1年無事に終了に感謝
ひ6
出張先に会いに来てくれたYさんからいただいたお土産。おいしかった~。

当ブログを読んでいただいた皆様、今年も1年ありがとうございました。どうぞ良いお年を。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1238「ヅカノート2009秋冬より⑪ラストプレイ夢の配役」

※主な役のみ、順不同。( )は本役。花、雪、星、宙組の順。敬称略。

・アリステア(瀬奈)  真飛・水・柚希・大空
・ムーア(霧矢)    壮・彩吹・凰稀・蘭寿
・エルネスト(越乃) 夏美・飛鳥・英真・寿
・ローザ(花瀬)    絵莉・麻樹・琴・美風     
・ジークムント(遼河) 愛音・音月・紅・悠未
・ヴィクトール(桐生) 未涼・香綾・美弥・十輝
・ローレンス(青樹)  真野・緒月・涼・北翔
・グラハム(未沙)   悠真・未来・にしき・風莉
・エスメラルダ(城咲) 桜乃・愛原・夢咲・野々
・ヘレナ(羽桜)    白華・大月・妃咲・花影
・クリストファー(龍) 華形・早霧・夢乃・鳳翔
・アロイス(星条)   高翔・真波・彩海・天羽
・マクシミリアン(明日海)望海・沙央・壱城・凪七
・ポーリーン(蘭乃)  天咲・舞羽・早乙女・すみれ乃
・アイリーン(憧花)  桜・晴華・万里・鈴奈
・アヌーク(天野)   花野・涼花・音花・純矢
・ベレッタ(一色)   眉月・奏乃・天緒・珠洲
・エボニー(麻月)   柚香・蓮城・天寿・蓮水
・ピエトロ(光月)   麻夏・彩那・真風・春風
・ジンジャー(美鳳)  華耀・舞咲・稀鳥・大海

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
【2009/12/31 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
消えたメールの謎?
ひ5
ホテルにミニ加湿器が!!ありがたし。

やっちまった・・・・・。自宅のPCの大事な保存送受信済みメールを間違って全部消してしまいました。
日々の暮らしに支障はないものの、プリントしておけばよかったというものもたくさん。この反省にたち、これからは大事なメールはプリントしよう・・・涙。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1237「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記⑧」
飛行機では飲み物が当たらなかった。いつ飛び立ったのかも覚えていない。千歳に降りて初めて目が覚めた。超熟睡していた。
隣の席に人がいなくて幸いだった。ついつい首が横にいってしまうからだ。

家までの車道は吹雪いていなかったもののところどころ凍結していて、慎重に運転して午後9時過ぎ帰ってきた。

昼にフルコースを食べたからおなかはあまり空かなかったが、さすがに翌日の昼まで何も食べないわけにはいかないと思い、念のため空港で買ってきた小さい鯛とアジの押しずしを食べ、ペットボトルの紅茶を飲んだ。
すると、食べ合わせの関係なのか、なんなのか、口の中が変な感じにざらざらしはじめ、そのうち舌がしびれるような感覚になった。
急に味覚障害になる人もいるという話を聞いたことがあり、ちょっと甘いもの、しょっぱいものもつまんでみて、ちゃんと味が分かるか確かめてみたりもした。
そのうち、動悸がし、不整脈にもなった。
深夜まで様子を見たが、別に蕁麻疹が出るわけでも、おなかが痛いわけではないので、食中毒ではないのだろう。
ひょっとして、翌日仕事に行きたくない、現実逃避したいがゆえのストレスか?

でも、ちゃんと仕事に行った(当たり前か)。
そして、昼休みに職場のヅカ仲間と旅報告、宝塚の話で大盛り上がりに。
彩吹真央さんの退団が残念でならない、せめて次回の雪組公演の成功と退団後も役者として、おおいに活躍してほしい、応援したいという話も出た。

今年最後の旅は、私にとってとにかく豪華で夢のような3日間だった。
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/30 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
うちごはんアレンジ
ひ4
近寄ってみました~。

いつもてきとうな創作料理をするわっちが先日初めて江角マキコさん(健在産休中)の番組「うちごはん」を見て料理をしてみました。かなりアレンジは加えましたが、主人に好評でした。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1236「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記⑦」
ショーが終わって、そのまま売店へ行って、後輩へのお土産を買い、クロークでコートを受け取って・・・帰り道でもまだ私は自分の「あほ」に気づいていなかった。

帰りの飛行機の時間まで余裕があると思っていたが、ショーも意外に長く、保安検査場も混んでいて、考えていたほどの時間的なゆとりはなかった。
職場へのお土産を買い、搭乗口付近でヅカノートを記入していたら、あっという間に時間が迫り、フライト前のトイレに行って、私は自分の失態にやっと気付くことになった。

ふと、そういえばミニドレスの上に着ていた7分袖のボレロの前を留めずに、ずっとただはおっていたな、ちゃんと家でのリハーサルどおりに留めればよかった・・・。
そう思って、今さらながらホックを留めようとして、「????」―ホックがなぜ左右逆なんだ?いや、なぜ服の後ろ側に・・・。血の気が引いた。

私は個室でコートを脱いで、自分が朝からずっと、裏を表にしてボレロを着ていたことに気付いた。左脇の裏に来るはずのタグが、右の表にあるではないか。かっこわりーーーーーーー。
しかし、幸いなことに、ふわふわフェイクファーが編みこまれているデザインだっため、それに埋もれてタグがあまり見えなかった。縫い目もそんなに裏表で見た目の差がなく、ディナーショー会場でも誰かに指摘されることもなかったようだ。
どおりで、着るのは2回目なのだが、なんとなく前と襟元の具合が違うと感じたわけだ・・・。
私は、毛が飛び散らないようにと、ホテルの部屋でボレロを裏表逆にしてハンガーに掛けていたのだ。
ところが、朝、あわててボレロを着たために、裏のまま袖を通したのだ。
ディナーショーはみんなスターを見に来ているので、そんなことがあっても気が付く人はいないだろうが、なんだか恥かしかった。
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/29 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
年末仕事納めも最後
ひ3
姫路城に到着。

本日、今年の仕事納めです。現職で年末にこういう日を迎えるのも最後だぁ。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1235「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記⑥」
ロビーにはいつもながら紫吹淳さんからのお花があり、樹里咲穂さんからも届いていた。
とにかくぴっしりの客席にはノルさんのご主人もいたし、宝塚OGがたくさん来ていた。同期の貴柳みどりさんや後輩の真織由季さん、音乃いづみさん、光海晶帆さんらの顔も。
なぜか今回は、年配の男性のお客さんが特に多かった気がする。

ちょっと観察すると、せっかくのディナーショーなのに、やっぱりどう見ても場にふさわしくない近所のスーパーに行くような普段着で来ている人がいる。別に普通のセーターでもブラウスでもいいが、ちょっとネックレスを加えるだけでもいいからTPOを意識してもらいたいなと思ってしまう。

そういう私も実は失態をしでかしていたが、気付いたのはもっとあとだった。

ところで、食事はとてもおいしかったのだが、ホテルには申し訳ないが、ボーイさんの動きの悪さが気になった。ものすごいテーブルの数で追いつかないのかもしれないが、皿を片付けないままでショーが始まったのは初めてだ。そりゃあ、ないだろう。
この不況で、バイトが雇えなかったのか、ボーイさんの数も少なかった。
私たちのテーブルは、みんな早めのペースでちゃんと食べ終わっていた。普通はショーが始まる前に飲み物以外はすべて片付けるのに、デザートの皿はそのまま。ほかのテーブルもそんなところが多く、見栄えが悪い。マミ&ノルさんが歩いて回るというのに、なんてこったい・・・。

ディナーショーについては、後日詳しく書くが、楽しくて感動的で素晴らしかった。ひょっとしたら、今まで一番よいマミさんのディナーショーと言えるかもしれない。
夏のFCイベントで共演を反対していたファン方のことを思い出した。その方が来たか来なかったか知らないが、私が思い描いたとおり、ぜいたくで温かく、幸せな時間になった。この思いを味わえなかったとしたら、気の毒だ。
私は今回、マミさんのことがなおさら好きになった。やっぱり私が選んだ人だ(笑い)と再確認できた。
その理由も後日述べたい。
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/28 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
瀬奈さんメモリアルブック
ひ2
姫路城に向かう途中にあった路上シャチホコ?みたいな・・・。

ついに本日千秋楽なんですね、麻子さん。ご卒業おめでとうございます。
うれしいことに私の誕生日に同期のヅカ友Aさんから瀬奈じゅんメモリアルブックをいただき、感涙で見ました。
おさあさがたくさんで・・・。おさあさ永遠なれ!!

