三笠道の駅リニューアル
かこうDSC07027DSC07029_20170518150201d03.jpgDSC07030.jpg
写真と記事一致です。
先月、母と主人とともにリニューアルした三笠道の駅に行ってきました。
お店が増えて雨に当たらずにトイレの建物に行けるようになったほか、買った物を自由に食べられる椅子とテーブルのあるコーナーもできて、ますますたびたび行きたくなる感じに。
昨日写真を掲載したやきとりカーも健在。
この日は野菜や三笠といえば・・・の白川豆腐店でお揚げを買い、高かったけれど豆乳ドリンク(抹茶味)にもチャレンジ。
平日でも特に昼以降は激混みなので、おすすめは平日11時ころまでです。

<サロンのブログ更新しました>
「自分ネイル(ハッピー黄・シェル・タッセル)」を掲載→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー3970「メイちゃんの執事DX第8巻を読んで」
先月発売のメイちゃんが高校生になってからのシリーズ「DX(デラックス)」の第8巻。
高校3年生の夏休みの一こま。
いろいろ事情があり寄宿舎に仲間が皆居残るという設定で、生徒のひとりである天才少女の父親で天才学校医が開発したVRゲームを体験。現実の人物がモデルの恋愛シュミレーションのため、現実と仮想現実で混乱するメイちゃん―その中でまたまた執事兄弟の理人と剣人のはざまで悩む。
というのがひとつの柱。
もうひとつは、田舎がない後輩アカリのために、皆を引き連れてメイが故郷・四国に帰るというもので、こちらはまだまだこれから騒動があるようで続く・・・となっていた。次回は9月25日発売予定らしい。
苦手なゲームの世界の話はどうなんだろうと思ったが、まあ分かりやすくて良かったものの、最後はまたどっちを選ぶかはっきりせず・・・これがはっきりしたら漫画は終わりなので当たり前だが・・・苦笑。
皆で田舎に泊まり、修学旅行のようにわいわいするのは誰もが一度は体験していることで懐かしい気持ちに。
また、温泉で柴田兄弟がまったり語り合うというサービス的場面も良かった。
次回は皆で船で海に出ての騒動のようだ。
この雰囲気でどこまで引っ張れるのか・・・宮城先生、頑張れ。
なにしろ、メイの高校卒業までにはどちらかに決めると約束したからここから卒業までの半年は濃密に描かないと終わってしまう。ファンとしてはそれが気がかりだ。
ところで、宝塚でこの作品を演じて主役をやった紅ゆずるさんが星組トップになったので、もしできることならばこれは大劇サイズにして再演してほしいと思っている。
紅さんが理人(漫画では当然メイちゃんが主人公だが、宝塚は男役社会なので・・・)、礼さんが剣人、綺咲さんがメイちゃん。そのほかの配役も誰でも魅力的にはまると思う。
かつて『琥珀色の雨にぬれて』でイケメンたちがジゴロをやったように、星組のイケメンたちが執事をやり、かっこいい執事ダンスをしたり、理人が悪者と戦って殺陣をやったり・・・いくらでも台本が作れそう。
なんなら1本ものでもいいくらいだ。
もし大劇が無理ならドラマシティなどでもよいかも。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
【2017/06/24 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
札幌ドーム2017第5弾へ

↑ 先月久しぶりに三笠道の駅へ。いつも激混みの名物・やきとりが奇跡的に空いてました。(明日へ続く)

【本日の記事】
本日はお休みをいただき、妹と楽天戦に行って参ります。
シンデレラシート、先日誕生日だった妹へプレゼントです。
楽天さんに胸を借りるつもりで・・・???
ちょうど今日の写真のやきとりカー・・・楽天カラーに近い・・・。


