妃咲さんまで・・・

冷やしラーメンにたらこを入れてみたんですが・・・今一つでした。爆。

妃咲せあらさんが東京公演前での発表で今回退団ということで本当に残念でした。星組レポートは後日ゆっくり書きますが、お疲れさまでした。


●ミニエッセー1784「ヅカノート2011夏より②6月旅日記①」

<6月25日>
3カ月ぶりの上京。出発までの1週間、公私ともに結構忙しくなることが分かっていたため、持ち物などかなり早くから用意して完璧のはずだったが・・・前日の夜、お風呂からあがって「あ!!!染髪忘れた・・・」―結局白髪だらけの髪のままマミさんに会うはめになったのである。

当日せっかく張りきって予定通り起きたのに、なぜか左目だけコンタクトがうまく入らず四苦八苦。そこで20分近くロスしたため、出発も遅れてしまった。
が、いつものように分刻みの細かい予定表は余裕の時間割になっていたので、千歳空港には余裕で到着することができた。
JALオーディオになんと柴草玲さんの曲が「こどもの歌」ジャンルで入っていた。ちなみに、柴草さんの楽曲『前山にて』は、おさちゃんがカバーしている。
機上では後半少し寝たが、寝不足が心配だった。
それから、飲み物のスカイタイムがゆずからシークァーサーに変わっており、びっくり。もちろん飲んだ。

羽田に着いてからプラザでサロンで使うネイル用品を仕入れ、モノレール&山手線でわが街有楽町へ。日比谷シャンテのキャトルで、友人に頼まれたカスタマイズCDを注文し、化粧品店でまた物品を仕入れ、あらためてキャトルで買い物し、CDを受け取って、地下でランチタイム。この日は夜遅くまで観劇なので、昼はがっつりいくことにした。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2011/06/30 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
札幌ライオンキングデー
P5100013.jpg
Mちゃんにいただいたどれも絶品だった青森のお土産と社長おすすめの塩セット。

本日はサロンを臨時休業させていただき、札幌花フェスタでの仕入れとMちゃんとともに札幌の新しい劇団四季劇場初潜入です。少し遅くなりますが、後日レポートいたします。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「ひそやかにきらり☆ホワイトグラデ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1783「えこりん村レポート⑤」
北広島の「くるるの杜」に続いて、Mちゃんに案内してもらい満喫できた「えこりん村」。ガーデニングに力を入れている恵庭市らしく、季節ごとに咲く花も違うだろうし、毎回違う発見もできそうだし、再度行きたい場所になった。デート、観光におすすめだ。
恵庭には伯父が住んでいて初めて行ったわけではないが、ゆっくり過ごしたのは初めてだった。このような場所がある近隣の人がうらやましい。私の地元・岩見沢の「ばら園」ももっとリピートしてもらえるように改装するというが、魅力的なパークづくりを見習っていただきたいものだ。

残念な後日談としては、とても楽しみに飲んだトマトジュースの味があまりにも薄く、結局自分で塩やほかの果物を足して味を変えてやっと飲んだことだ。もしも味見ができたら、大きなびんを買うこともなかったのに・・・とほほ。最近では、トマトジュースは輪厚インターの「躾」(わがばかPCではしつけるとしないと漢字が出ないのはなぜか)にまさるものはない。
それに反して、トマトジャムは最高だった。甘みがほどよくてトマトが苦手な人にもおすすめだ。

帰りの三井アウトレットパーク・北海道ロコではかなりの食品を買い込んだ。
中でも楽しみにしていたのが、前回Mちゃんにおすそわけしていただき超気に入ってしまった卵の燻製。日持ちがするため多めにゲットした。それから、珍しいしょうゆやめんつゆも。なにせ、簡単に行ける距離ではないので、私には特別感満載なのであった。
Mちゃんが今回、私にも苦手な食べ物があると知り驚いていた。ヨーグルト、炭酸飲料、寒天系(ゼリー、みつまめ、水羊羹など)など・・・あるんだな、わっちでも・・・。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2011/06/29 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
杉村太蔵さん
P5100011.jpgP5100012.jpg
左からリニューアル前の札幌駅ショッピングモールパセオ(わっちはステラプレイスより好き)、映画を観る前に買ったグッズ、思わず買った佑ちゃんグッズ。

政治家としてはどうかと思うたいぞうさん。道産子なんだよなぁ・・・汗。天然で憎めずおもしろいから、ずっとタレントでいいと思うのはわっちだけかしら?


●ミニエッセー1782「えこりん村レポート④」
店員さんをつかまえて「あのう、ちょっと出ていたらもう順番だったんですけど・・・」と話すとすぐに席に案内してもらえて安心したおばさん(わっちはおじさんと呼ばれているが)2人であった。窓際の席で大きなストーンの庭と動物がよく見えた。Mちゃんは初めて窓際に座れたと喜んでいた。
どれもおいしそうで、メニュー決めに迷ったが、結局Mちゃんは和風カルボナーラパスタセット、私はスープカレー(辛さ・普通)、そして2人でピサ゜(なす&ミートソースとカニ&アスパラのハーフ&ハーフ)1枚、ふたりとも生キウイジュースを頼んだ。
ここの味が落ちたという口コミ情報があったらしいがなんのなんの、そんなことはなくて、どれも超おいしく大満足だった。スープカレーは普通でも少し辛かったが、ピサ゜はくどくなくてお腹がいっぱいでも食べられたし、ジュースも自然でおいしかった。ちょうど前日『お試しかっ!』でピザの帰れま10を観て、「なんかピザ食べたいな・・・」と思っていたので、おいしいピザが食べられて幸せだった。
「これで自分は夜は簡単なものでいいや」と私。「いやいや、ちゃんとお腹空くよ」とMちゃん。しかし、結果は私は本当に夜はあまり食べなかった。
帰りはレジでおいしそうなドレッシングを購入。わっちは、ドレッシングとかソースとか大好き人間なのだ。
そして寝不足だったので少し眠気に襲われつつも、最後の楽しみ・ショップへ。私は、サロンのお客様用のマグカップと、このところ室内でのセントポーリア育成に成功しているので、調子に乗って家にあるものと色違いのセントポーリアを購入した。ここでお金を使うのを抑えたのは、帰りに三井アウトレットパークの食品をがっつり買うためであった。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/28 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
DIAMOND☆DOGS
P5100004.jpg
P5100006.jpgP5100007.jpgP5100008.jpg
昨日の続き。上段左は私のメーン、右はMちゃんのメーン。下段左は私のデザート、中はMちゃんのデザート、右はお店入口のお花(造花かも・・・)。

ミュージカル・ダンサーファンにはおなじみの東山義久さんらのユニットDIAMOND☆DOGSが先月メジャーデビューし、CD『カルナパル~禁じられた愛』を発売したので、買いました。超装飾系だって。すてきー。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「お直し・デザインアレンジ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1781「えこりん村レポート③」
庭園を出る前にお土産コーナーを物色。アルパカの人形やグッズがたくさんあった。かわいいが、どれも真っ白な布やフェルトなどでできているため、使っているうちに真っ黒になってしまうということが、購入をためらわせた。また、誰が買うのだろうと言う、超手作り感満載でしかも割と値段が高い、あまりセンスがいいとは言えない商品もたくさん。私も同じ雑貨販売を手掛ける身なので、他人のお店ながら、ついつい品ぞろえについて考えてしまった。なお、そこではサロンに飾るための紫色のキャンドルをゲットした。
そのあと、庭園の入口前にあった健康遊具コーナーに少しだけ寄り道。外に設置してあるのは見たことがないような不思議な運動遊具がたくさんあり、一つずつMちゃんと少しずつチャレンジして「これはなかなかいい」「これはいまいち」などと評価。童心にかえって遊んだが、実はほんの少しでも運動不足のわっちにはよい筋肉運動になっており、あとで筋肉痛になったのであった。
無料で本格的にトレーニングできるので、鍛えたい方にはおすすめである。
それから車で、ショップ・レストランコーナーに移動。昼どきだったが、予約だけでもとイタリアンレストラン「らくだ軒」(もう一つのレストランTen-もManは要するに『びっくりドンキー』である。2人とも、結婚記念日にそれぞれ行った、行くことになってる―だったため、こちらを選んだ)に名前を書き込んだ時点であと7組だったので、私たちは下見として、広い広いショップに行った。ひととおり確認して、「とまとの森」だけは本気で見て、私はトマトジュースと前述のジャムを購入。
そしてレストランに戻ったら、なんともうとっくに順番を抜かされていた!

