FC2ブログ
 

北海道発・わっちさんの宝塚な日々

新年会2020 その1

IMG_9325.jpgIMG_9327.jpg
IMG_9328.jpgIMG_9329.jpgIMG_9330.jpg
本日からしばらく写真と記事一致です。
先月、親友と雪まつり準備中(雪不足が如実に分かった)の札幌で新年会ランチ・買い物をしました。
待ち合わせの前に、キョードー札幌さんに年会費を支払いに行きました。いつも郵送だったので、直接訪ねたのは初めて。
めっちゃ事務所の規模が小さくてびっくりしました。
事務所内の壁には宝塚のポスターが何枚も貼ってありました。
ランチをしたのは札幌ガーデンパレスの赤坂四川飯店。
親友も私も元大学職員なので、なじみ深いホテルです。
当日なのか、大学入試が行われていました。
受験生が必死なときに楽しく過ごして申し訳ない・・・。(続く)

●ミニエッセー4942「宝塚スペシャルラウンジ を観て3」
「多様性について  高橋英樹さん、高橋愛さん、紫吹淳さんゲストの回」
 この回では、月組を中心に日本物や現代劇、トリッキーなショー「バッディ」異国情緒のあるショー「クレンテープ」などが取り上げられた。
 以前に比べれば、りかさんの世離れ度が薄くなり、ちゃんとしたコメントをしていたので安堵。苦笑。
 月組の「夢現無双」「クルンテープ」はまだ観ていないので、今年スカステを期待しているが、友人が芝居の内容の残念さを語っていたので心配だ。

「大作・海外作品のアレンジ 高橋英樹さん、上原さん、実咲凛音さんゲストの回」
 この回ではとにかく小池先生のインタビュー映像が印象的だった。
 話の内容ではなくて、相変わらず何を言っているのかよく聞き取れない点。
 以前も書いたが、演出を受ける生徒が気の毒になる。
 宝塚風への脚色のポイントはどれも当然のものだった。
 すべては、エリザベートの成功が、小池先生だけではなくほかの演出家のものも含めてそれまでの大作のリバイバル上演や「ファントム」の成功などにつながっていると思うので、小池先生とエリザ初演生徒たちの貢献には脱帽だ―とあらためて感じた。
 実咲さんは本当に現役時代とイメージが変わった。
 おそらくこの回が、今年お正月の宝塚スペシャルでの実咲さん起用とつながっていく・・・という流れなのだろう。
 
 本来なら、近畿地方の方しか観れない番組を見せてもらい感謝だ。
 今度このような番組を作る場合は、もっともっと多彩なファン、OG、現役生徒を起用してさらに焦点を絞るといいのではないかと思
 う。メイキングなどが観たい。

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

スポンサーサイト



PageTop

義妹のお見舞いに・・・

IMG_9136.jpg
IMG_9135.jpgIMG_9123.jpg
写真と記事一致です。
先月、弟のお嫁さんが怪我をして足の指を骨折し、自宅療養していた時に母と妹A夫婦とソラでランチを買い込んでお見舞いに行きました。
デザートは妹Aが手作りした美味なワッフル。あんこ入りとカスタードクリーム入りと。わっちもごちそうになりました。
ところで、ずっと働き通しの義妹、たまにはゆっくりできて良いのかなと思いましたが、家に一人でいるのが苦手なようで、早く復帰したいようでした。
私のように宝塚(義妹も宝塚好きですが、私ほど熱狂的ではない)や野球を研究する、SNSをやる、ゲームをする、買い物好き・・・などは違い、これといって趣味がないようなのでそれも分かるかな。
私ならいくら時間があっても足りないですけどね。苦笑。
唯一義妹が家でできる好きなことはお笑い番組を観ること。
この日も繰り返し年末の「ガキ使・笑ってはいけない・・・」を観ていました。
それで、「天海さんが一番面白かった!!」と。わが神・アマミー・・・なんだか誇らしいわっちでした。
また完治前。どうか早く良くなりますように。

<サロンのブログを更新しました>
「3月末までおやつサービス」→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー4941「宝塚スペシャルラウンジ を観て2」
この回は別途望海さんと真彩さんも出て、歌との関わりや「ミュージック レボリューション!」などについて語っていた。
これは最近の作品では一番観たいもので、ダイジェストが観れただけでも嬉しかった。
あとはスカステ頼りだ。
何度もいうがこのコンビには長くやってもらいたいのだが・・・。