●ミニエッセー3969「ラプンツェル あたらしい冒険 を観て」
ネタばれに注意いただきたい。
BSのDlife局のおかげで、観たかったディズニー作品が次々と録画して観れるのでうれしい。
本編が大好きなラプンツェルの続編。結婚式当日の騒動は短編でもう観たが、これは設定としてはその前の話。
なかなかお城の生活になじめないエリザのシシィみたいなラプンツェル。
愛するユージーンのプロポーズもまだ先にしたいと断ってしまう。
それを見かねた宝塚の男役みたいな勇敢な侍女とこっそり一晩だけ冒険の旅に出たところ、ある場所でまた髪がかつてのように伸びてしまい、それを隠しながら次期女王としてのお披露目会に出席し、新たな悪者も登場して大騒動になってしまう・・・簡単に言うとそういうストーリー。
絵柄は、まるで実写のようだった本編映画とは異なり、かなり簡略化され、美しさは減りアメコミ風。親しみやすいといえばそうなのかもしれない。まあ、どちらかというと子供向けだ。
侍女カサンドラの王宮での衣装が昔読んだリボンの騎士に出てくる侍女風で懐かしかった。
この物語で、ラプンツェルの勇気、跳ね返り度、好奇心は王妃=母親譲りだと分かる。
少女時代に野山を駆け回っていたことが母の日記に綴られていた。
ますますシシィにそっくりである。「馬に乗ります」みたいな・・・。
女の子なら誰しも本物のお姫様になってみたいと憧れるものだが、おそらくさまざまな制約があり自由に活動できないのはつらいことだろう。
しかし、愛する男性がそばにいるのだからいいではないか・・・苦笑。
それにしても、結婚するまでユージーンは日々お城で何をしていたのか・・・。ラプンツェルを守る特別衛兵隊員といったところか・・・。
実は今回、「次回作へ続く・・・」という形で終わっていた。また無茶をして髪が伸びたことを王様=父親に叱られて、二人の間に溝ができたままなのである。消化不良だ。
と思っていたら、なんとそのうちDlifeで新シリーズを放送するという。毎週という感じになるのか?
やばいぞ、楽しみじゃないかー!
それにしても、吹き替えのしょこたんこと中川翔子さんがあまりにもうますぎる。
ユージーンの畠中さんも変わっていなかった。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2017/06/23 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
みをつくし料理帖

写真と記事一致です。
大好きな『銀二貫』の原作者・高田郁さん原作のNHK土曜時代ドラマ『みをつくし料理帖』第一回目再放送をちらっと観たら劇中でかつおを利用した「はてなの飯」というのが登場し、番組の最後に主演の黒木華さんの料理指導をしている先生のレシピが紹介されていたので、作ってみました。ちょっとアレンジしましたが・・・。
すごくおいしくかった~。翌日はおにぎりにしました。
やはり高田先生の物語は面白いですな。


●ミニエッセー3968「ヅカノート2017春より30・ラプンツェル あたらしい冒険 夢の配役」
※主な役のみ。花、月、雪、星、次期想定宙組の順。

・ラプンツェル        仙名、愛希、真彩、有沙、星風
・ユージーン         明日海、珠城、望海、紅、真風
・侍女カサンドラ      桜咲、月城、永久輝、綺咲、華妃
・王              鳳月、光月、彩凪、天寿、愛月
・王妃             花野、憧花、星南、音波、彩花
・カメレオンのパスカル    音、早乙女、潤、瀬央、遥羽
・白馬のマックス        柚香、暁、彩風、壱城、澄輝
・栗毛のフェデラー       城妃、海乃、彩、愛水、瀬音
・衛兵隊長(カサンドラの父)  水美、輝月、透真、如月、凛城
・部下                帆純・聖乃、蓮・輝生、煌羽・桜路、漣・麻央、
                    星吹・春瀬
・ユージーンの仲間
 ピエロ               飛龍、夢奈、久城、夏樹、和希
 ピアニスト             亜蓮、千海、真那、十碧、留依
 おじいさんキューピット     天真、響、沙央(専)、ひろ香、瑠風

・司祭               高翔、綾月、奏乃、美稀、寿
・来客 貴族のおばさん    芽吹、夏月、梨花、万里、美風
     司令官         綺城、春海、天月、紫藤、松風
     貴族の夫婦      冴月・華雅、風間・紫乃、橘・舞咲、
                   桃堂・夢妃、風輝・純矢

悪者たち
・レディ・ケイン         芹香、美弥、朝美、礼、伶美
・手下S             瀬戸、宇月、諏訪、七海、蒼羽
    A             航琉、輝城、縣、彩葉、美月
    A             和海、天紫、星加、天華、風馬
    A             舞月、彩音、朝澄、綾、七生
    A             矢吹、一星、彩海、天彩、潤奈
    A             愛乃、蘭世、一禾、天翔、鷹翔           

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2017/06/22 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
また悲しみの支笏湖

↑ 妹と映画を観る前に裏マックを。

【本日の記事】
先月、また支笏湖で悲しい事故がありました。
もう20年以上前、私の前職での他部署の上司が休日の早朝に支笏湖でひとりで船(カヌーかボートか)で釣りをしている最中に転落して、今回とは違い残念ながらいまだに行方不明になっていることを思い出さずにいられませんでした。
偶然その同じ日、主人も友人と支笏湖の別の場所に居たのですが、当時はまだ主人は携帯電話を持っておらず、私が職場の方から受けた事故の連絡は主人が帰ってきてからになってしまいました。
支笏湖にはほかにも多くの悲しい魂が眠っています。
だから皆さん、絶対に無理をしてはいけないのです。少しでも風が強い日は湖面に出るのは控えましょう。

