実は石川さんと岡田さんはたった1歳違いである。友人は岡田さんが禅ちゃんより10くらい下と思っていたという。声は低くて渋いが、岡田さん本当に若く見える。これからもどんどん大作で活躍いただきたい。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2012/07/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
愛音さんの退団残念

↑ これは主人が気に入って買ったお茶のLUPICIAの水だしポット。すごく使いやすくて重宝しています。

<本日の記事>
みわっちこと愛音羽麗さんが退団を発表・・・おさ時代の花の子たちの退団はことさら寂しいです。退団公演、観に行くからね。

<サロンのブログ更新しました>
自分ネイル「ロンドンオリンピック」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 ロイヤルミルクティー用濃厚紅茶 現品】
DSC01437.jpg
株式会社プリミアスティージャパンのこちらの商品、まずは主人と二人で飲みましたが、とてもおいしかったです。コーヒー派の主人も絶賛でした。
牛乳と1対1で・・・ということでしたが、私個人の好みは紅茶0.8と牛乳1.2プラスガムシロップ。・・・と、好きなように濃さを調整できる点、牛乳離れの現代で牛乳だけでは苦手な私のような者がおいしくカルシウムを補える点、アイスでもホットでもOKな点、注ぎやすさが気に入りました。おすすめです。
以前モニターさせていただいたシルバーマジックティーワンズのサンプルもありがとうございました。

なお、今回モニター決定のお知らせメールはいただいたものの(ただし、私はメールはただの連絡と考えているのでいつもすぐ消してしまい、モニプラのマイページを頼りにしています。そのような方は多いと思いますので、各企業さんにはそれを理解していただきたいです)モニプラのマイページのモニター未完リスト(モニター決定後、到着待ちリスト&投稿申請フォーム)に一切入っていませんでした。投稿の義務がない場合はさっさとモニター済とされてこういう現象もあります。
でも、確かプリミアスティージャパンさんは応募時「ブログに投稿してください云々」とあったような気がして、苦労して応募時の画面を探し当て(未完リストに残らないと検索が困難なシステムなのです。これ、なんとかならないかなー)、到着まで保存していました。
本日到着して試飲したので、なんとか保存画面を利用して投稿し、なぜ申請フォームが必要ないのか伺おうと思っていたら、ちょうど企業さんから設定ミスだった旨と、別欄からの申請連絡を依頼するメールが届きました。しばらくの間もやもやしていた疑問がやっと解決しました~。


●ミニエッセー2175「2012帝劇エリザベートを観て⑥」
・マテ カマラスさんについて
新トートとしてマテさんが出演すると決まったときは驚いた。ビジュアル的にも一人だけリアルな外国人で、果たして歌やちょこっとある台詞の日本語は大丈夫なのか・・・。
制作発表の映像を観た時、緊張もあったのだろうが、歌がうまいとは感じられず、日本のミュージカル俳優のイメージからはかけ離れているので、心配になった。けれども、純日本人顔の春野さんのシシィとマテさんがどう融合・あるいはしないのか興味深く、絶対観たいと思ったのだった。
公演が始まったころの友人のマテさんに対する評価はやはり微妙だった。しかし1カ月たち、すっかりマテトートにはまったという。見るたびに日本語がうまくなり、台詞はどうしてもぎこちないものの気にならなくなったと言う。もしや心の入った演技が客席に通じるようになってきたのかな・・・と、楽しみに観たら、なるほど、これはこれでありだなと感動した。明らかに「シシィが好き」という気持ちが感じられたからだ。
前述したように少し若い感じも、意外にオラオラと前に出すぎない感じもよかった。歌は違和感がなかった。台詞はちょっと苦笑いするところがあったが、それはしかたがない。
マテトートは、最後通告のあとエリザベートの椅子に急に現れる場面では、ただじっと座っていたのだが、のちのち述べる石丸トートは机の上にふてぶてしく横向きに座っていた。このイメージは私の中では真逆だったのでいい具合に予想を裏切られた。マテさんは肉食系でワイルドトートちゃんだと思っていた。また、最後にマテさんはシシィをお姫様だっこで棺におさめるが、石丸トートはそれがなかった。マテさんの方が素敵だった。
マテさんは、以前梅田芸術劇場で歌も交えたトークショーで拝見したのだが、印象的だったのが案外華奢だったことと宝塚の舞台での生徒の素早い動きのモノマネ。とにかくお茶目だった。今回もアンコールで見せたかわいらしさが、日本で仕事を依頼される理由だろう。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/25 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
OGエリザガラコン2012

↑(左)レラではクナイプのバスアロマエッセンスミニボトルセットを買ってみました。まだ使っていないのですが、バスタイムが楽しみ。(右)これもレラのLUPICIAで。(明日へ続く)

<本日の記事>
いつかはそんなことになるとは思っていたけれど・・・11月の宝塚OGエリザべートスペシャルガラコンサートに、おさちゃんがトートで出演!行けないと思っていたのですが、行けることに。きゃっほー!!今日はこのブログ、おさづくしの内容ですね。


●ミニエッセー2174「2012帝劇エリザベートを観て⑤」
案外色気も感じられるシシィだった。私は少しも色気が感じられない女優さんが苦手だ。いや、男優も、普通の人も。そこは人妻の強みか、うまくトートと「踊っていた」(男女として交わっていた)。
凛とした場面では男役の経験が生きた。「私が踊る時」の力強さはかっこいい。
やりすぎになってはいけないが、病院訪問の場面はまだまだ別の深い表現ができるのではないかなと思う。逆に長女を失ったシーンは、ファントムのエリックのようにベストな嘆きぶりだったし、ルドルフを亡くしたときもよかったと思う。
かつてトート様だったおさちゃんがこれほどシシィにはまるとは恐れ入った。もともとかわいらしい素の部分は、女性性が大きいし、突き詰めれば「トートはシシィでもある」から、トートができればシシィもできるのかもしれない。現実に両方を演じられるのは、歌舞伎でやらない限りは宝塚しかないわけで、役者としては幸運なことだろう。(東宝でも女性トートを!だめか・・・)
雪組での初演から今まで、あまたの宝塚版・東宝版を観て来て、たくさんのシシィに出会ってきたが、春野さんがマイベストシシィになった。そんな日が来るとは・・・。
ずっと我慢していたが、うれしくて感激して、ラインナップで穏やかな顔でおさちゃんが登場したときは涙があふれ、大きな拍手を送った。成功おめでとうと言わせていただきたい。
もちろん、トートも見たいが、今後もシシィのように「♪美貌に磨きかけ・・・」て、エリザベートをライフワークにしていただきたいくらいだ。そのたびに駆けつけたい。
それにしてもあんなにガリガリな体のどこからあの声が出るのだろうか・・・。なんとかもう少し太れないものか。くれぐれも体に気を付けていただきたい。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2012/07/24 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
しまむらで大ウケしたこと

↑ やっぱり今回も主人はアウトレットパークレラ千歳のこの店でお買い物。(明日へ続く)

<本日の記事>
ある日ファッションセンターしまむら(一部の地域の方は知らないかも)に行ったら、スギちゃんスタイル(袖を切ったジ―シャンとぼそぼそジーパンの短パン)の上下がメーン品として売ってました。お客さんが口々に「スギちゃんか。着る勇気ないなぁ」と。
でも、サロンのお客様がおっしゃってましたが、実は一部の若い子の間で流行しているんですってね。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「華やかシニアネイル」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 ナノコロナチュレ・ハンドローション】
DSC01434.jpg
ノンアルコール・大豆成分入り(アレルギーを起こすたんぱく質は除去)のハンドローション。携帯用にいいですね。水場がなく手を洗えないときに便利です。また、アルコールで肌が荒れる人もいまし、傷があってもしみないのでノンアルコールというのもいいですね。ほんのりローズの香りです。わがサロンでも、もしどうしてもアルコールが使えないお客様がいらした場合には活用しようと思います。
なお、今回当初、企業さんが投稿締切日の設定を間違えたようで指摘したところ迅速に対応いただきました。それでも、ほかの企業さんよりはかなり締め切りが早かったですが・・・。そんな中、不運なことにモニターの中で私だけ?待てども待てども商品が届かず、問い合わせると、すぐ回答をいただき、どうやらこの企業さんのせいではなく、某配送業者(メール便)のトラブルのようで、大変迅速に再送いただきました。お手数をおかけいたしました。吾空ショップファンサイト参加中

この企業さんとは関係のない話ではありますが、この配送業者の私宛のメール便未着事件は、今年に入って2回目です。1回目のいきさつ・配送業者への不信感については以前当ブログのミニエッセーコーナーに書きました。
荷物配送システムの発展している日本で、どんな荷物であれ放置されたり、なくしてしまわれては利用者は悲しい限りですよね。今回、もしもまたこの配送業者側のミスであれば、今度は実名入りで「残念だ。しっかりしてほしい」という記事を書くつもりです。


●ミニエッセー2173「2012帝劇エリザベートを観て④」
私個人が思い入れのある幹ちゃんとのコンビは・・・いや、コンビと呼ぶのが正しくないような・・・。どうもそれぞれの人生という感じに見えて、黄泉の国へ行っても二人が最後まで混じり合っていない雰囲気。その理由は、幹ちゃんについて述べるときに明らかにしたい。
あさこシシィは今回それぞれのトートとのからみはどうだったんだろうか。山口さんと幹ちゃんとは2回目の共演だが、きっとまた違ったものになったことだろう。マテさんとの舞台が観てみたかった。もう少しこの公演のチケット代が安ければな・・・と、庶民の恨み節だ。