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1234「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記⑤」
主人に電話すると、北海道はひどく雪が降り、気温は少し高いために夜は道路が凍結し、明日の夜もひどいと思うから十分運転に気をつけるように脅かされた。

実は、この日職場のKさん親子が月組を観に日帰りで東京に来ていた。近くにいながら、劇場違いで会えなかったので、どうだったかメールすると、順調だったようで安心した。まだまだ公演が観たかった・・・と残念がっていた。

わっちは翌朝の最終日もゆっくりめの出発なので、また深夜までテレビ鑑賞、ネット、ヅカノート記入、荷造りに励んだ。ホテルの会員になったため、無料で遅めのチェックアウトができるのである。
赤坂へ12:30までに着けばいいので、助かった。普通に11:00チェックアウトだったら、暇で、また買い物をしてしまう危険性がある。

しかし、2泊3日ってあまりにも早く過ぎてしまう・・・。最後の夜はいつもそう感じてちょっと寂しくなる。

<12月20日>
朝、ちょっと寝坊した。これがのちのち大失態につながるとは・・・。
今日はせっかくのディナーショー。化粧やヘアーセットは手を抜けない。そう思ってしっかりやっていたら、予定のチェックアウト時間を過ぎてしまい、おおあわてでボレロを着て、コートを着てホテルの部屋を出た。

それでも、新橋から会場のグランドプリンスホテル赤坂まで、メトロ銀座線ですぐだし、時間に余裕がないというだけで、あわてる必要はなかったのだが・・・。
ホテルには昼の部食事開始時間より5分遅れで到着してクロークに荷物とコートを預け、席に着くと、4人テーブルで、最も遅かった。いつも張り切って早く行く私には、初めてのことだった。
隣の方が、去年と同じ方のような気がしたが、自信がなく、何度かちょっと話をしたが、そのことには触れなかった。
昨年は初めて席がすごくステージから遠かったが、それより数列は前というだけで、オペラなしにはいられない席だったが、近くにお立ち台もあり、視界もさえぎるものがなかったのでよかった。

(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/27 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ちょこっとラストプレイのこと
ひ1
本日からしばらく、年をまたいで姫路・北京都の写真が続きます。

いよいよ明日、ラストデーを迎える麻子さん。公演のことを書くのが来年になりそうなので、ちょこっとだけ。
お芝居は作品的には矛盾があったり、もう少し工夫がほしかったものの、男役ワンツーの主役感が出ていました。ショーは構成はラブシンフォニー的ながら、とにかく麻子さんが神々しく、凛としていて聖なる舞台でした。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1233「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記④」
来年は、おさ20年目、マミさん25周年、わっちの転職、2人の10年・・・そして、仕事を頑張っている彼女にも転機が来る、何かが起きるような気がする。

NつんにフォーラムCまで見送りしてもらい、2日目最後のイベント、とうこちゃんファーストコンサート「UNO」に。
まず、ロビーの瀬奈さんやあすかちゃんからのお花を写真におさめ、職場のとうこちゃんファンのEさんと自分用にパンフを2冊買ったが、これが超でかいサイズでびっくりした。私のスーツケースにも入らない大きさだった。
美しいとうこちゃんの写真が載っていた。ヘアメイクはCHIHARUさんである。

コンサートは2部構成だった。
3階席だったが、元気そうなとうこちゃんの歌とダンスとしゃべり(爆)を堪能したコンサートについては後日詳しく書きたい。

ちなみに、席はほぼ満員で、とうこちゃんへの期待の大きさが見えた。とうこちゃんもおさちゃん同様、自然に女性になっていた。男役も見せてくれ、すてきだった。
客席全員で踊るコーナーも楽しかった。こういうの、マミさんもよくやる。春野さんにもやってもらいたい。
とうこちゃんは来年もライブをするという。アイーダに続く舞台にも期待だ。

それから運動のため、新橋まで歩いて帰った。途中、夜食にケンタッキーフライドチキンに寄り、BOXセットを買った(翌日のディナーショーでの昼のフルコースまで何も食べないため)。
そして、コンビニでは、スーツケースにはいろいろ買って増えてしまった荷物が入りきらないと判断し、丈夫な紙袋とガムテープを購入。
なんだかあやしい客だが、箱までは必要ないし、ホテルにガムテープを借りるのが面倒だったからだ。わっちは、たまにこういうことがある。
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/26 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
うれしかった食事会②
ジュースうま
大丸札幌店に行くたびにわんこ社長におごっていただく生ジュース。激うまです!!

メリクリです
先月の後輩に続き、先日仲良しこよしのMちゃん親子ともいろいろ記念のイタリアン食事会を慣行。互いにプレゼントし合って、うれし&楽しかったです!!

<拍手コメントお礼>
chi・・・さま、きっと大丈夫ですよ。若干高値でも、必ず出てくるはずです。気合いで頑張ってくださいね。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1232「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記③」
主人に電話すると、ファニーガールのトークショーの取次ぎOKの葉書が届いたとのこと。わくわく・・・。

最近は朝入浴派のため、夜は荷物整理、ネット、ヅカノート記入でゆっくり過ごしたが、頻繁に発生していた地震をかすかに感じて、ちょっと落ち着かなかった。
かすかな地震には鈍感という人もいるが、わっちは敏感なほうだ。

<12月19日>
朝、もう少し寝ていたかったのに、新橋のビル工事の激しい音でたたき起こされた。土曜なのに・・・。
まあ、そのおかげでゆっくり入浴できた。
軽くはるさめサラダだけ食べて、昼過ぎにホテルを出て、まずは、日生劇場へ向かった。

『シェルブールの雨傘』には、高校生のときに観た映画の思い出もあり、今回の出演者に対する思い入れもあり、ともすれば「はくはく」しそうだったが、たった1回しか観ないのだから落ち着こうと心に決めた。
なお、詳細については後日書くが、名曲の主題歌だけで涙が出た。若い人は、なじみがないかもしれないが、私はあの切ないメロディーが大好きである。
宝塚OGはみんな素敵だった。

そのあとは、おさ友と待ち合わせて少し遅い私の誕生日ランチということだったが、思わず約束の店をかなり通り過ぎてしまい、戻るまで待たせてしまうことに。Nつん、本当に申し訳なかった。

春野さんの夏のコンサート以来に会うNつんと、丸の内の初めて行くおしゃれなお店で1時間半ちょっとの逢瀬だったが、互いの近況を話し、プレゼント交換をして、楽しく過ごした。
彼女に素晴らしい誕生日プレゼントをいただいた。彼女とは、いつも以心伝心なのだが、プレゼントは私がほしいと思っていて、まだ買っていなかった、誰にも話していないものだった。
なんで分かるかな。本当にすごい。後日披露したい。

ごちそうしていただいたメニューは、生ジュースが特においしかった。

話の中で、彼女とは来年、ネットの掲示板で出会ってちょうど10年記念ということが判明した。「記念に2人で何かしなければ!!」と大盛り上がり。何?コンサートでもするか?(笑い)
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/25 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
2度目の退団記念日が
にく
昨日の続き。わんこ社長の頼んだお肉ランチ。

クリスマスイブといえば、あの日。春野さん退団記念日です。早くも2年が経ちました・・・。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1231「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記②」
集中して観た公演については、年が明けてから書くことにしたい。

幕間にプチ事件発生。
今回、サロンのブログで公開したように3日目のディナーショーのときに着る服に合わせ、またクリスマスを意識した派手アートをしてきたのだが、自分施術の直前、右手の中指と左手の薬指のつめが折れてしまったため、ハーフウェルチップといって、つめ先の方だけの人工づめをつけた上にジェルネイルでアートしていた。
その右手の中指のチップがトイレでスカートに引っかかり、はがれかけてしまったのである。
チップをつけたら、ラップ材で補強する方法と、オーバーレイといって上からアクリルで補強する方法があるのだが、今回、実験のため、ジェルでの補強をしていた。それはいいが、チップへの接着剤が足りなかったのかもしれない。
カラージェル・ジェルのトップコートが丈夫なため、チップは完全に取れるでもなく、中途半端な感じに。
しかし、すぐに対策を思いついたので、気にすることなくショーは観劇できた。

終演後、マッサージの予約をしていたが、少しだけ時間があったので、シャンテのコスメショップに寄り、ネイル専用のグルー(接着剤)を購入し、チップをがっちり付け直した。

それからマッサージ店へ行き、足裏のツボ押しと全身ケアの90分、いたきもちいい極楽を味わった。われながら、体はひどいことになっていた。
上手な担当者さんが、他店へ転勤すると知り、ちとがっかりした。

それから歩いても行けるが、せっかく体をメンテしたので、新橋へ電車で移動し、念願の餃子の王将へ。
最近、早いうまいで人気だが、北海道にはなく、食べたことがないので、持ち帰ってホテルで食べる計画をしていた。
店舗へのお客さんはかなり行列だったのだが、テイクアウトコーナーは空いていて、出来上がりも10分ほどだった。
お腹が空いていたので、食べきれないかもしれないと思いつつ、試食感覚で餃子、焼飯、エビチリを。

結局、ホテルで完食したが、餃子はなかなかおいしかった。ほかは残念ながら「ごく普通」というのがわっちの感覚だ。
(続く)

