New洗濯機
P7300001_20110730154905.jpg
懸賞生活でゲットした液体コーヒーエキス。カフェオレ用。

結婚した時に買った洗濯機に別れを告げ、23年ぶりに新しくチェンジ。ドラム式ではありませんが、音が静かなのがいいですなー。って・・・うちでは、洗濯はほとんど主人がやるんですけどね・・・。


●ミニエッセー1846「三銃士を観て⑥」
リシュリュー枢機卿=山口祐一郎さん。
個性的な歌い方とこれでなくちゃ山口さんらしくないという独特な手の動き。舞台では圧倒的な存在感。たとえ出番が少なくても、とにかくインパクトがすごい。なのに、CMなどで見せる母性本能をくすぐるようなおちゃめな面―ファンの方はそのギャップがたまらないことだろう。
ミレディの苗字がウィンターなので、山口さんがその名を述べたとき思わず『レベッカ』を思い出してしまった。

アンサンブルで知っていたのは、マミさんと同じ系列事務所の青山航士さんをはじめ東山竜彦さん、松澤重雄さん、碓氷マキさん、柏木ナオミさん、樺島麻美さん、久路あかりさん、鈴木結加里さん、柳本奈都子さんだが、ほかの皆さんも含めて皆素晴らしかった。
久路さん、柳本さんは元タカラジェンヌ。特に久路さんにはもっともっとご活躍いただきたい。柳本さんは、現役時代の名前は夏鳳しおり(月組)。あさこさんと同時に退団した。名前は芸名のままのほうがいい気がするのだが・・・。表情に乏しかった印象があるが、今度は頑張っていただきたい。

アンコールが何度も続き、最後には井上さんと三銃士の3人の4人が銀橋でいろいろと語っていた。石井さんが時代背景のうんちくを語り、まだベルサイユ宮殿のないころですと説明していた。三銃士がストーリーと同じく、本当に井上さんを可愛がっている様子が分かり、ほっこりした。
西野先生の指揮棒が剣に変わっている演出がにくい。帝劇100周年を見守ることができ、幸せに思う。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2011/08/31 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
彩那さんらの退団

ある方へプレゼントしたガラス入りプリザーブドフラワー。

雪組の主力、彩那さん、晴華さんや立ち姿が良かった大凪さんの退団はとても寂しいです。11月に東京で退団公演を拝見します。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル&きらアート「庭園ウエディング―前撮影用」(記事二つ)を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1845「三銃士を観て⑤」
ロシュホール=吉野圭吾さん。
出ました~色モノをやらせたら右に出るものはいないバイプレーヤー。この役は吉野さんのためにあるようなものではないか。眼帯のビジュアルも素敵で、マンガに出てくるキャラクターのよう。いまや東宝ミュージカルに吉野さんは欠かせない存在だ。

ミレディ=瀬奈じゅんさん。
誰もが目を奪われる豊満なバスト(谷間の影描きがとても上手で素敵だった)と適度に肉感的なのがいい太もも。思いっきりがいい。退団後の舞台で湖月わたるさんがかなりの露出度で色気たっぷりに演じていたときも驚きというか感心したが、あさこさんの堂々とした黒衣の悪女ぶりにも拍手である。
宝塚ファンではない方が「瀬奈さんは宝塚の男役トップだったというだけあって押し出しが強くていいわね」と話していた。ただ、まだまだというかやっぱりというか、男前な悪女だ。声もハスキーだし、湿度のある女おんなした色気ではない。「瀬奈じゅん」らしい。
『エリザベート』のときは気にならなかった声量だが、ほかのメンバーがザ・ミュージカルの人ばかりですごすぎるということもあるのか、あの広い劇場ではちょっと弱く、前に広がらないなという印象を受けた。最初は音響の問題かと思ったが、銀橋で歌った時もほかの人と比べてしまうと迫力に欠けたかもしれない。あくまでも推察だが、ドレス、あるいは補正着衣でお腹のあたりを締め付けているとか・・・。
余談だが、次回作の『ニューヨークに行きたい!!』のチラシのあさこさんがあまりにもかわいらしくおきれいで、何度も眺めてしまった。仕事がずっと続いて大変だろうが、体に気を付けて活躍していただきたい。
ところでこの役・・・私には最後まで「謎」のままだった。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/30 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
シンクロでシナーマン

記念に撮ってみました。主人は、砂嵐になる瞬間を録画してました・・・。

世界水泳2011・シンクロのアメリカチームが「シナーマン」の歌入り(原曲と思われる)を使っていましたね。ノバボサで歌われる雰囲気とは若干違ったけれど、ちょっと感動しました。それに比べて、日本はどの種目も使った曲がよくないと感じたのは私だけ?


●ミニエッセー1844「三銃士を観て④」
ルイ13世=今 拓哉さん。
抑えた役で居方が難しそうだが、さすがに的確だった。これもぜいたくな配役だ。劇団四季時代から考えると、いまや今さんのどの舞台を観てきたか、なんだか分からなくなっている。数は多くはないのだが、たまに石井さんと間違えてしまう。
彼は私より4歳年下だが、何しろ奥様がわれわれ世代のスターで世代的には上の岩崎宏美さんなのだから、そのことだけで感心。夫婦でこれだけ歌えたらすごい。

進行/ジェイムズ=坂元健児さん。
今年2月に観た『愛と青春の宝塚』のときも書いたが、劇団四季時代のプライドが高くて生意気な印象(テレビって怖い。今、ナイナイ岡村さんのことをどう思っているのか知りたい)からだんだん変わりつつある。とうとうお笑い担当、いや失礼、三枚目で個性的な役どころで魅力を発揮することになった。ジェイムズのときのヘアースタイル、妙に似合っていて、もっともっとオネエ系な感じで見たいと思ってしまった。これからも舞台でたくさん出会えるだろう。

バッキンガム公爵=伊藤明賢さん。
役に対して、なんとなく雰囲気が若い感じがしたけれど・・・。
ひゃー、あの伊藤さんがこんなに立派になって・・・おばちゃんはうれしい―それが正直な気持ち。まだまだこれからっていうときからマミさんの舞台などで親しみがあった。私にはダンサーという印象が強い。それから徐々にさまざまな方面、舞台でお名前を観るようになり、実際にも目にして、ミュージカルスターの育つ過程を見守っている感じだ。何しろ185cmの背丈は強いし、自分も名乗っているくらいのイケメンだ。よしもと所属っていうのもいんでないかい。私とはブログが同じサーバー同士でもある。これからも頑張っていただきたい。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/29 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
1000回記念62・JURI最終回

米国の友人からいただいたプレゼントのボディークリームと除菌ジェル。重宝しています。

ネタばれ注意です。CS『JURIのやっぱりGOGO5』が今月最終回に。音月さん、彩那さん、香綾さん(めっちゃ面白い子ですやん)がゲスト。しずるちゃんのきむちゃんのものまねがよかったなー。じゅりちゃんのまた違うシリーズを望んでいます。

※リンクを追加しました→バイオスカルプチュアジェル

<サロンのブログ更新しました>
お知らせ「当店がメーカー公式紹介サロンに!」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 マンナンクレンジング サンプル]
P8280002.jpg
柔らかいイメージのこんにゃくがスクラブとはいかに・・・乾燥させたものかしら。半透明の泡立たないのびのよいジェル状で、スクラブといっても角があって痛いようなタイプではなく、適度な刺激で優しい感じでした。写真は、少しバックのようにおいてみているところ。でこっぱちですいません(笑)。すすぎあとは、感覚的にはさっぱりなのに、触ると不思議なことに肌はしっとりで、輝きが出た気がします。課題としては、水やぬるま湯ですすぐときスクラブが流れきれずに肌に少し残ることです。ラポーアンジェリックファンサイト応援中


●ミニエッセー1843「三銃士を観て③」
アラミス=石井一孝さん。
何を演じても品がある2枚目ミュージカルスター。本当は濃い方だが、今回は橋本さんや岸さんがいるから自分なりの薄めの?キャラを作って徹底していた。昭和なわっちは、石井さんを見るとついつい野口五郎さんを思い出してしまう。レ・ミゼつながりということもあるが、雰囲気が似ている気がする。この方は多才だ。ミュージシャンでもあるし、超筆マメで、ブログがいい。一度ご覧あれ。

ポルトス=岸 祐二さん。
正直、今まで観た舞台『ルドルフ』『エリザベート』では、そんなに中核の役ではなかった記憶があり、今回三銃士の一人ということで、すごく出世したなという印象。くいしんぼうの太った3枚目担当を全力で演じていて客席の笑いを独占。三銃士3人とも・・・濃い(笑い)。今後もどんどん渋くなって味のある役者さんになってほしい。

アンヌ王妃=シルピアグラフさん。
レベッカの準主役の印象が強くて、重要ながら動きの少ないポジションではなんだか物足りなくて、この役にシルピアさんってちょっとぜいたくではないかと感じた。合うか合わないかでいうと、王妃は合わない。よい意味で土くさくて「動」な役者だと思うからだ。王妃にしては男前な声で(失礼)、誰よりも迫力がある。はっきり言うとミレディでもよかったのではないだろうか。あさこさんが出演していなかったとしたら。

コンスタンス=和音美桜さん。
役にぴったりだった。宝塚退団以降、すっかりミュージカル女優・ディナーショー歌手として定着し大活躍のたっちん。宝塚でトップ娘役になってほしかったと考えていたが、これでよかったのだろう。美貌と歌の2大武器は強い。これからもおおいに輝いていただきたい。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2011/08/28 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
サントラCD2つ
P7210009.jpg
先月、社長と回転ずしランチへ。この日限定の海ぶどうとうなぎなど、めっちゃおいしかったです。