・春野寿美礼さんについて
観る前に抱いていた不安は、棺から登場するなり消えた。ちゃんとかわいい、少女シシィになっているよ~。しかも、今回初めてとは思えないしっくり感。おさちゃん、やるなとうなってしまった。
歌は一切心配していなかったが、思った以上に表現力があり、相変わらず声も素晴らしくて、やはり歌声で演じ分けられる天賦の歌手・舞台人だと誇らしかった。
石川フランツとの演技では、なんとなく初めから最後まで距離感があり、「地位と権力」と結婚したのであって、皇帝本人のことをあまり愛していないような雰囲気。だからこそ、死にひかれていく感じが説得力があった。岡田フランツとはちゃんと恋から始まっていた感じがした。
予想以上に若い時代のシシィも良かったのだが、年を重ねていってからの孤独の演技は、秀逸。最後には、おさちゃんこそ本当にエリザベートの生まれ変わりなのではないかと思わせるような魂の一体感。シシィにしか見えなかった。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
美椿スキンケアオイル
DSC01425.jpg
写真と記事一致です。
少し前にサンプルをモニター投稿(こちら)した株式会社美椿本舗さんから美椿スキンケアオイル現品をプレゼントしていただき、早速使わせていただいております。
メイクアップアーチストとして申し上げると、健康な肌は適度な水分と脂分が必要ですが、夏って皆様が思うより発汗などで脂分が失われ肌が乾燥します。乾燥はしわの原因になりますので、老化の第一歩と言えます。そもそも脂分の役割は、肌を日差しや細菌などの外敵から守ることでもあるので、脂分があまりにも少ないと保護機能も少ないということになります。
夏の間はそんなに実感しなくても夏の後遺症ともいうべきかさつきは、秋冬に現れます。夏だからといってオイル系スキンケア用品を敬遠してはもったいないかもしれません。
べたつかずさらさらした天然オイル系スキンケア用品の利点は、投稿記事にも書いたように全身に使用OKなこと。無臭なので、ほかに香りがあるものとコラボしても大丈夫ですね。わっちは特に美椿をボディ、ヘアー、つめ&つめ周りケアなどに活用しようと思います。
事前のご連絡や商品発送が丁寧で迅速で気持ちの良い椿本舗さん、まことにありがとうございました。


●ミニエッセー2172「2012帝劇エリザベートを観て③」
6月23日昼の春野・マテコンビの時のアンコールでは、最後にスタンディングオペ―ションだったが、マテさんが、高嶋ルキーニが劇中でしていたように拍手のタモリ風リードをやって、すごくうれしそうだった。
また、シシィ大好き!という感じでおさちゃんの手に何回も何回もキスをして、「やったぞー!」という風に客席にこぶしを振り上げて誇らしくアピールしていた姿が明るくお茶目で、一緒に観た友人と「マテ、かわいいっ」と大爆笑してしまった。
翌日24日昼の春野・石丸時は、すごく早い段階からスタンディングオペ―ションで、これでもかというくらい何回もアンコールがあり、最後に二人だけで出て来て優雅に下手・上手・中央に来てあいさつし、「なんか、昨日とは違い、ひたすら大人で品がある二人だな~」と思っていたら・・・幕が閉まる寸前で幹ちゃんが急にシシィの手にキスをし、ヒュー・ヒュー・やんや・やんやの歓声で幕が閉じたのであった。
近くの席の女性が「おい、おい、なんだよ~、やってくれるねー」とツッコミを入れていて、ほほえましくて面白かった。・・・ああ、それにしてもおさちゃん、いいなあ。愛されまくってさ・・・笑い。

全部の組み合わせを観たわけではないから一概には言えないが、ひょっとしたら今回観なかった山口さんとが、おさちゃんは一番しっくり合っていたのかもしれない。想像するに、すごく大きい年上の帝王の愛に線の細い春野シシィの品格と悲壮感が良い感じで包まれる・・・なんて。
マテさんは、実年齢はそんなに春野さんと変わらないが少し若く、劇画のエリザベートのトートの雰囲気。きれいなお姉さんとやんちゃな弟みたいな魅力があった。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
波瑠さんに感心

↑ 千歳空港に今はやっていないけれども全国的なヒット番組になったこれをどーんと打ち出してるHTBすげえ。(明後日へ続く)

<本日の記事>
ちょっと前にドコモのCMで「新人の村松です・・・」っておどおど、ドジばかりの新入社員を演じていたショートカットの似合う女優さんの高すぎる演技力に感心していたら、波瑠さんという方なんですってね。どんどんいろいろなものに出るべき。頑張れ~。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「バースデーの女王様ネイル」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 葛の精ジェルローション&ジェルクリーム サンプル】
DSC01422.jpg
万葉の時代からある奈良・吉野本葛(クズデンプン)のほか水、BG、グリセリン、ソルビトール、ヘチマエキス、サクラ葉エキス、カッコンエキス、シソエキス、チョウジエキス、ユキノシタエキス、ボタンエキス、トレハロース、ヒアルロン酸Na、カルボマー、水酸化K、エタノール、メチルパラベンが成分のジェル状化粧水と、やはりクズデンプンのほか水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸グリセリル、ベヘニルアルコール、ツバキ油、コメヌカ油、ユズ果皮油、シソエキス、サクラ葉エキス、カッコンエキス、ユキノシタエキス、ボタンエキス、トレハロース、ヒアルロン酸Na、トコフェロール、水添レシチン、ステアロイルグルタミン酸Na、キサンタンガム、ジメチコン、カルボマー、水酸化K、マルチトールヒドロキシアルキル(C12、14)、エタノール、ブチルパラベン、メチルパラベンが成分のクリームです。
ジェル状の化粧水はふきとりが出来ないので敬遠しがちですが、これは手に取ってしばらくすると液状になるので、使える化粧水です。クリームはもちもちしっとりで肌のきめが整うのでとても気に入りました。いずれもべたつかないのでお勧めです。ゲオール化粧品ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2171「2012帝劇エリザベートを観て②」
特別な先入観は持ちたくなかったが、私が観たのは帝劇の千秋楽まであと少しという時期だったため、まったく評判を耳にしないで観るということは無理で、かえって雰囲気は聞いておいた方がいいかなと、先に観た友人にざっとした感想は聞いていた。
あくまでもその友人によれば、初日は迷いが見えた。いつものように公演を重ねていきながらだんだんと調子が上がるのではないかとことだった。そして、6月10日のお茶会のころ、すごくよくなった、本人が何かつかんだようだと報告をもらった。当初はいつ観に行くか悩んだものだが、そのあとに行くということで良かったなと感じたのだった。
そして、友人はマテト―トとのコンビ、そしてフランツは岡田さんがいいと教えてくれた。岡田さんは『愛と青春の宝塚』でできる人だと知っていた。マテさんは日本語がだんだん上手になって、出すぎず引っ込みすぎず素敵らしいというのだが・・・。
私のイメージでは、制作発表の時のマテさんの歌唱力がちょっと期待はずれだったため、申し訳ないが友人の絶賛を半分信じられないでいた。

個人について述べる前に、演出など全体のこととアンコールについて―。
毎回観るたびにちょこちょこと演出が変わっているが、今回もいくつか変更点があった。トートの登場が、『キャッツ』のようなゴンドラだったり、シシィの登場も棺からふわっと起き上がったり、トートによって微妙に出方が違ったり、シシィとの対峙の仕方が違ったり、市民の「憎しみ」の場面の音楽がより力強くなったり、トートダンサーのダンスが視覚的に立体的なコンテンポラリーになっていたり・・・。恐らくまだまだこちらが気付かない進化があったことだろう。リピーターが多いこの作品、飽きさせまいと小池先生やキャストの工夫には脱帽だ。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
池泉ガールに伶美さん

↑ フードコートから見える飛行機の発着。特に国際線の飛行機とかあると見飽きないよねー。

<本日の記事>
野々すみ花ちゃんのあとを継いで期待の宙組娘役・伶美うららちゃんが池田泉州銀行のイメージガールになりましたね。ぜひいつかトップさんになっていただきたいです。

【モニター品 FIOLE F.プロテクトシャンプー&ヘアマスク≪ベーシックタイプ≫≪リッチタイプ≫サンプル】
DSC01417.jpg
ひょっとしてこのシャンプー&ヘアマスク、2回目のモニターかもしれません。前回は同じ種類同士で使ったのですが、今回はリッチシャンプー&ベーシックマスク(写真の髪はこのときの。持っているのは残りの組み合わせ)、ベーシックシャンプー&リッチマスクとそれぞれ別で使ってみました。
仕上がりは、前者が私の髪はパーマヘアなのでわかりづらいかもしれませんが、やわらかくさらっとした感じ、後者がしっとりまとまる感じに。香りはいずれも強くなく、若干男性用のようなさっぱりしたイメージです。香りやパッケージよりフコダインを豊富に含有したガゴメ昆布由来の褐藻エキスなど成分にこだわっているんですね。
なお、ボトルはいずれも1,260円でサロン系としてはお手頃です。heartyファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2170「2012帝劇エリザベートを観て①」
ネタばれにご注意いただきたい。また、今回観た春野・マテ、春野・石丸の組み合わせのことを中心に述べることをおことわりしておく。