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/27 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
星組ノバボサです
P5100001.jpgP5100002.jpgP5100003.jpg
左から、5月のランチ会・センチュリーホテルの回る最上階レストランから見えた札幌駅、私の前菜、Mちゃんの前菜。

本日星組さんを観て帰ります。


●ミニエッセー1780「えこりん村レポート②」
われわれはまず庭園を1周。かわいい花や珍しい植え方の植物をチェックしつつ、写真もパチり。天気がよく風があったので暑さをブロックしてくれていた。うさぎしかいないゆにガーデンに比べて動物も多いのも特徴。にわとり、ラマ、アルパカ、ヤギ、羊に牛や馬も。土日には、ファームショーをやっているそうで、かつて取材に行った田中義剛さんの『花畑牧場』を思い出した。
コーナーごとにきれいに整備された英国式ガーデンを見るにつけ、それぞれの自宅で「こんなふうにガーデニングをやる余裕があったらいいのに・・・」という思いは、Mちゃんも私も同じ。私の場合は時間がないわけではないが、お金もないし、やる気が起きないので、せいぜいすでに出来上がった花を買って育てるくらいだ。
毛刈りしたばかりで、部分的に毛が残っているアルパカにMちゃんはおおうけ。私はその数日前に、たまたま『鉄腕ダッシュ』の「ダッシュ村」の再放送で羊の毛刈りシーンを見たことを思い出した。また、アルパカは、前職でお世話になって今もブログ仲間である動物カメラマン高田千鶴女史の愛する動物でもあり、彼女の温かい写真を思い浮かべた。
途中、喫茶コーナーで一休み。私は朝ごはんがわりにトマトジャム(それがのちにとまとの森製造のものと判明)がかかったソフトクリームを、Mちゃんはスコーンを注文。どちらもとてもおいしかった。なんだか、その光景は、もう20年近く前から続いている2人のTDRの旅のようだった。
ちなみに、食事など持ち込みはOK。ただし、決まった場所で食べるように―となっている。
銀河庭園はほどよく水辺もあり、なんだか外国に来たような感覚になり、すてきな空間だった。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。





【2011/06/26 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マミさんイベント&四季です

サロンのお客様でもある元職場の後輩にいただいた米国のお土産の歯磨き粉。

本日はマミさんFCイベントとマンマ・ミ―アです。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「花嫁さんのケア」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1779「えこりん村レポート①」
北海道恵庭市にある庭園テーマパーク「えこりん村」。公立のものではなく、経営会社は、ハンバーグレストランチェーン『びっくりドンキー』を展開する株式会社アレフや乳肉製品製造・販売で北海道では有名な『牧家』と同列会社のえこりん村株式会社である。
先月、ガーデン型に限らずテーマパーク好き同士の親友Mちゃんに案内してもらい、初めて訪れた。
待ち合わせは得意の三井アウトレットパーク。初めて冒険していつもとは違う道を運転して無事到着。そこから車で20分くらいだったろうか。
メーンは面積10ヘクタールの銀河庭園。30のコーナーに分かれていて、庭のほか、実物大よりかなりちいさめのカントリー風ハウスの展示や遊具もあり、アルパカなどの動物もいる。庭園内に小さなショップと喫茶コーナーが。そして庭園のほか、かなり大きなガーデニング・関連商品を扱うショップと二つのレストランなどがある。
ショップの奥にある「とまとの森」が売りで、水耕栽培の天井からつりさげ式で、クラシックを聴かせて育てているトマトを見ることができ、そのトマトからできた製品も販売されていた。
健康遊具もあり、特に天気の良い日は一日中楽しめる。半日もかからずまわれてしまうゆにガーデンとそこが決定的に違うところである。
行った日は平日にもかかわらず結構お客さんが来ていて、有料(大人800円)の庭園よりも自由に利用できるショップやレストランが混んでいた。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/25 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
3カ月ぶりの旅へ明日

岩見沢の有名ケーキ店「赤いりぼん」の春限定桜シュークリーム。私は食べませんでしたが、サロンのお得意様への誕生日プレゼントでした。

明日から1泊ながら実に3カ月ぶりの上京。メーンはマミさんのFCイベントです。

[モニター品 えびすだこ 大だこ焼・ねぎ山わさび]
P6240003_20110624165221.jpg
山わさびが大好きなので、もう少しその味が強くてもいいのにと思いながらも、両親と3人で分けておいしくいただきました。岩見沢イオンえびすだこさんの従業員がこのイベントのことをよく知らないのか、ハガキを提示してから何度も奥へ引っ込んでは対応がしどろもどろで、呼び出しボタンを渡されるまでにもかなり待たされたのが残念でした。系列の岩見沢大和タウンプラザのビッグハウス店一口茶屋さんではいつも「個人情報保護のため」とハガキの上部をすぐに戻してくださりスムーズなのに、ここでは最後になってやっと返してくれた始末。店舗へのモニターイベントの徹底周知が必要ではないでしょうか。一口茶屋ファンサイト応援中


●ミニエッセー1778「わっちさんの日常点描2011春~初夏⑤」
『アナウンサーたるもの』
どれかというと日テレ派。早朝『ZIP!』の司会をしている桝太一アナウンサーの声が苦手。低いだけならいいが、がさついていて耳触りがよくなくて聞き取りにくい。朝一に向いてない。
そもそもアナウンサーって、声がよい人、そうでなくても聞きやすい人がなるものではないか。声にコンプレックスのある私だからこそ、あえてアナウンサーの声はみんな素敵であってほしいのだ。もっと言えば、なるべくかまないでしゃべってほしいし、とっさのとき応用のきく人であってほしい。
蛇足だが、アナウンサーじゃなくても人前でしゃべるなら気象予報士も同じ。ときどき、ちょっと間違えたらテンぱってしどろもどろになり、何を言いたいのかわからなくなり、進行やその場の空気を無視する人がいる。新人は1カ月くらいは仕方ないけれど、いつまでも慣れない人は向いていない。チェンジしてほしい。

『結婚丸23年』
先日、結婚記念日を迎えた。すでに24年目に入っている。もうすぐ銀婚式。そのときは夫婦旅行でもしたいものだ。毎年、結婚記念日には外食するが、今年は「びっくりドンキー」。爆。こんな変わった人―わっちさんによくぞ23年もついてきている主人に感謝である。

『祖父の13回忌』
先日、父方の祖父の13回忌の法要が行われた。祖父は若いころは漁師・私が生まれたころから引退するまで日本料理店の料理人だった。私をものすごく愛してくれ、大好きなおじいちゃんだった。命日は7月なのだが、都合で偶然、母方の祖母の命日の翌日に行われ、先祖へ感謝する日になった。また、久しぶりに会う親類たちと合流できうれしかった。祖父の遺骨は長年住んだ海の町を離れ、祖先や奥様らとともにここ・岩見沢で眠っている。長男の父をはじめわれわれを見守ってくれたらうれしい。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/24 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
父とジャイアンツ
P5070014.jpg
ちょっと旗がひっくりかえってますが・・・春のモスのBLT、ソースの酸味が新鮮でおいしかったなー。

北海道がいくら日ハムで盛り上がっても父はジャイアンツ命(わっちのオタク気質は父譲り)。専門チャンネルでデーゲームもナイタ―も欠かさず見ていますが、ゲーム具合、勝敗によって、ご機嫌・食欲(あまりにひどい試合の時は何ものどを通らない)・わんこたちとの散歩時間も異なる毎日。
言葉が分かるコジさんことコジローとナナに「あと1アウトで勝つから、終わってから散歩ね」などと話しかけています。散歩大好きなコジさんは「早く野球終われ」とそわそわ。負けると決まった時点でテンションダウンで散歩に出発することも。コジさんも日々、ジャイアンツの勝敗を気にしとります。

<サロンのブログ更新しました>
デコアート「姿見」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1777「わっちさんの日常点描2011春~初夏④」
『山本太郎さん』
かつて『元気が出るテレビ・ダンス甲子園』で「メロリンQ」などとふざけていて、将来は芸人さんになるのかと思いきやイケメンで骨太の役者になった山本太郎さん。宝塚市出身なのである。原発に対する発言の以前にもちょっと過激な主義主張を披露したりして、表現の自由はあるにしても、勇気があるというか、正直すぎて、一途すぎて心配だなと前々から思っていた。
彼をよく思わない人もいる。しかし、嘘がつけない人間という点だけみると、何かひかれる面もある。特にマスコミは生き方が不器用とも言える彼を守ってやってほしい気がするが・・・。

『よさこいソーラン2011』
サロンのお客様にも踊り手がいらっしゃり、前職場の大学の学生も出るし、「平岸天神」に知人がいることもあり、今年もちらちらと観たYOSAKOIソーラン祭り。平岸天神はファイナルには残らず残念だったが、どのチームも順位がどうのというより、自分たちが納得でき、楽しめたらそれでいい。
昨年に続いて大賞の枝幸のチームは、漁師の祭りらしく、衣装の色も素晴らしくてさすが。かつて取材で訪れた枝幸。風力発電もさかんで、いいところだ。おめでとうございます。

『速水もこみちさん』
今まであまり興味がなかったイケメンで長身俳優のもこみちさん、『ZIP』の料理コーナーでのおもしろさを観て、すっかり好きになった。キャラが出ると強い。歳をとるごとによくなる男性の一人では?応援しようっと。

『トシさんおめでとう』
タカトシのトシさんも1児のパパになった。良かった、良かった。今や北海道お笑い界の出世頭の2人。生のステージを見ると、彼らのうまさがよく分かる。トシは生意気―なんて陰口も聞くが、私は彼の笑顔が大好きだ。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2011/06/23 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
NEWカンバッチグー