<サロンのブログ更新しました>
「お客様フット(ジューンストライプアート)」を掲載→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー3967「ヅカノート2017春より29(3000回記念194)・FALSTAFF を観て」
昨年のバウホール作品。主役は専科の元月組・星条さん。
コメディなのかシェイクスピアそのままの悲劇なのかほとんど予習なしで観た。
うん、なかなか面白い。シェイクスピアの本によく出てくるフォルスタッフという人物を無理やりロミオとジュリエットの物語の中に突っ込んでジュリエットの母のいとこに設定。
ナルシストでいろいろな勘違いで騒動になっていく。しかも結末を変えてしまう・・・いいアイデア。
本来死んでしまう役の人も蘇る救いのある展開。
誰の作・演出?若い先生かなと思ったら谷先生。
特別相手役がおらず、別途の主人公でロミジュリが展開しているのが、まさに専科が主役らしい構成。
佳作だと思った。
衣装が素敵だったマギーさん。いい人なのかだめな人なのか難しい役どころ。熱唱しても心に響かない歌はいまひとつだったが、風格はさすが。もっともっとナルシストで自信満々にやってちょうどいい役ではないだろうか。
そう感じたことを裏付けるように挨拶で「17年、こんなに長くやっているがまだまだ技術が未熟」と謙遜していたが、正直専科の人がそれではだめだと思う。
組長・憧花さんと同期なのだ。マミさんが退団の頃下級生だったぎりぎりの世代。どうか長くやってほしい。
ふと、マギーさんがおさちゃんに見えたときがあった。
暁さんは無難にうまい。あとはかわいらしさを生かしていくのかかっこいい系になるのかを決めて何か殻を破れば良いスターになりそう。
美園さんは技術は良いがビジュアルがヒロイン向きではない。
それにしても歌のうまい娘役が多い!!個人的には晴音さんが好きだ。
大人の色気のあるティボルト宇月さんがまたまた巧み。それから蓮さんも演技がうまい。
おいしく4役もやった汝鳥さんの歌を久しぶりに聞いた。
この作品で花陽さんが退団。こういう別れ方もいいものだ。
シェイクスピアの話はストーリーは好きだが古典のまどろっこしい台詞まわしが苦手。
だが歌も歌謡曲調で親しみやすく、また別の方がやったら雰囲気も変わりそうなので再演していただきたい。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2017/06/21 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
日下武史さん、逝く
DSC07016_20170518104239fd2.jpg
DSC07018_20170518104312ac3.jpgDSC07021_20170518104316cfc.jpg
↑ 先月、実家にて。

【本日の記事】
劇団四季創設メンバーでもある大ベテラン俳優で一般の映画・ドラマなどでも俳優・声優・ナレーターとして活躍した日下武史さんが先月亡くなりました。
ディズニーアニメ『ノートルダムの鐘』ではフロローの吹き替え役でした。
86歳で大往生ですが、たくさんたくさん舞台を拝見してきたので、寂しいですね。
どうぞ安らかに・・・素晴らしい作品をありがとうございました。


●ミニエッセー3966「ヅカノート2017春より28・FALSTAFF 夢の配役」
※主な役のみ。(   )は本役。花、現月、次期雪、星、次期想定宙組の順。敬称略。