おさちゃんこと春野さんが宝塚を退団する前から、ファンの間では、退団後も芸能活動をするなら、いつか東宝のエリザベートでタイトルロールを演じるだろうということは、噂というより、確信として広まっていた。
彼女の主演女優としての最初の役はマルグリット、次にファニーで・・・5年目でついにシシィが来た。それは驚かないニュースだったが、おさ・あさコンビと言われるあさこさんこと瀬奈さんとの役替わりと聞いて、東宝も粋なことをするなと・・・。
どうせなら二人ともトートもやって、かわりばんこでいいじゃんという冗談も飛び出したものだ。
トートやその他のキャストが決まり、長い石丸ファンである私としては再びトートが見れること、そしておさちゃんとの共演はうれしいことではあった。その日が非常に楽しみには違いなかったが、私にはいくつか不安があった。
今振り返れば取り越し苦労だったのだが、おさちゃんのファンであるがゆえに、まず特に少女時代のビジュアルがいかがかということと、果たして全体的にシシィが似合うか、あさこさんとは異なり、孤高のスターである彼女が東宝のエリザベートにはまるのかということ、それから何より、自分が落ち着いて観れて楽しめるのか、感動できるのかと、自分が意識する以上に変な構えがあったことに、実際観てから特に気付いたのである。(続く)

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

 
【2012/07/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
10月マミさんライブ旅計画

↑ わっちは韓国ステーキ(しょっぱかった)、主人はひれかつ定食。いずれも値段の割にボリューム不足。ここで偶然主人の職場の後輩(私にとっても)にばったり会いました。(明日へ続く)

<本日の記事>
自由時間の楽しみは、10月上旬の東京マミさんライブ&花組観劇の際の旅スケジュールを考えたり、いろいろ手配すること。まだ3カ月近く先やんとお思いでしょうが、あっという間に来ちゃうんですよね。
今回は久しぶりにNEWスポットへ行こうと旅本で研究しています。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様ジェルオフ&ヒーリングサロン咲見学」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2169「ヅカノート2012夏より5・帝劇エリザベート2012夢の配役」
※主な役のみ、(   )は先月私が観た時の本役。花・月・雪・星・宙組の順。敬称略、順不同。

・エリザベート(春野)    壮・明日海・音月・夢咲・凰稀
・ト―ト(マテ、石丸)    蘭寿・龍・未涼・柚希・緒月 
・フランツ(石川、岡田)   愛音・美弥・鳳翔・涼・北翔(専科)
・ルキーニ(高嶋)      春風・紫門・夢乃・真風・朝夏
・ゾフィー(杜、寿)     桜・花瀬・大湖・白華・純矢
・ルドルフ(平方、大野)   柚香・愛希・早霧・紅・蓮水   
・少年ルドルフ(坂口、山田) 蘭乃・花陽・星乃・早乙女・実咲
・マックス(今井)      悠真・越乃・香綾・美稀・寿
・ルドヴィカ(春風)     芽吹・白雪・梨花・万里・鈴奈
・ヘレネ(南海)       梅咲・夏月・愛加・音波・すみれ乃
・エルマー(岸)       華形・光月・沙央・壱城・七海
・シュテファン(谷口)    瀬戸・瑞羽・彩凪・天寿・月映
・ジュラ(田村)       鳳・響・詩風・大海・七生
・ヴィンティッシュ(河合)  華雅・愛風・舞羽・稀鳥・伶美
・マダムヴォルフ(伊東)   初姫・憧花・舞咲・花愛・愛花
・ツェップス(大谷)     紫峰・星条・奏乃・十輝・悠未
・リヒテンシュタイン(小笠原)花野・妃鳳・麻樹・毬乃・美風
・グリュンネ(治田)     望海・美翔・朝風・麻央・凛城
・シュヴァルツェンベルク(阿部)天真・綾月・香音・美城・愛月
・スターレ―(久路)      華耀・玲実・花帆・音花・大海
・トートダンサー(東山ほか) 月央、高翔、夕霧、冴月、彩城、日高、大河
               有瀬、貴千、珠城、煌海、美泉、麗奈
               彩風、真那、久城、煌羽、大澄、亜聖
               鶴美、汐月、礼、夏樹、紫藤、海
               凪七、星吹、澄輝、蒼羽、春瀬、松風、風羽
・マデレーネ(柏木)     遼・萌花・沙月・綺咲・雪乃
・女官ほか          白姫、春花・琴音、咲希・早花、透水・白妙、優香・花音、花乃            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/19 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
高いんかいっ!

↑ 飛行機が見えるのはいいですが、ギッズスペースのそば―そもそもフードコートはファミリー向けで全体的に赤ちゃんの泣き声とかうるさくてあかんですね。(明日へ続く)

<本日の記事>
キャストや着ぐるみたちがやたら祝ってくれるからいつか自分の誕生日にTDRに行ってみたいと思っていたのですが、プレゼントや特典付きで、誕生日用パスポートって、普通のよりも値段が高いんですね。しかも、誕生日その日じゃなくてもいいそうで、お金さえあれば、何回でも誕生日の主役気分を味わえるってことか。
そうじゃなくて、本当に正しい証明書を出してその人の誕生日1週間前後限定にして、少し安く行けたらいいのに。プレゼントは安く入れることだけでいいし。へたにぬいぐるみとか要らないもん。通常の値段で、手荷物送料無料っていうのでもいいのになあ。

【モニター品 ミネラルファンデーションVINTORTE(ヴァントルテ)新色ライトイエローベージュ サンプル】
DSC01360.jpg
以前も別の色をモニターしました。今回の色・ライトイエローベージュの様子を見たくて試しました。
ピンク系の私の顔にぬるためには、ほかの物と混ぜるなどしてコントロールしないと合わないのですが、日本人には合う色だと思います。脂性ぎみの方はパウダーをプラスするのがおおすめです。のびもカバー力も悪くないのですが、もう少しだけきめ細かいテクスチャーで毛穴がカバーできたら完璧です。
60%美容液成分のミネラルなので軽いつけこごちでうるおい感が続きますし、つけたまま寝ても平気というのがうれしいですよね。VINTORTE(ヴァントルテ)ファンサイト参加中


●ミニエッセー2168「ヅカノート2012夏より4・クライマックスを観て④」
音楽が良かった。けれども、振り付け的にはもう一つMAXが欲しかった気がする。
それでも、ただ一人劇場を包み込むように銀橋に立ち、あくまでも凛として花園に別れを告げるザ・スターに贈られたどしゃぶりのような音の惜しみない拍手―その瞬間、きっとゆうひちゃんは満足して去って行くのだろうと思うと、20年見守ってきた私自身も満足してすがすがしくなり、涙よりも達成感ですっきりした気持ちになった。

ゆうひちゃんのこれからは、どんな人生なのだろう。個性的な男役、スター、ゆるぎないトップスターになるために生まれてきた人。かわいらしい女の子である半面、聡明でかっこいい女性だった。長い間、夢をありがとう。
すみ花ちゃんは芸能活動をするのだろうか。どうかどうかみんな、幸せにね。

私の数日前にマミさんと、偶然あさこさんとかなみちゃんも一緒に観たそうだ。とうとうこれでマミさん時代の本当の終焉だ。寂しくなる。
でも、次の布陣もなかなかいいと思う。みっちゃんはいないけれど、専科としていつかまた参加できるかもしれないし、緒月さんや朝夏さんら個性派もそろう。思いがけず次の宙組公演も観ることになりそうなので、楽しみだ。
いつか今回の公演の千秋楽の映像を観るだろう。きっとアンコール、ものすごいことになるのだろうな。
追いかけ続けたファンの皆様、本当にお疲れさまでした。           

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
汐美真帆さんのナゾ

↑ ぼけましたが、中央に映ってる主人と先月、結婚記念日ランチに行った千歳空港のフードコート入口(明日へ続く)。

<本日の記事>
かつてお茶会に参加したこともある汐美さんのブログをたまに見るのですが、あるときは東京、関東周辺、あるときは宝塚のご実家、あるときは所属されている乗馬クラブのある山梨など・・・まるで分身の術を使っているような日々の移動っぷり、行動範囲の広さにたまげます。
もともと行動力があり、私でさえかなわない驚きの多趣味であること、さまざまな講師・ステージ・ラジオ出演活動などをされているのは分かってますが、移動の旅費もかかってるだろうな、そもそも忙しすぎないのだろうか・・・とか、私にとってナゾなOGです。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「夏の大人ゴールド」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 女優Mode トリートメントマスク】
DSC01351.jpg
ジェイソン写真ですいません(笑い)。1枚物のシートマスクは特別な時にしか使用しないのですが、このモニター品が届いたちょうどこの日の夜、仕事とお付き合いで帰宅が遅くなり、癒しにぴったりだと試しました。袋に残った液は首にも使いました。
今まであらゆるマスクを試した中では珍しくとても良いバラ系の香りがしたのと、5本の指に入るとろみ感でインパクトがありました。この半端ないとろみはフラーレンとプラセンタ、はちみつなどでしょうか。この日は洗顔後、このパックだけで化粧水も美容液も何もつけずに寝たのですが、翌朝までしっとりが続き、「女優Mode」というネーミングもおおげさではないと思いました。1パック380円です。
ただし、どんなマスクもそうですが、ご覧の通り私にはどうしても鼻の長さが足りないのです。また、鼻の穴の間もカバーできる形になっていたらわが当サロンでも扱いたいのですが・・・。TokyoLoveファンサイト参加中