「うちゴハン」からアレンジした豆乳みそカルボナーラ。

宝塚スターのバッチを手作りするために持っていたカンバッチを作る機械(玩具の類ですが、立派)をサロン業務に利用しようと久々にやってみたら一発目に壊れ、がっくり。仕方なく新しく購入しましたが、ワンサイズしか作れない「NEWカンバッチグー」(NEWといっても少し前のもの)しかゲットできず、残念。いろんなサイズを作れるものがほしいです。


●ミニエッセー1776「わっちさんの日常点描2011春~初夏③」
『使用済み・・・』
弟のお嫁さんに大きめでかわいらしいエコバッグをいただいた。しかし、私が手にしたときは既に「使用済み」。義妹は、お姉ちゃんに渡してくださいともちろん新品を母に預けたのだが、母は私に渡す前に旅行にそれを持って行ってさんざん使い、本当はコンパクトにきれいにたためるものだが、「たたみ方が分からない」と、開いた状態で「はい、これ」・・・。天然というか、あまりにも自由すぎるぜ・・・。

『別れのあいさつ』
長い間夕刊の配達をしてくれていた青年。昔は誤配があったりしたが、最近はばっちりだった。
ある日私が夕方から仕事でサロンへ行くので玄関を出たら、ちょうど彼が。そして、「今日でやめることになりました。今までありがとうございました」と夕刊を手渡してくれた。青年は常日ごろから、人がいようがおかまいなく、新聞に書かれている時事ネタを読み、延々と感想を語りながらひたすら配達していたので、私はてっきり管総理が辞める話でもしているのかと思い、「いつも御苦労さま」としか言わなかったのだが、翌日もちょうどその時間にまたサロンへ出勤しようとして夕刊が届いたが、もういつもの「声」はしなかった。
毎日、鋭く社会を斬っていたあの青年じゃなかった。彼の意見はいつも正しかった。「小泉政権のだめだったところは・・・」とか、「AKBの勢いはすごい」とか、大きな声での「つぶやき」をたまに聞くのが楽しみだった。
私は、彼の立派なお別れのあいさつに対して、「長い間ありがとう」と言えなかったことを後悔している。

『大泉洋さんがパパに』
芸人さんよりおもしろいけれど、2枚目の役者もできる道産子スター・大泉洋さんのお父様と私の父は職場の同僚で、洋ちゃんは私のサロン、妹のサロンにサイン色紙を寄せてくれている。私は前職で生でも大泉さんを拝見している(スタイル抜群だった)。洋ちゃんが一児のパパになった!うれしいがなんだか不思議な感じ。また芸に幅ができるかな。心から「おめでとうございます」。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/22 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
となみちゃん×ヨネちゃん
P5030008.jpgP5030010.jpg
昨日の続き。右端は、普通の羽つきぎょうざも作ったところ。

10月にとなみ(白羽ゆり)ちゃんが舞台で米倉利紀さんと共演とのこと。中川晃教さんも出る!豪華やなぁ。
となみちゃんがヨネちゃんの英語力に感心していたが、そりゃそうだよ、彼はずっとニューヨークに住んでたんだもんねー。

<サロンのブログ更新しました>
「ストラップの人気ナンバーワン」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1775「わっちさんの日常点描2011春~初夏②」
『新婚さん』
年下の男性と再婚したすぐ下の妹がある日見かけない、何か文字入りのネックレスをしていたので「それ、なあに」と聞くと、ご主人とおそろいでしているものらしい。「私はピンクで、彼は青で・・・」―40歳を過ぎて(妹だけ)いても、新婚さんは新婚さんか。

『やっぱり好きだな』
品があるとは言えないけれど、岡本夏生さんの明るさが好き。つらいこともあるだろうに、自分を分かっている人は成功する。バブル時代に稼いだ10億円。不動産を購入し人に貸し、仕事がなくなっても家賃収入で生活していたなんて、夢のようだし、賢い。芸能活動はセーブというが、それもいいね。頑張って!

『弟夫婦がテレビに』
5月に札幌ドームのいわゆる砂かぶり席みたいなフィールドシートでファイターズを観た弟夫妻。最後に選手とハイタッチする様子がテレビに映っていた。2人ともめっちゃうれしそうだった。爆。

『ごみの分別』
今月から仕分け方法が変わったわが町。プラスチック類の細かい仕分け・・・ぎゃーーーーやだーーーーめんどくさーい・・・したくなーい・・・でも仕方ない・・・涙。

『カード整理と・・・』
節約のため、何枚もあるクレジットカードを徐々に解約し減らしている。次に考えているのは、いろいろ加入しているファンクラブの退会。うーん・・・もちろん、マミさんとおさちゃんはありえないけどね。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。




【2011/06/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
一花ちゃんがカルロッタに
P5030004.jpgP5030005.jpg
江角さんの『うちゴハン』から、ケーキみたいに切って食べるみそ味ギョウザづくりに挑戦。果たして出来は・・・。明日へ続く。

わー、大好きな桜一花ちゃんが『ファントム』の重要な役・カルロッタに決まったときはうれしかったです。きしゃながらいい味が出そう。頑張ってね!

[モニター品 ヒアルロン酸サプリ ピュアリノ]
ひあるろん
この企業の商品モニターは3回目ですが、実はサプリだとは思わず、化粧品の類だと思って応募しました。普段はあまり、サプリを利用しない方なのですが、これを1週間以上飲み続け、写真のように寝不足で仕事へ・・・という時も肌が乾燥せずに乗りきれました。特に、46歳でこのデコルテのみずみずしさ(?)はまあ悪くないのでは(苦笑)。もう少し残っているので、飲み続けます。フルコーポレーションファンサイト応援中


●ミニエッセー1774「わっちさんの日常点描2011春~初夏①」
春から今・初夏といっても、この春はなんだか日々寒かったし、これを書いている時点では初夏といってもぴんとこないが、生活のこぼれ話を・・・。

『恒例行事?』
めったに風邪をひかないのに、昨年の4月も重い風邪をひきしばらく咳が取れなかったが、今年のゴールデンウィークも結構な風邪をひいてしまった。ピークの時、サロンにお客様がいなくてなんとかご迷惑はかけずに済んだが、恒例行事にしないようにしなければ・・・。

『さようなら赤いチューリップ』
毎年春になると、わが家の庭に黄色、赤、マーブルなどのチューリップが咲くはずだった。しかし、今年は黄色しか咲かなかった。それを主人にいうと、「去年秋、草取りしてて、根にからまったなんかの球根も捨てたからなぁ」・・・とほほ~。

『謎の人物』
自宅の近所はご高齢者が多く、私の現在の仕事を説明しても理解できないし、普段からあまり深いお付き合いはしていないので、私が勤め人をやめてから何をしているのか、恐らく謎のことだろう。遊びで朝から出掛けるときもあれば、旅で数日いなかったり、仕事では午後から、または夕方から出掛け、夜遅くなることもあるから、ますますあやしい。

『何がうれしいかって・・・』
サロンで初対面でブログなどを見ていなくて私の実年齢を知らないお客様に、実際より一つでも若く見られるとうれしい(笑い)。30代半ばのお客様に自分より年下と思ったと言われた日にゃ、もう・・・ちょっぴりサービスしちゃいましたね。でも、サロンのお客様も美意識の高い、若々しい方が多くて素敵だ。

『ことごとく・・・』
好きな花の系統が母とはまるで違うと前に述べたが、食べ物の好みもまったく違うから、いただくお土産のチョイスが参る。「これ、おいしいんだよ」―母の口にはそうなんだろうけれど、気持ちだけありがたくいただいて、なるべく主人に「おいしいらしいよ・・・」とすすめる。羊羹とか、豆的なもの・・・無理~。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/20 00:00】 | 未分類 | コメント(4)
華月由舞ちゃん退団残念

創作料理・・・ってたいしたものじゃありませんが、オリーブオイル、塩分の代わりに粉チーズを使用したイタリアンチャーハン。トマトは最後に入れてさっと混ぜるだけです。ズッキーニがあるとよかったんですが、とりあえずこのとき家にあるもので。

ああ、また寂しくなる・・・。花組の由舞ちゃんが退団しちゃうんですね。美人で肉感的色気があって、好きな娘役さんでした。幸せになってね!!