                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/24 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
道産子・内藤大助選手へ
さかな
ネイル試験終了後のランチ会にて。今は笑い話ですが、このときは落ちたと思って死ぬほど落ち込んでました。

内藤さん、道産子として誇りに思ってます。亀田選手との試合は負けちゃったけれど。
痛い・つらい・苦しい練習に耐え、チャンプになったんだもの。どうか体に気をつけて今後は無理しないでください。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1230「ヅカノート2009秋冬より⑩12月旅日記①」
<12月18日>
2週間くらいごとにフライトするのが当たり前な私には珍しく、1カ月以上空いての旅となった。

まだ暗い早朝、圧雪の道が心配だったが、圧雪なのはわが町内だけで、だいたい道は乾いていた。しかし、千歳に近づいて工事のため片道交互通行の道があり、到着してからの時間的余裕はなかった。
この時期は雪で遅れることを考えての朝一フライトだったが、飛行機は順調で、時間にゆとりがあり、まずは羽田でゆっくり買い物。
自分へのクリスマスプレゼントに高級クリーム、友人へのお土産などなど。

そして、振込みをしたいもの、手紙を出したいものがあったことに気付き、空港内の郵便局の前まで来て、それらを家に忘れてきたことに気付いた。今回持ってくるクリアファイルではなく、普段職場に持っていっているサブバックの中のクリアファイルに入れたことを思い出した。
振込みはまだ少し余裕があったが、手紙は通販の申込みで、期限があることから、結局この日の夜、主人に電話して投函してもらうよう頼んだ。

そのあと新橋へ行き、ホテルに荷物を置いてから、わが有楽町へ。
日比谷シャンテのキャトルやコスメショップで買い物してから、日生劇場窓口に寄り、予約していた翌日の『シェルブールの雨傘』チケットを引き換えてきた。

そして、お隣の東京宝塚へ。私には最初で最後の麻子さんの退団公演観劇とあって、なんだか気持ちがぴりりと引き締まる思いがした。
軽くランチをとってから着席したが、やっぱり楽も近い退団公演の客席は平日であっても空気が違った。公演がスタートしてもさすがにマナー違反の人もなく、温かくかつ神聖な雰囲気が漂っていた。
この雰囲気は今まで何度も体験している。しかし、春野さんのときのことを思い出すのはやめようと思った。思い出したら涙が出るからだ。涙でせっかくの最後の麻子さんの勇姿が見えなくなってはいけない。
それに、マミさんや春野さんのときとは違い、この時点で麻子さんは退団しても舞台関係の仕事に就くことが分かっている。また会えるだろう。今は卒業を祝わなくてはならない。
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/23 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
原宿スタイルコレクション09
わんこおやつ
わんこのきもちのおやつづくり講習会で作ったわんこのおやつ。人間も食べれました。

わっちが会員になっている日本メイクアップ技術検定協会が主催するファッションショー・原宿スタイルコレクション(今年9月開催)のDVDを観ました。招待されていましたが行かなかったショーです。
益若つばささんをはじめとする若い世代に人気のモデルのほか、タレントや女優のゲストモデルが出演していて、ファッションは原宿のお店・ブランドが中心なので、カジュアルで実用的なものが多かったです。
わっちが驚いたのが、普段のキャラとは違うモデルのマリエさん。プロだな、やっぱり。


<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1229「ヅカノート2009秋冬より⑧組別総合大賞⑧総括概要・月組」

※敬称略。

とうとう瀬奈じゅん退団の年となった。最近では異例の、相手役を置かないままのさよなら。なお、瀬奈じゅんへの思いは、別途書く予定である。
満を持して、来年から月組を率いるきりやん。ときどき声が出ない不調なこともあるが、さすがの実力で今年も素晴らしい活躍だった。体に気をつけてたくさん夢を見せてほしい。
明確な3番手というには、弱点もあった遼河はるひも卒業を迎える。良いタイミングかもしれない。とても美しい女性なので、今後は違った活躍も期待される。本当にお疲れ様だった。
トップの世代が変わる大事なこの時期の怪我の具合が気になる青樹泉。ちょっと心配だ。
まだまだ若手と思っていた龍真咲はエリザベートでのルキーニを伸び伸びと演じ、以後もいい役だ。青樹の休演もあり、このごろは劇団が全面的に「大売出し」しているような印象が。このままいきなりの準トップ?それとも誰かが準トップとして異動してくるのだろうか。
明日海はどういうポジションになるのか。これ以下の男役下級生に突出したスターがいない気もする。その点は星、宙、あるいは花組は人材が豊富といえるかもしれない。
娘役は、トップとして何人かささやかれた候補から蒼乃夕妃が来る。決して美人タイプではないが、おもしろい舞台を見せてくれそうで期待している。何せお披露目がスカピンだ。きりやんといい夫婦になってほしい。
それにしても城咲あい、羽桜しずくの退団は痛い。華やかな娘役スタークラスも補強がいるか。蘭乃はラインに乗っただろう。
月組ファンの方はそう感じなかったたろうが、厳しいことを書くが、私としては、今年の作品全体にどこか釈然としない、キレが悪かった気持ちがある。もっと麻子や組子のよさを輝かせるような斬新な作り方ができなかったのか。エリザに関してもだ。大評判だったショー『アパショナード』も見方によっては、生徒魅力に頼ったもの。
強いていえば、最後の『ヒートオンビート』のフィナーレの凛とした作り方を買っての作品賞だった。
スカピン以外も充実した作品に恵まれることを祈っている。
瀬奈を慕っていた桐生園加は寂しくなるだろうが、月を引っ張る形できりやんを支えてがんばって。
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/22 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
いくらデザインが良くても・・・
すあげ
超うまかった札幌「suage」のスープカレー。

わが町だからこそ、心を鬼にして正直に言います。岩見沢のJR駅舎が今年のグッドデザイン大賞を取りましたが、唖然としました。
いくら見た目がかっこよくても、市民も参加してつくったとしても、あんなに構造的に使い勝手の悪い、券売機も少ない、ベンチも少ない、店などもまったく充実してない、体の不自由な人には良いとはいえない、圧迫感があって落ち着かない、上りエスカレーターが狭くて危険(子連れで荷物を持っていたりしたら、まともに立てないくらいのゆとりのなさ)・・・など、「非常に残念な駅」に大賞・・・嫌味かと思いました。
JRさん、早く改善を!!

<おしらせ>
いつもたくさんのブログ拍手をいただいていますが、パソコン版では拍手数の表示がうまく反映されていない状態が続いています。管理画面では、把握しております。いつもありがとうございます。


<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1228「ヅカノート2009秋冬より⑧組別総合大賞⑦月組」

※敬称略。退団者を含める。同賞内順不同。

作品賞          ヒートオンビート 
特別作品賞        エリザベート

大賞           瀬奈じゅん
ベストアクター賞     霧矢大夢
アクター賞        遼河はるひ
ベストアクトレス賞    城咲あい
アクトレス賞       夏月 都
ベストシンガー賞     音姫すなお
シンガー賞        五十鈴ひかり
ベストダンサー賞     桐生園加
ダンサー賞        麗 百愛
ベストフレッシュ賞    沢希理寿
フレッシュ賞       瑞羽奏都
ベスト助演賞       青樹 泉
助演賞          越乃リュウ
ベストフォトジェニック賞 羽桜しずく 
フォトジェニック賞    蘭乃はな
話題賞          龍  真咲
特別賞          花瀬みずか 良基天音 研ルイス 美鳳あや 榎 登也 綾月せり
             羽咲まな 明日海りお 憧花ゆりの 麻月れんか
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/21 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
マミさんノルさんDSデー
みしん
札幌の街中で永遠にミシンを踏み続けるマネキンさん・・・ちとこわっ。

昨日もぜいたくな1日でした。本日はマミさん&ノルさんのディナー(ランチ)ショーでございます。

<本日締め切りです。愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1227「ヅカノート2009秋冬より⑨作品愛の翼大賞」

※観劇対象期間 2008年12月~2009年12月

大 賞   花組『太王四神記』
準大賞   星組『太王四神記Ⅱ』雪組『風の錦絵』
メモリー賞 宙組『カサプランカ』花組『フィフティ・フィフティ』星組『ソウルオブシバ』
衣装賞   月組『夢の浮橋』
ソング賞  月組『エリザベート』
美術賞   花組『オグリ!』
演出家賞  小池修一郎氏・木村信司氏
特別賞   宙組『パラダイスプリンス』星組『再会』花組『ミー&マイガール』
      雪組『ZORRO』月組『ヒートオンビート』
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/20 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
シェルブール&とうこちゃんコンサートデー
しこつ16
昨日の続き。これはサケではなく鯉っす。