●ミニエッセー2167「ヅカノート2012夏より4・クライマックスを観て③」
覚えていることをランダムに記す。
かなめちゃんの青年士官の紫入り軍服を見るとアマミ―やおさちゃんを思い出してぐっときた。かなめちゃん、立っているだけでまばゆい。

夢なつきさんの歌のうまさに度肝を抜かれた。今後ますます期待したい。

ヤンさん振り付けのギャンブラーの場面、あれ・・・ギャンブラーっていうより、ハスラーとした方が良かったかも。キューを使ったダンスは相当難しかったのでは。素敵だった。

プログラムにある「深夜の留置場」って、全然留置場には見えなかった・・・。それに、囚人って言いすぎでは。留置場は、とりあえず捕まった者を入れておく場所。囚人とは刑が決まってから呼ぶのではないか。

ロケットでは、やはり春瀬さんが中心になっていた。そして今回、道産子・十勝の星として頑張っている雪乃さんをはっきり確認できた。生き生きとロケットをしていた姿におばちゃん、感激。大変なことが多いだろうが、どうかまだまだ続けていただきたい。

最も楽しみにしていたのは男役総踊り。みっちゃんのダンスのうまさが際立っていた。途中からゆうひちゃんがセリ上がり、いよいよ本当のクライマックスに。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
オリラジあっちゃんおめでとう

↑ わんこ社長にもらったピンクのヒマラヤ岩塩。まいう~。

<本日の記事>
オリラジは二人とも好きです。先月結婚したあっちゃん、おめでとう!!もし子供ができたらやっぱり知的かな。素敵~。

【モニター品 鉛筆けずり ケズリキャップ】
DSC01344.jpg
ロジックのための鉛筆にも、化粧品のペン類にも、鉛筆削りは必需品なのでモニターさせていただくことにしたのですが、失礼ながら空きペットボトルに取り付けるタイプと知らず、初めての経験で面白かったです。
これは周囲を汚さないようにするため、特に小さいお子さんにはグッドアイディアですね。写真では分かりづらいですが、今回はものすごく小さいペットボトルでやってみましたが、500mlならば削りかすが相当ためられるでしょうから、しばらくかすを捨てる手間も要りませんね。鉛筆とセットでお子さんへのプレゼントにも良いのではないでしょうか。1個315円です。シヤチハタファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2166「ヅカノート2012夏より4・クライマックスを観て②」
それから、パリのコンコルド広場の場面って、プログラムにはゆうひちゃんが歌を口ずさんでいるとすみ花ちゃんが現れて踊り・・・とあるが、私が見たとき、ゆうひちゃんが影ソロ状態で声だけが聞こえて来て、すみ花ちゃんが「どこかしら」というような感じで探していると、やっと途中から下手からただぼわっとゆうひちゃんが出てきたのだが、これはもともとこういう演出なのだろうか。
だとすると、あまりにも面白くない。たとえば小さい凱旋門?の影からひょっこり現れるなら分かるが・・・ひょっとして、その前の場面にも出ていたゆうひちゃんが出遅れて、歌だけ先に歌ったのだろうかと思ってしまった。でも、出遅れだったとしてら、今度は「この声はどこからかしら?」と探す演技をしたすみ花ちゃんの機転はすごいなということになるが・・・。
これらの疑問符はあったものの、大円檀まで、目が離せないショーだった。

ゆうひちゃんの誕生日アドリブは、割と早くに訪れた。プロローグの最後に、ゆうひちゃんや主要な男役スターが銀橋に出て来て、ゆうひちゃんは客席に降りてみんなも参加して「L・O・V・Eゆうひ!」と叫ぶ場面で、「ハッピー・バースデーゆうひ!」が登場。そこだけFCの方々が声を出して「きゃー」と叫んでいたが、(掛け声禁止の宝塚、特別なときだけは許容される)あとは節度があってはしゃぎすぎず素晴らしかった。
おさちゃんも最後の東京公演中、やはり自身の誕生日公演があって、観たことを思い出す。振り返ればなんと幸運なことか。夜に本人も参加してのFCシークレットパーティーがあったことも忘れられない。本当に第二の青春だった。
最後の公演の千秋楽近くに自分の誕生日に当たるというのも、スターとして「持っている」証拠か。(続く)
           

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
悩む今年の脚本応募

↑ 母に「ちょうだい」とだだをこねて実家から半分もらってきたすみれ。すみれはいろいろな種類がありますが、このカラーが一番好きです。

<本日の記事>
去年初めて本格的な脚本を書いて某賞に応募しましたが、今年も挑戦しようと思っています。が・・・今までのいくつかのプロットのストックからどれかを選ぶか、新たに書くか悩んでいます。いずれにしてもちょっと題材が現実離れしすぎかも・・・。

<サロンのブログ更新しました>
お客様フット「夏の夕陽」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 防災6点セット番犬くん】
DSC01343.jpg
かわいすぎる~。いつもお世話になっているプチギフト店さん、こんな素敵な販促品もあるんですねー。犬好きの私としては中身はほかの物に入れ替えて、ポーチを普段使い(ペーンケースとか)にしたいくらい。いろいろな動物があったら選ぶのも楽しいかも。
企業向け60個からの販売ながら、これで480円というのもびっくり。わがサロンの販促品としては予算的にはちょっと高いのですが、いつか黒字経営になったら購入したいです。プチギフト店ファンサイト参加中


●ミニエッセー2165「ヅカノート2012夏より4・クライマックスを観て①」
こちらは安心?の三木先生。古い宝塚ファンにはある意味オーソドックスすぎるのではないかという懸念もありつつ、芝居が新人の先生作だったので、締めとしてはよかったのではないだろうか。
ゆうひちゃんのいろいろな姿を見せたサービス精神は良かったのだが、いくら説明を読んでもなかなか理解できず、いまだに「?」がうずまいているシーンも。共感いただける方もいるのではないかと思う「ローズ・ラメント」というカルメンとホセをイメージしたようなちょっとおどろおどろしいコーナーだ。
お祝いでもあるさよなら公演に果たしてふさわしかったのか・・・。クライマックスの連続・・・という高揚を表現したいというのは分かるが、なぜに殺し合う場面があんなにもしつこく繰り返される必要があるのか。
そもそも三木先生は古くはシェイクスピア~ウエストサイドストーリー、ノバボサノバなどにもよく出てくる3角関係やナイフを持っての対立が好きでいらっしゃる。そういう場面が出てこないときがないのではないかというほど。今回ばかりは要らなかったのではないか。
PTAみたいだが、道徳的にも教育にも悪い。今回、私の席のそばにアジア系の外国人の男性がいたのだが、芝居からずっと感激しっぱなしで、いちいちいけないと知りつつ、ついつい声を出していたが、その場面ではしまいには笑ってしまっていた。苦笑という感じだ。その男性が若干耳触りに感じていたのだが、その苦笑には私も共感してしまった。こっけいだ、やはり。(続く)           

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マミさんインピカル

↑ たまにつけるヘアフレグランス類。SALAシリーズの香りはどれも好きですが、これも気に入って買いました。現在使用中のグレープフルーツ系を使い切ったら切り替えます。楽しみ~

<本日の記事>
先月マミさんが、ドラマで共演した有森也実さんと一緒に『ピカルの定理』に出ていましたが、あまりにもちょこっとすぎてがっくり。マミさんの爆裂面白トークが生かされてないし、女役もやった・・・と、出た写真が日本物の少し長髪の若衆。それ、きれいかもしれないけど、女役じゃないですからーーー!!

【モニター品 有機ノンカフェインのルイボスティー10リットル分】
DSC01342.jpg
確かこのお茶は2度目のモニターです。ティーパックではなくて葉です。ノンカフェインでミネラル豊富で有機JAS100%で安心。とにかく癖がなく、どんなに濃くしても渋みや苦味がないので飲みやすいのが特徴です。どんな食事やデザートなどにも合います。男女、子供からご高齢者までOK。
最近、素敵なお茶用ポットを買ったので、茶葉でも不便は感じませんが、もしティーパックならなおさらうれしいですね。
サロンのお客様にも今回送っていただいたパンフレットとともにおすそ分けさせていただきます。「健康食品の原料屋」ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2164「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て⑦」
よく観察すると、宙組には結構お顔に特徴のある生徒が多い。中でも星吹さんの強すぎる個性は、役によって面白いけれども起用が難しい雰囲気だ。

今まで脇をがっちり固めてくれて支えて来てくれた実力派の風莉さん・藤咲さんの退団コンビに目立つ場面が与えられていた。良いはな向けだった。

組長・副組長も大活躍。寿さんの深くて温かい演技なくして宙組じゃない。また、鈴奈さんの怪演が気持ち良かった。歌の力を生かして、あそこまでできるのはベテランならでは。
純矢さんもすっかりベテラン組。適役だった。

ゆうひちゃんが客席の後ろからゆっくり登場するシーンがあった。すみ花ちゃんを想う設定だが、今まで自分が立ってきた場所全体、そして客席を客観的に見れる貴重な機会になったことだろう。千秋楽はどんな感じだったのだろう。それと、ファンへのサービスとしても最高だった。私もラッキーなことに近くで眺められる時間が持てた。原田先生の努力は買いたい。でも、一番大事なのは魅力的な主人公を基本とした破たんのないストーリーづくりなので、次回に期待したい。

明日からショーについて述べるが、この場を借りて退団者の皆さんを労いたい。本当にお疲れさまでした。   

      
おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。




【2012/07/14 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
大湖さんの娘役への転向

↑ いつか札幌ドームで使おうと買ったファイターズ風船と空気入れ。Mちゃんいわく「勝つときに飛ばすゴールドのが余るとき(負けるとき)があるから、青と金別々に売ってほしい」・・・あはは。

<本日の記事>
雪組の大湖せしるさんが研11で娘役に転向されましたね。私としてはまったく違和感がないです。ご活躍を!!