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「はなやいで同窓会へ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1773「パイレーツオブカリビアン―生命の泉を観て④」
オーランド・プルームにはかなわないが、宣教師役のサム・クラフリンもいい男。だが、なんといっても大人の色気があるジョニー・デップからするとまだまだ坊やだ。役的にもそれが合っていた。人魚役の女優さんは、ぺそっとしていて特別美人とは思わなかったが、はかなげによく演じていた。

惜しかった点は、先に述べた3Dの意味がなかったことと、途中「細かい事情」の編集をはしょりすぎて場所や登場人物の関係性を想像に頼るしかない部分があること。だからこそいいのかもしれないが、急に場面がスペインからイギリスになったりして、「?」となった。
アンジェリカと黒ひげの関係も血がつながっているのか否か謎のままだからいいのかもしれないが、命にかえてもいいとさえ思う娘の父に対する強い愛情に比べて、保身しかしない冷酷な黒ひげとの温度差は何によるものか、ちらっと台詞には出てくるが乱暴に「はしょって」いるので、子供ファンにはよく理解できなかったことたろう。
とはいえ、深く考えずに見れるエンターテーメントなので、全体の雰囲気さえ伝わればいいとも言える。
「こんな場所、壊してしまえ~」とかいいながら、今ひとつ、破壊度弱く去っていくスペイン軍やジャックに負けず劣らず強いはずのアンジェリカがなぜ最後はあっさり無人島に取り残されるのかなど、細かいツッコミはやめておこう。

この映画を観る前にたまたまテレビで摩訶不思議な世界観の映画『チャーリーとチョコレート工場』を観た。得意の白ぬりのジョニーの歯や口元あたりがとても美しく、とてもジャックと同一人物とは思えない。ファンタジーではない映画ではもちろん2枚目もやる。この変身わざが役者冥利なのだろうが、Mちゃんをはじめ多くのファンを魅了するのもうなずける。私より一つ上のお兄さん。いつまでも活躍いただきたい。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。




【2011/06/19 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
イ・ジアさん騒動

とりがら&野菜でスープづくり。ラーメンでも作ろうと思いきや、味をつけて野菜スープとして飲んじゃいました。

韓国の女優イ・ジアさん。ドラマ『太王四神記』のスジニ役でヨン様と共演した方。そのころ、期待の新人女優と言われ、人気スターと交際の話も出ていました。うちのだんなさんが気に入っていたのですが・・・。
少し前に離婚裁判を起こしたことから、実は年齢詐称&若いころ韓国人の元歌手と結婚していて2人の子持ちだと判明。交際相手の彼氏もがっかりして別れると憤慨(そりゃそうだ)。
このニュースがネットに出た時、韓国ドラマに興味のない方々は、イ・ジアさんを全く知らないもんだから「なんでこんなことがニュースになるんだ」と相次いでコメント。けれども、知ってる者からしたら驚きのニュースでしたの。

[モニター品 AGEJAWS]
P6170004.jpg
①カラッと揚がる②油が酸化しないので、長持ちし経済的である③油の吸収が減るので、健康的でもありまた経済的でもある④廃油の量が減り、環境にやさしくなる⑤不足しているミネラルの吸収になる・・・などの効果があるという揚げ物の際、油に入れる「あげじょうず」(沖縄の風化造礁サンゴ利用。最初から金属容器に入っていました)でひとくちカツを作りました。味は変わりませんが、確かに揚げ上がりのからっとした感じはいつもと違うと思いました。油も再利用でき、これ自体1年も持つそう。その後植物にも使えるとのこと(また報告します)。素晴らしいですね。コーラル ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1772「パイレーツオブカリビアン―生命の泉を観て③」
ジャックが本当に手にしたい、取り戻したいのは自分の船「ブラック・パール号」なのである。ジャックはかつてパルボッサへ、そして彼から黒ひげへと渡ってしまった船を魔術によってびんの中のミニチュアにされたものを取り戻した。さあ、どうやったらそれを元に戻せるのか―いつか、5作目があるだろう。

このシリーズの一番の魅力は、2枚目かつ3枚目、いい加減のようで計算している?、サバイバルな知恵と身体能力にたけたジャックのキャラだろう。ちょっとおねえ系なしぐさながら女好きだが、ディズニーなので、そういうセクシーなシーンはあらゆる工夫で「雰囲気」をただよわせるだけ。直接的な場面はあまりないのが、大人にはちと寂しい。
でも、毎回ジャックのベクトルは女性ではなく、自由と冒険と野心に向いている。自分はあくまでも船長だというプライドも高い。恋愛物語ではない。そこがいいのだ。黙っていれば2枚目だが行動すると3枚目、ギャグシーンも多い。お笑い好きな私としてはもっともっとギャグがあってもいいなと思う。
音楽もいい。おなじみのテーマ曲がいろいろな調子にアレンジされ、場面を盛り上げる。
それから私が感心するのが、ジャックもだが、各キャラのメイクや扮装だ。ディズニーランドの雰囲気を壊さないようにちょっとアニメチックに仕上げている。けれども、昔「海賊」は本当におしゃれだったのだろう。
スペイン人のヒロインに合わせるかのように、父親(本当かどうか謎だが)・黒ひげ役もまるでスパニッシュのように見えた。しかし、演じたイアン・マクシェ―ンはイギリス人。ただし、スペイン君主を演じていた方はれっきとしたスペイン人とのこと。
俳優陣をみると、国際色豊かで驚く。日本人・松崎悠希さんも。大きい役ではないが、世界的な人気映画に出るということだけでもすごい。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/18 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
またOsaイベント断念
P4260010.jpg
Mちゃんにいただいた品々。「内祝」はMちゃんのお嬢さんの中学入学プレゼントのお返し。ほんの気持ちしか差し上げていないのに恐縮です。

夏にいろいろおさちゃん出演のイベントがありますが、春に続いてすべて日程が合わずに断念。年末まで、我慢、我慢。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「ふわっとピンク×2色スワロ」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 ミュゼ「スキンケアベーシックボックス」トライアルセット]
P6160022.jpg
仕事を終えて帰宅したら届いていて(写真はそのときのもの。へんな顔ですいません)早速使ったクレンジング・スクラブ洗顔料・ローション。乳化具合がいいクレンジングオイルとほどよい刺激の洗顔料と次は化粧水・・・と思ったら、見た目は乳液でした。私は化粧水で一度ふきとりをしてからあらためてパッティングするので、それには適してはいませんでしたが、これを使えば次の段階の乳液は要らず、美容液に進めると思いました。ミュゼ・キレイ館ファンサイト応援中


●ミニエッセー1771「パイレーツオブカリビアン―生命の泉を観て②」
先に観たMちゃんの娘さんが「面白かったが、ヒロインのペネロぺ・クルスが好きになれない」と言ったというが、私も中1のジュニアに賛成だ。

さて今回は、前作3つに出ていたサブキャラのオーランド・プルーム演じるウィル・ターナーとキーラ・ナイトレイ演じるエリザベス・スワンのカップルは出てこないし、シリーズとしてではなく今作を単独で観てもだいたい分かる内容になっていた。
海賊同士の争いというより、日本向けサブタイトルにあるように誰が永遠の命を得られるという「生命(いのち)の泉の水」を手にするか―争奪戦がメーンテーマ。ジャックは場所を知っているといい、次のチームどちらからも案内役としていいように使われる。
その場所を目指すのは、伝説の海賊・黒ひげとその娘といわれる女海賊アンジェリカの一味と、英国王にとりいって「公賊」と名乗る黒ひげがかたきで元海賊のパルボッサたち。そして、そんな場所があるから争いが起きるので、取り壊してしまえというスペイン軍もからむ。
サブストーリーは、生命の泉の水の正しい飲み方に人魚の涙が必要なことから、人魚が登場するが、その中のひとりの人魚と、黒ひげ一味の人質である若い宣教師の恋だ。「人魚姫」のヒロイン・アリエルではないが、ディズニーらしいファンタジックさである。
ジャックは、いい塩梅で両方の味方とも敵ともつかずに海原を進み、泉の場所に着くが、最後には永遠の命を得る唯一のチャンスをかつて愛したという設定のアンジェリカに譲ることになる。いいやつなのか悪いやつなのかよく分からないのが魅力の彼だが、やっぱり心があり、頭のキレるいいやつじゃんという結末。
しかし、本当のラストは、次作への期待が残る形になっていた。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/17 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
NEWベルばら切手

北広島ツアーで買い物してきたものの一部。どれも激うま。燻製たまごはMちゃんからいただきました。

かなり前に豪華ベルばら(劇画版)切手セットを買って大事にしていましたが、このほどアニメ版の新しいセットが売り出され、予約開始時にすぐにネットで予約してゲット!郵便事業もネットショップがあるから便利。そのうち雰囲気を写真で紹介します。


●ミニエッセー1770「パイレーツオブカリビアン―生命の泉を観て①」
これから観る方はネタばれにご注意いただきたい。
シリーズ4作目。それまでTDLのアトラクション「カリブの海賊」は嫌いではなかったもののリアルタイムには映画は観ていなかった。が、数年前ジョニー・デップそしてディズニーファンの親友Mちゃんにすすめられて、WOWOWなどで全部観て、主人公のキャラ設定の面白さと音楽に感激。ずっと今作を楽しみにしていた。
また「おひとりさま映画」になるはずだったが、初日すぐに「3D吹替え版」を観たMちゃんが、やっぱり字幕版を観たいと、先に席指定で予約していた私の横の席を当日に買って、結局ふたり仲良く並んで観たのであった。私もサロン定休日で、Mちゃんも仕事が休みだった。
事前に彼女から「3Dで観なくてもよかったかも。吹き替えを観た限り、4作の中で3番かも」とだけ聞いていたが・・・結論から先に言うと、決して面白くないわけではないが、確かに飛び出して見えるシーンもほとんどなくて3Dで観る意味はあまりないと感じたし、振り返って順位をつけると私も3番目かも・・・ということに。
どんなに優れた作品でも、キャラや雰囲気を知っているだけに、初回のわくわく感は超えられないものだ。そこは覚悟して観たのだが、もっとはらはらする工夫があったらよかったのになという印象はある。
とにかく、あまりにも期待しすぎたか。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/16 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
母の「ここだけの話」