昨日は麻子さん素敵でした。本日は日生とフォーラムです。

<拍手コメントお礼>
chi…さま。ありがとうございます。宝塚ワシントンホテルが一押しですが、特に週末は混んでいるので、早めのチェックを!!ネットより直接電話での予約をおすすめします。あとは老舗の宝塚ホテル、尼崎のホップインも。梅田も阪急電車1本で行けるので、宝塚界隈がないときは梅田の阪急電車のりばに近いところでもよいと思います。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1226「わっちさんの2009年末日常点描②」
<そば>
主人がダイエットのために、夜はごはんをやめてそばにしようと宣言してから1カ月。
飽きないようにいろいろそばのアレンジをしているものの、実は、わっちはあまりそばの味が得意ではない。
だから、1週間の半分は付き合うが、半分は違う。だが、食事時間が違う(主人は遅い)ので、主人はいまだそのことに気付いていない。

<18年ぶり>
他部署に頼まれてある業務で出張したが、その仕事をするのが実に18年ぶりで、果たしてうまくできるのか心配だったが、昔とったタカラヅカ・・・いや、きねづかでなんとか乗り切った。かつては当たり前にこなしていたが、超懐かしかった。
来年2月には他部署のまた別の仕事で出張する。本業も、サロンの準備もあるので、忙しくて大変だが、現職最後にして思い出づくりにもなっている。

<事業仕分け>
結果には課題もあるようだが、その行為自体は大変よいことだと思っている政府の事業仕分け。
私の職場でも、部署では来年度から私が去ることで、一部の事業を取りやめるなど、それこそ事業仕分けをして予算編成をしたが、これは全国どこの職場、そして家庭でもするべきだ。
無駄な仕事、慣習などは思い切ってやめ、もっと建設的で本当に有効で大切なところにそのエネルギーを持っていくべき。
「旅、減らしたら?」―主人の声がするが、これは縮小しかねる。わが家の蓮舫さんより。

<冬季オリンピック>
来年早々、バンクーバーオリンピックがあるのでわくわくする。フィギアスケートやジャンプなどが楽しみだ。
わっちはオリンピックイヤー生まれ(終わってから産まれたが、東京オリンピック)。実際にスポーツはしないし、ふだんあまり観ないのに、なぜかオリンピックは燃える。B型のお祭り好きなだけか・・・。
弟の友人・岡部選手にぜひ、出場していただきたい。

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/19 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
男役・瀬奈じゅんマイラストデー
しこつ15
昨日の続き。よーく見てください。黒っぽいのが千歳川にのぼってきた鮭ですよ。

本日、東京へ。まず月組さんを観ます・・・もう男役・麻子さんを観るのが最後だなんて・・・。

<拍手コメントお礼>
Nさま。うれしいコメントありがとうございます。多くの皆さんに支えられております。これからもよろしくお願いいたします!!

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1225「わっちさんの2009年末日常点描①」
<なんでやねん>
3姉妹&甥っ子でカラオケに行った。私の合格祝い&誕生日ということだったが、みんな給与前ということで、支払いは全部わっちがした。爆。

<違うし>
母が私の誕生日にほしいものはと聞いてきたので、「厚手のストッキング。タイツって書いてあるやつ」と答えた。「リクエストのもの買って来たよ」というから見るとレギンス・・・いや、よく見ると「ももひき」だった。
母「間違えちゃった」私「・・・(苦笑するしかなかった)」

<何年ぶりか>
長い髪に飽き、2年ほど伸ばしていた髪をばっさり切った。カラーリングとパーマと、自分でもできるが、一体何年ぶりかわからないくらい久々にわんこ社長おすすめの美容室で。なかなか似合う(自画自賛)。やっぱりプロの技はすごい。そして、またしばらく伸ばそうっと。

<意外>
その美容室で「将来はきれいな100%白髪になりたい」と言ったら、意外にもなかなかきれいな白髪の人っていないそうだ。カラーリングを担当してくれた美容師さんは今まで1人しか見たことがないらしい。どうしてもちょっとは黒や茶になってしまうという。うーん、そうなのか・・・。将来は目指せ、珍しい100%白髪!!だ。

<太ったねずみさん>
わんこ社長が私につけたあだな。ファイターズキャラクターグッズのかぶりものをかぶってみたら、本当はクマさんなのに、わっちがかぶるとなぜかねずみさんに見えるという。それだけで十分なのに、「太った」をつけられた。
わんこ社長からのメールはいちいち、ぶっくりしたハムスターの絵文字で「(そのマーク)へ」「(そのマーク)にお願いが・・・」とくる。
わっちも最近では、「(そのマーク)より」「(そのマーク)ですが・・・」とメールし、電話でも「もしもし、太ったねずみさんですが」と言っている。

(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2009/12/18 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
弟子に赤ちゃんが
しこつ14
ドライブの締めは待ち合わせ場所でもあった千歳・サケのふるさと館。中には入らなかったですが・・・。

かわいがっている職場の後輩(男性)に来月、念願の第一子が産まれる予定です。弟というより息子という感じの彼の子供だから、わっちには孫かな。女の子だそう。宝塚に入れるか~。楽しみです。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1224「スカステあさおさみどトークを観て②」
トークの内容としては、40分近く、懐かしい映像を交えて、3人の出会いから今まで。その後、その日おさちゃんとみどりちゃんが観た麻子さんの退団公演の感想、そして今と麻子さんの退団後のこと―と時系列どおりだった。
懐かしい話は、だいたい知っているエピソードだったが、そのときどきが思い出され、楽屋話は想像がふくらみ、テレビの前で声をあげて笑ったり、あの代役公演やおさちゃんの退団のころについてはじんとして涙ぐんだりして観た。
私が宝塚に出会ったのが1991年。まさにおさちゃんが入団したとき。本当に、この3人を見ながらファン生活を送ってきたことをあらためて実感した。

夏のおさちゃんのコンサートのFCサプライズアフタートークショーでみどりちゃんが「3人で何かやろう」と言って客席が大盛り上がりだったことは、以前本コーナーで書いたが、こんなにも早くまずは第一回目が実現するとはそのときは思わなかった。
それは、おさちゃんとみどりちゃんも番組で話していたが、驚いたことにそのことをまったく知らずに今回麻子さんがほかの2人を指名したという。
また、麻子さん退団後は海外で長く話したい、暴露話も・・・と3人が言っていたが、本当に実現してほしいし、合同コンサート、ミュージカルもやってもらいたい。クレバーでしっかりもののみどりプロデューサーの構想やいかに(笑い)。

3人を見ていると、人生において人との良い出会いがどれだけ大切かを思い知らされる。特に苦しいとき、踏ん張りどころなとき、支え励まし合い、時にはしかり合い、注意し合い、刺激し合い、互いをよく理解して共に前進して成長できる仲間というのは、かけがえのない財産であり、いくらお金を出しても得られるものではない。ただ気が合う、一緒に遊ぶという友達ということだけではなく、生き方に大きくプラスに影響する出会いは、奇跡とも言える。宝塚というのは、たくさんの奇跡があふれる場所だ。
特に、大人になってから、あるいは彼女たちのように若いころから大人になってもずっと、良い関係が続くというのは、そうそうあることではない。自分に置き換えると、ありがたいことに私にはそんな仲間がいて幸せだなと感じる。

おさちゃんも麻子さんもさよならショーで二人にとって思い出の歌『黒い鷲』を歌った。歌詞に出てくる「二人で星を取りに」行き・・・「食べる」とグラフの対談だったかで冗談で話していたが、来年からは麻子さんもおさちゃんとみどりちゃんが身を置く芸能界に飛び込み、今度はその星をもっともっと輝かせてくれることだろう。
麻子さんの退団は一つの時代の終えんであり、寂しくもあるが、新しい夢へ期待がわいた、素敵な番組だった(この日ちょうど私の誕生日でよいプレゼントをいただいた)。
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。



【2009/12/17 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
彩音ちゃんが退団発表
しこつ13
昨日の続き。今度はダム。爆。

先月末に、次回の本公演で退団を発表した桜乃さん。今、ふとファントムでの感動を思い出しています。あの母性の表現はすごかった・・・。どうか卒業まで、体に気を付けてね!!