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「東京お呼ばれネイル」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 プロッシェUVプロテクトクリーム 現品】
DSC01341.jpg
一年中、ほぼ全身に日焼け止めを欠かさない私にはとてもうれしいノンケミカル・SPF40・PA+++のUVクリーム。無臭で、よくのびて白残りせず、うるおい成分も入っているので、SPF40にしては重さも乾燥も感じませんでした。
UVクリームの真価は本当に数時間後も大丈夫なのか、最初はよくても汗に溶けて来て結局白くなるということがないか、落とすのは楽か―ですが、この商品は合格でした!クレパドール コレクションファンサイト参加中


●ミニエッセー2163「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て⑥」
実は私は蓮水さんが気に入っている。クールに見えるが3枚目もできて、緩急自在。そして、ショーで特に分かるが、舞台化粧がきれいだ。気付くとかなり上級生になった。もっともっと前に出てもいい。たとえ将来スターラインに乗らないとしても、多角的に期待している。

順不同で書くが、七海さんや鳳樹さんはもっと目立った役でもいい。凪七さんは男役としては声が高いことが気になる。愛月さんは地味に感じてしまう。雪組から異動の凛城さんは、どこにいても目立つ。もう少し表情豊かになるといいのでは。このごろは、蒼羽さんが勢いづいてきたなという印象。もっと下級生のころは頼りない感じがあったが、だんだん男役らしくなってきた。初めからしっかりしたイメージの月映さんとデットヒートを繰り広げてもらいたい。
下級生の男役では、前回までの宙組を観て春瀬さん・七生さんの順で気になっていたのだが、今回はがぜんどこか春野さんの面影のある七生さんに注目。顔立ちなどまだ女の子っぽい面もあるが、この子は化けるのではないかと信じている。

すみれ乃さんに対して「主役としては何か足りない。華がない」と言う台詞はなんかリアルで気の毒すぎやしないか。最近はすっかり、技術はまだまだだがとにかくその華が半端ない伶美さんに抜かされそうだが、すみれ乃さんは主役クラス扱いでいいと思う。正直、かなめちゃんの相手役になると予想していたのだが・・・今までこの組にもかなめちゃんにも関係ない娘役さんを持ってくる劇団の事情があるようだ。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
北海道四季劇場秋からマンマミ―ア

↑ 31アイスで初めてオレンジチーズケーキっていうのを食べました。本当にチーズがごろごろ入ってておいしかったです。

<本日の記事>
ライオンキングが9月に終わる北海道四季劇場。次はマンマミ―アだって・・・。面白いけれど、リピートしなそうな作品だし、ロングランは厳しいのではないでしょうか。やっぱキャッツじゃないかなぁ。

【モニター品 ワキララ ブライトアップエッセンス】
DSC01340.jpg
入浴剤などのインパクトのあるイラストでコスメ・雑貨好き女子なら必ず目にしたことがあるバイソンの脇ケア用品。このシリーズはもうひとつ脇専用の洗浄剤・クリアウォッシュもあるようですが、これはふきとり化粧水・美容液といったところです。少しでも傷や炎症がある場合はしみるのでNGです。
透明な液体でコットンに含ませてなじませるだけ。しばらくスースーするのとグレープフルーツ系の香りで夏は気持ちいいですね。ニオイ予防にもいいかも。1回でも角質が取れたのかけっこうつるつる感・さらさら感があったので、継続して使いたいと思います。傷さえなければひじ・ひざ・くるぶしなどにもよいのではないでしょうか。税込903円です。株式会社バイソンのファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2162「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て⑤」
コートとスーツが似合いすぎるかなめちゃん、まだ未完成な部分もある。それはそれでいいと思った。ゆうひちゃんと並ぶと二人して見栄えがして迫力があり、大型の宙組にふさわしいと実感。歌がまだまだなのと口跡がどうしてもところどころ女の子っぽいところが気になるが、とにかく出てきただけで華やかだから、おばさん・・・いやおじさんは許しちゃうぞ。爆。
きっとトップになってだんだんと向上していく姿が見れると思うので、本当に楽しみ。私はこの方の若干のへたれさと演技が好きだ。頑張れ!!

申し訳ないことに、既に専科として出ていると勘違いしていたみっちゃん。組子として最後の舞台。まあ、とにかくうまい。それに尽きる。ゆうひちゃんとのコンビは、懐かしき月組時代を彷彿とさせて胸がきゅんとなった。ちょっとの動き、ダンスがうまい。無駄がなくて切れがある。そういう人が本物の実力者だと思う。そう考えると本人は最初ショックだったというが、専科はいいのではないか。後輩たちの見本・手本としても、出来る限り長く活躍していただきたい。そして、アドリブありがとう。

3枚目に徹した悠未さん。やりすぎてなかったところがさすが。渋い悪役もいいが、本来明るい雰囲気が似合う。今度来る緒月さんと若干役どころがかぶるような気もするが、貴重な別格として組を締めてもらいたい。

ばりばりの悪役かと思いきやおいしい役だった鳳翔さんも宙組最後。いつも演技が素晴らしい。けれども、お顔が丸いので、シャープな舞台化粧を研究したらもっと魅力的なのにといつも思う。いかに個性を打ち出していくかが今後の鍵。雪組ではもっと大きな存在になるだろう。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/12 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
「おかしな二人」華形さんの起用

↑ サンパックさんのアンケートに答えていただいた化粧直し用パフ。クロスつき。投稿義務はないのですが、せっかくなのでアップしました。

<本日の記事>
轟さんの舞台『おかしな二人』、観てないのですが再演するのだから評判だったのでしょうね。退団した未沙さんに代わって、なんと花組のみつること華形ひかるさんが!!ヤスの実績から?頑張れ~。

<サロンのブログ更新しました>
社長きらきらボディーアート「初夏のステージ用」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー2161「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て④」
何せ1回きりの観劇のため、本当はどんな台詞、場面なのか私には分からないが、とにかく楽しかった。みっちゃん、さすがだ。

さて、やっと生徒個人について記す。
ゆうひちゃん・・・素敵すぎる。ただ立っているだけでかっこいい。どんな衣装を着ても絵になる。これぞトップスターで、大ベテラン。落ち着きもあれば、どこかおちゃめさもある。千秋楽まであと1週間ちょっとという時。晴れ晴れと生き生きと自由に空気を動かしていた。命を削り、へろへろになっていた春野さんとはまったく違ってあっぱれだった。良かったなと安心。感心したことは、最後にして最も歌が安定していたこと。歌唱指導の楊先生のおかげだろうか。そして、本人の心の安定もあったと思う。
前述のように本での矛盾、中途半端さがあるだけに難しかったと思う半面、自由に作りやすかったのかもしれない。明かせない過去を背負っている謎めいた男でいつも追われている不安感でいっぱいというふうにも作れただろうが、あえていろいろ夢を達成してきて、過去より未来を見つめ始めている人間―つまり、まさに今の自身という方向に持って行った。死んだりしないのは良かったとしみじみ思った。

ちょっと気が強いがひたむきでしっかりした女の子。恵まれない境遇からの脱却に努力する―それも自身と通じるような役だったすみ花ちゃん。色気やセンターとしての迫力には欠けるが、演技力はさすが。ただ、私としてはすみ花ちゃんは少し背伸びしたカサブランカや銀ちゃんでの彼女が既に一番と感じていたので、新たな発見は芝居ではなかった。やっぱり設定的にももっとゆうひちゃんと強く固く深く結ばれるような関係だったら、コンビとしての良さが出たのになと残念だ。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
車の買い替えで・・・
DSC00919.jpgDSC00927.jpg
↑ セントポーリアの希望ちゃん。そろそろ植え替えをしたいのですが、次々咲き続けているため、土更新のタイミングが分かりません。

<本日の記事>
先月、わっちが冬に借りていた主人のセカンドカーの寿命が来てまた中古車ですが、買い替えました。冬にはまたわっちが借りる予定です。
札幌に引き取りに行くときに主人が、さかんに「岩見沢まで来れる分のガソリンを入れてくれて渡してもらえるだろうか」と心配。「足りなそうだったら途中で入れてくればいいしょ」と言うと、「だって、札幌も途中の江別もほとんどセルフのガソリンスタンドしかないしょ。やったことないからいやなんだもんっ」(少し高くてもセルフじゃないところに行っている人)―まあ、わっちもセルフは1回しかやったことないけど、良い機会だから挑戦してみようと思わないところがわっちとは全然違うんだなぁ。
結局、事前に確認(しかもわっちが電話させられた)したら10リットル入っていると分かり、妙に安堵してました。なんだかなぁ。