映画のサントラCDって、場面を思い出したりして楽しいですよね。最近買ったのは『ラプンツェル』と『パイレーツ―(生命の泉)』。どっちもディズニー。サロンで仕事しながら聞いてます。


●ミニエッセー1842「三銃士を観て②」
その『三銃士』が帝劇ではどんなふうになっているのか楽しみだった。一番楽しみだったのは、あさこさんこと瀬奈さんの女優っぷりだ。おさちゃんとは違い、明確に東宝ミュージカルスターの道を歩んでいるあさこさんが頼もしくも感じる。
舞台全体の演出はそんなに手の混んだ形にせず、万人に分かりやすくて良かった。演出・山田和也さんはいつもそうだ。ソロの歌があまりにも長いなと感じる部分があったが・・・。
たいへん有名な物語なので、ストーリーについては簡単に触れてから、キャストそれぞれについて述べることにする。
主人公が恋するコンスタンスが毒殺される点だけがあまりにも悲しい。宝塚版なら実は生きていた・・・とできるかも。結局は主人公の成長物語なのだが、人は困難に出合いながら必ずさまざまな人とのかかわりによって助けたり、助けられたりしながら、夢に向かって懸命に生きるしかないという基本中の基本が示される。今の世にはその基本こそが大事だと感じるし、勇気をもらえた。

ダルタニャン=井上芳雄さん。
もうデビューして10年というが、実に若々しくてぴったりだ。人形劇の主人公を踏襲したような明るさと無邪気さと感性の豊かさをうまく表現していた。ますます演技がうまくなった。あの細さでなぜ歌えるのか。体力も相当使うだろう。どうか地方公演千秋楽までけがをせず、務めていただきたい。

アトス=橋本さとしさん。
1997年に劇団☆新感線を退団しているのに、まだ在団されていると勘違いしていた。数年前ミス・サイゴンで拝見し、やはりハンサムで大きくて舞台映えすると思ったものだ。今回は渋さとワイルドさが加わって、役者は年齢の重ね方次第で魅力になるからうらやましい職業だと痛感。三銃士の核ともいえる重要な役を素敵に演じていた。あさこさんと元夫婦か・・・へーー←役の話。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2011/08/27 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
謎が解けたかも・・・?

サロンのお向かいのお宅に毎年見事に咲くあじさい。先月でしたが、この翌日にはもっと増えてました。

当ブログの訪問者履歴(同じFC2ブログをやっていて、足跡を残す設定の方のみ分かるシステムになっている)には、私の好きな世界とは全く無関係に思える萌え系アニメ関係のブログをされている方が多いのですが、前々からなぜだろうと疑問でした。中には、そういったアニメと宝塚も趣味にされている方もいらっしゃるので、それは理解できておりました。
先日、全く偶然に「わっちさん」という女の子のキャラクターが存在することを知り、恐らくタイトルを見たりたまたま検索でご覧いただいているのかも・・・と推察。期待してこられた方、申し訳ありません。でも、ちょっとすっきりしました。

<サロンのブログ更新しました>
社長ネイル「手描きガーリーチェック」を掲載→ネイルセラピーサロンstage 

[モニター品 ハーツイーズ 【弱アルカリ洗顔フォーム】]
P8260010.jpg
クレンジングおよび洗顔が可能な硬めのグレーのクリーム。ネットもついており、泡立ちが素晴らしかったです。私が仕事モードのがっちりメイクだったためか1度ではすべては落ちなかったので、2度洗いしたのですが、アイラインやマスカラは1度で落ちました。そのあとどれくらい汚れが落ちているか試すために、ジェルピーリングと鼻シートによる角栓取りをしてみました。おお、ピーリングのカスがあまり出ないし、角栓もついてこないではありませんか。
課題としては、ほんのちょっとでも目に入ると激烈に目が痛くなること。私はクレンジングや洗顔料ではこの点を重視しており、入っても痛くない物があるので、研究されてはいかがかなと思いました。ハーツイーズ・ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1841「三銃士を観て①」
ネタばれにご注意いただきたい。
帝劇100周年記念のこの演目だが、別な配役で日生劇場でもファミリー向けの『三銃士』が上演されたことにはびっくり。ちょうど私が帝劇で観る数日前のことだ。『三銃士』ブーム?いっそのこと宝塚でもやったらよかったかもしれない。それぞれの楽しみ方ができそうだ。
『三銃士』をやることは前々から決まっていたのだろうが、この物語では「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」という有名なセリフが出て来る。まるで2011年3月11日以来の震災、原発事故で苦しむ人を励ますような作品になっている。不思議なものである。
原作はフランスのデュマの小説で、この『三銃士』の部分は、壮大なダルタニャン物語の4分の1くらいの話だそうだ。それを聞けば、なぜ主人公がダルタニャンなのに、タイトルが『三銃士』なのか納得だ。
ミュージカルでは、原作をかなり脚色している。ミレディは自害するのではなく、原作では処刑されるし、純情な乙女のようなコンスタンスは実は夫がいるのである。
色濃い登場人物がたくさんで立ち回りもあり、悲劇でもあり喜劇でもある。また、ベルばらと同様に史実と創作をからめていて、大舞台のミュージカルに仕立てるにはふさわしい作品。恐らく、池田理代子先生はベルばらを描く前にこの小説を読んだことだろう。ベルばらはルイ14世の末期ころから始まるが、『三銃士』はその父・13世時代のお話である。

昨年だったろうか。時々ではあるが、NHK連続人形活劇の新・三銃士を観ていた。詳しいストーリーは分からなかったが、脚本が三谷幸喜さんで、エンディングの歌を平井堅ちゃんが担当、声優陣もなかなか豪華だった。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2011/08/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
1000回記念61・こだわり・父親
P7190004.jpg
先月実家に咲いていたあやめ。実はわっちは生まれた時、あやめという名前も候補のひとつだったそう。しかし、伯母に同じ名前がいるので、やめたとのこと。純和風な名前でなくて良かった。だって、顔が「洋」ですから~。爆。

ネタばれ注意です。今月のCS『こだわりランキング』は「父親にしたい役」。いろいろ悩みましたが、わっちは8位だったオスカルの父・ジャルジェ将軍をリクエスト。名前が出ちゃってましたな―。やっぱり、この番組のゆうひちゃんの1位率は高い!

[モニター品 国産100%【日本の杜仲茶】サンプル]
P8250016.jpg
杜仲茶のイメージといえば、やせたい身には飲みたいけれど、中国産がほとんどだし独特の苦み・渋みが嫌。しかし、これは日本産(ただし、日本のどことは明記なし・会社は静岡)で、甘くまろやかに仕上げたとうたっていたので、本当なのかと試しました。ホットの方が苦味がない(と思っている)ので、ホットでいただきました。
確かに、今まで飲んだことがあるものとは全く違っておいしくて、まろやかでとにかく飲みやすいです。ノンカフェインなのも万人向けでおすすめです。健康食品オンラインショップファンサイト応援中


●ミニエッセー1840「ヅカノート2011夏より⑭ルナロッサを観て②」
そして、かなめちゃんの美貌は宝塚のためにあると言ってもいい。女役をさせたかったのはよく分かる。本当にきれいだった。ただ、男性を死においやる食中花的な発想は繰り返し使われているパターンなので、稲葉先生には、次回頑張っていただきたい。ゆうひちゃんとかなめちゃんが色っぽくからむところとか・・・。

デュエットダンスのときに感じたのが、男役は現代風スーツで、娘役が民族的ドレスなのに、不思議と違和感がなくて素敵だったということ。あの赤でもオレンジでも朱色でもない衣装の色がいい。月というより太陽だが・・・。

今回、下級生で気になる子を二人発見。一人は前々から注目のアイドル的様姿の伶美うららさん。すでに目立つポジションで踊っている場面があり、かわいらしいお顔と生き生きと踊る様子に目がいった。順調にいけば、この方は娘役トップになることだろう。それからもう一人は、ロケットでセンターを務めていた春瀬央季さん。舞台姿を今までよく確認できなかったが、ひょろっとしていて華があってなかなか舞台に映える。なにせ、春野さんの「春」と瀬奈さんの「瀬」を背負った名前だから、スターにならなければいけないんじゃないかと思うのだ。がんばれ!

歌がお得意でよい個性を持つ天羽さんが休演で残念だった。どうかお大事にしていただきたい。
それから、この公演の後、今月お盆に急きょ青年館で行われた『ヴァレンチノ』を生で観れなかったことが残念だ。当初は本公演で退団予定だった妃宮さんが、『ヴァレンチノ』まで退団を延期するという異例な状況になったが、本人やファンにとって、それもまた良かったのではないかと思う。ともあれ、今後もずっとゆうひちゃんの『ヴァレンチノ』を思うたびにあらためて東日本大震災のことを胸に刻むだろう。退団者の皆さま、お疲れさまでした。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2011/08/25 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
なでしこJAPAN!