少し雨模様だった北広島からの帰り道、虹が出ました。

携帯を持っておらず、母の携帯番号も知らない父からある日わが家に電話が。「買い物に行った母の帰りが遅いので、何時ころに帰ってくるか携帯で聞いてほしい」とのこと。
後日母が「わんこがお腹すいて鳴いて(餌のことは母任せ)うるさいから、お姉ちゃんに携帯してもらった・・・とか言ってたけど、結局わんこじゃなくて、自分がないていたのさ」と超寂しがり屋の父の真実を明かしてくれました。爆。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル「きれいブルーでエレガンス」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1769「ブログ5周年プレ企画・質問回答⑦」
★何時に起きますか(T様より)★
理想は営業日は9時です。サロンの電話受付開始10時、開店11時なので。旅の時、遊びの時はもっともっと早いです(あはは)。死んだように寝ていることもあります。規則正しい生活をしなければいけませんね。理想を守るよう努力します(汗)。

★きらきらボディーアート、どれくらい持ちますか(O様より)★
どうしても少しずつはすがれますし、体の場所にもよりますが、服やふとんにこすれたりせず大事にすれば1週間くらい持ちます。水には強いですが、温泉には弱いです。ざっと家庭のお風呂に入るくらいでは取れません。うちの社長は10日持たせたこともあります。ブライダルの場合は前日または当日のご来店が理想です。なお、すぐ取ることも可能です。

★ハンドのベーシックケアの内容を教えてください(M様)★
長さ、形を整え、キューティクル(皆さまが甘皮と呼んでいるところ)周りを柔らかくするクリームをつけソープ入りのぬるま湯にしばらく手をつけていただき、その後専用器具で見えない角質を取り除き、表面をふきとり余分な皮を切り取り、汚れがある場合はリムーバー等で除去し、つめの状況を見て(つめが薄い場合はあまり研磨しません)軽く表面をみがき、最後にキューティクルオイルをぬります。
お姫様気分で、癒し効果もあります。ゆっくりやって1時間ほど。普段手入れしていないから恥ずかしいとおっしゃる方がいらっしゃいますが、そういう方こそはっきり変化が見えてやりがいがあり、うれしく思います。
甘皮があまりなく、そのあとカラ―リングしない場合は、甘皮処理をしないクイックケアもございます。マッサージやバブル手浴、パックもありますので、体験してみてください。手がきれいになると人前で自信が出ます。

★理想の男性は?(Y様)★
あはは・・・理想はベルばらのアンドレです。若いころは西城秀樹さん一筋でした。どっちかというと肉食系だけど優しくて色気がありちょっと弱いところもあるみたいな。自分が長女で男前のところがあるので、つべこべ言わず俺についてこいという亭主関白タイプの方とは合いません。
最近はビジュアル的にはどちらかというとかわいい系が好きなのかも。笑顔がかわいい方がいいですね。が、とにかく声のよい方、セクシーな方に弱いです。しかし、不思議なことに好きな男役タカラジェンヌは必ずしもアンドレっぽくない・・・理屈じゃないんですな。笑い。

質問をお寄せいただいた皆様ありがとうございます。随時募集しています。(しばらくしてから続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/15 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マミさんのブログにおさちゃんが

昨日の続き。高速道路・輪厚(わっつ)サービスエリアでお買い物。野菜直売所もあるんです。

先月、越路さんコンサート神戸のリハーサルとしてマミさんはじめそれぞれのブログに出演者が集まったオフ写真が掲載されました。マミさんのブログにおさちゃんが、おさちゃんのブログにマミさんが、しかもおさちゃんはマミさんの肩に寄りかかって・・・そんなひとこまが見れて幸せでした。


●ミニエッセー1768「ブログ5周年プレ企画・質問回答⑥」
質問をお寄せいただいた皆様ありがとうございます。随時募集しています。

★サロンは何曜日が混みますか(T様より)★
一番人気の曜日・時間帯は金曜の夜です。次に土日の日中でしょうか。当日でも承ることができる場合もまれにありますが、ご予約はお早めに、少なくとも3日前までにお願いできれば幸いです。

★おすすめのシャンプーはありますか(S様より)★
姉妹店・ヒーリングサロン咲で扱っている北海道産無添加Oreシリーズがおすすめです。クマ笹由来で刺激がなく、ほんの数滴をネットであわだてて使うので経済的で、私は市販品を使っていたころに比べ、ふけ、かゆみといった頭皮トラブルがなくなりました。よい香りがするものではないですが、その点はお好きなオイルやトリートメントでカバーできるので、かえってよいと感じています。

★サロンには毎日いるのですか(F様)★
お客様がおらず、作業や練習などの予定がまったくない日は行きませんが、会社の1階は社長夫妻の自宅なので、換気などの管理はお願いしています。なお、定休日は火曜日です。

★日常のタイムテーブルは?(G様)★
サロンワークの日は、入浴、食事、化粧などを済ませて最初のお客様がいらっしゃる1時間30分~30分前には出勤して掃除、メニューに応じた準備をします。出勤時間に差があるのは、前日までに溶剤補充、掃除や器具洗浄消毒など事前準備を済ませている場合があるからです。一日中いるような時は、持参してサロンで食事をはさむこともあります。営業終了が遅くなった場合や疲労しているときは掃除や次回への準備は翌日に回します。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/14 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マミさん×国分君
P4260007.jpg
Mちゃんとミニ北広島市ツアーを敢行。島松というところに湧き水や国史跡が。

先月「タケシのニッポンのミカタ」に出たマミさん、国分太一君とハグしちゃってさ・・・いいなあ(笑い)。

<サロンのブログ更新しました>
「新メニュー・缶バッチ製作します!」を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 薔薇の香り★Picoローション&クリームトライアルセット]
P6130011.jpg
いつも素敵な包装で商品を送ってくださる東和化学株式会社のほのかな薔薇の香りが癒しにもなる化粧水とクリーム。つけごこちがすっきりしていて、べたつかないので、これからの季節にぴったりですね。自然素材成分なのもうれしいです。勉強になります。いつもありがとうございます。ナチュラルコスメTOWAファンサイト応援中


●ミニエッセー1767「1000回記念59・宝塚歌劇検定公式テキスト2000‐2004について」
宝塚検定の2級までを取得している。そのうち1級を取ろうと、勉強のため表題の本を購入。検定も本も宝塚の資金集めにまんまと乗っている、悪い言い方をすれば「よいカモ」なのは分かっているが、楽しいので、清く正しく美しい(?)ファンとしては、前回2005‐2009データに引き続き00-04版もうれしい。
最初に、じっくり表紙や裏表紙やカバー、帯を見た。なぜかというと、3、2級を受けた時に、本の装丁に関する問題が出て、まったく気にしていなかった私は間違えてしまったからだ。すると、「帯」の文章印刷に重大なミスを発見。「2005~2009のデータです」とあった。それは、1弾めのやつやろうが。老婆心ながら、阪急コミュニケーションにメール。だって、もしそこから問題が出たら困るし・・・笑い。お詫びとお礼の返信が来た。

この本は公演&スターのデータ集なので、感想というより、懐かしさに胸がいっぱいという話だ。00~04年といえば、マミさんが退団を発表し、翌年退団、そしてその翌年には春野さんがトップになり、次第に成長していった時期であり、感慨深い。個人的には、良き友人にも出会い、ヅカライフが寂しさの中にもますます濃く楽しくなったころ。忘れようがない。
このころは、各組まんべんなく観ていたし、全く知らない作品の方が少ないくらいだ。この本はまださらっと見ただけだが、それだけでもじんとする。昨日の荷宮さんじゃないが、「このころはよかった・・・」と思わず感じてしまった。スターの層も違うし、作品も今ほど「なんだかなぁ・・・」と思うものは少ない。
元編集・記者の私がどうしても着目してしまうのは、各データの説明文につけられている小見出しだ。的を得ていると思うものもあれば、「ちょっと自画自賛しすぎでしょ」と思うものがあり、おもしろい。マミさんには「個性派スター」、おさちゃんには「正統派」「カリスマ性」、檀ちゃんには「類い稀な美貌」などという文字がついている。それらを流し読みするだけでも、わくわくしてしまうわっちは、「正統派」ファン?さて、時間を見つけてノートをつくり勉強しなければ・・・。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/13 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
初マンマ・ミ―ア!