「オリジナル作品の魅力 七海さん、歌広場さん、上原さんゲストの回」
星組が中心だから青いセット。
紅さんファンの歌広場さん・・・立場的に一番共感できた。
海外公演についてのクイズに、台本どおりなのか上原さんが「最も古いのは紫吹さんのベルリン公演とか・・・」・・・ありえない。ファンなら大昔から宝塚が海外公演をしていることは知っているはず。
嘘つくの下手だな・・・。
七海さんが紅さんとの思い出について、私も生で観て超面白かった「キャッチミーイフユーキャン」の話をしていて、嬉しかった。
まだ見ぬ紅さんの退団公演、ダイジェストが流れて雰囲気が知れてよかった。この作品も早く観たい。
歌広場さんが本当に素晴らしいコメントを言っていた。
「華やかな舞台は影に血と汗の努力があってこそ」―。

「トップスターの魅力 まとぶん、高橋英樹さん、高橋愛さんゲスト回」
ピンク・・・ということは花組。みりおちゃんを中心にトップスターについて語る回。
群舞やデュエットダンスの魅力についても。
まとぶんこと真飛聖さんが相変わらず美しくてじっと見てしまった。
そして、英樹パパも高橋愛さんも良いファン。ゲストについてはこの回が最もバランスが良かった。
確かに長くトップだったみりおちゃんについて取り上げるのは悪くはないけれど、これからのファンのためにはこれからのスターについてもっと紹介すべきだったのでは・・・。

(続く)

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

PageTop

両親傘寿(80歳)祝い4

IMG_9275.jpgIMG_9276.jpg
IMG_9273.jpgIMG_9266.jpg
写真と記事一致です。
ちなみにこの日仕事で来れなかった夫たち以外、参加メンバーは両親のほか、私55歳、妹A52歳、弟49歳、義妹44歳、末妹45歳・・・高齢集団。ソラも14歳だし。笑。
妹A、弟とは今年の「きょうだいドラフト」の日程打ち合わせも。東京五輪の影響でプロ野球も早いため、我々も昨年より早く開催しようという話になりましたの。
とにかく両親が大きな病気もせず傘寿を迎えられたことに心から感謝です。

実は、この10日ほど前に義妹が足の指を骨折。この時、まだ治っていない中、職場復帰したばかりでした。
時系列は逆ですが、明日はお見舞いに行った時の話です。


●ミニエッセー4940「宝塚スペシャルラウンジ を観て 1」
ネタばれに注意されたい。
4K8Kだったら観れたらしいNHKの宝塚PR番組「宝塚スペシャルラウンジ」が再編集されて、年末に関西などで6回放送されたらしく、関西の友人が録画したブルーレイを貸してくれた。ありがたい。
友人には初心者向けと聞いていたが、最新の舞台のダイジェスト映像やゲストのエピソードで初めて聞く話もあって面白かった。
放送された順ではないかも・・・。私が観た順に感想を述べたい。
例のタカラジェンヌになれなかった渡邊アナがMCで、毎回2、3人のゲストが。
セットが大階段・銀橋のミニチュア。飾りの花が、テーマに沿っていた。
そして、番組では時々現役生徒のインタビューなども流れた。
4K8Kで放送された宝塚舞台のときのものみたいだ。

「高橋真麻さん、落語家さん(お名前忘れた)ゲスト回」
各組の特徴を紹介したり、本当に初心者のための内容。
うたい文句では、初心者もディープなファンも・・・ということだったが、初心者に対していきなりディープファンの真麻さんやこの落語家さんが出たら引くのでは・・・。
本当に初心者ファンの有名人ゲストも一人いたらよかったかもしれない。
この回では後半に、OGの七海さん、壱城さん、仙名さんが。
仙名さんが髪型、服の色のせいかとても地味に見えて気になって話の内容が入ってこなかった。
毎日のように見る七海さんとインスタでよく見ている壱城さんの宝塚愛はさすが。

「音楽がテーマ マミさん、佐々田先生、上原りささんゲストの回」
映像は雪組中心だったので、組カラーの緑の花が飾られていて、マミさんも緑の服を着ていた。
佐々田先生が言ったLUNAでの本人の失敗を覚えていなかったマミさんは宝塚の音楽の魅力を「男役を中心とするハーモニーの魔力」と言っていた。
少しやせたように見える佐々田先生は「愛情の結集」と表現。同意。
オーラが全くなくて苦手な上原さん・・・宝塚ファンだったとは・・・。まさか、ほかの回にもたくさん登場し参った。