サロンのお客様にいただいたハワイのお土産。マグネットはサロンのイメージを考えてくださったそうでとてもうれしかったです。

やっと、なでしこJAPANのお話です。スポーツ音痴の私が、優勝を信じて準決勝も決勝もリアルタイムで観て、一人で大感動しました。好きな道をひたすらあきらめずに進む。努力を欠かさない。そして楽しむ。あらためて大事だなと胸に刻みました。
おめでとうございます。そしてこれからも日本女性のねばり強さ、フェアーさを世界にアピールしてくださいね。

<サロンのブログ更新しました>
「プレゼント用デコオーダー(缶オープナー)」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1839「ヅカノート2011夏より⑭ルナロッサを観て①」
「ルナ」と聞くと2000年の月組・マミさん主演の『LUNA』を思い出す。ゆうひちゃんも出ていた。あのころから、絶対やがてトップさんになると見守ってきたゆうひちゃん。それから長い月日がかかったが、それは決して回り道でもないし、必要な時間だったのだと熟成の彼女の舞台を観て確信している。
今回のショー、その『LUNA』のときのショー『ブルー・ムーン・ブルー』とかぶる雰囲気があったので、これこそ斉藤先生の演出か―と思ったら、なんと稲葉先生の作品。
『ブルー・ムーン・ブルー』だけではなく、なんとなく『マラケシュ』(芝居だが)、『美麗猫』や今年再演の『ル・ポァゾン』的な要素もあったりして・・・。
100年近い歴史で、ザ・宝塚なショーを組み立てるとなれば、どうしても過去の作品の一場面に類似したものが出て来てしまうことは仕方ないかもしれないが、せっかく若い演出家なのだから、オリジナリティにあふれたものを考えてほしかったなーというのが正直な感想だ。
全体としては嫌いじゃないし、それなりに楽しかったけれど、印象に残ったのがオープニングとアレンジした大階段セットでの男役総踊りくらいなのがちょっと寂しかった。

とにかく、ゆうひちゃんにしか表現できないクールでセクシーな男役像は「もうかないません」という状態。宙組にはたくさんののびしろを持った若手2枚目男役がたくさんいるので、ぜひ今のうちに心と技術を盗んでほしいと思う。
すみ花ちゃんの安定感もいい。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/24 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
エンタメ空港気になる
P7170004.jpg
コーチャンフォー(CD・雑貨・本)でゲットしたコリラックマの携帯音楽用イヤホンとお弁当ピック。

旅日記でも触れましたが、先月から新千歳空港に映画館や温泉、フードコートほかいろんな施設ができて飛行機に乗らなくても遊びに行けるエンタメ空港になりましたが、わっちもゆっくり行きたいです。
しばらくは混んでいるでしょうが、もともと空港が大好きなので、地元空港で終日ゆっくりしてみたいです。


●ミニエッセー1838「ヅカノート2011夏より⑬美しき生涯を観て③」
また、あらためて専科の方の力を見せつけられた作品でもあった。どこかひょうひょうとした秀吉の未沙さんの未沙さんらしい演技と、歌と演技に大地に根の張ったような貫録とのびやかさがある美穂さん。未沙さんが定年で退団するときがこわい。特に私が観たときは、この二人への拍手が大きかった。
いや、宙組のファンの皆さんははかつての花組のようにすべての場面で拍手が温かくて素晴らしかった。平日の昼間にもかかわらずだ。そういうところを見るとかつて熱狂的に花組を追いかけていたころが懐かしく思い出され、やっぱり宝塚っていいなと思った。その拍手のおかけで、旅日記で述べた団体客の上演中のさわがしさが断ち切られて助けられた。

歌える娘役が女童4人組(こういう感じだの登場だと誰が誰だか分からないのが気の毒)となり、時間の経過や場面転換の説明役をしていたが、よーく聞いていないと理解できず、もう少しそのへんの演出の工夫がなかったのかと気になった。
三成の「美しき人生」も若干走り過ぎか。史実では三成はほかの女性と結婚して子供もいた立派な父親でもあった。もちろん、茶々とのラブストーリーなので、今回はそのあたりは省略されている。命を大切に、最後まで生き抜く姿勢を東日本大震災で悲しみにある方へのメッセージにもしていると思われたこの作品。今頃天国で本人はどんな風に思っているのだろう。

なお、ちょっとしか登場しないものの話題の「江」役を道産子の雪乃心美さんが演じていたのがうれしかった。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
11・12月の旅日程決めた
P7170001.jpgP7170003.jpg
お墓参りの帰りに寄った札幌のコーチャンフォー羊が丘店のミスドにて。

今年11月と12月は観劇デーが目白押し。既にマミさん、おさちゃん関連はチケットも確保。東京・札幌・東京と・・・。そのために、珍しく8~10月はフライトなしです。

<サロンのブログ更新しました>
「アクリルエコたわし新作入荷」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1837「ヅカノート2011夏より⑬美しき生涯を観て②」
包容力も半端ない。ただ、これは本のせいだろうが、勝気で利発な茶々にひかれ、愛するようになる過程がはしょって描かれているため、「義」と葛藤する「愛」にしては弱い気がして、そこはやっぱりつくり話だからか・・・。もっともっと茶々の魅力が感じられたら、ゆうひちゃんの演技も変わったのだろうなと思った。

すみ花ちゃんは、もともと演技はうまいものの、高貴さといじらしさをうまく醸し出していて、宮沢さんにも負けない雰囲気。また成長した気がした。

架空の人物だが、恐らくそのような役目の忍者はいたろうなと思わせたかなめちゃん。今までたまに「素」が顔をのぞかせることがあったが、この方も成長していてかっこよかった。初めて宙組で2番手をやっているとは思えないくらいの違和感のなさはどうだろう。大先輩ゆうひちゃんとのコンビはなかなかいいし、色香も負けてない。こんなイケメンン二人に愛されるとは・・・。死に方が憎い。さすがに、脚本がファン目線だ。
もう少しラブシーンを自然にやれるようになり、貫録や落ち着きが増せば、立派なトップさんになることだろう。

おいしい役の純矢さん。なんとなくドラマのイメージか、小池栄子さんとだぶる。それに対して、妹で敵を討つすみれ乃さんは、ポイントでしかないのがもったいない。双子の姉は花組でトップさん。負けずに活躍していただきたい。

若手2枚目がうようよしているのに、ピックアップ場面が少なくて本当に残念だった。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2011/08/22 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
札幌ドーム3回目

大野君のCMにつられて買ってみたケンタッキーフライドチキンのハラペー二ョボンレス。ソース、辛いけどおいしかったです。

本日はサロンを臨時休業し、札幌ドームへ!日ハム対オリックス戦です。


●ミニエッセー1836「ヅカノート2011夏より⑬美しき生涯を観て①」
昨今は日本歴史ブームだが、私は名だたる武将たちの年代や関係など、すべてうる覚えで「石田三成」といえば、豊臣秀吉の部下という知識しかなかった。茶々だって、おねや市とごっちゃに・・・。かすかに今、NHK大河ドラマで「江」で姉の茶々を宮沢りえさんがやっていて、秀吉の側室になったはずとだけ抑えていた。
その茶々と三成の関係が本当なのかただの噂なのかも知らずに観て、確からしいことはあとで知った。あとで分かって良かった。じゃないと、物語に入り込めなかったろう。ただの「もしもシリーズ」とは思わないまま観て助かった。
宝塚ファンという大石静さんの本。演出はアニメチックな衣装や色づかいから、雰囲気的に斉藤先生かと思ったが、実は石田つながりで石田先生。もう少しどうにかしては・・・と思ったところはあったものの、全体的には佳作だったと思う。ストレートな表現も新鮮に感じた。しかし、そこまでは歴史を曲げられなかったとみえて、3番手以下の役どころがいまいち魅力や面白さが伝わらなかった。秀吉役を北翔みっちゃんにさせても良かったのではないだろうか。
音楽は大島ミチルさん。おさちゃんの「終わりない旅」を作曲した方なので期待したが、1回の観劇ではそんなに耳には残らなかった。ところどころ何かの曲に似ている感じがした。
タイトルを見たらなんだか退団公演のようで切ない。しかし、首を斬られる最期、天国でのハッピーエンドが退団公演でなくて良かった。けれどもこの時点でゆうひちゃんファンはみんな、「その日」のことを思い胸が熱くなったことだろう。私もぐっときた。

宝塚では戦国時代も衣装が華やかだ。何を演じても安心のゆうひちゃんは、君主かというほど豪華な衣装が多かったが、どれも似合って素敵だった。ヘアースタイルも現実ではそりゃあないだろうという「ちとビジュアル系」でよかった。男役の色気に最後は「凄み」も加わり、大ベテランの妙は群を抜いていた。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ゲストの意味ない「お願い・・・」
P7150003.jpgP7150002.jpg
主婦としての最近のおすすめアイテムと食品。川越シェフ、苦手な方もいると思いますが・・・。

その川越シェフも出ている『お願いランキングゴールド』という番組。マミさんもよくゲストで出るのですが、スタジオゲストのときはあまり意味ないんですよね。ちゃちゃ入れる役として爆笑問題の2人だけで十分で、あとはほんのちょっとしか映らないし・・・ブっ――――。と言っていたら、今月初めに川越シェフのコーナーにばっちり通しで出ていい味を出してました。そうじゃなきゃ!!

<サロンのブログ更新しました>
自分ネイル「宝石箱や~」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1835「ヅカノート2011夏より⑫ニッポン無責任新世代 夢の配役」
※(  )は本役。花・月・雪・星・宙組の順。敬称略。

・百 均(原田)  蘭寿・霧矢・音月・柚希・大空
・椿(真琴)    壮・越乃・未涼・涼・凰稀
・田沼(佐戸井)  愛音・龍・沙央・紅・悠未
・石山(伊藤)   華形・明日海・香綾・真風・十輝
・榎本(木村)   英真・青樹・早霧・夢乃・北翔
・畑(足立)    柚香・紫門・蓮城・美弥・春風
・円谷(黒部)   夏美・一色・緒月・美稀・風莉
・佐野(星野)   蘭乃・蒼乃・舞羽・夢咲・野々
・千代(中村)   桜・彩星・舞咲・音花・純矢
・友和(後藤)   悠真・星条・飛鳥・英真・寿
・百恵(中別府)  華耀・愛希・愛加・白華・すみれ乃
・船舶会社社長ほか(西ノ園、大野)朝夏、望海・光月、宇月・大湖、詩風・壱城、天寿・七海、月映 

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。




【2011/08/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
森央かずみちゃんのダンス教室

友人にいただいたドイツ・オーストリアのお土産。素敵~!!