●ミニエッセー2160「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て③」
成り上がりの天才詐欺師にぬかりはないはずだ。すぐ足をつくようなことをする詐欺師は天才詐欺師とは言わない。どんなに心から好きな異性ができようが、簡単に本名を明かすわけがない。そろそろ稼業に疲れて捕まりたいのかなと思っていたのだが、最後は逃げ出したのだから、そうでもなさそうだ。
それに、昔一緒に苦労した仲間にあまり重きを置かないのは、ずいぶん冷酷非道な人間ではないか。いくらうざい友人だとしても、自殺したと知って動揺して慟哭することもない。あまりにもすべてに関して軽くてゆるくて、設定的に魅力的な人物に映らないのである。悪人だろうが、怪人だろうが、普通の人間だろうが、主人公に何らかの魅力がないと物語自体が成立しない。公演が成立したのは、スターたちがみんなかっこうよくて素敵だったからだ。もし、この本を名もなき素人集団が演じたとしたら、ヒットするだろうか。
面白いキャラクターは何人か出てくるが、肝心の主人公の天才詐欺師としての面白みはない。あえて言うなら、捕まらずに逃げる達人の話。そういう設定で思い出すのは『ルパン3世』だが、なんといっても登場人物たちのキャラが粒だっている。原田先生は、とにかくさよなら公演だということと、ゆうひちゃんはじめ、生徒たちの華に助けられた。

私が観た日、幸運なことにゆうひちゃんの誕生日で、絶対それに関するアドリブがあるだろうと思っていたが、クラブの場面で弟分に扮したニック・北翔さんがやってくれた。その前が暗転で、いきなり照明がつくと「ハッピーバースデー、アニキ!今日はみんなぱーっといこう。アニキのおごりで」というようなことを叫んで、客席からはものすごい拍手が起こり、ゆうひちゃんは主人公の貫録を崩さずに「ありがとう」と言いつつ、アニキのおごりと言われて小さい声で「なんだ、それは・・・」と言っていた。笑い。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
何気にAKB48総選挙が・・・

↑ スイスに行った方からいただいたお土産。ワインは辛口で飲めなかったので、父にプレゼント。ごちそうさまでした。

<本日の記事>
先月世間が大騒ぎした今年のAKB48総選挙。何気に順位が気になって生放送を観てしまいました。えへへ。
わっちの押しメンはゆうひちゃんに似ている篠田麻里子さま。
まあ、いろいろ戦略・商法に批判もあるけれど、一生懸命な人間は皆美しいものですね。
それにしてもさしこ事件は・・・・なんだかなぁ。

<サロンのブログ更新しました>
お客様リペア「スワロのカラーチェンジ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 イン・スー リンクルエッセンス 現品】
DSC01324.jpg
年齢の割にはしわは少ない方ながら、少しずつ気になり始めたので、リンクルケアに本当に効くものを探しているところです。
しわケアとうたっているものは、一時的なハリ効果に特化するためか、あまりうるおい感がなくちょっとつっぱるタイプが多い中、今回のモニター品(定価12,600円)は、アルジレリン(アセチルヘキサペプチド-8)入りで保湿美容液と変わらぬうるおい感がうれしかったです。いくらハリがほしくても基本的には適度な水分・油分=うるおいが大事です。無添加、無着色、ノンアルコールなのも安心です。
首のしわ軽減にも期待して、毎日全体と気になる部分は重ねづけして楽しくスキンケアします。
使い切って良い変化があった場合は、再び投稿いたします。株式会社プラネット ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2159「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て②」
犯人に逃げられたことを刑事さんが苦笑し、「大したものだ」と言うのはいい。なかなかしゃれたことするじゃないか。しかし、そのあと、そのバラがたぶんすみ花ちゃんに渡って彼女がどう思い、どうなったのかはほんの少しのヒントもなくて、すべて観客の想像に任せるというのはどうなのか。
それがあってこそ生まれる盛り上がりではなかったのだろうか。
宝塚・一つの組というのは、男役トップスターと娘役トップスターを中心に構成されている。今回はその二人が退団するという大切な公演だ。なのに、次期トップのかなめちゃんとひそかに芽生えた友情に近い男同士の物語にそこだけスイッチして集結させてしまったようだ。トップと二番手の「継承」場面は、ショーで実現されるはずだから、せめて芝居ではもっとすみ花ちゃんとの関係をズームアップしても良かった気がしてならない。
じめじめしないからこそなんだか変に寂しい終わりだった。
作品に関する突っ込みはまだ少しある。
まず、現代と過去の場面の切り替えが不親切だということ。われわれのように宝塚を観慣れている者は、時世の違いは理解できるが、恐らくそうでない方は、同じ舞台で展開されているから分かりにくいだろう。青年が急に少年になる―それが同一人物で、回想シーンだとはっきり分かるように演出する必要がある。詳しい人じゃないと名前などもよく分からず観ているはずだ。その点は小池先生やベテランの先生たちはうまい。前後のライティング、装置の色使いや、セリ利用の工夫など、原田先生は勉強の余地がある。
次に気になったのが、主人公の詐欺師ぶりである。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

 
【2012/07/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
郵便バイクを追いかけた!

↑ ゴールデンキウイフルーツが好きなんですが、ただ食べるのに飽きて、これまた大好きなジャラハニーはちみつをかけてみたんですが・・・だめですわ、合わないの。てへっ。

<本日の記事>
ある日、郵便物の誤配が・・・。玄関ポストで音がしてそんなに時間が経っていなかったので、まだ近所にいるに違いないと外に出て配達のお兄さんを探しました。視界にはなかったのですが、耳を澄ますとバイクの音が道路1本向こうから聞こえました。どこの地域でもそうなのか、1軒ずつものすごい早いリズムで配っているため、ぼやぼやしていたら追いつかないと、わっちはお隣さんのサブの庭を思い切ってジャンプして越え、全速力で走ってお兄さんをつかまえて「これ、うちへの郵便物ではありませんけど」―渡して帰る時、冷静になりました。今、お隣さんの庭をよく踏まないでショートカットして来たな・・・と。
帰りは少し遠回りして戻りましたが、元陸上部でジャンプものが得意だったわっち、まだ行けるか。爆。

【モニター品 メンズフェイシャル&ボディーシート 20枚入り】
DSC01323.jpg
香りがメントール系なのでメンズ用となってはいますが、女性でもOKなシート。梅雨がないとはいえ、最近結構暑くて湿気もある北海道でもうれしい品です。ミントの香りなどあまりきつくないので、ミント系が苦手な私でもすっきりさわやか。シートが大きく丈夫なのが良かったです。
課題と感じたのは、そんなにひんやり感はないこと、もう少し水分量があってもいいこと、パッケージに女性もOKとうたうこと、枚数が少なくていいので半分以下のパッケージの大きさの携帯・旅用もあるといいことでしょうか。購買につなげるには、少し値が高くてもキャラものとのコラボなどで今夏限定と打つなどもありかと。
コスト面を考えてパッケージに凝らないなど、庶民の味方の服部製紙さん。品質は確かなので、そうじ用シートなどサロンでも愛用、またお客様にもおすそ分けしておすすめしています!服部製紙NBサテライトファンサイト参加中


●ミニエッセー2158「ヅカノート2012夏より3・華やかなりし日々を観て①」
観る前に、今回どなたの作・演出だったか確かめなかったので、終演後に大劇場デビューとなる先生・原田さんと知り、「それでか・・・」と思った。
思い入れのあるゆうひちゃんの最後の作品ということで、果たしてどんな感じなのか寂寥の中にも期待があったのだが、ストーリー、演出、雰囲気に若干拍子抜けしたのが正直な感想だ。それでも円熟・貫録のゆうひちゃんと組子たちのセンスでなんとかまとめあげたか。
なぜ「それでか・・・」と感じたかというと、今までの作品に似た場面やエッセンスなどがちょこちょこ出てきたからだ。少年時代、貧しくて友達と劇場近くでバイトしていたという設定はまるっきり小池先生の『アデュー・マルセイユ』である。
また、宝塚らしい華やかな場面を作るためにレビューガールやクラブショーを登場させるところは荻田先生の『マラケシュ・紅の墓標』ほか、さまざまな作品で使われる手法。
そして、主人公が変装するのは木村先生の『明智小五郎の事件簿』など。ちなみに、使われていた曲も明智に似たものがあった。
どうしても春野さんのさよなら公演と比べてしまったが、涙・涙でじめじめしない点は、それでよしとする人もいると思うし、悲しく切ないのもどうかとは思うのだが、あまりにもからっとしているのも、ファンの気持としてはどうなのだろう。思いっきり泣けてこそさよなららしく、そしてすっきりして、けじめがつくというものだ。
少しはゆうひちゃんの20年間とだぶらせた台詞やしんみり振り返る場面はあったものの、消化不良な感覚も残った。
というのも、クライマックスシーンで、バラの花束を銀橋に置いてゆうひちゃんが逃げ、そのバラとカードに気付くのが相手役で恋の対象だったすみ花ちゃんではなく、かなめちゃんだという点で「あらら」となってしまったからだ。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2012/07/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
爆問・万理沙さんほか

↑ サロンのブログの方はなかなか人気ランキングでベスト10に入ることがないのですが、たまたま10位になっていた時、記念に・・・笑い。

<本日の記事>
5月でしたか、爆笑問題の番組で宝塚OGの今をやっていて、福知山線列車事故で被害に遭われた万理沙ひとみさんらが出演されていました。つらかったでしょうに、よくぞ引き受けたなと思います。心の傷は癒えないと思いますが、全国の宝塚ファンはいつまでも応援していますよ!!