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1223「スカステあさおさみどトークを観て①」
今月放送の『スペシャルメモリアルトーク』をこれから観る方は、ネタばれに注意いただきたい。

どんなに楽しみにしていたことだろう。なかなかリアルタイムで放送を観れない中、これだけはどうしてもと、初回放送時にテレビの前にスタンバイして観た。泣き笑いの1時間だった。
しかし、1時間なんて短すぎる。麻子さんが言うように「6時間スペシャル」だって見飽きない。今回はテレビ番組ということを意識したトークだろうが、何も制約のないところで、ただ思い出話をする3人をいつまでもいつまでも見ていたい気持になった。
春野寿美礼さん、瀬奈じゅんさん、大鳥れいさんは、1学年ずつ違いで、まるで将来の関係を分かっていたかのように下級生のころから縁があり、今さら私が語るまでもなく、強い絆でつながっている。
3人は宝塚、元宝塚のスターたちだが、人間同士として、一般社会でもなかなかないくらいの友情がある。
「おさあさ」と言われ、男役同士の名コンビだったおさちゃんと麻子さんに至っては、単に友情というだけでなく深い深い同志愛によって決して切れない間柄だ。
普通、そこに娘役が加わると、おさあさファンとしては、嫉妬の一つも生まれそうなものだが、みどりちゃんだったらいい、むしろ3人がいいと思うのは私だけだろうか。
みどりちゃんがいいのは、そのスタンスである。まるで、親心も併せ持つわれわれおさ・あさファンを代弁しているようなのだ。みどりちゃんは、女優としても一人の女性としても感性豊かだが、ただ感性豊かなだけではなく、関西人としての明るさ、面白さや賢明さが嫌味なくセンスよく、ほどよく伝わる。今回も主にフォロー役ではあったが、ある意味最も男前のみどりちゃんの弾丸トークももっと聞きたかった。
とにかく、麻子さんには2人を特別対談相手としてリクエストしてくれたことを心から感謝したい。

さて、このとき大劇公演中だった麻子さんは、もちろん男役そのもののかっこいいいでたち。おさちゃんは最近よくする女らしい格好かと思いきや、髪こそミディアムな長さながらちょっと男役風スタイルで、みどりちゃんが娘役さんのきれいめオフという感じで、3人はまさに当時の雰囲気をほうふつとさせた。
終始、仕草がテレビということを忘れているようなおさちゃんだったが、ファンにしてみると飾らないいつもの春野さんそのもので、麻子さんとみどりちゃんが一緒でよほどリラックスしているのだなと感じた。
(続く)
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2009/12/16 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
おさちゃん誕生日★おめでとう
しこつ12
昨日の続き。やっぱり滝は爽快。

本日は春野寿美礼さんのバースデーです!!ご多幸をお祈りいたします。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1222「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞⑥総括概要・星組、宙組」
※敬称略(退団者も含む)。以下は11月前半~中旬に書いたものの抽出転記である。

<星組>
とうあすを見送った春。そして若い星組の誕生を見た。とうこラスト公演は作品としてはそんなに印象に残らなかったが、太王と全ツは忘れられない。太王は花組版より分かりやすくなった。新王誕生にふさわしかった。
夢咲、かなめには課題もあるが、成長が楽しみだ。柚希は期待以上だ。伸び伸びして見え、頼もしい。最近こういうタイプのスターがいなかった。できるだけ長くやってほしい。いろんな役を見たい。
若いトップ3を支える涼は別格になったが、そういうスターも必要だ。
有力な若手もたくさんいる。ひょっとしたら他組より人材に恵まれている?夢乃、紅、壱城、美弥、真風、天寿、如月などなど。中堅の鶴美、水輝、ベテラン上級生も充実している。
琴や百花がやめるのは寂しいが、音花、花愛など歌手もいる。蒼乃は月組トップへ。そうすると2番手娘役は妃咲か。早乙女も気になる。稀鳥はどう化けるか。この組に限らず強烈な「ザ・ダンサー」がほしい。
星の勢いがいい。次作以降も追いかけたい。新公も観たい。全ツは思いがけず良かった。1日目の悪マナーの後ろのお2人さえいなければ、完璧な観劇だったが。

<宙組>
大和・陽月退団公演が観れなかったのは残念だったが、小さい時から見守ってきたゆうひのお披露目初日に立ち会えて幸せだった。ネイル試験に合格した日というのも忘れられない。『カサブランカ』についての概観は既に書いたとおりだが、小池作品で成功したことは喜ばしい。最初の頃、生徒の休演が続いたのは気の毒だった。
18年選手にしてトップになったゆうひ。今までのいろいろなことが思い出される。ほんとうにおめでとう。可能な限り長くやってほしい。
花組っ子だったすみ花もあっと言う間にトップに。作品、場面により大人っぽさを出せるよう頑張れ。らんとむやみっちゃんの充実ぶりは感動だ。七帆が去り、悠未、十輝が別格的に支えている。凪七は月エリザを経てどうなっていくのだろう・・・。
春風の明るさと鳳翔のクールさに興味がある。ほかにも見逃せない男役の下級生がたくさんいるし、娘役では花影、純矢、すみれ乃、ほかにも・・・誰が抜きん出るのか楽しみだなぁ。
宙も面白くなってきた。果たして次回作はどんな感じになるのだろう。
ところで、寿組長の温かい芝居はほんとうによかった。
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2009/12/15 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
かなみちゃんのアルバムLoveStory
しこつ11
昨日の続き。W「滝っていいよねー」M「いいよねーー」W「滝最高!」。

ちょっと遅くなりましたが、彩乃かなみちゃんのカバーアルバム「Love Story―ひかりのみち」を買って聞きました。素晴らしい声やーーーーー。昭和ポップスいいねー。
でもキーが高くて一緒に歌えません。ははは。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1221「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞⑤総括概要・花組、雪組」
※敬称略(退団者も含む)。以下は11月初旬~前半に書いたものの抽出転記である。

<花組>
今年観た作品は『太王―』『フィフティ―』『ミーマイ』『オグリ』。いずれも素晴らしく、うれしかった。
まとぶんになってから随分経った気がするがまだ2年とは・・・。来年の大作で桜乃が退団かもしれない。
ゆうひが抜けてからの体制を見ていないが、壮も輝きが増し、みわっちも成長したと感じた。
花組自体に異動があるのかが注目。
まとぶんは美しく品があり風格もある王子も良く、ピルも好演し、きっと相棒も成功だろう。心配ない。桜乃はキハもサリーも良かった。特にサリーの心情描写は立派。壮は舞台映えがよい。ファンが増えるといいな。
歌は若干弱いが演技は素晴らしい愛音、長年耐えている未涼のポジションアップはいつか。真野、華形もかなりベテランになってきたが、もっと活躍していい。ここ数年同じことばかり感じている。若手は朝夏、望海と有望だが、まだ何か足りない。
娘役陣は野々が抜け、明確な2番手が定まらないうちに、新公主役が来た天咲が出てきた。フィフティではおいしい役で印象に残った。良い娘役が多い組なので、次のトップ候補に注目だ。
それにしても桜一花が水の相手役にと願っていたのに残念。日向の退団もとても残念だった。

<雪組>
悪夢かと思った『忘れ雪』は1月のことだった。そして今年は『風/ゾロ』を観ただけになってしまったが、予想以上の佳作で楽しめた。となみの退団公演だった。すでに女優として始動。あらためてお疲れさま、がんばって!
後任に実力派ながらまだまだこれからと思っていた愛原が。いろんな声があるが、悪くないと思っている。表情が硬いのが気になるが・・・。
円熟の水も来年までかもしれない。雪組での注目は次期体制だ。音月、かなめどちらかが異動と思っていたが、かなめが星へ行き昇格。横並びで言えば音月を抜いてしまった。雪のスターラインは水、ゆみこ、音月の次、ちぎなのか。
若手では、かわいい凰華や歌える蓮城が気になる。娘役では断然舞羽が好きだ。
雪にはちょっと地味ながら職人も多い。未来、緒月といった濃い上級生や真波、大凪、香綾も味がある。涼花、大月、晴華、舞咲も頑張っている。愛加にも活躍してもらいたい。
同期のきりやんがスカピンでお披露目だが、ゆみこにも絶対トップになってもらいたい。音月にも。どの組でもいい。来年はたくさん雪組を観たい。        
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2009/12/14 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
Saita12月号のゆうひちゃん
しこつ10
昨日の続き。ちと滝写真が続きます。Mちゃんとわっちさんは滝好き仲間でもあります。笑。

セブンイレブンで売っている生活雑誌Saitaの12月号を買いました。ゆうひちゃんが載っていたので。素敵でした。彩乃かなみちゃんのレギュラーコーナーもあったとは・・・!!