わっちは、元雪組のお芝居ではお色気担当で、ダンスリーダーだった娘役・森央かずみちゃんが現役時代FCに入っていて、村では一度バウ入りの際にお供をしたり、退団パーティーにも参りました。天海さんの同期です。しかし、アマミーとは正反対の愛想の良さ、気取らない性格でファン一人ひとりを大事し、お手紙には返事を下さって、明るくてさばさばしていて大好きでした。
素敵なご主人と結婚し、お子さんを2人もうけて和歌山にお住まいなのは聞いていましたが、しばらく連絡も取っていませんでした。ビラティスのインストラクター資格も取得して昨年、私のサロングランドオープンと同時期から和歌山でダンス教室を主催されていると最近知り、うれしく思っています(かずみダンススタジオHP)。
今もかわいらしいですし、まめに連絡をくださる姿勢は変わりません。ぜひ頑張っていただきたいし、いつか訪ねたいと思っています。

[モニター品 VGヴィーナスギアw本品]
P8030001.jpg
とにかく少量で伸びがよく保湿感が持続するために朝晩3週間使い続けてもまだまだ減りません。本品は5800円ということですが、ずっと使えそうで、お得ですよね。一般にジェルというイメージよりかなり瑞々しい感覚。1か月以上すると多くの人が肌の透明感を実感するようで、私も楽しみです。
オールインワンとはなっていないので、私は化粧水のあと乳液がわりに使っていましたが、ひょっとしたらこれだけでも、もしくは最後の美容液がわりでもいいかもしれません。ペプタイド ドア ガーデンファンサイト応援中


●ミニエッセー1834「ヅカノート2011夏より⑪東宝・三銃士 夢の配役」
※主な役のみ。(  )は本役。花・月・雪・星・宙組の順。役名、人名敬称略。

・ダルタニャン(井上)   柚香・明日海・音月・柚希・凰稀
・アトス(橋本)      壮・龍・早霧・紅・北翔
・アラミス(石井)     愛音・青樹・沙央・真風・悠未
・ポルトス(岸)      華形・星条・緒月・夢乃・十輝
・アンヌ(シルピア)    花野・花瀬・涼花・白華・野々
・コンスタンス(和音)   蘭乃・愛希・舞羽・夢咲・すみれ乃
・ロシュホール(吉野)   朝夏・紫門・彩那・壱城・鳳翔
・バッキンガム(伊藤)   夏美・越乃・大湖・如月・蓮水
・ルイ13世(今)      鳳・光月・凛城・麻央・凪七
・進行/ジェイムズ(坂元) 望海・美翔・彩風・美弥・七海
・ミレディ(瀬奈)      桜・蒼乃・蓮城・美弥・純矢
・りシュリュ―(山口)   蘭寿・霧矢・未涼・涼・大空

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/19 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
節電舞台裏
P7110004.jpg
昨日の続きで、映画鑑賞後。大丸札幌地下に行ったら絶対飲んじゃう生ジュース(ライム。後日真似して家でも作りました)と、買ってきた堂島ロールのフルーツ入り「シンデレラ」。

先月、たまたまテレビ朝日系のニュースで東京宝塚劇場のロビーや舞台裏、楽屋、事務所の節電の努力について取材したものを観ました。とにかく事故のないように!!

<サロンのブログ更新しました>
「オフ待ち時間にメンタルカラーアドバイス」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1833「ヅカノート2011夏より⑩美しき生涯 夢の配役」
※主な役のみ。(  )は本役。花・月・雪・星組の順。敬称略。

・三成(大空)  蘭寿・霧矢・音月・柚希
・茶々(野々)  蘭乃・蒼乃・舞羽・夢咲
・疾風(凰稀)  壮・龍・未涼・涼
・福島(北翔)  愛音・明日海・早霧・紅
・秀吉(未沙)  悠真・越乃・飛鳥・英真
・おね(美穂)  桜・花瀬・麻樹・万里
・家康(寿)   夏美・一色・緒月・美稀
・清正(悠未)  華形・青樹・彩那・夢乃
・孝明(十輝)  朝夏・星条・沙央・真風
・脇坂(春風)  望海・光月・大凪・美弥
・平野(鳳翔)  鳳・紫門・大湖・壱城
・糟屋(蓮水)  柚香・瑞羽・彩風・天寿
・片桐(凪七)  瀬戸・美翔・彩凪・麻央
・さぎり(純矢) 初姫・憧花・晴華・白華
・市(妃宮)   花野・妃鳳・涼花・白妙
・たつの(すみれ乃)実咲・愛希・愛加・音波
・女童(美影、琴羽、藤咲、瀬音)華耀、芽吹、煌雅、瞳・彩星、白雪、沢希、宇月
                舞咲、蓮城、透水・花帆・毬乃、音月、花愛、如月
・小姓(彩花)  月野・麗奈・詩風・早乙女
・初(愛白)   梅咲・萌花・早花・優香
・江(雪乃)   遼・咲希・華吹・紫
・秀頼(花咲)  冴月・花陽・凛城・礼

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ネイルの師匠が帰国
P7110002.jpg
一人で映画『薔薇とサムライ』を観に行った時の悲惨なポップコーンのぶっちゃけ。かなり床にも落ちてもったいなかった・・・。

ご主人のお仕事の関係からしばらくイタリア・ローマに住んでいた私のネイルの師匠・鬼塚千尋先生が日本に帰っていらっしゃいました(先生のブログ)。3年間メールのやりとりだけなので、実際にお会いしたいです。


●ミニエッセー1832「ヅカノート2011夏より⑨7月旅日記⑤」
それにしても、機内の冷房ってどうしてあんなに寒くしなきゃいけないんかな・・・。それを見越して夏でも上着にストールは欠かさないが、そのうえに毛布でも風邪ひくっつーねん。
それに比べて節電もあるのだろうが、シアタークリエは冷房は弱くて快適だった。寒がりのマミさんも助かったのでは?

車で新千歳空港を出るときに気付いたが、先月まで工事中だった国際線ターミナルビルの前の道路が新しくなって、すっかりきれいになっていた。新しくできたモ―ルも夜景に浮かび上がってきれいだった。いつ、フライトでなくて空港だけを楽しめるかな・・・。
意外に湿気がある北海道の我が家に戻り、しばらくするとずいぶん遅い時間帯にマミさんFCから配信メールが来て、一瞬不安になった。マミさんに何かあったのか・・・。
「遅くにすいません。檀れいさんと及川光博さんがご結婚することになり、いくつかのメディアが真琴さんのコメントを撮ったので、今夜遅くから明日にかけてテレビなどにマミさんが出るかもしれないので、チェックしてみてください」という内容。わっちは、ちょっとびっくりするとともに笑ってしまった。
今日観てきた舞台でマミさんに対して「一体何歳なんだ~」という台詞を聞いてきたばかりでもあったので、マミさん本人ではなく、元相手役の檀ちゃんの結婚かいっ―きっと、ツッコミを入れなかったマミファンはいないのでは・・・爆。しばらく笑いが止まらなかった。それは、決してマミさんは結婚しないのかいという意味ではなく、FCの対応がユニークで、さすがにマミさんのFCらしいというほほえましい、でもちょっと切ない気もするプラスの意味の笑いだ。マミさん本人はもちろん、FCの感性も最高!!
というオチがついた楽しい2日間の夏休みであった。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/17 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
最も苦手な人のタイプ

社長の自宅にて発見。ありゃ、どこかで見た子たちだなぁ。

横柄な発言後に辞任し、入院して「そう(そううつ病のそう)状態だったゆえの発言」とかなんとか・・・お騒がせな松本元復興相。前職時代、取材で彼にそっくりな不快な人に出会ったことを思い出しました。私が最も苦手とするタイプです。
どんな立場や地位であれ、こんな態度を取ったら、こんなことを言ったら相手がどう思うかと、「常に」相手の心情を思いやることが、政治家という前に人間として大切ではないかしら。
天皇制の問題は別にして、私はいつも天皇家のみなさまの優しさ、思いやり、謙虚さ、国民と接するときの目線を同じくする「こころがけ」を人間として見習いたいと感じています。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「ジェルクリアスカルプ―つばさ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 コトハスティー]
P8120002.jpg
全員プレゼントのせいか、当選者発表のかなり前に到着。便秘解消のためのお茶は多々試しましたが、アールグレー味は初めてでおいしくて飲みやすかったです。この手のお茶、私はとても効くため、連続2日飲んでお腹を壊してちょっと失敗。濃さを調整し、たまににしないとだめですね。美味しい大人のデドックティーファンサイト応援中


●ミニエッセー1831「ヅカノート2011夏より⑨7月旅日記④」
さらにいいのは、関係者だからといって前方(この日1列目センターブロックはマミさんのFCだらけと思われる)で観ていなかったこと。宝塚におけるK島ファミリーとは違い、そういうところに好感を持った。
うれしくて思わずMちゃんにメールで報告した。よしもと所属ではないので、よしもとのシアターで大好きな「最後は関係なくなっちゃう」ネタのハライチの漫才が見れないのが残念だ。