昨日の続き。くるるの杜でのランチバイキング。

今月、初めて『マンマ・ミ―ア!』(劇団四季)を観ることに。楽しみだぁ。


●ミニエッセー1766「1000回記念58・宝塚、おかわり!を読んで」
同じ青弓社でも荷宮和子氏の『宝塚、おかわり!』では、音楽学校裁判のことが露骨にかなり皮肉な表現で出ている。この本は前作『宝塚を食べる!』の続編らしいが、なぜかそれは買っていない。荷宮氏の本はほとんど読んでいるのだが・・・。
著者は私より一つ年上。同世代だが神戸出身の方で、観劇歴が40年近くと、20年の私より倍近く、ファン上級生だ。ニュアンスはだいたい理解できるのだが、アニメや漫画、ゲームの世界になぞらえての切り口が多く、それらの世界が分からない私には、想像すらできない箇所も多い。なのに、なぜこの本を買う気になったのかというと、いくつかの章タイトル、小見出しにひかれたからだ。
「えりたんどうすりゃ委員会Ⅱ」「チギちゃんどうすりゃ委員会」「みっちゃんどうすりゃ委員会」「私的な復讐譚は宝塚歌劇となりうるのか」「(前略)なぜ宝塚は劣化したのか」「なぜ第二の大地真央・天海祐希は生まれないのか」―テレビ番組のもじりもあるが、これらの見出しを見ただけでずばり、ああ同じことを憂いているなと共感。ほかにも、じっくり読むと「浮気をしないストーカー男こそ男役の真髄である」というところも、なるほどと感じた。
もちろん違う意見の項目もあるが、宝塚の舞台を愛している、あるいはこれからも愛したい、できる限り存続してほしい熱い思いがあるからこその激辛表現であるのが伝わる。
昨日までの当コーナーで観劇に際しては欠点探しばかりでは楽しめないと書いたが、宝塚歌劇団に対して懸念、疑問、嘆きが多々あるのは私も同じ。その部分だけをお披露目したらずいぶん毒舌になる。

荷宮氏の提起する諸問題は、複合的要因によるものだと思うが、何が一番の原因なのか。ひょっとしてファンサイドの意見を真摯に受け止め十分吟味しないことか?裁判問題への対応が釈然としないことでファンの信頼を失っていることを劇団はどうするつもりなのか?・・・言いたいことはまだある。第二の荷宮さんになりそうだ。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/12 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
60万アクセスに感謝
P4260004.jpg
北広島市のホクレン・くるるの杜の一角。

60万を超えるアクセスをいただき心から感謝申し上げます。8月にはブログ開始5周年を迎えます。今後ともよろしくお願い申し上げます。

<サロンのブログ更新しました>
社長ネイル(キュート・キュート・キュート)を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1765「1000回記念57・宝塚イズム15を読んで③」
今の宙組を否定する意味ではないが、そもそも5組化がよかったのかという気持ちはまだぬぐえない。バブルがはじけ景気が悪化する過程の中、経営的に、そして生徒の健康確保のためほかの工夫で乗り切ることはできなかったのだろうか・・・。

公演評では、作品として相変わらず星組『愛と青春の旅だち』への批判が多く、そして宙組『誰かために鐘は鳴る』の演出にもけちをつけていたもの、雪組ロミジュリの「愛と死」役の設定を賛美するものがあり、つくづく観る人によって、ポイントや心にひっかかる事項の違い、要するに「観方」が違うものだなと実感した。
もちろん、どんな作品でも自分とは考えが違うと感じたり、好きになれない台詞だったり演出だったりはある。全部がだめと感じることもなくはない。よりよくなってもらいたいがための批判も大切だ。しかし、せっかくお金を払って楽しみに行っているのだから、批判ばかりではなく、出来る限り長所を探してそこをポイントに観る、あるいはスター自体を楽しむなど、マイナス要素をカバーできるものを見い出したいと思うのだが・・・。
そういう意味で、『愛と―』は確かに時代錯誤だし、軍隊ものは沖縄問題を思い出すということも理解できるが、理屈抜きに軍服姿のかっこうよさだったり、人間の成長物語として、それから2枚目の凰稀さんが変わった役をする面白さなどを挙げたらなかなか佳作だと思うし、『誰が―』も確かに不快と感じる場面もなきにしもあらずだったが、生徒たちの演技の素晴らしさでもって初演に負けない出来だったと思う。
逆に、雪組『ロミオとジュリエット』の愛と死の存在は、個人的には『エリザベート』の二番煎じに映り、今一つ新鮮味がなかった。大湖さんのかもし出していた雰囲気は素敵だったが。

最後に、木谷氏がひとこと後記で「2010年度の観客数が100万人を割るようだ。景気低迷もあるが、ファンが突き付けた“ノー”だ」と指摘していた点が見逃せない。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。




【2011/06/11 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
ぐんちゃんのこと

平日開店時の三井アウトレットパークは空いてます。

ぐんちゃんこと月影瞳さんは結婚して現在台湾にお住まいなんですね。大学で中国語を勉強されているとか。知らなかったなぁ。数年前ある客席でばったり会いました。中身は男役?なさっぱりした人柄が好き!


●ミニエッセー1764「1000回記念57・宝塚イズム15を読んで②」
的確なスターの配置によって、上演作品にも特徴が生まれ、カラーも形成される。
男役も娘役も本来はほかの組でのトップが似合っていると思われるスターが、どうしても同時期に重複してしまってピンチヒッター的に宙組へ・・・と、据えられるパターンが続いている気がする。
過去にも同期あるいは世代が近い人気スターでともに次第に上がって行くのがはっきりしていた花組の愛華さんと真琴さん、春野さんと瀬奈さんを切り離し、それぞれ後者を月組へと異動させたパターンがある。しかし、それらは先を見込んで早めの異動だったこともあり、それぞれの組での色なじみは成功した。
新組誕生の当初は、ほかの組からの異動しかないのだから、仕方ない。姿月さん、和央さんまではいい。本当はその時代に「宙組らしさ」を確立すべく続く若手スターたちを生粋の宙組として育てるべきだったように思う。
それが間にあわなかったため、ザ・雪組の貴城けいさん、少し前から異動していたとはいえ本来月組カラーの紫城るいさんが本公演たった1作であっという間に去った。すでに異動はしていたものの大和さんとて月組人だし、陽月さんも星組カラーだった。
そして、花組からというより、長年月っ子だった大空さんと生粋の花組トップになると思い込んでいた野々さんがまさしく落下傘でやってきた。今まではその下に大和さん時代から2番手のこれまた本来花組っ子の蘭寿さんという構図で、ちょっと違和感だった。このたび蘭寿さんは花へ帰ったものの、今度はそのうち星組でのトップ就任がいいなと思っていた凰稀さんが来る。間違いなくそう遠くない時期に宙組の新トップとなるのだろう。
宙組カラーって、結局いつまでも固定化されないのがカラーなのだろうか。
宝塚のトップさんやスターたちはみんな魅力的で、どの組に行ったとしても輝くし、よい作品も作っている。それから、劇団の事情も分かる。でも「組」ごとを楽しむという形が好きなファンにとっては、あっちこっちから持ってくる人事についていけない感覚があるのは否めない。次々と変わるスターピラミッド上層部を支える組子たちには頭が下がる。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/10 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
1000回記念56 こだわり・「ラブシーン」

自宅のキッチンのカフェカーテンをチェンジ。しまむらにかわいいのがたくさんあり、迷ってこれにしました。

ネタばれ注意です。先月のCS『こだわりリクエスト』は「憧れのラブシーン」。1位は「ロミジュリ」でしたね。わっちはLUNAのマミさんと檀ちゃんをリクエスト。マニアック・・・。また少数派で出していただきました。

<サロンのブログ更新しました>
自分フット(近づくサンダルシーズン)を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1763「1000回記念57・宝塚イズム15を読んで①」
次の観劇は今月末。私にしては珍しく前の観劇から3カ月空く。ディープなヅカファンの私がその間に何もしないわけはない。歌劇誌や宝塚グラフなど定期刊行物はもちろん、サロンワークや家事の合間にヅカ関連本を読んでいる。今回からしばらく、それらの本の中で3冊をピックアップして感想的なものを述べたい。
まずは、もう15シリーズになった青弓社の外部宝塚批評本『宝塚イズム』。特集は前回に引き続き100周年予想図で、雪、星、宙組編。今年3月1日発行なので震災前のものだ。そして、まだ雪組娘役トップが舞羽さんに決まる前。よって、雪組については、さかんに音月さんの相手・娘役トップのことが心配されていた。雪組に関してはなかなか私もはっきり書けない、すっきりしないヒロイン抜擢問題があり、真面目な批評の形を取るこの本でもどんと書いている方はおらず、ちょっとベールに包まざるをえない感があった(しかし、このあと出てくる別の本では気持ちよく書かれているので、後日触れたい)。
特集では、書き手の皆さんは、最近のスターの不可解人事、長年2番手扱いのスターへの心配、スターの小粒化、昔ほどトップ、2番手、3番手など序列がはっきりしていないことでの継承の懸念、作品選びへの疑問などを挙げており、私もほぼ同感だった。
中でも、うんうんと強くうなずいてしまったのが、木谷冨士子氏の「宙組カラーとは」と題して、この12年特殊なスター人事ばかりで、組としての位置づけが定まらないように見えるという意見。私は各組にはそれぞれの「カラー」が要ると思っている派だ。かつてのダンスの花組・現代的な月組・芝居の雪組・コスチュームものの星組というような特色があってこそ、それぞれの組を観る楽しみがある。でないと、せっかく分かれているのになんとなく「組」という枠がぼやける。ピント合わせのためには、各組とも適材適所の生徒人事が不可欠だ。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/09 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
マミさんQさまでハワイ