<サロンのブログ更新しました>
お知らせ「牛乳&チーズ料理レシピ無料配布中」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 ライオン商事 愛犬・愛猫用 『Quick & Rich ボディさっぱり バスエッセンス』】
DSC01318.jpg
信頼のブランド、♪今日を愛するらーいおーんのわんちゃん・猫ちゃん用バスエッセンス。水色の入れ物がそうです。実家で留守番中のななを足浴。ななはあまり水が好きではないのですが、いい香りがするのかおとなしくしていました。ぬるま湯に溶かしてささっと洗えて簡単ですし、あわだちもちょうどよくて、乾かしてからもいいにおいが続くのでおすすめです。
目が悪い人間の家族は自分用に使ってしまいそうな気もします。人間が使ってもだめなわけではないと思いますが、パッケージにもっと犬・猫用ということが分かるようになっているともっといいと思いました。ライオン商事株式会社ファンサイト参加中


●ミニエッセー2157「ヅカノート2012夏より2・華やかなりし日々 夢の配役」
※主な役のみ略称・順不同、敬称略。(  )は本役。花・月・雪・星組の順。

・ロナウド(大空)    蘭寿・龍・音月・柚希
・ジュディ(野々)    蘭乃・愛希・舞羽・夢咲
・アーサー(凰稀)    壮・明日海・早霧・涼
・警部(寿)       高翔・越乃・奏乃・美稀
・フローレンツ(悠未)  悠真・星条・未涼・十輝
・ニック(北翔)     愛音・美弥・夢乃・紅
・市長(風莉)      紫峰・綾月・香綾・美城
・キング(鳳翔)     華形・紫門・沙央・真風
・ピーター(蓮水)    春風・光月・蓮城・天寿
・ビリー(凪七)     鳳・宇月・彩凪・壱城
・アンナ(純矢)     桜・花瀬・舞咲・白華
・キャサリン(愛花)   華耀・夏月・愛加・音波
・ジョージ(七海)    望海・美翔・彩風・如月
・ハリー(鳳樹)     瀬戸・珠城・香音・麻央
・ジョセフィン(藤咲)  花野・妃鳳・大湖・稀鳥
・ポーラ(すみれ乃)   華雅・花陽・星乃・早乙女
・ロイ少年ほか(月映)  冴月・千海・真那・大輝
・ロイほか(凛城)    月央・響・大澄・碧海
・ボブ(愛月)      夕霧・華央・亜聖・鶴美
・ロナウド少年ほか(星吹)大河・瑞羽・詩風・礼
・ロス(蒼羽)      柚香・麗奈・久城・ひろ香
・ジェームス(澄輝)   芹香・煌海・煌羽・海
・へディ(鈴奈)     初姫・憧花・麻樹・花愛
・ジャック(松風)    彩城・貴千・央雅・汐月
・グレン(美月)     日高・有瀬・朝風・夏樹
・ケイン(風馬)     和海・美泉・月城・紫藤
・少年(百千、花乃)   梅咲、仙名・琴音、愛風・沙月、透水・綺咲、貴遠
・セシル(美風)     芽吹・白雪・早花・音花               

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/07 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
七敵グッズ

写真と記事一致です。某所からいただいたドラマ『七人の敵がいる!』の非売品エコバッグ。そういえば先月ドラマの終わり近くからわっちの好きな松村雄基さんが登場してびっくり。久しぶりに拝見できうれしかったなぁ。
それから、このドラマにはこれまた好きな俳優・冨家規政さんも出ていたのですが、途中クモ膜下出血で降板された田宮五郎さん(故・田宮二郎さんの息子さん。浅野ゆう子さんの恋人)の代役だったんですってね。雰囲気が似た方にしたのかな。時々しか観なかったので知りませんでした。田宮さん、どうかお大事に。

【モニター品 ファミリー柿渋石鹸 現品】
DSC01295.jpg
写真は手洗い時ですが、この後全身用として使いました。この季節はどうしても汗をかきます。接客業として常に制汗クリームなどを使用していますが、これは自分自身もさわやかなシトラス(柿のにおいはしません・・・笑い)の香りで癒されて、汗のにおいも気にならなくなるのでサロンワークでも自信がつきますね。くすみも取れる気がしますし、肌がきゅっきゅとなって乾燥も気になりません。
実は、におい対策には渋柿成分がよいというので、他メーカーの物を買って、まだ使用していないのですが、そちらより今回の方がせっけん自体の香りは好きです。
ただし、個人の違いもあるかもしれませんが、もう少し香りが強く長く肌に残るといいなと思います。ペリカン石鹸ファンサイト参加中


●ミニエッセー2156「ヅカノート2012夏より1・6月旅日記⑩」
帰宅する前にわんこ社長宅へ寄り、頼まれたお菓子と、お土産を置いてきた。つもりが・・・もうひとつお土産があったことに帰宅してから気付いた。ぼけていた。

帰宅して主人にもお土産の定期券・ICカード入れを渡そうとして、値札がついていることに気付いてあわてた。欲しがっていたものなので、喜んでいた。

本当はすぐにでも寝たかったのだが、いつものとおりその日のうちにやらないと気が済まない荷物整理や自宅PCメールチェックなどをしているうちにまたまたすっかり午前4時過ぎになってしまい、そこで寝ると主人のお弁当が作れないと思い、しかたなく朝まで起きていた次第である。とほほ。

中身が濃かったがあっという間だった久しぶりの旅。一人旅ながら、思いがけずたくさんの仲間に会えて、大好きなスターたちを堪能できて幸せだった。
そういえば今回Nつんが私のことを「放蕩奥さん」と呼んでいて笑った。好きな事をさせてくれるうちの主人を絶賛していた。今はシシィほどいつも放浪しているわけではないが、確かに日々、まともな主婦業はやっていないにもかかわらず、何でも自由にやりたい放題できる環境は、天国のシシィやなかなか自分の時間がない世の奥さまにも申し訳ないことだ。               

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2012/07/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
三代目Jソウルライブ行くことに

↑ 昨日の続きでとんでんのコーヒーゼリーソフト。コーヒーもゼリーも苦手なのに、なぜかたまに食べたくなるんですよね。

<本日の記事>
10月の札幌での三代目Jソウルブラザーズのライブに行くことになりました。一人で・・・ぷぷっ。

<サロンのブログ更新しました>
社長ネイル「初夏のステージ用」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 花かぼちゃ8枚入り】
DSC01293.jpg
わーい、大好きな道北のスイ―ツ王国・旭川の壺屋さん、大好きなかぼちゃスイ―ツ!旭川の忠和(壺屋さんの会社があります)に親戚がいる私は小さい時から壺屋さんのお菓子を食べてきました。和洋折衷な品ぞろえで、とにかくすべておいしいのですが、今回のパッケージもかわいくて、お土産にもぴったりな花かぼちゃも絶妙な甘さと歯ごたえで最高でした。北海道のバターは世界一だ!ちょっぴり香ばしいかぼちゃのたねもおいしいんですよね。
家族やサロンのお客様にも大好評でした。オンラインショップもありますので、全国の皆さん、ぜひチェックしてみてください!!壺屋総本店ファンサイト参加中


●ミニエッセー2155「ヅカノート2012夏より1・6月旅日記⑨」
窓から素晴らしい夕景が広がっていて、写真を撮ろうと思ったのだが、わっちは3席並びの通路側で、真ん中は誰もいなくて窓側に若い女性がいて、写真を撮ろうとするとその彼女の顔が入ってしまうのであきらめかけたら、彼女が「撮りましょうか」と、親切に代わりに雲海と夕日を撮ってくれたのである。
わっちは、上の棚に上げた荷物を下ろして、そこから帝劇でただ入れ物欲しさに買ったチョコレートを取り出し、お礼にその彼女に差し上げた。彼女はお弁当を食べていて、そのチョコをデザートにしていた。
今思えば、わつちは缶しか要らなかったのだから、もっとたくさん中身をさしあげれば良かった・・・ひとつかみとか。気持ちとは言え、一つってせこかった。すいませんでした。
彼女はそんなたったひとつのチョコに、最後の最後までお礼を言ってくれた。旅って、そういうのがいい。
それでも人見知りのわっちは、愛想笑いもできず、それ以上話しかけたりとかはできないのであった。

10分遅れで千歳に到着。東京よりは寒いけれども、思ったより湿度があった。
復路はひたすらエリザベートを思いかえし、車中いろんな歌を歌いまくった。わっちはトートもシシィもなんだってできるぜ。一人エリザベートができるファンって、結構いるのでは。
わっちは体型的にはゾフィーか・・・誰ですか、笑っているそこのあなた。(続く)            

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2012/07/05 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ビオクラスタイル

↑ 車の買い替え成約記念?の主人との外食(苦笑)。和食レストランとんでんで初めて洋食(チーズハンバーグ)のセットを食べましたが、めっちゃおいしかったです。

<本日の記事>
渋谷ヒカリエにあるというビオクラスタイルというマクロビオティック食品などの店は、86期の夏空李光さんを中心にたくさんの宝塚OG(しかも結構なスタークラスがいっぱい)が交替で店員を務めるというある意味上手な商法ですよね。絶対、ファンが行くもん。
中には女優業や講師業と兼務している方も。経済的にもやりがいとしても、または女優としての仕事に役立つかもしれないので、それはそれでいいけれど、接客・サービス業も兼ねる舞台人というのは、何か芯がぶれたりはしないのでしょうか・・・。
この店の経営母体の会社に以前私が使っていたアルソア化粧品などがあります。夏空さんは、ブログで父親が化粧品開発に携わっていると言っていたので、その関係でリーダーなのかしら・・・。