会場はほぼ満席で安堵。前日の帝劇は期間が少し長いためかちらほら空席もあった。
ロビーではマミさんグッズの扇子をゲット。これ、ケースが違うだけでひょっとしたら既に持っているかも・・・。この公演は東日本大震災チャリティー公演でチケット代の一部は役に立つと言うからうれしい。義援金箱もあったので、少しだけ協力させていただいた。
植木等さんの映画シリーズを観たことがあり(もちろんリアルタイムではないが)、組織人経験があるからこそ、共感できた部分も多かった『ニッポン無責任新時代』。マミさんはもちろん、出演者皆さんが素敵だった。後日詳しく書きたい。

この舞台が一体何時に終わるのか分からなかったため、少し余裕を持って取ったはずの帰りの飛行機だが、舞台はアンコールを入れて2時間40分ほどで、思ったより余裕がなかった。それでも買い物はできて、乗る前に買ったご飯も食べることができた。
「乗り継ぎ便の遅れが出ている」と乗りこんでから発表され、出発は30分以上遅れた。
さすがにゆうべ結構寝たので、機内では寝ずにヅカノートを書いていたが、途中何度か気流が悪くなり、「シートベルトサイン点灯」。「かなり揺れるので注意を」という箇所もあったのに、全く揺れずに「なんだったんだべ・・・」。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
アマゾンに歓喜
P7190001.jpgP7060005.jpg
セントポーリアの育成に凝っているわっちのために旭川のKおばさんが自宅から2種類を持ってきてプレゼントしてくれました(ぼけてますが、写真左)。写真中は、しばらして花が咲いた状態(花の位置は逆にしています。紫の花は最初のはすぐ落ちて、新しいのが咲きました)。写真右は、おばさんが育てているセントポーリアたちをわっちに見せようと花をひとつずつ摘んで持ってきてくれたのを保存剤入り水で「浮かせ生け」してしばらく楽しみました。

ネットショップのアマゾンで長年探していた幻のCDを中古良品でゲットし、「アマゾンってすごいねー」とやっと今頃歓喜しているのはうちの主人です。お・・・おそっ。

[モニター品 最高級ブルガリア・ダマスクローズ配合!ローズプラセンタ美容液【フェミーテ】サンプル]
P8140003.jpg
分かりにくいかもしれませんが、手のひらの真ん中にほぼ透明な美容液を出しております。うるおい感が持続するのがいいですね。つけたときはローズの香りが広がってリラックス。それがもっと続くと成分が実感できてなおいいと思います。プラセンタの専門店 フローレス化粧品ファンサイト応援中


●ミニエッセー1830「ヅカノート2011夏より⑨7月旅日記③」
レムの部屋では快適に感じる温度設定に苦労した。28度にすると、なんとなく暑いが、27度にするとなんとなく寒い。その間ってないの?・・・とちょっと横になったら寝てしまい、気付いたら深夜3時。それからざっとヅカノートを書いてから本格的に就寝。

<7月27日>
朝食付きの宿泊プランだったのに、朝全く起きられず断念。シャワー・化粧・荷物整理であっという間にチェックアウトの正午。でも、朝食と引き換えに、よく寝たからマミさんは元気に観れそうで良かったなと安心した。
日比谷シャンテで宝塚グッズ、ネイル・メイク用品を物色して、ランチは神田グリルで、やはり肉。昨日ステーキだったので、この日はハンバーグに。そして、クリエのチケット提示でのデザートサービスもいただいた。このとき、サロンのご予約メールや予約変更のお電話対応でちょっと現実に戻って気が引き締まった。

この日のクリエはありがたいことに1列目センターブロックだったため、開場時間を少し過ぎてから劇場入り口に行った。そこで、素敵なことが起きた。
お笑い好きなわっちは、以前記事で、イケメンな博多大吉先生やなぜか坊主頭の方たち3人(トシさん・U事工事の益子さん・ハライチの澤部さん)が好きと書いたが、偶然、事務所の先輩である原田泰造さんの芝居を観に来た澤部さんにばったり。係の方からチケットを受け取る時、とても低姿勢で礼儀正しかった。
「ファンなんです。握手していただけますか」と声を掛けると、快く握手してくれた。エレベーターにも一緒に乗った。テレビでは老けキャラだが、近くで見るとやっぱりまだ25歳の青年らしい雰囲気。清潔感があった。意外にきゃしゃでびっくり。幕間もずっと座席にいて、一生懸命メールを打っていた。数日前にフジテレビ27時間テレビの生放送「恋のかまさわぎ・若手編」で彼女とのことをいじられていた同じ人物とは思えなかった(笑い)。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
6月の旅後日談

いとこのA選手にいただいた旭川のロテルド・キタクラブのこのお菓子、激うまです。アップルパイが苦手な人でも食べられますよ。いとこの家がこの店に近く、何度か行ってますが、ほかのお菓子もどれもおいしい。賞味期限が短いですが、最近冷凍すればいいやんと気づきました。

6月の旅日記に書き忘れたエピソードです。
帰りの飛行機で飲み物サービス時、隣に座っていた汗くさくて「ちょっと酔ってる系」の初老男性が満面の笑みで「ビールちょうだいっ!」・・・。CAさん「申し訳ございません。ビールはないのですが・・・」おじさん「そっか。じゃあ、コーヒー」CAさん「はい、アイスでございますね」おじさん「いや、ホットで」―。
わっちさんの心の声「えーーーホットかいな!!余計に汗かくやん・・・やめてーーー」。

※ヒーリングサロン咲のブログ更新しました→こちら

<サロンのブログ更新しました>
社長ネイル&きらきらボディーアート「ファイターズ応援用1」を掲載(同時に記事が二つあります)→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 【匠の味】けんこう醤油]
P8140004.jpg
食物繊維が入っているしょうゆ現品です。わーい。調味料は長持ちするしいくらあっても困らないので助かりますね。しかも慢性便秘の身にはうれしい成分。味はとってもおいしかったです。煮物などに使う場合は、ほかの物に比べて煮詰まりやすいとありましたので、食卓用におすすめです。ちゃ~がんじゅ~カフェファンサイト応援中


●ミニエッセー1829「ヅカノート2011夏より⑨7月旅日記②」
ダイエットのためにも隣の有楽町まで歩く予定だったが、寝ていない上に、温度というより湿度が半端なく高く感じ、たった1駅電車で移動した。そして、ルーチン―宝くじを購入(笑い)。
ふるさとの日比谷では、まずは今回の宿泊先・日比谷レムに荷物を預けてから宝塚劇場のキャトルレーヴへ。それから劇場に入ってチラシ集め&公演デザート体験。和菓子が苦手なわっちでも今回の和スイーツはおいしくいただけた。

ロビーにご年配男女の団体客が・・・雰囲気的に、どう見ても関東以外からの旅行の一団。わっちは今回悪いことに10列前半のセンター席。団体客はその左側にわっと座るわけだ。開演前も幕間もおおはしゃぎで、宝塚ファンは引いていた。上演中もさわがしいのでは・・・と嫌な予感が・・・。結果は、覚悟したほどではなかったにしろ、やっぱりしゃべりまくっていた。特にショーの最も良いところで・・・おーーーーーい。
こういうときは常におじさんの声はしない。おばさん、おばあちゃんの声ばかり。周波数の問題なのか。お願いだから劇場係員よ、絶対隣の人としゃべるな、宝塚はコンサートや大衆演劇とは違うんだと開演前にしっかり指導してほしい。
そういうわっちは、ショー後半で本当に一瞬だけだがこっくりしてしまった。危ない、危ない・・・。
宙組公演については後日書くが、作品はなかなか良かった。別れのときがちょっとずつ近づいてきたように感じるゆうひちゃんの姿に胸がいっぱいになった。

終演後はコンビニに寄ってからホテルにチェックインし、部屋で早めの夕食をとってから歩いて帝国劇場へ。エリザ以来のあさこちゃんがめっちゃ楽しみだった。
ところどころ、あさこちゃんが出ない場面で眠気に襲われた。歌を朗々と歌われると気持ちよくなってしまって・・・大変失礼した。なお、『三銃士』についても後日詳しく書きたい。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/14 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
嵐「Beautiful World」

前職で記者・編集をしていた酪農専門誌『酪農ジャーナル』(月刊)。このロゴや表紙パターン決めも携わりました。わがサロンに置いてあります。

嵐のアルバム、いいですねー。歌うまいし。サロンでBGMにしています。

[モニター品 ヘアクリームRM]
P8120010.jpg
以前この会社のスキンケアは試しましたが、今度は洗髪・タオルドライ後につけるヘアクリームです。最初はラベンダーの香りがきついなーと思ったのですが、髪がかわくとちょうどよい具合に。これをつけるときはリンスやコンディショナーがいらないですね。べたつかず、髪を守ってくれる感じがします。サンダース・ペリーファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1828「ヅカノート2011夏より⑨7月旅日記①」
<7月26日>
新千歳空港に新しい施設ができて、早朝から混むことをかんがみ、予定より30分早く出発したが、さすがにまだ6時台。道路も駐車場も大丈夫で、ほっとした。
おかげさまで連日仕事があって忙しく、ほとんど寝ないで来たため、寝ぼけていつものルーチン―飲み物を買うことを忘れて飛び立った。涼しい感じの北海道から灼熱の東京に行くのだから、熱中症対策にも飲み物は必携。塩レモンかむかむは持ったのに・・・笑い。
それから、このときなにげなく手書き予定表を見て、この日東京で真っ先に行く予定の場所を思い出した。危なくいつものように有楽町に直行するところだった。
機内で久しぶりに買い物をした。先行販売の文字にひかれて・・・。主人へのお土産用スカルプDシャンプー&コンディショナートラベルセットだ。秋に出張があるかもと言っていた。主人が使わないワックスも入っていたが、それはちゃっかりわっちがもらうことにした。
そんなことをやっていたら全然寝る余裕がなく、焦った。1日目は観劇2本。居眠りは必至かも・・・。
羽田空港で少し買い物をしてから向かった先は東京・丸の内のオアゾ地下。マミさんの出演した番組に登場したパン屋・神戸屋のレストランでパン食べ放題ランチをしたかったのだ。
軽めのステーキ、サラダ、飲み物と数種類のパン。お値段は少し高いが、パンはとてもおいしくて勉強にもなった。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ブログ開設5年に!