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1220「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞④宙組」

※敬称略(退団者も含む)。同一賞内順不同。月組は、『ラストプレイ』を観た後になるので、遅くなることをご了承いただきたい。

・作品賞          カサブランカ                 
・特別作品賞       パラダイスプリンス         

・大賞            大空祐飛                       
・ベストアクター賞     蘭寿とむ
・アクター賞         寿つかさ        
・ベストアクトレス賞    野々すみ花  
・アクトレス賞        美羽あさひ
・ベストシンガー賞     北翔海莉  
・シンガー賞         七瀬りりこ
・ベストダンサー賞     陽月  華
・ダンサー賞         大海亜呼
・ベストフレッシュ賞     鳳翔  大
・フレッシュ賞         蒼羽りく        
・ベスト助演賞        悠未ひろ
・助演賞            春風弥里         
・ベストフォトジェニック賞   月映樹茉
・フォトジェニック賞       すみれ乃麗
・話題賞            大和悠河            
・特別賞            風莉じん 十輝いりす 七帆ひかる 花影アリス
                蓮水ゆうや 凪七瑠海 純矢ちとせ 愛花ちさき 鳳樹いち           
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

【2009/12/13 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3)
家族の愛の翼大賞09
しこつ9
昨日の続き。支笏湖周辺をドライブの途中に寄った、近寄ることができないまぼろしの青い湖オコタンペ湖をちょっとのぞけるところ。

毎年決めているわっちの一族、Kおばさん一家での「愛の翼大賞」、今年はとある事件に見舞われたいとこのTちゃん(男性)に決定。なんと、歩くと靴底がぼろぼろにとけてしまう粗悪な輸入皮靴をそうと知らずにお葬式にはいていき、Tちゃんの歩くあとに、ゴムっぽいへんなかたまりが点々と残ることに・・・。しまいにはとうとう靴が崩壊。Tちゃんは斎場のスリッパを借りて帰るはめに。なんてこっちゃ。
しかし、そのあと福引で1等を2回も当てたのです。しぇー。

<リーズナブルと大好評の愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
たくさん、お問い合わせ、お申し込みをいただき、ありがとうございます。
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1219「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞③星組」

※蒼乃夕妃さんを星組扱いで決めている。以下、敬称略(退団者も含む)。同一賞内順不同。月組は、『ラストプレイ』を観た後になるので、遅くなることをご了承いただきたい。

・作品賞         太王四神記Ⅱ        
・特別作品賞      ソウルオブシバ(全ツ)      

・大賞           柚希礼音             
・ベストアクター賞    涼 紫央
・アクター賞        凰稀かなめ
・ベストアクトレス賞   夢咲ねね   
・アクトレス賞       華美ゆうか
・ベストシンガー賞    安蘭けい   
・シンガー賞        音花ゆり
・ベストダンサー賞    鶴美舞夕
・ダンサー賞        稀鳥まりや
・ベストフレッシュ賞    壱城あずさ
・フレッシュ賞        天寿光希
・ベスト助演賞       美弥るりか
・助演賞           真風涼帆          
・ベストフォトジェニック賞  遠野あすか
・フォトジェニック賞      紅ゆずる
・話題賞            蒼乃夕妃              
・特別賞          英真なおき 万里柚美 にしき愛 百花沙里 琴まりえ
               天霧真世  天緒圭花 夢乃聖夏 水輝 涼 如月 蓮
               海 隼人  水瀬千秋 早乙女わかば 彩海早矢 
               立樹 遥          
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


【2009/12/12 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
うれしかった食事会①
しこつ8
昨日の続き。ホテルのスイーツショップで買った「つぼ入り味噌プリン」、めっちゃ美味でした。

先月末、ネイル試験の初代モデルである職場のかわいい後輩S嬢と2人で、私の合格祝い、誕生日や彼女の近況報告会も兼ねた食事会を開催。
フレンチのフルコースでしたが、デザートの前に店内が暗くなり、ハッピーバースデーの曲がかかり、ろうそくがつき、「Happy Birthday 合格おめでとう」と書かれたデザートが・・・感動のサプライズ。
本当に本当にうれしかったです

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1218「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞②雪組」

※敬称略(退団者も含む)。同一賞内順不同。月組は、『ラストプレイ』を観た後になるので、遅くなることをご了承いただきたい。

・作品賞         風の錦絵
・特別作品賞      ZORRO

・大賞           白羽ゆり          
・ベストアクター賞    真波そら
・アクター賞        緒月遠麻
・ベストアクトレス賞   舞羽美海    
・アクトレス賞       花帆杏奈
・ベストシンガー賞    彩吹真央
・シンガー賞        晴華みどり
・ベストダンサー賞    水   夏希
・ダンサー賞        天勢いづる
・ベストフレッシュ賞    蓮城まこと
・フレッシュ賞       凛城きら 
・ベスト助演賞       音月 桂
・助演賞           未来優希          
・ベストフォトジェニック賞  早霧せいな
・フォトジェニック賞      愛加あゆ
・話題賞            愛原実花
・特別賞           麻樹ゆめみ 舞咲りん 谷みずせ 沙央くらま
                大凪真生 大湖せしる 祐輝千寿 香陵しずる
                凰華れの 大月さゆ  涼花リサ 彩那  音           
                
↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/11 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
1000回記念21・宝塚イズム9
しこつ7
昨日の続き。手前がわっちの象足です。涙。

青弓社「宝塚イズム9」は、飛べ!新トップたち!が特集でした。今回は共感できる部分が多かった半面、腐女子の話をからめられると、全くその世界を知らない身には「?」でした。
ともあれ、わっちもちょっと100周年がシンパイです。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1217「ヅカノート2009秋冬より⑧09組別総合大賞①花組」

※敬称略(退団者も含む)。同一賞内順不同。月組は、『ラストプレイ』を観た後になるので、遅くなることをご了承いただきたい。

・作品賞         太王四神記
・特別作品賞      ミー&マイガール

・大賞           壮  一帆
・ベストアクター賞    真飛  聖
・アクター賞        愛音羽麗
・ベストアクトレス賞   桜乃彩音
・アクトレス賞       白華れみ
・ベストシンガー賞    天宮菜生
・シンガー賞        芽吹幸奈
・ベストダンサー賞    朝夏まなと
・ダンサー賞        祐澄しゅん
・ベストフレッシュ賞    天咲千華
・フレッシュ賞        煌雅あさひ
・ベスト助演賞       望海風斗
・助演賞           真野すがた
・ベストフォトジェニック賞  華月由舞
・フォトジェニック賞      華耀きらり
・話題賞           日向   燦
・特別賞           華形ひかる  悠真 倫  桜 一花  未涼亜希
                月野姫花   眉月  凰  夏美よう  高翔みず希
                夕霧らい   花野じゅりあ  初姫さあや

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/10 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
1000回記念⑳こだわり・多重唱
しこつ6
昨日の続き。この庵は無料の足湯です。

スカステの「こだわりアラカルト・多重唱」を観ました。おさちゃんの琥珀―、マミさんとタモさんのラ・ノーバ!でのエトワールなど懐かしかったです。
この番組、今月で最終回ですね。ちょうどミニエッセーも萬さんの話ですが、ナレーションが聞けないなんて寂しい。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1216「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て⑧」
ボスこと大空リックを慕う歌える黒人ピアニスト・サム。若くてかわいらしい萬さんなりの役づくりだったように思う。ショースターとして踊る場面もあり、本当に楽しそうにやっていた。大型の宙組に入ると、とてもきしゃなのだが、かえってそれが愛らしくて、シリアスなドラマの中で、ほっとするアクセントの役割も。
萬さんは重厚な役、色気のある2枚目が似合うと思っていたが、芸の幅はそれだけではなかったのだと感じたし、小池先生の配役・演出も的確だったと思う。
萬さんといえば、今までのたくさんの作品が思い出されるが、私にとっての初めの感動は『グランドホテル』での若央りささんを相手にしたダンスだ。色気のある男役ダンサーさんだなと思った。考えてみるとまだ下級生だったゆうひちゃんもいたのだ。そして、春野さんの作品では『天の鼓』や『落陽のパレルモ』が印象深い。最近では、壮さん主演の『オグリ!』を覚えている。
それから、舞台上のことではないのだが、以前大劇場の楽屋口でのある事件のエピソードが忘れられない。ちょっと精神的に尋常な方ではない男性が「真琴つばさ、出て来い~云々」(マミさんファンが道をふさいだなどとと逆恨み)などと言って、楽屋待ちをしていたファンの方を震え上がらせた時、たまたま出てきた萬さんが、その男性をなだめ、説き伏せ、追い払ったという。萬さんの勇気ある行動は、上級生としてみんなを(ファンをも)守るという舞台でのリーダーシップそのものだと思ったものだ。その場にいた人たちは、萬さんに拍手を送ったと言っていた。
このような事件以来、ネット上でスターがはっきりと何時に入り出するかの情報開示が禁止された。
そして、スカステでは『こだわりアラカルト』という番組でナレーターとして素敵な声を聞かせてくれていた。私はもう宝塚の舞台に立つ萬さんを見ることはできないが、東京千秋楽まで体に気を付けて、こころゆくまで舞台を楽しんでいただきたい。長い間、本当にお疲れ様でした。

最初のころ休演者が続出した。代役者は大変だったことだろう。恐らく、集団感染を避けるため、ちょっとでも風邪ぎみだったり、熱が出たりしたら新型インフルエンザを疑い、結果が出るまでは休むという鉄則の下だろうが、現在は落ち着いてきているようでほっとしている。新型インフルエンザの流行は、集団で行い、多くのお客さんを持つ芸術、音楽分野では死活問題である。特定の持病がない場合、タカラジェンヌも私の世代も最もワクチンが当たらない。国策として何とかしなければ、芸術・文化も崩壊する。帰ってきてから、余韻に浸り、『アズ タイム ゴーズ バイ』を口づさみながらもそれをずっと考えている。

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/09 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
TCAプレスに幹ちゃん
しこつ5
昨日の続き。バイキング食べすぎ?でも、これで第一弾目です・・・。