(続く)

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

PageTop

両親傘寿(80歳)祝い3

IMG_9214.jpgIMG_9220.jpg
IMG_9221.jpgIMG_9223.jpgIMG_9250.jpg
IMG_9272.jpgIMG_9267.jpgIMG_9246.jpg
写真と記事一致です。
にゅうめんは母作。ローストビーフは末妹の知人作。写真上段の既製品ケーキの文字は私作。
写真中段のケーキは妹A手作り。かわいいろうそくは100均の。
デザートのアイスは義妹から。ビールは妹A夫婦から。
アイドル・妹Aの愛犬ソラは、老犬なので時々おねんね。(続く)

<サロンのブログを更新しました>
「置き本(ゼクシィ、美的)」→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー4939「緊急札幌の一日」
「父の免許更新騒動」で、急遽札幌に行くことになり、待ち時間にサツエキをぶらぶら。
札幌で営業中の末妹と会い、お客様が来るまでカフェでお茶し、そのあとはいつもの買い物。
嵐はサツエキ構内にて。
IMG_9191.jpgIMG_9163.jpgIMG_9164.jpg
IMG_9171.jpgIMG_9168.jpgIMG_9169.jpg
IMG_9172.jpgIMG_9174.jpgIMG_9192.jpg
あさまFullSizeRなるほFullSizeRIMG_9175.jpg

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。

PageTop

両親傘寿(80歳)祝い2

とじFullSizeR
↑ 1月も半ばになってから主人が「そうだ、年末にお歳暮をいただいていたわ」・・・と持って来ました・・・しーん。

【本日の記事】
昨日の記事中のランチ写真、父と娘で自動車学校に行く前に仲良く・・・というほのぼのの意味だけではありません。
途中店外のトイレに行って、戻ってくるときに店は合っていましたが、入り口を間違えて店員さんに案内されてきたという嫌な予感どおりです。

IMG_9159.jpgIMG_9160.jpg←ここがイオンの屋上!
みすFullSizeRIMG_9271.jpgIMG_9274.jpg
そんなリアルな課題や母の昔危篤だった期間の思い出話などで盛り上がりました。苦笑。
お寿司は「はま寿司」に予約していたものを持ち帰りしてきました。
話題の中心の父は息子(私の弟)が持って来たお酒に上機嫌でした。
末妹が買ってきたパーティーグッズをつけて笑顔の両親。(続く)


●ミニエッセー4938「ヅカノート2020新春22・双曲線上のカルテ 夢の配役」
※( )は本役。花、月、現雪、星、宙組の順。敬称略。

・フェルナンド(早霧)    柚香、珠城、望海、礼、真風
・モニカ(星乃)        華、美園、真彩、舞空、星風
・ランベルト(夢乃)     水美、月城、彩風、瀬央、芹香
・院長(夏美)        瀬戸、紫門、彩凪、愛月、凛城
・院長夫人(五峰)     鞠花、白雪、沙月、夢妃、美風
・婦長ジーナ(麻樹)    華雅、夏月、千風、白妙、花音
・恩師(奏乃)        高翔、光月、透真、美稀、寿
・院長令嬢クラリーチェ(大湖) 朝月、海乃、星南、音波、遥羽
・チェーザレ(朝風)     航琉、輝月、奏乃、天寿、松風
・〃 夫人(千風)      美花、晴音、愛、紫、綾瀬
・ウーゴ(透真)       優波、夢奈、縣、綺城、春瀬
・イレーネ(雛月)      真鳳、天紫、彩、澪乃、天瀬
・マネージャー(詩風)   舞月、蓮、叶、輝咲、七生
・ゴンザロス(央雅)     和海、春海、眞ノ宮、朝水、和希
・アントニーオ(彩凪)    帆純、暁、朝美、天華、桜木
・サンドラ(桃花)       春妃、結愛、希良々、桜庭、花菱
・天使(舞園)         都姫、蘭世、潤、水乃、山吹
・ベルナルド(久城)     飛龍、風間、彩海、極美、愛海
・ニーナ(天舞音)      美里、白河、妃華、華雪、花宮
・エルダ(杏野)       美羽、きよら、琴羽、るり、夢白
・ダンテ(月城)       永久輝、彩音、綾、天飛、紫藤
・ウンガロ(橘)       聖乃、英、星加、稀惺、真白
・天使(妃華)        愛蘭、詩、音彩、麻丘、愛未
・マッシモ(凰)        珀斗、真弘、紀城、蒼舞、瑠風
・アニータ(夢華)      音、麗、野々花、小桜、天彩         