仕入れ先の方からプレゼントしていただいたかわいい編みぐるみ。サロンに飾っています。

本日、ブログ開設記念日です。丸5年、5周年のスタートであり、6年目に入りました。未熟な記事ながら読んでいただき、楽しみにしていただき、応援いただき、心から感謝申し上げます。
時には宝塚に関係なかったり、ぼやきや毒舌も入りますが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「がっちりケア3回目&きらっと1度ぬり」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

※わんこのきもち社長日記更新しました→こちら

[モニター品 シルク腹巻]
P8120001.jpg
靴下などの製品の出来がとてもいいこの企業。今度は薄くて服に響かないシルクの腹巻を試着させていただきました。いやー、さすがにとてもつけごこちがよいですねー。夏、お腹出して寝てお腹を壊す防止にもよいと思います。強いて言えば、背の低い私には少し丈が長いと感じました。そして、でっぱりが気になる身には、もう少し締めつけ感があってもよかったくらいです。汗。温むすび ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1827「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て⑥」
脇を固めたほかの皆さんも素晴らしかったが、印象深かった方たちについて述べたい。
山村紅葉さん似の村木さんは迫力満点だった。グラムロック、あるいはヘビメタのハイトーンシャウトで客席を圧倒した冠さんは、実際にもヘビメタ歌手と聞いてがてんがいった。教祖という不思議な名前がついているイコマさんとともに、良いスパイスだった。
それから、殺陣のうまさに度肝を抜かれた川原さんや前田さんらにも拍手を送りたい。
さらに、生演奏もエネルギッシュだった。

最近は宝塚やほかの舞台でもよく使われるようになったLED電光掲示板パネル。背後全面にあって、いろいろと活用されていたが、なかなか使い方が上手だった。背景の写真や奥行きを表したり、文字で説明を補足したり、本来見えるはずのないものを示してマンガ的な使い方もあった。ほかの舞台ならちょっとやりすぎと感じたかもしれない数々の演出も、この作品においてははまるから不思議だ。
ただ、映画の画面でさらに「画面」を観ているため、点描の画像表示がやや不鮮明に見えるときもあった。けれども、必要な時はカメラがアップしてくれるので、十分「何を表現しているか」理解できた。ゲキ×シネは、生の舞台をオペラでのぞく行為を省略させてくれるのもいい。

1日2回公演とか無理だろうと思われるくらいにパワフルで、元気を与えてくれた。偶然だが、真のリーダー不在の政治の腐敗や汚職を風刺した部分や正当な裁判の大切さを示した部分もあり、震災後の今だからこそ感じるものがあった。今後も機会があれば、劇団☆新感線の舞台を生で、そしてゲキ×シネでも味わいたい。
関係者各位、本当にお疲れさまでした。

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/12 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
みのや雅彦デビュー30周年
P7280010.jpg
モニターしたノンシリコンシャンプー&ノンシリコンコンディショナー使い切り後。匂いはあまりよくなかったですが、洗い上がりのふわふわする感じが良かったです。

以前も書きましたが、わっちの親戚である北海道を拠点に活動するフォーク歌手・みのや雅彦。今年デビュー30周年を迎えました。ベストアルバムCDも出ています。聞ける方はSTVラジオや旭川FMのレギュラー番組も聞いてみてください(みのや雅彦HP)。よろしくお願いいたします。


●ミニエッセー1826「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て⑤」
どうしても色めがねで見がちな神田さん。全身に対して頭・顔が大きいのはどうしても気になるし、ぶりっこ声はやっぱり松田聖子さんみたいだったが、歌も芝居もちゃんと役をとらえて舞台向きだったし、上手で、ただの七光ではなくて良いDNAを持った実力派だと感心。噂の田代万里生くんとも良いカップルじゃないかと思えてきた。あはは。

退団後のOGイベントで生で拝見したことがあるみはるちゃんは、もうみはるちゃんと呼んではいけないほど大人の女優さんになっていた。宝塚時代から芝居がうまくてうなっていたが、今回の難しい役もとても「らしく」こなしていて素晴らしかった。アマミーとは一期違い。森奈さんと同期の麻乃佳代さんがアマミーの相手役だったから、天海・森奈は夢の共演だった。

私が言うまでもない、一流の舞台人・橋本さん、高田さん、藤木さん。発声と台詞の口後の良さはやはり違う。
敵から味方になる女装好きなおっさん海賊・橋本さんは、『テイクオフ』でも天海さんと共演していた。ついついファニーガールのアドリブを思い出すが、その後腰を悪くされて休養していて今年復活され、うれしく思う。忙しい方だが、これからも無理しないでやっていただきたい。
悪女が似合う高田さんのドロンジョ様的な声が魅力的だった。
私が子供のころは気取っていてちょっとこわくていやらしい気障な役どころの多いテレビ俳優だった藤木さんは今ではミュージカルの方。大阪で出演前にばったり街中で会ったことを思い出す。実は歌手スタートだったと知り、びっくり&納得だ。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
露出情報って・・・
P7120001.jpgP7190001_20110719203224.jpg
手作りパンシリーズ。左から、レーズンチーズパン、ほうれんそうチーズパン、メロン食パン。

マミさんのFCや事務所(社長も)って、よくテレビや雑誌の出演についての情報を「露出情報」って言うんです。露出ってなんだか嫌だ。あまりきれいな言葉じゃない。なんとかならんのかなあ。

<サロンのブログ更新しました>
「ウェルカムフラワー第2弾」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1825「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て④」
ジャックスパロウもびっくりな海賊姿、嫌々着るお姫様ドレス、オスカル以上にオスカルなシンプルな皇子風な服やもろオスカルの赤い軍服と巻き髪ロングヘアー、女王らしい真っ赤な薔薇模様のドレス。ボーイッシュなおかっぱ頭。宝塚でもそこまで見れないだろうというさまざまなかつらと衣装を見ているだけでも価値があった。
天海さんの個性が生きるキャラクターは、今回のように変な色気がないところなのだ。誰にも媚びない。一女性として見るとそれはそれは美しくて、優しくて実際にも女らしいし、愛だ恋だというお話でもいいのだが、それでは元男役で、世間が「かっこいい女」と称賛する天海祐希じゃない。凛としていて姉ご・リーダーなのがアマミーの魅力なのだ。
宝塚時代、涼風オスカルを支えるアンドレを演じ、私にとってアマミーは初代・理想のアンドレ(すいません、今は春野さん)だったが、気質としては男装の麗人・オスカルで、「ベルばら」のオスカルも観たかったという気持ちがわいた。今回の役はそれを半分以上かなえてもらった。
まさに大輪の「薔薇」だった。でも、オスカルがそうだったように深紅ではなく、真っ白な薔薇だ。

ちょっとギャグが入るようなアニメの王子様そのものの浦井さん。あそこまで器用とは知らずにすっかり魅せられた。普通に2枚目だったら浮いてちょっと気持ちが悪いが、笑いが入ることで不思議と違和感がない存在だった。どんなにギャグがあっても、人物像がしっかりしていてかっこういいから観る者を気持ちよくさせる。
今やミュージカル界になくてはならない若手2枚目スターの新しい面が見れて幸せだった。

今、違うことで話題の山本太郎さんの舞台は初めてだが、メイクも素敵で、よくやっていた。言われないと彼とは分からないくらい役になりきっているところがすごい。このキャラ(スペイン女性と日本のサムライのハーフ)もマンガチックなのだが、嫌みがなくて好きだ。彼は良い役者だ。役者に集中してもらいたい気もするが・・・。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
伊織(伊央里直加)さん女優引退・米国へ
P6300019.jpg
ライオンキング・花フェスタシリーズ最後。大通りビッセで買ったスイーツとファイターズグッズ店で買ったもの。

いつまでも美人というかかわいらしい伊央里直加さん―私にとっては今も宝塚時代の「伊織さん」ですが、ご主人の実家のある米国に移住するということで、今月で女優さんを引退されるのですね。退団の数年前から男役の魅力が出たなと好きになり、OGになってからの舞台も拝見しました。
米国人と結婚し、お人形のようにかわいいお嬢さんを育てながらヨガの先生としても活躍していましたが・・・ご本人の選んだ人生とはいえ、ファンの方は寂しいでしょう。しかし、母は強し。異国で暮らしているOGはほかにもいますが、尊敬します。タカラジェンヌはたくましいな。
どうか、どうかお幸せに。長い間の芸能生活、本当にお疲れさまでした。