・フォルスタッフ(星条)     明日海、珠城、望海、紅、真風

・ロミオ他(暁)         帆純、月城、朝美、礼、桜木
・ジュリエット(美園)      仙名、紫乃、真彩、綺咲、星風

・レイトン卿ほか(汝鳥)    芹香、宇月、久城、七海、寿
・キャピュレット夫人(憧花)  桜咲、愛希、沙月、音波、純矢
・キャピュレット(光月)     高翔、輝月、奏乃、美稀、凛城
・乳母(夏月)          花野、白雪、舞咲、有沙、花音
・モンタギュー(響)       冴月、千海、透真、如月、松風
・ティボルト(宇月)       瀬戸、美弥、彩風、壱城、愛月
・モンタギュー夫人(玲実)  芽吹、晴音、千風、愛水、美風
・クイックリー(花陽)      城妃、早乙女、星南、天彩、伶美
・ベンボーリオ(煌海)     亜蓮、紫門、煌羽、夏樹、蒼羽
・ベル(楓)            春妃、結愛、愛、紫、瀬音
・ドル(晴音)           音、海乃、彩、夢妃、遥羽
・ピストール(春海)       柚香、蓮、縣、瀬央、和希
・バルサザー(蓮)        鳳月、輝生、永久輝、天寿、澄輝
・バードルフ(朝霧)       水美、彩音、真那、紫藤、瑠風
・ジョン修道層(周旺)      天真、音風、諏訪、麻央、風馬
・サムソン(音風)         綺城、風間、星加、漣、春瀬
・パリス伯爵(輝生)       聖乃、暁、彩凪、天華、潤奈
・グレゴリー(蘭)         愛乃、天紫、彩海、ひろ香、愛海
・エイブラハム(風間)      太凰、蘭世、一禾、桃堂、鷹翔
・仮面の女ほか(桃歌、麗の順で) 乙羽・朝月、麗・桃歌、潤・野々花、
                      小桜・星蘭、小春乃・華妃               

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2017/06/20 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
サンドVS稲葉さん2017

↑ 義妹が母の日に贈ったカーネーション。紫とか素敵。

【本日の記事】
昨年は生で観たサンドウィッチマンと稲葉さんの対決。
今年は行けなかったので、テレビ「熱烈ホットサンド」で観ました。
今年はOBたちも巻き込んでほんとの試合後に3イニングの試合形式。
最後に稲葉さんが投手をするというレアさ。武田勝さんのモノマネ、トミーにデッドボール・・・笑い。
そして、負けてしまうという面白さ!!
まだ続いてほしいです。


●ミニエッセー3965「3000回記念193・じゅりの宝塚音楽同好会―望海さん を観て」
ネタばれに注意いただきたい。
興味があるゲスト生徒の時に観ているじゅりちゃんの宝塚オタク番組。
音楽というより、生徒とのトークが見もの。中でもとおりいっぺんではない角度から生徒の新しい面を引き出すじゅりちゃんのトーク術が楽しみだ。
先月のゲストはまもなく新生となる雪組の新トップ・望海風斗さん=だいもんさん。
彼女は元花組で春野さん時代には有望ながらも何か殻を破りきれない印象だった。しかし、みりおちゃんのエリザでルキーニをやり、その巧みさと壁を越えた感じに感動し、これはトップになれると確信。
雪組に異動してますます技術に磨きがかかり、スターとしてのオーラも増した気がする。
そしてとうとう次期トップと決まったときは親心でうれしかった。
ファンの方には申し訳ないが、どうしてもスタイルのバランスとして頭が大きいイメージがあったのだが、最近めきめきとやせて美しくなり、メイクも良くなり、衣装の着こなしも気にならなくなってきた。
今回、私服で座った状態ながらそれが一層実感でき、きっと努力したのだろうなと感激した。
ところで、だいもんさんが天海さんが大好きというので胸が熱くなった。
わっちはあまり好きではないが「ハードボイルドエッグ」の『今なら言える』がいいらしい。
そういえばじゅりちゃんも出ていたな。
それに、春野さん主演のショー「アプローズ宝塚」のテーマ曲が好きと言ってくれたのも涙物だった。
この番組、時間を伸ばしてもっともっとたくさん宝塚の音楽を流してほしいものだ。
お絵かきゲームもやっていて笑った。
スフィンクスを描いたのだが・・・はいだしょうこちゃんとまではいかないけれどもなかなかものすごい破壊的な絵力・・・笑い。
しかし、その後自分も描いてみたのだが、そんなにだいもんさんと変わらなかったので反省した。
人間、イメージって本当にテキトウだ・・・!!
だいもんさんが横浜出身というのも初めて知った。横浜といえば桜木みなとさんと思っていた。
とにかく真彩さんとの超歌唱力コンビが楽しみだ。
だいもんさん、体に気をつけて頑張って。

おかげさまで3900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。
【2017/06/19 00:00】 | 未分類 | コメント(0)
next→
北海道発・わっちさんの宝塚な日々


北海道の宝塚・ミュージカルフリーク。 特に宝塚OG真琴つばささんと春野寿美礼さんが好きです。 北海道日本ハムファイターズも応援しています。 毎日更新しています。

プロフィール

わっちさん

Author:わっちさん
1964年生まれ。北海道在住。
1991年から宝塚ファンに。
大学職員・雑誌記者から
転身し、2010年4月より
美容アーチストとして
サロン経営をスタート。
ネイリスト・メイクアップ
アーチスト、カラーコーディネーター、
ライターです。

★★訪れた方はそのつど
ぜひ上のバナー
ブログ☆ランキングを
クリックしてください★★

当ブログはリンクフリーです。










最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する