いやー、こんな日が来るとは・・・。スカステの番組表などが入ったフリー冊子「TCAブレス12月号」、巻頭インタビューに石丸幹二さんが!感涙のわっちでした。

<愛犬用おせち・おやつ予約受付中>
「わんこのきもち」では、わんちゃん用無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。詳しくは↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1215「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て⑦」
七帆ひかるさんの退団で、担う役どころも一段と重要になった悠未ひろさんや十輝いりすさんもとてもステップアップした印象を持った。
月組『エリザベート』への特出で話題だった凪七瑠海さんは、見た目的なことだけではなくてまだ線が細い。妻役の花影アリスさん(今回はおいしい役だった)の存在感に負けないように自分を出していってもらいたい。

以前から注目していて、今回も明るい雰囲気が生きていて大きな可能性を感じた春風弥里さんも素敵だったが、私が「おっ」と目を奪われたのは鳳翔大さんだ。
今まで、期待されているのは知りつつも、表情も硬く、今ひとつその魅力を認識しきれなかったが、舞台での雰囲気づくりのうまさにとても感心した。ビジュアルもいいし、動きも男役らしくてよかった。今後の活躍を見守りたい。
蓮水ゆうやさんも舞台映えして目を引いた。同じくらい目を引いたのが月映樹茉さんと蒼羽りくさん。個性という天では鳳樹いちさんもなかなか。
娘役は大きな役が少なかったので、個々の良さをはっきりとは感じられなかったが、純矢ちとせさんは演技はよかった。だが、メイクの研究が必要かもしれない。首が長くないほうなようなので、首にも影をつけたらどうだろう。
下級生では、琴羽桜子さんが気になった。また、エトワールの七瀬りりこさんは素晴らしい歌声だった。

上級生では、まず寿つかさ組長の心ある演技に脱帽。そして、天羽珠紀さんがナイスな役づくり―映画のウガーテそのものに見えたし、風莉じんさんはさすがの芝居巧者ぶりだった。風莉さんのような人は貴重だ。

そして、生徒個人のことでは最後になってしまったが、専科の萬あきらさんがかわいらしくて、最後にして新しい魅力を目にできて幸せだった。
(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/08 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
愛犬にもおせちを!!
しこつ4
昨日の続き。冬はちょっと寒そうなエントランス。

わんこのきもちよりお知らせです。
わんちゃん用の無添加おせち、おやつの配達予約を承ります。愛犬にもたまにはごちそうを!!
数に限りがありますので、お早めに。
詳しくは↓
わんこのきもち社長日記
または↓
わんこのきもちキッチン

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1214「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て⑥」
もし、はっきりした悪役とか衣装が明らかに革命家と分かるアクティブなものであったら、キャラクターはつくりやすいだろうが、終始スーツでもって複雑な活動、人生を表現しなければならない。かなり自分で想像してつくりこまなくてはいけない。
それをなんともうまく演じていた。この人の芝居には、温度がある。心がある。
それにしても、立ち姿が美しくてスーツが似合い惚れ惚れしてしまった。
ダンスも切れがあって素敵だった。
今まで縁がなかったゆうひちゃんとがっちり組んだ芝居というわけではなかったが、二人とも落ち着きがあり、大人のワンツーという雰囲気だった。ゆうひちゃんをしっかり支えてもらえると安心している。
前は歌うときに変な力みがあり、よくかましていたが、改善され、素晴らしかった。
私の夢としては、らんとむさんが次代にほかの組でトップとして立つ彩吹真央―ゆみこさんと同列でトップスタートして並ぶことだ。
春野さんの下で切磋琢磨してきた下級生たちの頂点を見たい。
らんとむさんでも見たいと思う作品がたくさんある。きっと、叶うだろう。

月組ではゆうひちゃんと一緒にやっていた経験があるみっちゃんもずいぶん頼もしくなった。
今回は、ちょっと老け役で、肉布団をつけて大健闘。この人も何をやらせてもいつもうまく、またまた難しい役を魅力的に演じていた。
何が難しいかというと、いい人なのか悪い人なのか、リックとは本当に友情でつながっているかいないか、最後までよく分からないキャラクターであり、笑いを取る役目ながら、とびっきりの3枚目というわけでもない。
この作品に出てくる人は、みんながみんなそういう不透明な感じで難しく、あえて言えば主人公のリックがキザ・クール・ニヒルでちょっとはっきりしているかなという程度だ。
みっちゃんは初日に銀橋で帽子を落とす場面で、客席に帽子を転がして落としてしまい、最前列のお客さんに拾ってもらうというハプニングを起こしてしまったが、それもたまにはいいんじゃないかとほほえましかった。
温かく土くさい雰囲気でどこか垢抜けないのがみっちゃんの持ち味ではあるが、今後2番手、トップへと進む過程で、シャープでバリバリのかっこいい男役らしい面も見せてもらいたい。
(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/07 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
再演もの続く2010年
しこつ2
昨日の続き。大目的はこのホテルでのランチバイキングでした。

激情やリラ壁・・・来年も再演ものがいっぱいですね。懐かしいいなぁ。

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1213「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て⑤」
私はゆうひちゃんで見たい役がたくさんある。『ファントム』のエリック、『うたかたの恋』のルドルフ(エリザベートのルドもよかったが、王子様姿が見たい)、アンドレ、プガチョフを主人公にした『黒い瞳』、ドラキュラ系、明るいミーマイもいいし、日本物のショーもいい。
怪我や病気に気を付けてできる限り長く夢を見せていただきたい。

すみ花ちゃんにもおめでとうを申し上げたい。
花組で、デビューした時点から「ああ、すぐトップになるだろうな」と思っていたが、あっという間に主要な役を演じ、ヒロインになり、ベテラン・ゆうひちゃんの相手役になるとは、当時は想像できなかった。
どうしても実年齢が若いので、さまざまな経験をしてきただろう今回のイルザの役は少し階段が高すぎたものの、一生懸命映画の雰囲気を踏襲して努力していた。
芝居は、とにかくうまい。これからどんな役が来ても心配はないだろう。
だが、深みを出し、さらに色づけするには、自分の引き出しにいろいろなものを詰めて、それをうまく引っ張り出して使っていくことしかない。要するに、誰もがそうだが、普段の生活、経験、思考、研究が大事だということである。
メイクもまだまだ工夫の余地があるだろう。きっと好転できる。そういう可能性があるのは見るほうにとっても楽しみでもある。
パレードではキーが合わないのか緊張なのか、声がきれいに出ていなかったのが残念だった。
また、小柄で細いイメージがあったが、意外にノーウエストに見えた。

一段と頼もしくなったらんとむさん。存在感が増してうれしい驚きだった。以前は本当はずっと花組にいてほしかったと思っていたが、身長のあるスターが多い宙組に似合うし、らんとむさんがいることで舞台が締まっていた。
ラズロは難しい役だ。顔に傷をつくっているものの、闘志を心に秘め、適度にタフさと紳士ぶりをかもし出さなくてはならない。

(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/06 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
神月茜さん!
しこつ1
めちゃ晴れだったMちゃんとの支笏湖の旅にて。

元雪組のOG、神月茜さんがヘビメタ歌手LIV MOONとしてデビューしましたね。いろんな分野で活躍することはいいことですね。頑張れ!!

<サロンのブログはこちらです>
ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1212「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て④」
今回、ゆうひちゃんの仕草と表情に最もぐっと来たのは、イルザに「10年前何をしてた」と言って「過去を聞くの?」と返されたとき、おっといけない、「ああ(しまった)」と手を額近くにやるシーンである。半笑いの表情が最高によかった。
すみ花ちゃんとのコンビぶりは、銀ちゃんでは成功していたが、今回はすみ花ちゃんが少し幼く見えたこともあり、まだまだこれからといったところ。今後が楽しみだ。
私はりかさんとえみくらちゃんなど、ちょっと親子系ぎみのカップルも好きなので、期待している。
ゆうひちゃんは、ショーでも立派な芯を務めていた。ただ、ダンスのメリハリなどは、らんとむさんの技術が際立っていたが、とにかくお披露目で真ん中にいることだけで、そしてデュエットダンスをしているだけでも「感激屋のおばちゃん」状態だった私には、アラは気にならなかった。
今回は、黒エンビのバリバリの男役総踊りではなかったので、今度は見たい。
初日のあいさつでは、噛むこともなく、堂々と話していた。1年前、花組の『太王―』の時は、今の自分を想像してなかったと言っていた。
そして、めまぐるしい変化でも周囲の支えで自分らしさが保てたとも。本音だろうが、その変化もここ1年だけではなく、花組に組替えになったときからのこと。
本当によくぞ対応してきたと年下ながら尊敬してしまった。環境の変化に適応するのが不得意な私は、見習わなければいけない。
きっと、同期の麻子さんと退団公演に一緒に出たかったという気持ちもあるだろう。しかし、別組になったことで、客席から観れて、最後は同じ立場として花束を渡せたことも素晴らしいことだったろう。
「宙組自体のファン」の方の中には、突然やってきたゆうひちゃんやすみ花ちゃんを受け入れられないという人もいることだろう。
もちろんどんなスターにもアンチの方はいる。いろいろな非難する人もいる。その気持ちも分からなくもないが、長い間宝塚に貢献してきたゆうひちゃんの最後の数年を温かく見守っていただきたい。
(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/05 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
道南に助っ人出張です
しこつ
千歳市道の駅・サケのふるさと館前で、偶然にもからくり時計の人形を見れました。