[モニター品 薬用アクトノブ サンプル]
P8080002.jpg
ポーチまでついた薬用洗顔フォーム、化粧水、美容液の豪華なサンプル。職場限定ということで、サロンに届けていただき、まずは社長(特にポーチに大喜び)とともに使いました。大人にきび用ということですが、使用感がさっぱりしていて、それでもうるおい、にきびがなくても予防にいいですね。洗顔フォームは背中にきび用などとして体にも使えると思います。この企業はノエビアグループとしてもおなじみで、コスメファンなら店頭でこのアクトノブシリーズも見たことがあるはず。海外の方にも人気の豆乳イソフラポンシリーズは、私が資格を取ったメイクアップ検定試験でほかの受験生が実技で使っていました。なお、このサンプルは数限定となりますが、サロンのお客様にもプレゼントいたします。常盤薬品工業ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1824「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て③」
17世紀のヨーロッパでごっついが心が2枚目の大泥棒・石川五右衛門と、実は国の後つぎ・お姫様(女王)である男前で美しい女海賊が大活躍する設定はいかにもマンガチックだが、それこそが舞台ならではのだいごみ。ストーリーは、一言で言えば勧善懲悪の冒険活劇。殺陣も多い。悪者たちのちょっと複雑な悪だくみはあるものの、頭を使ってよく考えて観なければならないようなことはなく、観客が終始わくわくして居られるのがいい。

着物の衣装でたちまわるのが大変だろうなと思った古田さんは、想像どおりの「内面2枚目」ぶり。いや、想像以上に素敵だった。彼なりの五右衛門像がぶれていなくて、コメディ部分もやりすぎていなくて立派。存在感が3Dみたいで、アマミーとのコンビぶりもバランスが良かった。あんなハードな舞台の芯を務めるエネルギーに脱帽。酒豪のイメージがあるが、体には気を付けていただきたい。

アマミーの退団後の舞台は2007年に『テイクオフ』を観たが、全体に動きのない舞台であまり彼女の良さが生きていなかった(宮本亜門さんの演出で苦手な部分は、ミュージカルなのにところどころがなんとなく静止画なところ)。三枚目をやったら天下逸品の天海ねえさんが、実に生き生きして自信にあふれ、顔や動きにそのすべてが出ていた。はっきり言って、歌も芝居もアクションも宝塚時代より良かった。彼女は舞台に向く声・発声ではない。しかし、ゲキ×シネの良さで、ちゃんと前面に出ていて、安心した。
上背がありスマートでビジュアルのかっこよさ、美しさはとても表現できないほど。芸能人になるために生まれてきた特別なオーラで、ただ出てくるだけで華やか。どんなイケメン俳優よりいいと改めて惚れた。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2011/08/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マルモのおきて
P6290015.jpg
P6290017.jpgP7010007.jpg
花フェスタより。下段、左のステージでなんか歌いたかったなぁ(笑い)。右は買ったミニばら(別アングルで数日後サロンのブログにも登場予定)。

先月初めに最終回を迎えたフジテレビ『マルモのおきて』。あまりドラマを見ないわっちが、とうとう最後まで観ちゃった作品。子供と犬って・・・泣かせるためのずるい手法は嫌いだけど、阿部サダヲさんと私の子供のころ大スターだった世良さんが素敵で。続編を期待してます。

<サロンのブログ更新しました>
自分きらきらボディーアート「Jじゃなくて」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1823「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て②」
チラシはよく見ていたが、事前知識なし。何しろ、劇団☆新感線の舞台を観るのも初めて。古田新太さんのことはテレビで見て知っていたが、舞台ではどんな雰囲気か知らなかった。ただし、マミさんがスカステのアドバイザーで番組をやっていたころ、古田さんや新感線の演出家・いのうえひでのりさんと対談していたし、座付き作家の中島かずきさんのことは、テレビでドキュメントを拝見してある程度のことは頭に入っていた。
「面白い」というイメージの強い古田さんが実は2枚目なんじゃないかと予想していた。
が、とにかくどんな感じで展開されるのか未知の世界だった。

始まって間もなく、「こりゃあ、すごいエンターテーメントだ」と身を乗り出しそうになったと同時に、わが神アマミーがこの舞台に加わっていることの誇りと喜びを感じた。
ロックミュージカル―でも、それだけじゃない。本(台詞の一つ一つも)も演出も舞台装置も衣装も歌舞伎・宝塚・よしもと・アニメ・映像の世界のよいところをとてもうまく取り込んでいて、遅らばせながら初めて人気の理由に納得。特に、最新の流行言葉や社会的傾向(オネエの市民権など)を適度におりまぜ、現代人が理解しやすく受け入れやすく作っているところに感心。それでいてちゃんと独自の世界観を形成している。宝塚の演出家も学ばなければならないのではと思った。

その世界観をけん引しているのが、味のある役者さんたちだ。古田さんや春野さんとも共演した橋本さん、高田さんらの絶妙な力の入れ具合・抜き具合がすごい。そこに外部役者であるアマミー、森奈さん、浦井さん、山本さん、神田さん、藤木さんらがこれまた絶妙にマッチ。それぞれのキャラクターが生かされている本であることが成功の大きな要因だろう。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
たなばたさま2011
P6290012.jpg
北海道四季劇場です。

本日は一部を除き北海道のたなばたです。祈りは何より東日本大震災で亡くなった方の魂が安らかでありますように、そして被災者・復興業務関係者の健康と幸せ、ついでに私の愛するすべての方の健康と幸せです。まだまだ祈りたいことはたくさんありますが、欲張っちゃだめですよね。

[モニター品 HARICOC TRI トリートメント現品・シャンプーサンプル]
P8070002.jpg
シャンプーは茶色い液状ですが無臭で、少量で泡立ちがよく、洗い上がりもさっぱりしました。トリートメントはほのかに清潔に香るだけで、わざと普段の香水などの邪魔をしないようにと考えられている白いクリーム状。使用後のタオルドライ時はちょっとぱさぱさするような感覚がありましたがドライヤーで乾かすと、ちゃんとまとまっていてごわつかず、手セットの髪にはとても良かったです。髪の写真を使用前・使用後で掲載せよとか少し経ってから再度報告せよなどという指定がなくて素敵な企業さんです。HARICOCファンサイト応援中


●ミニエッセー1822「薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)を観て①」
昨年生の舞台を観た友人が天海さんを「神」とする私に対して「これを観ないとは・・・」というくらいの称賛をしていたので、いつか映像ででもいいから観る機会があればな・・・と考えていた『薔薇とサムライ』が、DVD発売前に映画になって札幌でも上映と聞き、喜びいさんで出掛けた。
最近、宝塚の舞台や特別公演も映画として上映されるパターンがあるが、首都圏など決められたところでの話だったので、今回の全国ロードショーは期間限定ながら地方人にはうれしいことだった。
観るまで「ゲキ×シネ」というのが数年前から劇団☆新感線の舞台でシリーズになっていることを知らなかったが、今回初めて観て感動が大きく、本当に良かったと思っている。
そりゃあ、生の舞台を目の前で観るのが一番だ。二度と帰らない貴重な瞬間を舞台で息づく役者さんと同じ空間で過ごすのがいい。しかし、簡単には行けない地方人が、出せる可能な金額で観劇疑似体験を出来るというのは、ありがたいことこのうえない。
カメラワークが巧みでまるで実際の舞台を観ているかのような臨場感だし、分かりやすく編集されていて、ある意味舞台観劇より魅力的と感じるところもあった。音声調整もされているから、台詞が聞きやすい。15分の休憩をはさむ映画というのも新鮮だ。
私は割引券を持っていて2,200円で観たが、観る前は「前売りなら1,300円の映画にこんなに払うのはどうか」という思いもあった。が、結局「こりゃあお得すぎる」と小躍りして帰ったのであった。
宝塚も早くからこの作品はシネマ化しますよとうたったら地方人が舞台を観に行かなくなるかもしれないが、人気作品や役替わり、新人公演などもう少し料金が高くてもいいからこうして上映してくれるとうれしい。
平日の昼間だったが、シアターは15人くらいの観客がいた。

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/07 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
おなかよじれた淳さん走り
P6290006.jpg
大通ビッセに初めて行きました。中華レストランで高級な冷麺をいただきました。後日、偶然にも劇団四季の会報で主役2人が「おすすめ」としてここで食事取材、PRの姿が載っており、Mちゃんとびっくりしました。

たまに『ロンハー』を観ますが、芸人運動会での淳さんのだめだめな走り方があまりにも面白くて、おなかがよじれるくらい笑いました。わっちは子供のころ陸上をやっていて、フォームが要だったので、驚異の「あつし走り」は「ツボ」です。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「がっちりケア2回目&色チェック」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1821「ヅカノート2011夏より⑧薔薇とサムライ(ゲキ×シネ)夢の配役」
※主な役のみ。(   )は本役。花、月、雪、星、宙組の順。敬称略。

・石川五右衛門(古田新太) 蘭寿・霧矢・緒月・柚希・大空
・アンヌ(天海祐希)    壮・明日海・音月・夢咲・凰稀
・シャルル(浦井健治)   柚香・龍・早霧・紅・鳳翔
・デスぺラード(山本太郎) 愛音・青樹・未涼・真風・春風
・ポニー(神田沙也香)   蘭乃・花陽・舞羽・音波・すみれ乃
・エリザべッタ(森奈みはる)桜・花瀬・晴華・白華・野々
・パルバ(橋本じゅん)   華形・紫門・彩那・涼・北翔
・マローネ(高田聖子)   花野・蒼乃・舞咲・万里・純矢
・ガファス(栗根まこと)  扇・星条・沙央・天寿・悠未
・ラーカム(藤木孝)    夏美・越乃・奏乃・英真・寿
・デカール(吉田メタル)  朝夏・光月・大湖・美弥・七海
・サングリア(村木よし子) 初姫・憧花・麻樹・音花・美風
・ヴィノ(山本カナコ)   華耀・彩星・涼花・花愛・大海
・セルべーサ(中谷さとみ) 月野・白雪・早花・稀鳥・愛花
・へレス(保坂エマ)    実咲・愛希・愛加・早乙女・伶美
・ゴンザレス(右近健一)  悠真・一色・飛鳥・美稀・十輝
・エスパーダ(川原正嗣)  高翔・瑞羽。大凪・夢乃・蓮水
・カンテ(冠徹弥)     煌雅・沢希・蓮城・如月・凪七
・ヴォス(教祖イコマノリユキ)望海・麗奈・凛城・麻央・星吹
・司教(武田浩二)     紫峰・綾月・香綾・美城・天羽
・マグロマル他(磯野慎吾) 夕霧・響・香音・海・珠洲
・ピエール(河野まさと)  鳳・美翔・彩風・壱城・鳳樹
・ドッカーノ他(逆木圭一郎)月央・球城・亜聖・ひろ香・風莉
・ソルダード(前田悟)   瀬戸・宇月・詩風・鶴美・蒼羽