人生2回目の吉野家。しかし、大きな声では言えませんが・・・すき家の方が好きです。

先月『Qさま』でマミさんのチームがハワイを獲得。いいなぁ。ハワイ行きたい~。


●ミニエッセー1762「ヅカノート2011春より⑮映画・パイレーツオブカリビアン生命の泉夢の配役」

※ネタばれに注意いただきたい。主な役のみ。花、月、雪、星、宙組の順。敬称略。

・キャプテン ジャック・スパロウ  蘭寿・霧矢・音月・柚希・大空
・アンジェリカ (女海賊)     愛音・蒼乃・舞羽・夢咲・野々
・黒ひげ(伝説の海賊)       壮・越乃・緒月・涼・凰稀
・パルボッサ(黒ひげへの復讐に燃える海賊船船長)夏美・青樹・未涼・紅・北翔
・フィリップ(イケメン宣教師)   柚香・龍・早霧・真風・鳳翔
・レシーナ(フィリップと恋に落ちる人魚)蘭乃・明日海・愛加・白華・すみれ乃
・ジャックの父           高翔・一色・飛鳥・英真・寿
・ギブス(ベテラン航海士・ジャックの仲間)華形・星条・彩那・夢乃・風莉
・タマラ(人魚)          華耀・彩星・華吹・稀鳥・伶美
・スパニアード(スペイン王)    紫峰・美翔・大凪・壱城・悠未
・ガーヘン(日本人が演じる水夫)  望海・瑞羽・大湖・麻央・七海
・スペイン軍司令官         扇・沢希・涼瀬・鶴美・蓮水
・少年水夫             桜・愛希・詩風・妃咲・純矢
・スクラム(水夫)         朝夏・光月・蓮城・美弥・十輝
・黒ひげの手下(ゾンビ)      夕霧・宇月・香綾・如月・珠洲
・英国王              悠真・綾月・奏乃・美稀・天羽        

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/08 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
靴下派に・・・

行けばつい買いすぎるので「いくらまで」と決めて物色します。

勤め人時代は断然ストッキング派でしたが、今は靴下派になりつつあります。5本指のと、普通の、半々くらいかな・・・。真夏は基本、素足です。

<サロンのブログ更新しました>
自分ネイル(元気になれニッポン)を掲載→ネイルセラピーサロンstage

[モニター品 薬用UV乳液]
P6060003_20110606183334.jpg
以前もモニターしたかもしれません。SPF50+ PA+++ なのにとてものびがよくて、しっとりするのがいいですね。白残りもしないので、全身に使えると思います。おすすめです。「トリニティーライン」ファンサイトファンサイト応援中


●ミニエッセー1761「春のゆにガーデン2011②」
それから今回初めて、飲み物で自分で調整するハーブティーをチョイス。ただし、3種をミックスしてよくばりすぎてあまり美味にならなかった(反省)。
ここも「くるるの杜」と同じく、パンが温かかったらもっとよいのだが・・・。
そこでは、自分たちの修学旅行の思い出などで盛り上がった。Mちゃんの娘さんの中学校では、震災の影響で東北が不可能になり、京都に修学旅行に行くというから驚いた。こちらでは昔は高校にならないと関西には行かなかったものだ。
今の高校は広島や沖縄に行くらしい。そのとき、私が高校の修学旅行での帰りの船(青函連絡船)での記憶がまったくないことを思い出した。東京・上野から寝台車で青森まで来たことは覚えているのだが・・・。
それから、いつ札幌ドームにファイターズを応援に行くかという話も出たが、私はできることなら佑ちゃんが見たいことなどもあり、はっきり決まらなかった。とにかく遊びの予定は満載だ(汗)。
食事の後は、園外にあるマーケット、野菜売り場で買い物。このショップは、入場券を買わなくても誰でも利用できる。何かピンとくるお花があったら買おうと思ったが、いまひとつだったので、花よりだんごでスイートバジルの鉢植えを購入。果たしてそれを使ったおしゃれな料理が成功するかは分からないが・・・。
ゆにガーデンには「ハーブ教室」があり、手づくりで押し花などを使った物を作れるのだが、今まで既存のメニューはすべて体験してしまったので、また新しい何かができたら嬉しいんだけど・・・とMちゃんとも意見が一致した。
なお、少しだが後日今年のゆにガーデンの写真を掲載したい。

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/07 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
焼肉酒家えびすの会見

サロンで販売中のオリジナルデコリングプル(&ペットボトルのふた)オープナー。

いくら動揺しているとはいえ、責任感、謙虚さ、誠実さ、聡明さ、お客様が神様である意識、言い訳をしない、凛とした態度そのほか、サービス業として大切なものが何一つ見えなかった焼肉酒家えびすの社長の最初の会見や心がこもっているとは思えないおわびは恥ずかしく、腹が立ちました。あらためて、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りいたします。

[モニター品 あすなろシート]
P6060003.jpg
以前使ったことがある足裏に貼る青森ひば油木酢液シート3セット(6枚)。余分な水分を吸って疲れを取る・・・以前ほどパウダーが茶色くならなかったのは、疲れていないのか乾燥しているのか・・・。このメーカーはにおいはどうなのかと試しましたが、やはりきつくて木酢液のにおいが好きになれません。ただ、今回足裏以外にも使えること、それから使用後でもシートを水につけて、草木に利用できると知り、助かりました!美容のプロが認める自然派化粧品エスタファンサイト応援中


●ミニエッセー1760「春のゆにガーデン2011①」
毎年訪れている庭園とショップのテーマパーク・ゆにガーデン(北海道空知管内由仁町)。花に癒され、買い物を楽しみ、おいしい食事を満喫。今年も先月、親友のMちゃんと行ってきた。年間パスポートを持っていて、たまたま期限切れの2日前だった(笑い)。
少々寒くて小雨がぱらつくあいにくの天気だったが、傘をさすまでもなく、ガーデンをひとまわり。団体客がいっぱいいて混んでいることもあるが、その日は空いていた。まだいろとりどりのお花が咲いている・・・という時期ではなかったが、いくつかの花や池に住むカモやアヒルたち、メタボなうさぎたちを見学。花では、今まで気付かなかったがツツジがきれいだった。
歩きながら、私と母が好きな花、嫌いな花がまったく逆で困るという話をした。私はかわいらしい小花系が好きだが、母が好きなオダマキやカンパニュラ(つりがね草)、スイセンなどは苦手なのだ。わが家の庭は母が好きなものを植えているので、庭を見るたび「がっかり」だというとMちゃんが大笑いしていた。
そのあと店内のショップを物色。花に関したロマンチックな雑貨がいっぱい。どれもこれもかわいらしくて欲しくなるところをぐっと我慢し、そこでは旅用の入浴剤だけを購入。
そして、メーン?のバイキングレストランへ。昨年は結婚記念日の外食で主人とも来た。いつもどれもおいしいのだが、今回は特に焼きドリアとサラダバイキングが良かった。普通のサラダバイキングではない。一品ごとが独立した和洋のサラダが8種類くらいあった。
バイキングレストランはそうやってメニューを工夫しないとリピートしてもらえない。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/06 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
おとめ2011
P4180003なおし
偶然、なんなとくタイトルと合いましたが、サロンの引っ越しのときに出てきた父撮影のわっちの短大卒業式の写真。手作りのでかいリボンが笑える。そして、なんか顔長いし・・・。

ゆうひちゃんの表紙がうれしい「宝塚おとめ2011」。毎年必ず、お顔が激変したなぁと感じる生徒さんがいますよね。いろいろな意味で・・・。下級生の顔と名前が一致しなくなってきた自分も年を経ていくなぁと感じます。とほほ。

<サロンのブログ更新しました>
(お客様)「定期フットケア第2段階」を掲載→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1759「ヅカノート2011夏より①ノバボサノバ夢の配役」
観劇前だが、再演作品のため、すでに考えたので先に転記したい。
※主な役のみ順不同、敬称略。(   )は私が観る予定日の本役(公式HP発表より)。花、月、雪、宙組の順。

・ソール(柚希)    蘭寿・霧矢・音月・大空
・エストレーラ(夢咲) 蘭乃・蒼乃・舞羽・野々
・ルーア神父(涼)   壮・明日海・彩那・北翔
・シスターマーマ(英真)悠真・越乃・緒月・悠未
・オーロ(紅)     愛音・龍・未涼・凰稀
・マール(夢乃)    華形・瑞羽・早霧・鳳翔
・メール夫人(真風)  朝夏・青樹・沙央・春風
・プリーザ(白華)   華耀・彩星・愛加・すみれ乃
・ラービオス(妃咲)  瞳・夏月・華乃・愛花
・ボールソ(美弥)   柚香・愛希・涼瀬・月映
・ポーロ(音波)    桜・花陽・連城・伶美
・マダムX(万里)   花野・花瀬・麻樹・美風
・マダムガート(花愛) 初姫・憧花・晴華・純矢   
・ドアボーイ(麻央)  鳳・千海・詩風・蒼羽
・ピエロ(鶴美・如月・大輝)夕霧、望海、冴月・光月、紫門、美泉・大凪、大湖、香綾・蓮水、凪七、鳳樹

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/05 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
三銃士チケットゲット

ボディショップで曜日毎に違う香りを・・・と提案しているボディーシャンプーをゲット。残りもう一つは無香料なので、香り付きのだけ購入しました。おまけにおりたたみ枕がついてました。