他部署の業務の助っ人として北海道南部へ日帰り出張です。移動が大変ですが、ちと旅気分っす。

<サロンのブログ公開中です>
来年4月オープンの私のサロンのブログ、よかったらのぞいてみてください。
まだまだ準備中で、徐々に整えていく予定です。毎日更新ではありませんが、既にたくさんの記事をアップしています。ブログの右側にある「カテゴリ」欄からいろいろ開いてみてください。
リンクフリーです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
こちら→「ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1211「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て③」
それだけ心から彼女を愛していたのは理解できるし、一つの恋を失い、なかなか立ち直れなかった経験は私にもある。
それでもたぶん、女性のほうが、それでは前に進めないことを本能的によく知っており、なにかと割りきりができるのだろう。女は度胸か。

やっと生徒の話に。
前述のようにゆうひちゃんの新トップぶりはすてきだった。私はプレお披露目の『大江山花伝』を観ていないので、幕開きの登場から大きな拍手を浴びた姿を見ての感動はひとしおだった。
舞台を観ながら、ゆうひちゃんに関する今までのいろいろな出来事を思い出した。『黒い瞳』で怪我をした紫吹淳さんの代役をやったこと、『螺旋のオルフェ』がよかったこと、マミさんの下でシューマッハと呼ばれていたころ、女役をやったこと、瀬奈さん、貴城けいさんと3人での役代わりで苦労しただろうこと、花組への組替え、すてきだったオスカルやフィッツジェラルドや銀ちゃんやホゲさま・・・。
培った経験はだてではない。どこか頼りないフレッシュなトップさんもかわいいものだが、既に備わっている風格と包容力が安心感を与え、やっぱり下級生には出せない男役の色気が漂って、ときめきをくれるトップさんというのもいい。
頭が小さくて上半身はがっちりぎみで下半身はきゃしゃという外国人体系で、衣装の着こなしもばっちりだし、ただいるだけで、そして動いてもただ映画のマネ、ただキザではなく、宝塚の男役がするリックを見せてくれた。
初日の硬すぎる緊張感もバタバタ感もなく、落ち着いて見えた。翌々日もさらによかった。
私はゆうひちゃんの声が好きだ。歌声も好きだ。決して歌が上手とは言えないが、音程はよく、ビブラートで伸ばす癖も味と感じる。切なさや苦悩の表現が絶妙な半面、笑顔もかわいい。今回は晴れやかな笑顔が見られる話ではないが、ショーなどでふと見せる笑顔が、たまにだから効く。
私が感心したのは、ラブシーンがとてもうまくなったということ。相手が学年差のある娘役だからということもあるが、大人の男の色気で包み込み、自然だ。
(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/04 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
韓国俳優談義
う12
神戸空港の展望デッキ。

先月わんこ社長にも好きな韓国人俳優さんがいることが判明(笑)。私の好きなチェ・スジョンさんに比べると若い方ですが、互いに互いのひいきの魅力を熱く語り合ってます。

<サロンのブログのぞいてくださいね>
来年4月オープンの私のサロンのブログ、よかったらのぞいてみてください。
まだまだ準備中で、徐々に整えていく予定です。毎日更新ではありませんが、既にたくさんの記事をアップしています。ブログの右側にある「カテゴリ」欄からいろいろ開いてみてください。
リンクフリーです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
こちら→ネイルセラピーサロンStage



●ミニエッセー1210「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て②」
それに、小池先生は各スターを上手に素敵に見せる。台詞の配分もうまい。
また、映画では30代といいながら、40代以上に見えてしかたない渋いハンフリー・ボガードよりも数倍若くて白いスーツが似合い、かっこうよく映る大空リックが登場から素晴らしく、感動した。
初日のそのときの大きな拍手がゆうひちゃんに届いただろうか。客席は温かく、良い緊張感に彩られていた。久しぶりに味わったが、初日っていいなと感じた。
芝居のラストに、蘭寿とむさんが「あなたもわれわれの仲間です」、北翔海莉さんが「これからの友情の・・・」と台詞を言ったことにも感激した。今まで縁がなかった宙組にやってきてトップになったゆうひちゃんを迎えるための台詞だ。本当に小池先生はやってくれる。
どこかの評論家さんが、映画の曲以外のオリジナルソングが耳に残るものがなかったと言っていたが、私はそうは思わない。『太王―』に似たメロディーラインの曲はあったもののどれも素敵だった。
そして、切なくなってしまったのが、どうしても小池先生が見せるダンディズム、男の哀愁なので、要所要所で『アデュー・マルセイユ』を思い出したことだ。ソフト帽、コート、スーツ、タキシード・・・。話にも「マルセイユに行く」というのが出てくるし、2年も経ったけれど、胸がきゅんとするのは、治らない病らしい。
若手3人から始まるフィナーレも良かった。そこでも、新トップコンビはもちろん、あらためて2番手として組に貢献するらんとむさんの見せ場もあり、いちいちうっとりしてしまった。
あえて言うとすると、ちょっと間延びかと思う場面や、ゆうひちゃんがセットを行ったり来たりして観る側としては落ち着かない場面が少しあった。しかし、総合的には90点以上の出来と感じた。

ところで、『カサブランカ』で描き出されるものに限って言うと、男ってこんなにも過去をひきずるもの、過去の恋に影響されるものなのかと、ポジティブシンキング系の私は、ふと「リック、前を向けよ」と言いたくなってしまった。
結果、最後にはそうなるのだが、それまで特定の恋人を持たず、クールでニヒルを決め込んでいるのは、イルザとのことをずっとひきずっていたからであり、たとえ、再会しなくてもリックは独身を貫いたような気がする。再会し、ひと事件あったからこそ、やっと次に進めたわけで、男って女よりも女々しい部分があるなと思ってしまった。

(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/03 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
45歳になっちゃいました
う11
神戸空港に向かうポートライナーの中から。

本日、わっちの誕生日でして・・・もうアラフォーというよりアラフィーか・・・

<サロンのブログのぞいてくださいね>
来年4月オープンの私のサロンのブログ、よかったらのぞいてみてください。
まだまだ準備中で、徐々に整えていく予定です。毎日更新ではありませんが、既にたくさんの記事をアップしています。ブログの右側にある「カテゴリ」欄からいろいろ開いてみてください。
リンクフリーです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
こちら→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー1209「ヅカノート2009秋冬より⑦カサブランカを観て①」

このシリーズは、ネタばれにご注意いただきたい。

私が宝塚ファンになったのは1991年7月で、春野寿美礼さんが初舞台の年。そして、初めて生の舞台を観たのが1992年4月で、瀬奈じゅんさんや檀れいさん、今回の主役、大空祐飛さん(以下、ゆうひちゃん)が初舞台の年だった。
「宝塚おとめ」を見ては、将来のスター探しをしていたものだが、既にゆうひちゃんもチェックしていた。私は当時「一番」が天海祐希さんだったが、主人はそのころからずっと「一番」がゆうひちゃん。個性的な雰囲気を買っていた。
月組の最下級生だったゆうひちゃんが、とうとうトップスターになった。決定したときマミさんがイベントで「うれしい」と言っていたが、私も心からうれしく思っている。
いろいろなことがあった18年をゆうひちゃんは、べらべらと多く語りはしないが、つらかったことも泣いたこともあっただろう。
大劇場でのお披露目公演『カサブランカ』初日のパレードで、最後に大きな大きな羽根をしょって大階段を降りてきた輝きに満ちたゆうひちゃんを直接見て、涙があふれた。
ここまで、よくやったね。本当におめでとう―。

事前に予習をすることはあまりしないのだが、勘で、今回は音楽は知っているけれど、ストーリーも知っていた方がいいなと思い、モノクロ映画のDVDを購入して観た。
まさに宝塚の男役と娘役が演じるのにふさわしい主役コンビと、2、3番手にふさわしいキャラクターもいて、話にも感激したのだが、私が心配したのは、場面展開のことだった。
何しろ、話の多くが主人公リックが経営する店の中と、あとはちょこっと回想シーンが出てくる程度。これを華のある舞台にどうやってするのか。話もともすれば地味になりやしないか。ましてや、1本ものだ。
でも、小池先生がうまく料理をするだろう・・・舞台を観るまで、そんなことを考えていた。

幕が開いて実際の舞台は、映画のおしゃれで粋なエッセンスをすべて網羅した上に、膨らませて付け加えた華やかな場面や迫力ある場面があり、画像をうまく利用したり、セット転換も素晴らしく、さすがとうなった。キザな台詞の数々も違和感がない。

(続く)

↓1000回を超えました。ランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2009/12/02 00:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 現在は特に宝塚OG真琴つばささんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する