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
アマミー僕らの音楽
P6290007.jpg
札幌大通り地下オーロラタウンの小鳥の広場ってあまりよく見たことがなかったのですが、きれいな鳥がいっぱいいて飽きないですね。

6月末にたまたまフジ『僕らの音楽』をつけたらわが神・天海さんがSuperflyさんと対談していたので、じっくり観ちゃいました。『BOSS』のテーマ曲つながりだったんですね。
明日からミニエッセーもアマミー関係です。

[モニター品 モイストクレンジングプラス サンプル]
P8050001.jpg
ジェルタイプでダブル洗顔の必要がないところがいいですね。ただ、がっちりマスカラは一度では落ちないです。きれいな見た目に対して、全く無臭なので、リラックスできる香りがあればよいかな。美容液のような・・・ということですがクレンジングの場合、きれいさっぱり落としてそのあと違うものをつけるわけで、そのコピーは必要ないと思います。洗い上がりは非常にさっぱりしています。株式会社トリプルサン ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1820「レコーディングダイエット2011⑤」
●6月28日
昼・・・ケチャップごはん(ウインナー、トマト、ねぎ、たまご)、お菓子
夕・・・くるみ・バナナ・はちみつ入り手作りパン1きれ、かつ、キャベツ、トマト、きゅうり、ゴールデンキウイ

●6月29日
昼・・・ソフトクリーム、冷麺
夕・・・アボカドポテトサラダ、手作りパン、さくらんぼう、ババロア、ラクレットチーズ、焼きとうきび半分

●6月30日
昼・・・バナナジュース、鶏肉てりやき、レモン
夕・・・韓国のり、ごはん、うなぎのかばやき少し、いかさし、フルーツかくぎり

●7月1日
昼・・・ごはん少し、まいたけフライ、キャベツ、トマト
夕・・・栄養ドリンク、鶏肉にこみ、りんご&トマトジュース、ミニパン1個

●7月2日
昼・・・冷麺、レタス、トマト、パプリカ
夕・・・ざるラーメン、もやし、韓国のり、鶏肉、セブンさくさくロール
おやつ・・・いちごヨーグルトドリンク、コンビニロールケーキ

●7月3日
昼・・・冷麺
おやつ・・・チョコソフトクリーム
夕・・・シジミ五穀ごはん、冷ぶたしゃぶ、もやし、パプリカ、ほうれんそうといかのごまあえ、プリン

(しばらくしてから続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/05 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ついに行った前職場事務室

6月のライオンキング・花フェスタシリーズ。札幌三越の「ライオン」前でMちゃんと待ち合わせ。こんなの写真撮る人いないと笑われましたが、私は初めて見たんですの。爆。

建物の前までは行ったことはありましたが、先月用事で前職場の事務室を訪ね、編集部の仲間たちと昼休みを過ごさせていただきました。なんと、警備員さんが覚えていてくれたし、他部署からわざわざ会いに来てくれた後輩もおり、懐かしくうれしかったです。編集長には「酪農ジャーナル(つくっていた雑誌)の女神だった」と過分なるお言葉もいただき、感激でした。でも、本当の女神は、支えてくださっている派遣さんたちです。
あ・・・肝心な元上司に会うの忘れちゃった・・・汗。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「サマーブライダル」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1819「レコーディングダイエット2011④」
●6月23日
昼・・・ランチバイキング(チキン、野菜、パン、スープほか)
おやつ・・・ヤクルト、大福1個
夕・・・チャーハン少し、アスパラ、小松菜と卵の味噌汁、海老チリ少し

●6月24日
朝・・・大福1個、たまごかけごはん
昼・・・大福1個、たこ焼き3個、グリルチキン少し、オクラのつけもの
夕・・・ミニ冷やしラーメン、ホットミルク、さくらんぼ、海老チリ少し

●6月25日
朝・・・大福1個
昼・・・黒酢とんかつ定食
夕・・・梅そーめん、チョコタルト

●6月26日
昼・・・マンゴープリン、おにぎり2つ
おやつ・・・チョコラスク菓子、チーズタルト
夕・・・生チラシずし、玉ねぎのつけもの

●6月27日
朝・・・かにしゅうまい4個
昼・・・たまごかけごはん、つけもの、韓国のり
夕・・・かにしゅうまい3個、やきそば少し、さやえんどうのみそ汁
おやつ・・・かんかい、チョコラスク

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
Kおばさんの名言が出た
P6260039.jpg
6月の旅シリーズ最後。ノバボサ、めぐり会いは再び、とっても良かったです。

おもろい感性の母の姉・Kおばさんがまたも名言を。私「今日の晩何にしよう。ごはんはあるけど、おかずがないなぁ」おば(真剣な顔で)「たまごはあるべ?それでいい」私「夜、たまごかけごはんだけかいっ・・・」。
横からKおばさんの娘のA選手(いとこ)が「うちはあるんだな、ごはんとめだまやきだけとかの日が・・・」―。しぇーーー。

[モニター品 スネイルストリート・クリームのかわいいサンプル]
P8010007.jpg
本当にかわいいパッケージで、使うのがもったいなかったです。なんとかたつむり粘液(グリコール酸、天然抗生物質、アラントイン、コラーゲン・エラスチン、タンパク質・ビタミンC・Eなど)配合クリーム。そう聞くとどろどろしているのかと思うでしょうが、とてもさらったとした白いクリームで、自然なうるおいが持続。おすすめできます。韓国では皮膚科で使われているそうです。ACRO SHOPファンサイト応援中


●ミニエッセー1818「レコーディングダイエット2011③」
●6月18日
昼・・・ゆでもやし、ざるラーメン
おやつ・・・ヤクルト、フライドポテト
夕・・・ジンギスカン丼、サラダ

●6月19日
昼・・・フルーツ牛乳、ざるそば少し、とうふ、りんご
夕・・・ざるらーめん、とうふ、ふきのにもの、もやしとトマトのサラダ、ヤクルト
おやつ・・・バナナ

●6月20日
昼・・・にぎりずし、ちゃわんむし、みそ汁
おやつ・・・おみやげのお菓子、牛乳
夜・・・カレーライス、ほうれんそうのおひたし

●6月21日
昼・・・ごはん、ごましお、ハムエッグ、ソース
おやつ・・・おみやげのお菓子、マンゴージュース
夕・・・ごはん、豚生姜焼き、ベーコン、しいたけと長ネギのみそ汁

●6月22日
昼・・・ビタミンジュース、ミニバナナ、ゆでたまご
夕・・・手作りパン2枚、フランクフルト、ヤクルト、サラダ

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2011/08/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
また青空レストランで・・・

予想以上によかった『マンマ・ミ―ア!』会場。

また日テレ『満天青空レストラン』を観て食品を注文してしまいました。注文殺到で、かなり待ち、そろそろ着く頃で楽しみ。いずれ写真で紹介しますが、高知のきびなごフィレです。

<サロンのブログ更新しました>
自分ネイル「つばさフレンチ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 アヴィラヴィ UVメイクアップベース]
P8010003.jpg
色がついているので、ちょっとそこまでのおでかけならこれとリップグロスだけでもいいかも。のびはよかったです。色がついていないものは、もし余ったらUVクリームとしてちょっと手の甲につけるなどができますが、色がついているとそれができない(バッグなどについてしまう)のが課題かもしれません。色は万人に合いそうですが、コントロールカラーの役目もあるならば、若干黄みがかっていた方が・・・。でも、そうするとこれだけで出掛けるのはなしになるので、下地に色がついているって、難しさがありますね。銀座クレフ化粧品のファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1817「レコーディングダイエット2011②」
●6月13日
昼・・・まぜごはん、すりみのみそ汁、たまごやき、ウインナー、とうふサラダ
おやつ・・・バナナジュース、ブルボンプチポテチ
夕・・・トリ肉・大根・にんじん・たまごの黒酢煮、とうふのみそ汁、しおから

●6月14日
昼・・・おちゃづけ、たらこ、バナナジュース
夕・・・チキン手羽元焼き、海老フライ、生春巻き、キャベツとこんぶのみそ汁、手作りパン2きれ半、トマトジャム

●6月15日
昼・・・ごはん少し、たらこ、煮物、ウインナー
夕・・・手作り黒糖パン2枚、たまごアボカドサラダ(マヨネーズ)

●6月16日
昼・・・手作り黒糖パン1枚、トマトジャム、牛乳
夕・・・ねぎとろ丼、お茶、さしみ、つけもの

●6月17日
朝・・・ミニバターロール2個、トマトジャム、牛乳、ひとくちかつ
おやつ・・・アイスクリーム、クッキー
昼・・・チャーハン少し、アスパラ
夕・・・やきそば、ミニバターロール2個

(続く)

おかげさまで1800回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/08/02 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する