7月に帝劇で観るあさこさん出演の『三銃士』のチケットを確保しました。楽しみです。


●ミニエッセー1758「ブログ5周年プレ企画・質問回答⑤」
それに比べて、一応社会的地位もあり、名のある方でも「自分は書くのが得意」と言いながら、誤字脱字だらけで適度な改行もせず、とにかく自分だけが分かっているような「伝わらない」「上から目線」「批判コメントに対して謙虚さがなく挑戦的」なブログもあります。
記事を書く方も批判コメントをする方も互いに表現不足で、攻撃的な物言いなために誤解を生んでいるような場面もあります。たとえば文豪が書いた文章であっても、受け取り方は読む人それぞれです。ある人は痛快と感じ、ある人は不快と取る。せめてコメント欄を閉じたらいいのにと思うことも・・・。知りたい情報があってせっかくそのブログを訪ねてみてもその人自身の高飛車な姿が見えるようで残念だなと思います。
それから、こまめに更新することですね。あまりに更新しないブログはだんだん開かれなくなります。しょこたんのように一日何回もとまでもいかなくても・・・あはは。
いろいろと試してみてください。続けていくと、楽しくブログをやれるコツがだんだんつかめてくると思います。
生意気なことを述べましたが、そういう私自身もまだまだ勉強中で未熟なので、自戒を込めてのアドバイスでした。

★日本ハムファイターズの選手で誰が好きですか(U様より)★
お顔とスター性としては斎藤佑ちゃん、スタイルと闘志はダルピッシュ投手、人柄とスタイルで稲葉さん、仕事への姿勢として中田さん・・・うーんみんな好きです!!ファイターズのチームワークとファンへのサービス精神、地域貢献の姿勢が好きです。

質問をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。なお、まだまだ募集中です。

(しばらくしてから続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/04 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
「誰の結婚式?」

今年のホワイトデーに主人からもらった「きのとや」のチョコサンドクッキー。

4月末に英国ウイリアム王子のロイヤルウエディング準備(数日前)のニュースを観た主人が言った言葉に唖然。「これ、誰の結婚式?」・・・いくら仕事が忙しくても、それくらい知っててよねー。それにしても宝塚の舞台みたいな結婚式でしたね。

<サロンのブログ更新しました>
お客様ネイル(パール感×ピンク)→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1757「ブログ5周年プレ企画・質問回答④」
質問をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。なお、まだまだ募集中です。

★ブログを始めようかと思いますが、どんなタイトルがいいか悩んでいます(D様より)★
もし多くの方に読んでもらいたいということならば、あくまでも一例ですが、「なんとなく日記」「主婦ブログ」「のんびりいこう」など、よくありがちな一般的なものより、インパクトや個性があった方がいいですよね。
私がブログを始めるときにポイントにしたのは、やるからには多くの方に読んでいただきたいので、数多くある宝塚ファンの方のブログの中で差別化をはかること。
ということを考えて、ずばりブログネームを盛り込むことと、地方ファンならではのものにしたかったので、都道府県名を入れること、そして、特定の方のファンではありながらも宝塚全体を愛していることを表現したいと思い、「北海道発・わっちさんの宝塚な日々」とさせていただきました。
記者時代もそうでしたが、タイトル、小タイトルはブログ全体の、そして記事の「顔」となるものなので大変重要です。何を一番強調、表現したいのかを念頭に置いてあなたらしいタイトルをつけてください。

★ブログの文章は有名人の人気ブログのように話しかけているような感じがいいのでしょうか(D様より)★
「文は人なり」という言葉があります。無理せず続けていけるような、自分なりの文体でよいと思います。固い感じでも、ソフトな感じでも、一番大事なのは他人が読んで、いわんとしていることが分かりやすいか―だと思います。ひとりよがりのわけのわからない文が並んでいるとそれだけでもう読まれなくなります。ギャグじゃない限り、誤字脱字もNG。一度アップして自分で見返してチェックし、修正すればよいと思います。
さらに、文章のことを言うと統一感も大事ですね。書くのが苦手な方は「です・ます体」と「である体」が混じっていることがよくあります。
上地君のブログが人気になったのは、若者ことばながら一つのセンテンスがシンプルで分かりやすく、数行あけて見やすいこと、そしてひとことひとことに心がきれいで一生懸命な彼らしさが出ているからではないでしょうか。たとえ学校の勉強ができなくても、彼は自分らしく自分を表現する才能にあふれています。さすがに役者さんです。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/03 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
THE MANZAI 楽しみ

堂島ロールの店で3月に限定販売していたいちごのプリン、めっちゃおいしかったです。

M-1が終わって寂しいなと思っていたらフジ系で『THE MANZAI』グランプリ開催とのこと。楽しみだなぁ。

※ヒーリングサロン咲のブログ更新しました→こちら

[モニター品 GMソープ]
P6020005.jpg
ぎゃー!!お化け・・・ではありません。すっぴん・せっけんだらけで失礼します。ゲルマニウムなどが配合された洗顔せっけん現品を使ってみました。手もつるつる感が残り、一般の石鹸とは違うことがよく分かりました。抗しみ、しわ効果が期待されるということで、この年でしみは少しあってもしわはないわっちさんながら、毎日しみ対策、しわ予防に使い続けたいと思います。スピルリナ普及会ファンサイト応援中


●ミニエッセー1756「ブログ5周年プレ企画・質問回答③」
質問をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。なお、まだまだ募集中です。

★普段の休日はどんな風に過ごしますか(S様より)★
たいてい買い物には行きますが、何もする気が起きないときは必要最低限の家事のほかは出掛けずにごろごろ・・・。たまにパソコンさえ開かないこともあります。
やる気が出たらちょっと手のこんだ料理を。あとは友人と食事や遊びに出掛けます。一人で映画を観に行くのも好きです。
休みといっても、サロンのチラシづくりや次期企画、広告考案、ブログ準備、経理事務など結局は仕事に関連した時間に充てることが多いです。当ブログ準備も結構時間がかかるため、ちょこちょこ空いた時間に進めています。
昼間に宝塚のDVDを観ることはなかなかないです。宅配便対応などで中断されずに夜にじっくり自分の部屋にこもって観たいんですよね。

★BBクリームをどう思いますか(M様より)★
ひとくちにBBクリームといっても、今いろいろな物が発売されていますね。自分の肌に合うものに出合うことが重要です。数年前出始めのころは、あまり日本人向けではありませんでした。カバー力を重視し粘度が高く硬めのものが多く、その上からのポイントメイクの乗り、保湿の面で問題があると感じていました。
しかし最近では日本企業も競って開発し、なめらかで自然な薄づきでさらに保湿力やUVケア力も優れているものが出てきました。無添加のものもあります。急いでいるときは化粧水のあとすぐ使えて、持っていると便利だとは思います。
でも完璧なベースメイクのためには、やはりコントロールカラーやコンシーラーが要ります。人の顔は一人ひとり、そして部分ごとに色も皮膚の厚みも違うし、BBクリームだけでは隠せないトラブルもある場合があるのです。また、夜のスキンケアのためには別途乳液や美容液は持っていなければなりません。
ファンデーションもそうですが、自分に合う色がない場合は何色かそろえ、混ぜて使うのもおすすめです。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/02 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
『カナリア』の再演

たまにはぜいたく・手抜きして・・・。

ひゃー、壮さんで『カナリア』が再演とな。おさちゃんの神父様思い出すなぁ。

※「わんこのきもち社長日記」更新しました。コジとななも登場!→こちら

<サロンのブログ更新しました>
店長日記(今年のウェルカムフラワー)→ネイルセラピーサロンstage


●ミニエッセー1755「ブログ5周年プレ企画・質問回答②」
質問をお寄せいただいた皆さま、ありがとうございます。なお、まだまだ募集中です。

★バッグに何を入れて持ち歩いてますか(E様より)★
妹には「言ってみたら何でも出てくるドラえもん的バッグ」と言われています。
普段はメーンバッグのみで、財布(名刺や切手も入ってます)、カギ、携帯2機、ハンカチ、ティッシュ、ぬれティッシュ、つめきり(主にはさみがわりに)、手帳&ペン、ネイル用オイル、サロンのパンフレット、マスク、ハンドクリーム、コンタクトレンズ、目薬2種、ばんそうこう、セロテープ、のどあめ、唇美容液、リップグロス、薔薇サプリ、コロン、バッグハンガー、痛み止めや胃の薬、エチケットブラシ、ミニ計算機、お守り、デジカメ(ケース入り)、飲み物などですね。
場合によっては、折りたたみエコバッグ、傘、油とり紙なども。旅行のときはチケット入れ、MDウォークマン、オペラグラスをプラスし、サブバッグに化粧道具一式や携帯充電器、本、使い捨てカイロなどが加わります。

★ご主人はネイルに興味を持ってますか(F様より)★
たまに私のネイルの出来について評価をもらったりしますが、主人自身はつめの形が悪いこともあり、メンズネイルとしての興味はないようです。割れたりかけたりしたら補修してもらえる点では喜んでいます。

★細密作業で目が悪くなりませんか(F様より)★
悪くなりますよね。ただでさえ老眼化しているので、コンタクト使用での作業は焦点が合いづらいことがあります。集中することもあり、一日に複数の施術をすると目も体も疲れを感じますが、うれしい疲れです。

(続く)

1700回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2011/06/01 00:00】 | 未分類 | コメント(2)
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する