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


PageTop

両親傘寿(80歳)祝い1

げんFullSizeR
↑ これ、めっちゃおいしかったなー。

【本日の記事】
昨日からの続きで、なんとか高齢者講習を終えて、その翌日には書類を揃えて再び警察に更新手続きに行きました。
何しろ、その翌日には本日のタイトルのお祝い会があるので、私としてはそれまでに済ませたかったのです。
今度こそ更新ができたものの、眼鏡を忘れてきた父・・・え・・・目の検査大丈夫かいな・・・と不安になりましたが、なぜかばっちりで警察の方に「手術をして見えるようになったとか?」と聞かれる始末。
そうして1ヵ月後に新しい免許を取りに行くことになったわけです。
父は1月、母は4月に80歳になるため、実家で我々子供たちも集まり傘寿の祝いをしたのですが、一番の話題は父の「免許騒動」と今後の運転方針、免許更新はこれを最後にすべきということでした。
「免許騒動」の概要はきょうだいたちにラインで知らせていましたが、祝い会では以下の写真などを見せながら、より詳しく皆に顛末を伝えました。いかに父の記憶力・注意力が低下しているか認識してもらうためです。

IMG_9151.jpgいかんFullSizeRFullSizeR_20200119225329934.jpg
IMG_9189.jpgIMG_9156.jpgIMG_9190.jpg
(続く)

<サロンのブログを更新しました>
「自分ネイル(挑戦ペイントと試用)」→ネイルセラピーサロンStage


●ミニエッセー4937「ヅカノート2020新春21(5000回記念20)・双曲線上のカルテ を観て」
やっと最後まで観れた。
というのも、主人にお願いしたブルーレイへのコピーが失敗し1部の最後の方で画像が止まってしまい、先月のラストチャンスである2回目の放送でやっと成功。
そもそも上演当時2012年くらいに放送されたものを録画するのを忘れて、なんと7年待ったのだった。
出演者で今も残っている生徒が少なくなってしまった。
雪組・ちぎちゃんこと早霧さん主演のバウ作品で、原作は道産子・渡辺淳一氏の「無影燈」という小説で、かつて「白い影」というドラマになったもの。
すっかり山崎豊子氏の「白い巨塔」と勘違いしていた。
いずれにしても小説としては興味がなくて読もうと思わないが、宝塚版となれば別だ。舞台はイタリアに書き換えられているが・・・。
最初石田先生が演出と知り、なんだか軽そうでどうなのかな・・・と思ったが、重い医療問題のテーマなのでかえってよかった気がする。
ちぎちゃんは懸命に男役の声を出していた。
昔の看護婦さんスタイルに苦笑。
まだ垢抜けていない月城さんがいた。
昨年結婚したという可愛かった星乃さんがヒロイン。妹の春妃さんは花組で現役だ。
学生の一気飲み事件が出てきたりして、かつての北海道での大学の事件を思い出した。
懐かしい夢華さん・・・ビジュアルが微妙だ。
「オペダンサー」って・・・不謹慎だが笑ってしまった。この頃は彩凪さん、路線だったような・・・。
2番手娘役の大湖さんは歌えれば最強だったのに・・・惜しい人材。
2番手として確かな仕事をしていた個性的な夢乃さん、良い役者だったのになんでやめちゃったのか・・・。
良い台詞があった。
「他人を100%理解したら好きになれないだろう」というもの。
なるほど、これは的を得ていて納得だ。理解しあえない部分があるくらいでなんとかやっていけるものである。
男女、家族、友達などでもあてはまる。
けれど嫌な結末。つらいのはわかるけれど、自殺してはいけない。神様はそうしなさいとは言わないだろうに。
そして、ちゃっかり子供を作ってたという・・・よくあるパターン。
できるだけシングルマザーを故意に作るべきではない。
ショーがあって良かった。ないと救われない物語だもの。

おかげさまで4900回を超えました。拍手ボタンやランキングでの応援もよろしくお願いいたします。


PageTop