【モニター品 トライアルレンズ・エンジェルアイズワンデー】
DSC01287.jpg
ソフトカラーコンタクトレンズ・・・といっても、ふちだけに色がついている度ありタイプです。ヴィヴィットブラウンというのも送っていただきましたが、もともと目が茶色いため、分かりにくいだろうと踏み、写真は右目だけにアクセントブラックというのを装着しています。やっぱりひとまわり大きくなって、違いますよね。
つけごこちは自然で、大きさも問題なしでした。定期的に眼科で診察さえしていれば度数も把握できて通販で買えるのはとにかく便利ですね。
モニターが決まって、メールに来たサイトから注文する方式でしたが、会員登録し一旦閉じてからモニター用の商品ページへいかなければならないというのがよく分からず、最初は会員登録してそのまま商品ページに進んだため、注文方法間違えということでお知らせメールが来ました。その後の対応はとても良く、商品もすぐ届いたのですが、できれば応募時に既に色や度数の希望を取っておいて、すぐ送っていただければスムーズですよね。会員登録してもらうことも目的ならば、モニター決定者の個人データは把握できるのですから、自動的会員登録の了承を取るなどして募集してはいかがでしょう。カラコン通販|エンジェルスタイルファンサイト参加中


●ミニエッセー2154「ヅカノート2012夏より1・6月旅日記⑧」
席は前日の1個となりにずれただけ。1回中盤列のセンターだ。前に頭が大きい人がいて少し見づらかったが、とにかく舞台の内容が素晴らしかったので、感動しっぱなしだった。
アンコールが全くマテトートとは違うことなど、こちらも後日報告したい。

いつもそうなのだが、あとは帰るだけになると、とたんに気持ちがどよーん・・・足取りが重いのなんのって・・・。帰りたくない、できるなら毎日帝劇版エリザベートが観たいと思った。
羽田空港に着いてから、さらにどよーんとなる出来事があった。わんこ社長に頼まれていたお菓子がどこを探しても見つからないのである。

保安検査前の店もすべて、中に入ってからもすべて回ったがない、ひょっとしたら国際線?しかし、その時間はないので、わんこ社長に電話して、似た感じのもので勘弁してもらうことにした。
それからおおあわてで、お弁当を買って食べた。飛行機では寝てしまうし、帰宅は午後10時ころなので、夕食タイムがないのである。
ちなみに、お弁当に悩んでいたらまたFさん親子にばったり。同じ飛行機で帰ったのだった。

やっぱり、いつ飛び立ったか分からないというタイミングでわっちは眠りの世界に入り、気付いたらちょうどドリンクサービスが。飲んだらもう眠くなくなってしまった。(続く)               

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2012/07/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
東てる美さんはマミさんの本当の先輩

↑ サロンのお向かいのお宅の庭にて。次々素晴らしい花が咲き、サロンの窓からも楽しませていただいています。

<本日の記事>
先日終了したマミさん主演の昼ドラ『七人の敵がいる』で、マミさんの職場の先輩を演じていた東てる美さんって、実際にマミさんと同じ高校出身の本物の先輩だったんですね。ご縁ですなぁ。撮影本当にお疲れさまでした。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ケア「ジェル休憩期間へ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

【モニター品 C.P.E.リフトアップ実感トライアルセット】
DSC01285.jpg
ジェルに近いテクスチャーで少量の水で優しくあわだつ酵素洗顔料『C・P・E・ミルキーマイルドウォッシュ』、さっぱりタイプの化粧水『C・P・E・アクアゲルローション』、仕上げ美容クリーム『C・P・E・リバイタルクリーム』(写真のてのひろが1回分の量)。
鼻周辺の毛穴の開きを改善できるものを探しています。特に、クリーミーな洗顔料はほのかにハーブっぽい香りがして、よかったです。化粧水とクリームは、保湿効果はあるのでしょうけれども、使用感的にはさっぱりめで、皮脂の多い人向けのような・・・。確かにリフトアップにはよいのかもしれませんが、もう少しうるおう感じだといいなと思いました。
しかし、べたつかない感覚とクリームはUV効果もあるので、化粧下地にいいですね。化粧水は拭き取り用・朝用に、クリームも朝がいいかも。私は洗顔料を使っての洗顔は夜だけなので、洗顔料は夜用にとそれぞれ使い分けたいと思います。
募集時FAXでのアンケートでも回答を・・・とのことでしたが、その用紙のような物は同封されていませんでした。ネットでの回答だけでよかったのか、または後日送られてくるのでしょうか。カレンコスメティックスファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2153「ヅカノート2012夏より1・6月旅日記⑦」
私はシャンテの井上君と和音美桜ちゃんの『ルドルフ』PR写真展を観て、化粧品コーナーなどを回った後、有楽町イトシアに移動。主人へのお土産やサロン用の用品をゲット。
すると、荷物が増えすぎたため、有楽町駅前で必死に荷物を工夫して小さく整理した。
そして、前日に楽しみにしていたチョコレート店へ。
本当はチョコレートを買いたかったが、気候と持ち歩き時間を考えて断念して、フィナンシェを購入。そして、帝劇でのランチのお供に、冷たいチョコレートドリンクも。庶民感覚では、これらの同じような買い物をコンビニでしたら、800円くらいのところ、この店では倍以上の値段だが、その価値が十分あるほどにおいしくて、サービスもよく、すっかりこの店のファンになってしまった。10月の旅でも寄ろう。

少し早めに帝劇に入り、立ち食いランチ。イトシアで買ってきたベーグルサンドと絶品チョコレートドリンク。ギャル曽根ちゃんもびっくりな大食いのわっちにしては少ないが、実は朝ホテルで時間がない中で、前日コンビニで万一のために買っておいたパンをちょっとかじっていたのであった。笑い。
ウィーン直輸入のエリザベートグッズで欲しい物があったが、高いためあきらめてポストカードを買っていたら、Fさん親子と再会。一緒にトイレ列に並んだ。そこで、前職場の現況などを少し伺った。

大好きな石丸さんと大好きな春野さん、そして期待の岡田フランツ(愛と青春の宝塚じゃ、マミさんの彼氏だったのに!!今度はおさちゃんかいな・・・笑い)とあって、どんなに寝不足でもさすがに眠くならずに今回最後の観劇。(続く)               

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2012/07/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ピーチは30分前
DSC00861な
↑ フェイシャルを受けて社長に言われ、笑われたことは・・・私のおでこが丸くて立派なこと。ぎょへー。

<本日の記事>
格安航空会社のピーチでは、ほかの会社と違い、飛行機の出発30分前にはチェックインしないとだめなんですね。いつか乗る時は気をつけなくては・・・・。

【モニター品 くるぶしウォーマー】
DSC01281.jpg
シンプルながら品質がよく、リーズナブルなので大好きで、サロンのお客様にもおすすめしている山忠・温むすびさんの6月18日発売の新製品です。実際は写真よりも深いネイビーです。
この季節にぴったりですね。フットネイルも見せたいしサンダル・裸足が好きなんだけれど、私は関節痛があるので、くるぶしの冷えが気になっていたのです。かかとの小さい私でもぴったりフィットしてずれないのが最高。またまたサロンで自慢しそうです。
欲を言えば、丈はもう少し短くてもいいかな。色はほかに黒とピンクとのことですが、白・ベージュ・パープル・きみどりなどがあるといいですね。パープルが出たら即買うのですが。
今、1足でも買えば送料無料、1,280円です。温むすび ファンサイトファンサイト参加中


●ミニエッセー2152「ヅカノート2012夏より1・6月旅日記⑥」
JR改札前でお別れ。彼女には、「次はガラコンに来てよ」と誘われたのだが・・・うーむ。
私はまたカロリー消費のために夜の銀座を歩き、ホテルに帰った。
それから荷物整理、入浴、ボディケアなどをやっていたらあっという間に午前4時。寝不足は必至。翌日、観劇中に寝てしまうのではないかと不安になった。

・6月24日
チェックアウトの1時間前にやっと起きて、それから洗髪・メイク・荷物整理という荒技をやってのけた。
実はこの日も、観劇までに時間があるし、もし余力があったらスカイツリーという腹案があったのだが、目が赤い状態で、食べすぎたか若干お腹の調子も良くなかったので、チェックアウトしてゆっくり歩いてキャトルレーヴへ行き、前々日半分しか見れなかった写真類やグッズをゲット。
スカイツリーは銀座の萬年橋から上の方だけ見えて写真も撮れたので、今回はそれでよしということにした。

キャトルから出てちょうど日比谷シャンテが開く時間になったので、入ろうかと思ったら、この日近くの席で帝劇を観るはずの元職場のヅカ仲間のFさん親子を発見。私の少し後でキャトルで会計されていたらしい。
Fさん親子は前日上京し、宙組を観劇後同じホテルに泊まっていた。前々から偶然旅の日程が重なったので、帝劇で会いましょうと話していたのだが、思いがけず早く会えてうれしかった。Fさん親子とは昔からそういうことがよくあって、楽しい。
シャンテの前で少しお話し、帝劇で再会することにして一旦解散した。(続く)             

おかげさまで2000回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2012/07/02 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する